「怪談」にまつわる記事

【ゾッとする話】ドアスコープが壊れているのを発見したらただちに直した方がいい。なぜなら……

部屋の中からドアの外を確認できるドアスコープ。新聞とか宗教の勧誘が来たときには大活躍である。そんなドアスコープが壊れているのを発見したら、あなたならどうするだろうか

私(中澤)は、1~2週間くらい放置してしまうかもしれない。だって、管理会社への連絡が面倒くさいし、無くてももの凄く困るわけではないからだ。だが、もし今後発見したらただちに連絡しようと思う。なぜなら……

続きを全部読む

【恐怖】駅で “謎の男” に声をかけられた女性、無視して逃げた結果が怖すぎる / ネットの声「恐怖のあまり固まった」

怪談の主役と言えば幽霊だが、本当に怖いのは人かもしれない。そんなリアルにゾッとする体験を描いたマンガがTwitterで話題になっている。

ある日、駅で見知らぬ男に「お疲れ様です」と声をかけられた女性。男の様子がおかしいことに気づき、無視して逃げた結果が怖すぎた……。

続きを全部読む

【実話】霊を信じず「心霊スポット検証」をしていた男が急病で倒れて動けない状態に / 男「マジで呪われた」

あなたは幽霊を信じますか? 「いる」とは断言できないけど、「いない」とも断言できない……そんな半信半疑の人が一番多いのではないだろうか。私(中澤)もその1人だったのだが、ちょっぴりその存在を信じてしまうような事件が発生した。というか、現在進行形で発生している

なんと、心霊スポットに潜入リポートしていた本サイトの記者・りょうが、突然急病に倒れたのである。そして「呪われた」とか言い出した。落ち着け! 一体何があったんだ!?

続きを全部読む

【インタビュー】「人間椅子」通算19枚目のオリジナルアルバムを2月3日リリース / レコーディング秘話を詳細に語る

日本を代表するロックバンド「人間椅子」。日本でも屈指の音楽フェスであるオズフェストに2回出演し、もはやその実力は誰もが認めるところとなった。押しも押されぬロック界の大御所である。ここ数年、精力的に活動しており、毎年確実に作品をリリースしている。

そして今年、早くも新譜『怪談 そして死とエロス』を2016年2月3日に発売するのだ。2013年から彼らをつぶさに追いかけている私(佐藤)は、その畳みかけるような意欲的な活動に、日々驚かざるを得ない。アルバムを重ねるごとに、一歩また一歩と前に進む姿は、言葉通りに鬼気迫るものがある。今作もまた、寡黙な巨象がジッと目をこらすような迫力と戦慄に満ちている。

続きを全部読む

日本一買うのをためらう土産はコレだ! 怪談『耳なし芳一』の耳まんじゅう / ちぎられた耳の形を見事に再現

佐藤です。各地に取材に行くと、私は必ずお土産ものをチェックするようにしている。時々驚くような珍品(?)に出会えることがあるからだ。近年もっとも衝撃を受けたお土産は、福岡で発見した「博多ウェハース王」である。ウェハースをチョコでつつんだお菓子なのだが、この商品に付属している冊子の物語はめちゃくちゃだった。

これに匹敵する、いやコレを超える珍品を私の地元島根でみつけてしまった。その名も「ほういちの耳まんぢう」である! マジかよ、小泉八雲ゆかりの地とはいえ、なぜ怪談を題材した!? しかもちぎられた芳一の耳をまんじゅうにしてしまうと! 怖えよ!!

続きを全部読む

あなたは信じますか? “幽霊” を捉えた動画3選「首つり幽霊」「壁を登る影」など

あなたは幽霊を信じているだろうか? 古今東西で目撃情報・体験談が残されているのだから、幽霊的な何かがいることは確かだろう。ということで今回は、マレーシアの超能力集団の Facebook で公開されている「幽霊を捉えた動画3選」をお伝えしたい。

ベッドの向こうに見えた人影、車で走っていたときに気が付いた首つり幽霊、監視カメラが捉えた幽霊らしき影など、動画には色々な不思議なものが映り込んでいるのだ……。あなたは、これらの動画を信じる?

続きを全部読む

【ガチ恐怖画像】ぎゃーーー! 夜の学校で写真を撮ったら…… “生首” が写っていたと話題!!

怪談と言えば、夏。けれども、寒い冬にだって怖いことは起こる。今回も1人の女子大生が、2015年11月にある恐怖を体験したようだ。

彼女が、夜の学校で写真を撮ったところ……恐ろしいモノが写りこんでしまったというのだ。その「ガチ画像」を見ると……キャアアアア! 本当だ。クッキリと “生首”っぽいモノが浮かんでいるぞ!!

続きを全部読む

【閲覧注意】ゾッ……とする落書き

毎日、何気なく使っている通勤路。その道筋の決め方は人それぞれだろうが、私(中澤)の場合は、とりあえず地図とか見ずに「こっちに行ったら駅に着きそうだな」という方向に歩いてみて、迷っているうちに体が道を覚えるという感じだ。

今住んでいる街でも同じように通勤路を決めたのだが、その際道に迷って変な場所に行きあたった。その場所の雰囲気がとにかく気持ち悪い。とはいえ霊感もないので、「なんとなく嫌だなあ」くらいにしか思ってなかった。先日再びそこを訪れるまでは。

続きを全部読む

【呪いか】Google ストリートビューに「恐怖の館」が出現!? 窓にうつる “白い手のひら” に様々な反応が「不気味だ」「ハロウィンだろ」

「恐怖の館」といえば、映画『呪怨』や小説・映画『黒い家』、ディズニーランドの『ホーンテッドマンション』など、浮かぶイメージはピンキリ。しかしこの度、Google Map上に “本物” の「恐怖の館」がうつっていると話題を集めているのだ。

これまでにも Google ストリトービューに写りこんだ恐ろしげなモノたちを紹介してきたけれど、今回の家もなかなか怖そうだぞ……?

続きを全部読む

海外版 「本当にあった怖い話」10選

夏といえば怪談。ということで、今回はベタに怪談ネタをお届けしたい。しかも、紹介するのは外国で実際に起こったと言われている怖い話ばかりだ。

海外掲示板 Reddit で「実際に体験した怖い話を教えて!」と題されたスレッドに寄せられたものの中から10の怖い話をピックアップしてみたぞ! どれもこれもゾッとさせてくる話ばかり。夏の特権を楽しんでいただきたい。

続きを全部読む

崩れる恐怖と怪談話の恐怖で “ダブル恐怖” が味わえる「恐怖ジェンガ」をやってみた!→震えた……

あと少しで、あの暑~い暑~い夏がやってくる! そして夏の暑さしのぎといえば、怪談! ということで今回、夏に持ってこいのあるおもちゃをご紹介したいと思う。それはズバリ「恐怖ジェンガ」!
このジェンガは名前の通り、プレイヤーにハラハラドキドキの恐怖を感じてもらうことに焦点を当てたジェンガで、怪談を上手くゲームのなかに取り込んだ仕組みとなっている。
このジェンガは次のような3種類のブロックで構成されており、もし抜き取ったブロックの裏に文字が書かれていたら、その指示に従わなければいけない。

続きを全部読む

【閲覧注意】実話に基づいた韓国のウェブ漫画が怖すぎる

夏といえば怪談。ということで今回、インターネットで話題になっている韓国の怖いウェブ漫画を紹介しよう。このウェブ漫画には、ある技法が使われており、それがさらにストーリーの怖さを引き立たせているのだが、それについては後で話そう。

まずはそのストーリーを読んでほしい。この話は多くの目撃談のひとつを漫画として再構成したものである。先に忠告しておくが、このストーリーを読んで夜に眠れなくなっても自己責任でお願いしたい。
 
続きを全部読む