「幽霊」にまつわる記事

【被弾】アナタの後ろに…! 恐怖と痛みの絶叫! 四コマサボタージュ第316回「入浴時に出てきた幽霊とずっとやめない人」

続きを全部読む

【ライフハック】昔見たホラー映画のトラウマを今も引きずってる大人がやるべきこと・逆に絶対ダメなこと

ホラー映画といえば『キョンシー』や『ゴーストバスターズ』のことだと思っていたのだから、映画『リング』をうっかり見てしまった時の恐怖は凄まじかった。その日から私は母親と同じ布団でないと寝られなくなってしまったのだ。高校生なのに。

とにかく鏡を見るのが怖い。夜が怖い。テレビが怖い。1人になるのはもちろん怖いけど2人もそれなりに怖いとあって、日常生活に大きな支障をきたしたのは言うまでもない。一緒に映画を見た友人も怖がってはいたが、翌日には平気な顔している様子だ。

どうやら “オバケを怖いと思う気持ち” には大きな個人差があるらしい。大人になれば怖がりが治ると信じていたが、30歳になっても私のトラウマは消えなかった。そろそろどうにかしないと老後が心配……!

続きを全部読む

【都市伝説】ケニアのタクシー運転手に怪談話を聞いたらケニアの幽霊「ナクルの赤い女」をイラスト付きで解説してくれた / カンバ通信:第11回

ジャンボ〜! ケニアの首都ナイロビでタクシー運転手をしているチャオスでーす。ありがたいことに、リクエストボックスから質問が届いております。それも同じような質問が2通も! KKさん、岩槻さん、アサンテサーナ(どうもありがとう)! で、どんな質問なのかというと……

「日本ではタクシーの運転手さんは幽霊を乗せてしまうことがあるという話を聞きますが、ケニアではどうでしょうか。ケニアではどのような幽霊がいるのか知りたいです。」

ケニアには幽霊がいますか? オカルト的な怖い話があればお聞きしたいです。」

ほっほ〜、どうやら「タクシー運転手=幽霊との遭遇率が高い」という認識なんだな。ケニアに幽霊は……もちろんいる。特に名前は無いのだけれど、あえて命名するとしたら……

続きを全部読む

【審美眼】用の美ここに極まれり! 違いの分かるお化け… 四コマサボタージュ第251回「もったいない…」

続きを全部読む

【4コマ】第93回「廃墟の霊」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

【心霊スポット検証】ホラーゲームっぽい世界観に浸りたければ、赤羽に行くといい / 旧岩淵水門

全国各地の心霊スポットに不定期で突撃する「心霊スポット検証」のコーナー。今回は東京・赤羽にある「旧岩淵水門」へとアタックすることにしよう。

赤羽といえば、最近は飲み屋街としても注目の場所。夜でも多くの人で賑わう街だが……はたして本当に心霊スポットなどあるのだろうか?

続きを全部読む

35.785899139.729941

【4コマ】第74回「鼻の下の溝の霊」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

リメンバーあ~さ~く~ら~!病院の怖い話… 四コマサボタージュ第15回「病院での不思議な出来事」

続きを全部読む

【4コマ】第46回「亡霊」脳内ポートフォリオ

続きを全部読む

【怪談漫画】「本当にあったちょっと怖い話」が作り込まれていないリアルな怖さ

あらゆることがこれだけ発達した現代社会においても、いまだ幽霊に代表される「心霊現象」は科学的に解明されていない。幽霊がいるのか、いないのか? 怪奇現象があるのか、ないのか? 真実はわからないが、世の中には少なからず「霊感がある」という人が存在することも事実だ。

さて、今回ご紹介する漫画『本当にあったちょっと怖い話』の中には、その霊感を持つ人物が登場する。果たして霊感を持つ人たちは、どんな “ちょっと怖い体験” をしているのか? 2つのエピソードをご紹介したい。

続きを全部読む

【心霊スポット検証】京都で最恐最悪の魔界といわれる「清滝トンネル」が若者のテーマパークと化していて泣いた

華やかなイメージとは裏腹に、多くの心霊スポットを抱える京都。今回はそんな京都でも屈指の知名度を誇る心霊スポット「清滝トンネル」を検証することにしよう。

挙げればキリのないほどの怪談話が語られる当地だが、真の姿は意外なものだった……?

続きを全部読む

世界最恐心霊スポット「チリンガム城」に行ってみたら予想外の事態に! 拷問部屋に響く子供の泣き声……

あなたは幽霊を信じますか? まことしやかに語り継がれる怪談・都市伝説、各地での目撃談や奇妙な事故の数々。そんな噂の中でも世界最恐と呼ばれる場所がある。その名も「チリンガム城」。イギリスにある古城だ。

季節は夏。夏と言えば幽霊の季節である。というわけで、チリンガム城に行ってみた結果……予想外の事態に

続きを全部読む

【仮説】意外と真剣に「心霊現象を科学的に」解明した / 本日7月26日は『幽霊の日』

本日7月26日は「幽霊の日」だという。これは1825年のこの日、江戸の中村座で四代目鶴屋南北作「東海道四谷怪談」が初演されたことに由来するもので、同作はかの有名な “お岩さん” が登場する怪談話である。

おそらく幽霊や心霊現象を「怖い」と感じる人もいるだろうし、逆に「全然信じていない」という人もいることだろう。ただ私、P.K.サンジュンから言わせれば心霊現象は科学的に解明できる……というか、した。今回は100年後くらいには常識となっているかもしれない『心霊現象の科学的解明(仮説)』を聞いていただきたい。

続きを全部読む

霊感が強くて何か見えてる…? ご機嫌だった幼児が突然「気味が悪い」と怖がる動画が不気味…

子供は前世を覚えているとか、霊感が強いといったことを耳にすることがある。信じる信じないは人それぞれだろうが、本当にあることなのかもしれない。なぜなら、思わず信じてしまうような動画が海外で激撮されたからだ。

ご機嫌だった女児が宙を眺めたかと思いきや、突然「気味が悪い~」と言って何かを指差し、じっと凝視……。もしかしたら、他の人には見えない霊が見えていたのかもしれない……と話題になっているのだ。

続きを全部読む

【心霊映像】とある銀行で撮影されたビデオに「少女の幽霊」が…あなたは信じられますか

本来映るはずのないものが映っていた……。なかなか自身が体験することはないが、この世の中では不思議な現象が起きることもしばしば。時として、心霊と呼ばれる類(たぐい)のものがカメラにとらえられることがある。

そして先日、海外で撮影された新たな心霊映像が世界に発信され、見る人を恐怖のどん底に突き落としている。映っているのは「少女の幽霊」だが、先に言っておくとバッチリ見える。寒い今の時期にさらに寒くなりたくない人は、ここで戻る方がいいだろう。

続きを全部読む

人間の男にウンザリした海外女性が「海賊の幽霊」と結婚! ちゃんと霊にプロポーズされたらしい

愛の形が様々なら結婚の形も一つではなく、自分と結婚するソロガミーや物体と結婚する対物性愛者もいる。

そして、この世の中には霊と夫婦の誓いを立ててしまう人達もいて、ある女性は海賊の幽霊と結婚! なんでも、きちんと “相手” からプロポーズされて夫婦関係は良好らしいぞ。

続きを全部読む

【続編】頭が半分潰れた少年に “禁断の質問” をした男性 → 少年の幽霊と接触してツイートが途絶える

最近、寒さが厳しくなってきたこともあり、怪談を聞いてブルブル震えたいという人は少ないだろう。だが、以前に当サイトで取り上げた「恐怖の心霊体験をした男性」が、再び恐ろしい体験をしたというので続報としてお伝えせねばなるまい。

夢の中で頭が半分潰れた少年に “禁断の質問” をした男性は、その少年の幽霊に悩まされていた。ここのところ、怪奇現象は収まっていたそうだが……ついに幽霊が姿を現したのだという。あなたは信じられますか……?

続きを全部読む

【心霊映像】ポルターガイストが起こりまくる学校の現象が本物なのか議論に / ネットの声「ここの生徒だけどイタズラだよ」

かなり冷え込みが厳しくなってきた今日この頃、「背筋が寒くなりそうな話は聞きたくない!」という人がいるかもしれない。だが、見たらドキッとしそうな映像が話題となっているので、紹介したいと思う。

以前にロケットニュースで、「学校で起きたポルターガイスト現象が不気味すぎてヤバい」というニュースをお伝えしたのだが、そんな不可思議な現象が起こる学校で、再び心霊映像が激撮されたというのだ! しかし、ネット民から「ここの生徒だけどイタズラだよ」とのコメントが書き込まれ、映像の真偽のほどが問われているようなのだ。

続きを全部読む

ドラレコは見ていた! いきなり現れる「ゴーストカー」の映像がマジ恐怖

車を運転するなら装備しておいた方がいいのが、ドラレコことドライブレコーダーだ。最近、危険運転のニュースが多く取り上げられていることもあり、実用性を再認識した人もいることだろう。

いざという時に証拠となるドラレコ。しかし、時として不思議な映像をとらえてしまうこともあるようだ。というのも、いきなり出現する「ゴーストカー」の映像が拡散されているのである。

続きを全部読む

【心霊映像】カメラは見ていた! 午前3時に学校で起きたポルターガイスト現象が不気味すぎてヤバい

早いもので2017年も10月中旬。完全に秋と言ってもいい頃だが、まだまだ昼間は夏のような暑さが続いている。こうも暑ければ、ヒヤッとするような心霊現象が欲しくなってしまうものだ。

ということで、今回ご紹介するのは海外発の心霊映像。YouTube ですでに600万回近くも再生されており、いろんな意味で “オバケ” となっている1本だ。かなり強烈な内容なので、心霊系が苦手な人はこのあたりで引き返した方が無難かもしれない。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5