「税金」にまつわる記事

書店経営者が自民党に『ネット書店課税』創設を要望 → ネット民ブチギレ! ホリエモン「頭おかし過ぎる」

本を買いに本屋に行く。一昔前では当たり前のことだったが、現在はネットで注文する人が多くなった。ネットなら自宅に届けてもらえるし、ポイントも付く。欲しい本が置いてなくて店をはしごするということもないので、ユーザーにとっては便利である。

ところが、2018年7月12日に行われた自民党の会合にて、出席した書店経営者から『インターネット書店課税』創設の要望が上がったと共同通信が報じたのだ。この要望に、ネット民からは批判が殺到している。

続きを全部読む

ウガンダで導入された『SNS税』に日本のネットユーザーも戦々恐々「ちょっとだけ喫煙者の気持ちがわかった気がする」など

東アフリカに位置する「ウガンダ共和国」で、世界初となる画期的(?)な税金が導入され話題となっている。2018年7月1日から導入されたのはその名も『SNS税』で「モバイル決済やソーシャルメディアを利用する場合は税金が発生する」という。

詳細については後述するとして、新時代の到来を予感させる新たな税金に日本のネットユーザーも興味津々。……いや、中には戦々恐々のネットユーザーも多いようなので、そちらの声も合わせてご紹介したい。

続きを全部読む

確定申告あるある40連発

2017年も早いもので2月中旬。いよいよ、確定申告の時期がやってこようとしている。自分でする必要がない社会人もいるだろうが、それは幸せだと思った方がいい。理由は単純明快。とにかく面倒だからだ。

2017年の期間は2月16日から3月15日まで。ということで今回は、そんな運命の1カ月を前に「確定申告でありがちなこと」を40連発でお届けしたい。

続きを全部読む

【動画あり】納税の催促に逆ギレ!? 都内市役所に男がバイクで侵入 → 放火 → パトカー盗む → 逮捕

2015年11月30日、東京都内で何ともキケンな事件が起きた。市役所の1階ロビーに男がバイクで侵入し、灯油のような液体をまいてライターで火をつけたという。

男はその後パトカーで逃走を図ったが、他のパトカーに衝突して現行犯逮捕。大怪我を負った被害者はいなかったということだが、男が事件を起こした理由は一体何だったのだろうか……。今回はその内容を動画と共にお伝えしたい。

続きを全部読む

【実録】ある日ポストに「差押予告書」が入っていた / 家計を崩壊させる住民税の恐怖

何かと面倒くさい税金。中でも住民税は、会社の給料から天引きという形で支払われる場合もあれば、自分で納めなければならない人もいる。そのため、知らないといつの間にか未払い分が膨らみかねない危険な税金だ。

後藤崇さん(仮名)は、そんな住民税の支払いで、面倒なことになった1人。なんと財産を差し押さえられる一歩手前までいったという。彼が証拠品を見せながら、事のてん末を語ってくれたぞ。その内容は、特に住民税の怖さやその仕組みを知らない人にとって、参考になること請け合いである。

続きを全部読む

【バカの悲劇】自分が乗っていない車の税金を払い続ける男 / 10年たって払い過ぎていたことが判明

これは私(佐藤記者)が怠慢であったがゆえに起こったことです。自分が手放した軽自動車の税金を払い続けていたわけですから、怠慢どころかバカ。その昔、知人に車をゆずったのですが、名義変更しないままその人物と音信不通に。それからの10年間、毎年4月末あたりになると催告状が届きます。

続きを全部読む

経済アナリスト森永氏「イケメン税で恋愛格差是正」 ネットの声「面白い」「選挙中にふざけるな」

以前もご紹介したのですが、経済アナリストの森永卓郎氏がまたしても、非婚・少子化について提案をしています。その提案とは、見た目の良い男性に対して「イケメン税」を導入するというもの。これにより恋愛格差を是正し、カップルを増やして少子化に歯止めをかける狙いがあるようです。

奇抜すぎるこの提案に、インターネットユーザーからは賛否両論。「面白い」「嫌いじゃない」など賛成意見がある一方、「しょーもない」「選挙中にふざけるな」と否定的な意見も少なくありません。朝日新聞デジタルによると、森永氏は以下のように伝えています。

続きを全部読む

大阪泉佐野市で「飼い犬税」導入? 市長が市議会で発言

大阪・泉佐野市の千代松大耕市長は2012年6月27日の市議会で、「犬のふん」対策のために新たな策を講じる必要性を語った。これまでふんに対する対策は、うまく行っているとはいえず、飼い主に税金を課す「飼い犬税」の導入も示唆したようである。

日本では現在、犬に税金をかけている行政は存在しない。もしも導入することになれば、他の行政でも犬に税金を課すことになりかねない。いったいどの段階まで話が進んでいるのだろうか? 同市に問い合わせてみた。

続きを全部読む

東京電力は2012年6月27日に行われた株主総会で、経営再建に向けた議案の採決が行われた。会社側から提案された再建案は、国からの公的資金1兆円の受け入れなどが盛り込まれている。これが採決されたことによって、東電は実質的に国有化が決定。国民からは、さらに血税がしぼり取られることになるのでは? と不安の声があがっている。

続きを全部読む

「GKB47」のポスターを見せてもらえるか内閣府に問い合わせてみた / 担当「お見せできない」

3月の「自殺対策強化月間」を前に、2012年2月6日の参議院予算委員会で岡田克也副総理は、キャッチフレーズの「あなたもGKB47宣言!」を発表した。これは人気アイドルグループ「AKB48」をもじったものであり、幅広い層に訴求する狙いがあったものと思われる。

しかし、このフレーズが自殺という社会問題を軽んじていると見られ、野党をはじめ民間団体、与党からも批判が相次ぎ、さらには野田首相までもが「違和感を抱いた」と発言し、見直しされることとなったのである。

すでに25万枚印刷されたポスターは回収されることとなったのだが、一体どのようなデザインのポスターだったのだろうか? 可能なら一目見たいと思い、内閣府に問い合わせてみた。そうしたところ、思わぬコメントが返ってきた。
 
続きを全部読む