「怪談」にまつわる記事

【検証】不気味な「声」が入っているとウワサの映画『事故物件 恐い間取り』を鑑賞してきた

全国の劇場で、ホラー映画『事故物件 恐い間取り』が上映されている。“事故物件住みます芸人” として一躍有名になった松原タニシ氏の実体験を映画化した作品だ。主演はKAT-TUNの亀梨和也氏、監督が『リング』『仄暗い水の底から』の中田秀夫氏とあって、上映前から話題をさらっていた。

この映画に、制作陣の意図していない「声」が収録されているというウワサをご存じだろうか。筆者も実際に鑑賞してきたのでご報告したい。

ストーリーの核心に触れるネタバレはないが、該当のシーンについては詳しく記述するので、まっさらな状態で鑑賞したい方はそっとブラウザを閉じて欲しい。

続きを全部読む

【ミステリー】人生で一度だけオバケを見た日 … 自称霊能者の指示に従ってみたら完全に救われた

今から約10年前の8月……実家近くの日本海に潜っていた私は、海底で不思議な光景を目にした。岩場の陰に “人の手” のようなものがユラユラと揺れているのである。その手はミッキーマウスのごとく、大きくふくれて真っ白だ。

「軍手かな」と思い近づいてみるが、白い手からは次第に腕部分まで出現してきた。岩場の向こうは深い沖であり、人が泳いでいるとは考えにくい。いや、そもそも海岸には我々グループの他に誰もいなかったハズではないか……!!!

続きを全部読む

『呪怨:呪いの家』が話題、夏におすすめ「家」にまつわるジャパニーズホラー作品3選

例えば少しだけ開いたふすま。例えば風呂場の鏡に映る自分の背後。例えばどうしても気になるのに、のぞくことができないベッドの下の空間。ちょっと聞いただけで情景がありありと想像できて、ゾッとするようなシチュエーションがある。日本人が共有する「恐怖の共通言語」とでもいおうか。

得体の知れない怪物が襲ってくるといった直接的な脅威で人をパニックにするのがハリウッド映画だとすれば、「なにかが起きそうな不気味な予感」だけで怖がらせるのがジャパニーズホラーだ。しかもその舞台は、どこにでもある団地だったり学校だったり、日常の延長線上にある。

Netflixオリジナルドラマ『呪怨:呪いの家』が怖いと話題になっている。怪談の季節にジャパニーズホラーはいかがだろうか。同作にちなんで「家」にまつわる作品3選をご紹介したい。

続きを全部読む

【都市伝説】ケニアのタクシー運転手に怪談話を聞いたらケニアの幽霊「ナクルの赤い女」をイラスト付きで解説してくれた / カンバ通信:第11回

ジャンボ〜! ケニアの首都ナイロビでタクシー運転手をしているチャオスでーす。ありがたいことに、リクエストボックスから質問が届いております。それも同じような質問が2通も! KKさん、岩槻さん、アサンテサーナ(どうもありがとう)! で、どんな質問なのかというと……

「日本ではタクシーの運転手さんは幽霊を乗せてしまうことがあるという話を聞きますが、ケニアではどうでしょうか。ケニアではどのような幽霊がいるのか知りたいです。」

ケニアには幽霊がいますか? オカルト的な怖い話があればお聞きしたいです。」

ほっほ〜、どうやら「タクシー運転手=幽霊との遭遇率が高い」という認識なんだな。ケニアに幽霊は……もちろんいる。特に名前は無いのだけれど、あえて命名するとしたら……

続きを全部読む

【Jホラー】チャラ男の恐怖体験…野菜に音楽聞かせるのと同じヤツ… 四コマサボタージュ第193回「カノン進行」

続きを全部読む

【怖い間取り】安いのにはワケがある! 本当に出る恐怖の物件! 四コマサボタージュ第182回「内見」

続きを全部読む

マサイ族に教えてもらったマサイの怪談「ねがいの木」が唐突すぎるストーリー展開で笑った / マサイ通信:第339回

スパ! 今月最後のマサイ通信も、読者のみんながリクエストボックスに投書してくれた質問に答えてシメようと思う。質問主は「あかだま」さんだ。

マサイ族にも都市伝説や怪談など “怖い話” ってあるのでしょうか? もしあったら教えていただけると嬉しいです!

あるぞ。もちろんある。ちょっと長くなるけれど、教えよう。この話は、その昔、オレのおじいちゃんが子供時代のオレに教えてくれたんだ。では、いくぞ。

続きを全部読む

【怪談検証】都内最恐スポット「平将門の首塚」の歴史をたどっていくと○○に行き着く!

土地に歴史あり。建物や所有者が変わっても不思議と因縁がつきまとう場所がある。一方で、もっともらしく「墓地の跡に建ったから」「元は病院だったから」などと語られる怪談の由来が、実はまったくの事実無根だったりする。土地の歴史を紐解くと、怪談の真の姿が見えてくる。

都内でも最恐と言われるパワースポット、平将門の首塚(千代田区)。平安時代の武将、平将門が戦に敗れ、京都でさらし首になった。将門公の無念は強く、いつまでも生首が腐らなかったとか、夜な夜な大声で叫んだとか言い伝えられるが、ついには一夜のうちに故郷に向かって飛んできたのだという。その首を祀ったのが将門塚だ。

しかし、この場所に祀られたのは、実は平将門が初めてではない。将門塚ができる前、ここに何があったかご存知だろうか?

続きを全部読む

【オカルト】驚愕必至! 知ると後悔する恐怖実話… 四コマサボタージュ第81回「タクシーの運転手が語る怪談」

続きを全部読む

【怪談】聞いても忘れるだと!? 都市伝説になりそうな怪談 四コマサボタージュ第33回「不思議と内容が思い出せなくなる怪談」

続きを全部読む

【怪談漫画】「本当にあったちょっと怖い話」が作り込まれていないリアルな怖さ

あらゆることがこれだけ発達した現代社会においても、いまだ幽霊に代表される「心霊現象」は科学的に解明されていない。幽霊がいるのか、いないのか? 怪奇現象があるのか、ないのか? 真実はわからないが、世の中には少なからず「霊感がある」という人が存在することも事実だ。

さて、今回ご紹介する漫画『本当にあったちょっと怖い話』の中には、その霊感を持つ人物が登場する。果たして霊感を持つ人たちは、どんな “ちょっと怖い体験” をしているのか? 2つのエピソードをご紹介したい。

続きを全部読む

【怪談】子供の頃に聞いた「1番短くて1番怖かった」幽霊の話 / 金縛りにあった人が「南無阿弥陀仏」と唱えていたら…

暑い、暑すぎる。大げさではなく脳が溶け出しそうなほど暑い。どこの誰だかわからないが、エアコンを作ってくれた人、本当にどうもありがとうございます。

さて、うだるように暑い夏の定番といえば「怪談」である。昔の人は身の毛もよだつような怪談話で凉をとっていたようだが、今回は記者が子供の頃に聞いて「1番短くて1番怖かった幽霊の話」をご紹介したい。

続きを全部読む

【漫画】姉から聞いた『女子トイレに関する怖い話』がマジで怖すぎると話題 → 女性「シャレにならないほど怖い…」

うだるような暑さが続く日本列島。先人たちは夏の暑さを少しでも和らげるため、この季節は “怪談” を語らってきた。その怪談に出てくる3大定番スポットといえば「お墓」「トンネル」そして「トイレ」であろう。

特にトイレは「トイレの花子さん」なんて超有名エピソードも存在するくらいだが、いまTwitterで『女子トイレに関する怖い話』が話題になっていることをご存じだろうか? 想像だにしない衝撃の結末に、あなたもきっと恐怖する──。

続きを全部読む

【ゾッとする話】ドアスコープが壊れているのを発見したらただちに直した方がいい。なぜなら……

部屋の中からドアの外を確認できるドアスコープ。新聞とか宗教の勧誘が来たときには大活躍である。そんなドアスコープが壊れているのを発見したら、あなたならどうするだろうか

私(中澤)は、1~2週間くらい放置してしまうかもしれない。だって、管理会社への連絡が面倒くさいし、無くてももの凄く困るわけではないからだ。だが、もし今後発見したらただちに連絡しようと思う。なぜなら……

続きを全部読む

【恐怖】駅で “謎の男” に声をかけられた女性、無視して逃げた結果が怖すぎる / ネットの声「恐怖のあまり固まった」

怪談の主役と言えば幽霊だが、本当に怖いのは人かもしれない。そんなリアルにゾッとする体験を描いたマンガがTwitterで話題になっている。

ある日、駅で見知らぬ男に「お疲れ様です」と声をかけられた女性。男の様子がおかしいことに気づき、無視して逃げた結果が怖すぎた……。

続きを全部読む

【実話】霊を信じず「心霊スポット検証」をしていた男が急病で倒れて動けない状態に / 男「マジで呪われた」

あなたは幽霊を信じますか? 「いる」とは断言できないけど、「いない」とも断言できない……そんな半信半疑の人が一番多いのではないだろうか。私(中澤)もその1人だったのだが、ちょっぴりその存在を信じてしまうような事件が発生した。というか、現在進行形で発生している

なんと、心霊スポットに潜入リポートしていた本サイトの記者・りょうが、突然急病に倒れたのである。そして「呪われた」とか言い出した。落ち着け! 一体何があったんだ!?

続きを全部読む

【インタビュー】「人間椅子」通算19枚目のオリジナルアルバムを2月3日リリース / レコーディング秘話を詳細に語る

日本を代表するロックバンド「人間椅子」。日本でも屈指の音楽フェスであるオズフェストに2回出演し、もはやその実力は誰もが認めるところとなった。押しも押されぬロック界の大御所である。ここ数年、精力的に活動しており、毎年確実に作品をリリースしている。

そして今年、早くも新譜『怪談 そして死とエロス』を2016年2月3日に発売するのだ。2013年から彼らをつぶさに追いかけている私(佐藤)は、その畳みかけるような意欲的な活動に、日々驚かざるを得ない。アルバムを重ねるごとに、一歩また一歩と前に進む姿は、言葉通りに鬼気迫るものがある。今作もまた、寡黙な巨象がジッと目をこらすような迫力と戦慄に満ちている。

続きを全部読む

日本一買うのをためらう土産はコレだ! 怪談『耳なし芳一』の耳まんじゅう / ちぎられた耳の形を見事に再現

佐藤です。各地に取材に行くと、私は必ずお土産ものをチェックするようにしている。時々驚くような珍品(?)に出会えることがあるからだ。近年もっとも衝撃を受けたお土産は、福岡で発見した「博多ウェハース王」である。ウェハースをチョコでつつんだお菓子なのだが、この商品に付属している冊子の物語はめちゃくちゃだった。

これに匹敵する、いやコレを超える珍品を私の地元島根でみつけてしまった。その名も「ほういちの耳まんぢう」である! マジかよ、小泉八雲ゆかりの地とはいえ、なぜ怪談を題材した!? しかもちぎられた芳一の耳をまんじゅうにしてしまうと! 怖えよ!!

続きを全部読む

あなたは信じますか? “幽霊” を捉えた動画3選「首つり幽霊」「壁を登る影」など

あなたは幽霊を信じているだろうか? 古今東西で目撃情報・体験談が残されているのだから、幽霊的な何かがいることは確かだろう。ということで今回は、マレーシアの超能力集団の Facebook で公開されている「幽霊を捉えた動画3選」をお伝えしたい。

ベッドの向こうに見えた人影、車で走っていたときに気が付いた首つり幽霊、監視カメラが捉えた幽霊らしき影など、動画には色々な不思議なものが映り込んでいるのだ……。あなたは、これらの動画を信じる?

続きを全部読む

【ガチ恐怖画像】ぎゃーーー! 夜の学校で写真を撮ったら…… “生首” が写っていたと話題!!

怪談と言えば、夏。けれども、寒い冬にだって怖いことは起こる。今回も1人の女子大生が、2015年11月にある恐怖を体験したようだ。

彼女が、夜の学校で写真を撮ったところ……恐ろしいモノが写りこんでしまったというのだ。その「ガチ画像」を見ると……キャアアアア! 本当だ。クッキリと “生首”っぽいモノが浮かんでいるぞ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2