「幽霊」にまつわる記事

映画にはいろいろなタイトルがついている。日本で原題のまま公開されることもあれば、日本人が理解しやすいように国内で別の名前がつけられて上映される場合もある。他の国でも同様に、その国の人々にわかりやすいタイトルで上映されているのだが、よくよく考えてみると「あれ? 変だぞ」と感じるものも少なくないようだ。

それらの奇妙な映画タイトルをいくつかご紹介しよう。以下がその奇妙な翻訳をされてしまった映画である。左が和題と原題、右側は上映国とそのタイトルの再翻訳である。
 
続きを全部読む

アイルランドの下水道に謎の顔があらわれた!

北アイルランドの下水道の監視カメラに、謎の物体が写っていることが判明し話題となっている。その物体とは人の顔だ。水道局の関係者は、その顔があまりにも鮮明で驚いているという。同国ではインターネット上で注目が集め、アメリカの漫画『ファンタスティック・フォー』のシルバーサーファーに似ているとの声も上がっているのだ。

続きを全部読む

【衝撃映像】121万回以上も再生されているタイのリアル心霊動画 / 死んだはずの友人が飲み会に参加

デジカメやカメラ付き携帯電話の普及により、UFOや心霊現象の映像が続々と公開されるようになった今日この頃。中には眉唾ものの動画もあるが、再生回数がケタ違いに多い動画に関しては、「眉唾」では片付けられない何かがある。

今回紹介するのはタイで撮影されたプライベート心霊動画、タイトルを直訳すると『ゴースト(どう見ても本物)』である。

続きを全部読む

幽霊? 宇宙人? 真っ白い2足歩行の生物が撮影される

3月の終わり頃に、米カリフォルニア州の自然公園で、深夜2時頃に謎の生物が監視カメラで撮影された。外見は真っ白で、2足歩行することが確認されているのだが、これが一体何のか、誰にもわからないという。

続きを全部読む

ドアを開けたら少女の霊!? 世界の怖いモノウォッチャーをビビらせた至高の恐怖動画

世の中には「怖い動画」が山ほど存在する。怖さにも様々な種類があるが、「心霊系」の怖さは世界共通で支持されている。

今回ご紹介したいのは、世界中の怖い動画を見てきた百戦錬磨の怖い動画ウォッチャーでさえ「これは怖い」と納得する、極めてハイレベルな恐怖の一本。動画サイトYouTubeにアップされた、その名も「誰もいない部屋で泣く少女の霊」である。

続きを全部読む

白装束の女幽霊を大勢の人が同時目撃、動画も撮影!

白装束の女幽霊を複数の住民が目撃しパニックになっていると、海外のニュース番組が女幽霊の映像を交えて報道した。

目撃時間は深夜12時~1時の間。場所は至って普通の公園だったという。目撃者の一人は「誰かが俺の背中を押したんだ。直感で分かった。これは子どもの幽霊であると……ッ!」と語っている。

この映像に対し、海外のオカルトファンは、掲示板やYouTubeのコメント欄で様々な書き込みをしている。要約してみると……

続きを全部読む

第1回の『日米の料理番組の比較』では両国の番組の特徴を列挙しその違いを説明してきたが第2回は日米の心霊番組の違いについて説明していきたいと思う。

記者が見ている番組で「Ghost Hunters」というアメリカの番組がある。内容は「幽霊が出て困ってます」という家庭や会社、建物などにゴーストハンターのチームが行ってサーモカメラやボイスレコーダーなどを設置、本当に出るかなどを検証するというもの。ここまでであれば日本でもありがちな番組なのだが、基本的にこの番組のコンセプトは人を怖がらせるというものではなく、「本当に幽霊屋敷なのか科学的に見てみよう」というもので、例えば「音がする」「ドアが開く」「寒気がする」というような現象は、科学的に分析されることも多い。それでも幽霊の証拠らしきものがとれることもあり、これがなかなかおもしろいのだ。ここからが本題。日本とアメリカの心霊番組の違いとは? 続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5