「睡眠」にまつわる記事

守られている感覚が味わえる!? 安らぎの眠りを堪能できそうな天蓋付きマットレス『Abri-boca』

押し入れみたいな、狭いところが好き。だってなんだか、守られているような気がするから……。

今回ご紹介するアイテムは、そんな方に打ってつけ! それは海外サイト『likecool』に掲載されていた逸品、『Abri-boca』。

今年のミラノデザインウイークに展示するべく、デザイナーのPhilipp Süssmannさんによって、「避難所」をテーマに製作されたというこちらの作品。まるで天蓋かのような屋根部分を閉じるだけで簡単に半個室のような空間が作れちゃう、とーっても便利なヤツなんですっ。

続きを全部読む

夜中にトイレへ行く人は要注意! 研究者「睡眠中に尿意で目覚めると日中の仕事生産率が急激に減少する」

夜中にトイレに行きたくて目が覚めるという方は要注意だ。「年を取ったせい」だと軽く考えていたかもしれないが、実はその行為が思いも寄らないところで悪影響を及ぼしていることがわかったそうだ。

最新の研究によれば、睡眠中に尿意を催してトイレに行くと、日中の仕事生産率を減少させることが明らかになったという。トイレに行くためにほんの数分間目を覚ましているだけで、身体にとっては想像以上の害になっていたのだ。

続きを全部読む

今日は早く寝るべし! わずか一週間睡眠不足になるだけで700もの遺伝子が悪影響を受けていることが判明

みなさんは睡眠時間をきちんと確保できているだろうか。仕事や試験勉強などで特に忙しい時期は、毎日寝不足なんて方もいるだろう。だが、十分に睡眠がとれない日が一週間でも続くと、身体にとっては想像以上の負担となっていたようだ。

最新の研究によると、たった一週間の睡眠不足が700もの遺伝子に害を与えていることが明らかになったという。寝不足だと、ただ単に次の日が辛くなるだけでなく、遺伝子レベルで悪影響を受けていたのである。

続きを全部読む

【コラム】なぜ人は寝てはいけない状況で爆睡しているのを他人に「寝てたでしょ!」指摘されたとき「寝てないよ」と言ってしまうのか

寝てはいけない状況というものがある。いや、正確には「ちゃんとコトを済ませたら寝ていい状況」なのだが、時として電気やエアコンををつけっぱなしにして爆睡してしまったり、やらなければならない仕事があるのに爆睡してしまったりすることがある。

そんな状況を、カーチャンや同居人が発見すると、決まって即座に「寝てたでしょ!」と言う。事実、寝ていた。その通りなのだ。しかし当の寝坊助は、とっさに「寝てないよ」や「起きてるよ」と返してしまうのである。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

夫婦ゲンカが絶えない人必見! 「十分な睡眠をとっている人ほど夫婦円満」であることが明らかに

健康を維持するために十分な睡眠が欠かせないことは周知の事実だが、結婚生活においても良質な睡眠が良い効果をもたらすことがわかったそうだ。最新の研究によると、十分な睡眠をとっている人ほど自己中心的になりにくく、夫婦円満であることが明らかになったという。

続きを全部読む

【コラム】なぜ人は寝坊したとき「急げばギリギリ間に合うタイミングで目が覚める」のか

人は時に寝坊する時がある。あまりにも布団が気持ちよくて、ついつい二度寝なんかもし、予定起床時間に起きられないのである。しかし、いつかは目が覚める。そして時計に目をやると……!!

完全に間に合わないか間に合うかビミョーすぎるギリ中のギリギリ時間。いわば、「ひとつもミスしなければギリギリ間に合うタイミング」なことが、たま〜にあるのである。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

8時間睡眠ではダメ! 「身体的痛みの回復には10時間睡眠がベスト」だと判明 / 鎮痛剤より効果大

理想の睡眠時間は7~8時間と言われることが多いが、もしもあなたが身体のどこかに痛みを感じているのならば、たとえ8時間寝ても十分ではないらしい。最新の研究によると、身体的痛みを和らげるには8時間睡眠よりも10時間睡眠のほうが適しているという。しかも、その効果は鎮痛剤を服用するよりも大きなものだというのだ。

続きを全部読む

スマホを置いてさっさと寝ろ! 就寝時のスマホ利用は健康や生活に悪い影響を与えているらしい

仕事を終えて一日の終わりに布団に入り込み、「さて寝るぞ」というときに、まずはスマホのアラームをセット。うーんまだ眠くないやということでフェイスブックの友人の投稿をななめ読み。そういえば噂になってたYouTube動画をまだ見てなかった、ということで動画検索。そして、どんどん就寝時間は先延ばしになってしまう。あえて言おう、そのスマホを枕元に置いてさっさと寝ろ!!

布団に入った後も眠る間際まで、スマホをいじりつづける人は多いはず。とある調査によると、スマホやタブレットPCなど携帯端末を持つ人の95パーセントが布団の中でネットサーフィンやメール、動画の視聴をしているという。だが、その習慣は決して健康に良くはなく、普段の生活へのマイナスの影響が大きいようだ。そのことを表したインフォグラフィック「GETTING IN BED WITH GADGETS 」が話題になっている。

続きを全部読む

【二度寝】JR西日本「六地蔵駅」の営業開始が遅延した原因が正直すぎて和むと話題に

誰にでも失敗はある。そして、誰でも寝坊するときはある。さらに寝坊だけではなく、一度は起きたがもう一度寝てしまう「二度寝」することもよくある話だ。そして二度寝は気持ちいい。

2012年10月29日、JR西日本・奈良線の六地蔵駅の営業時間が遅れるという事象が発生した。JR西日本は公式サイトのプレスリリースにて、その事柄の詳細をまとめているのだが、営業時間が遅れた「原因」があまりにも正直すぎると話題になっている。

続きを全部読む

パパママ必見! 「我が子の睡眠と健康のためには子ども部屋に電子機器を置くべきではない」専門家が警告

以前当サイトでは、就寝前のスマホやパソコンなどの電子機器使用が睡眠に与える悪影響についてお伝えした。その内容に多くの反響があったのは、きっとみなさんにも心当たりがあったからであろう。

そんななか、専門家らは子どもの電子機器使用に関して新たに注意を呼び掛けている。適切な睡眠と健康的な生活のためには、そもそも子ども部屋に電子機器を置いてはならないとのことだ。

続きを全部読む

あなたのタイプはどれ? 寝る時の姿勢から見えてくる「深層心理4タイプ」

みなさんは普段、どんな姿勢で寝ているだろうか? まっすぐ直立して眠っている? それとも丸まって眠っている? なぜそんなことを聞くのかというと、実は寝る時の姿勢で、あなたの深層心理が分かってしまうからだ!

その寝相心理診断を開発したのは、ボディーランゲージ専門家のRobert Phippsさん。Phippsさんは普段寝る時の姿勢を人々に尋ね、以下のような深層心理に関する診断結果を導き出した。ちなみに今回調査に協力してくれた人たちは、寝る時の姿勢はひとつに限らず、いくつ答えてもいいようになっている。

続きを全部読む

夢遊病の母親の姿を息子が撮影 → さらにその映像を本人に見せてリアクションも撮影 → 動画が大ヒット

睡眠中、発作的に起き上がって歩きだす “夢遊病” 。歩き回るだけでなく人によっては食事をとるなど、その時の行動は様々だ。ストレスが原因であることが多いため精神療法や薬による治療が必要とされ、決して軽視できるものではない。

そんななか、いま海外ネットユーザーたちのあいだでは、ある夢遊病の女性の様子を捉えた動画「My Mom Sleepwalking (Tomato Cage)」が大きな話題を呼んでいる。撮影したのはこの女性の息子。彼は症状の現れた母親の姿を記録し、後日動画を本人に見せた。その一連の様子が反響を呼び、動画は公開直後から世界中に広まっているのだ。

続きを全部読む

週末にまとめて寝ても平日にとれなかった睡眠を取り戻すことはできない / 専門家「むしろ月曜が辛くなるだけ」

忙しい平日に不足してしまった睡眠を取り戻すべく、週末にまとめて寝ているという方に残念なお知らせだ。ある睡眠医学の専門家によると、週末にどんなにたくさん寝ても平日分を埋め合わせることはできず、むしろ月曜日の朝が辛くなるだけだという。

続きを全部読む

試験前夜の詰め込み派は要注意! 睡眠時間を削って勉強すると試験の成績は下がるらしい

学生が試験前に行う “徹夜” 。直前になってようやく焦り始めた人がその一晩にかける想いはハンパない。だが、一点でも多くとるべく行っていたこの方法は、実は逆効果だったようだ。ある研究によると、「睡眠時間を削って勉強すると試験の成績が下がる」というのである。

続きを全部読む

中にビーズが入っている無印良品の「体にフィットするソファ」が快適すぎてヤバイ / 使用禁止令が出るレベル

眠い時のソファは非常にキケンだ。ふと気づいたら、「やべえ! 寝てた!」という事態におちいる可能性が高いからである。快適なソファほどキケンなことは言うまでもない。そしてその快適さは、値段に比例するとも言えないのだ。

今回ご紹介したい超キケンな商品は、無印良品の『体にフィットするソファ』である。けっこう前から販売されており、ご存じの方も多いだろう。中にビーズが入っている、大福みたいなソファである。

続きを全部読む

【コラム】あらためてお伝えしたい 眠りの妨げになる「頭内爆発音症候群」について

知らない人にとっては、ものすごく奇妙な話に聞こえるかもしれない。しかし、当事者にとっては結構深刻な問題かもしれないので、改めてお伝えしたいと思う。そのお伝えしたいこととは、「頭内爆発音症候群」についてだ。またの名を「頭内破裂音症候群」とも呼ばれている。

実は記者(私)は、このことを最初に伝えた(2009年9月)当時、睡眠の妨げになって困っていた。睡眠分野に詳しい友人に相談したところ、この言葉をはじめて聞き、自分だけに起こりうることではなかったと知って随分ホッとしたものである。頭内爆発音とはいったい何なのかご紹介しよう。

続きを全部読む

これで悪夢を解消!? 夢をコントロールする無料アプリ『Dream:On』登場!

毎晩、うまく眠りにつくことができないという方に、役立ちそうなiPhoneアプリが登場した。その名も『Dream:On』。これはユーザーの睡眠状態を監視して、事前に選択した環境音楽を流してくれるというのだが、利用するに当たって「睡眠の妨げ」になるかもしれない要求を、アプリ提供元が提示している。それは一体何!?

続きを全部読む

寝る子は学ぶ! 学習直後の睡眠は最高の勉強方法だという研究結果

大切な試験を控えているみなさんに、最高の勉強方法をお教えしよう! それは勉強の後に眠ること。なぜなら学習直後の睡眠は、記憶定着に非常に役立つから。

これを発表したのはノートルダム大学の心理学者ジェシカ・ペイン氏で、彼女によると新しいことを学んだ後の睡眠は、脳に何を記憶しておきべきかを伝える行為らしいのだ。

この結論を導くにあたりペイン氏は、毎晩少なくとも6時間寝ている学生207名を対象に、次のような実験を行った。

続きを全部読む

寝るだけで「仮面ライダーメテオ」に変身する方法

「宇宙キター!」でおなじみの、青春ヒーローアクション特撮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』。アストロスイッチも続々登場、さらに登場人物も増えたりして、よりいっそう楽しくなってキター!

そんな新キャラのなかでも注目を集めているのが朔田流星が変身する「仮面ライダーメテオ」である。青を基調とした左右非対称のデザインが特徴であり、ブルース・リーが生み出した武術「ジークンドー」をベースにしたファイトスタイルは見ているだけで気合いが入る。

そんな「仮面ライダーメテオ」に、いとも簡単に変身する方法があるのでお伝えしたい。その方法とは……

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4