「家」にまつわる記事

提供:LIFULL

【マジかよ】上司が「1万円の一軒家を借りたい!」と言うのでスマホで探してみた結果 → まさかの結末へ

引っ越しって基本的に楽しいけど、物件を探すという作業は本当に面倒だよな。特に、遠方に部屋を借りる時ね。現地行ってー、物件探してー、内見してーと、やることいっぱい。そんな時間ありまへんがな。お金もかかるし。

なんてことを思っている私(あひるねこ)に、上司である編集部の Yoshioが「1万円の物件を借りたい!」などと言ってきたから さあ大変! おいおい、こっちにも仕事があるんだぞ……。しかしこの後、予想だにしない驚愕の結末が私を待っていたのだった。

続きを全部読む

【建築費40万円】想像以上にオシャレ! 3Dプリンターを使って24時間で建てられた家がこちらです

誰にとってもマイホームを持つことは、人生における一大イベントのひとつではないだろうか。だが土地を買って家を建てるとなると、お金も掛かるしローンの手続きなどもあるしで、なかなか大変である。

そんな一軒家を、3Dプリンターを使って4000ドル(約42万5000円)という低コストで、たった24時間のうちに建ててしまった団体&会社が登場したというので紹介したい。被災地で家を失くした人々や、ホームレスの支援に役立つのではないかと大きな注目を集めている。

続きを全部読む

『30年越しのドッキリ』を仕掛けた男性のイタズラ心がパない!「死体が埋まってる!!」と住人をビビらせる鬼畜っぷりが炸裂 → ネット民大ウケ

ちょっとしたイタズラで誰かを驚かそうとしたら、その場で相手の反応を見たいと思うのが普通だろう。だが、なかには何日……いや何年でも待ってやろうという根気強い人もいるようだ。

というのも、ある男性が「次の住人に仕掛けた30年越しの気の長~いイタズラ」に絶句……と話題になっている。か~なりホラーチックなイタズラで、次の住人が超ビビってしまうことは間違いナシである!

続きを全部読む

たった6時間で建つ約370万円の家がこちらです / 耐震性も保証付きでモダンなデザインがオシャレ!

多くの人が、いつかマイホームを持つことを夢見ているのではないかと思う。だが、頭金を用意したりローンを組むための審査があったり、何かと大変なだけにナカナカ重い腰が上がらない……ということもあるだろう。

では、たった6時間で建つ370万円の家だったらどうだろうか!? しかも耐震性も保証付きで、モダンなデザインも超オシャレ! そんな家がイタリアで誕生し話題となっているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

『家の落とし物』がカナダで見つかる / 発見者「誰かが家を盗んで放置したのかも」とSNSで呼びかけ → “落とし主” がいた

誰でも、今までに落とし物を見つけて届け出るなりしたことが、一度ぐらいはあるのではないだろうか。落とし物といえば大抵の場合は小さなアイテムだが、なかには超巨大な物を見つけてしまう人もいるようだ。

というのも、ある男性は自分の土地に知らない家が忽然と現れて、ビックリしてしまったというのである! SNSに家の写真を投稿したところ、無事に “落とし主” が見つかったらしい。

続きを全部読む

【DIY】マサイの家の直し方 / マサイ通信:第88回

スパ! みんなは好きかな、自分の家。オレたちマサイ族は一軒家に住んでいるけど、日本だったら一軒家の人もいるだろうし、マンション・アパートの人もいるだろう。いずれにしても、もしも家が壊れたらどうするかな? 業者さんに電話する?

オレたちは違う。自分らで直す。自分らっつーか、カーチャン、奥様、つまり女性たちが直すんだ。オレたち男は見てるだけ。家のことはカーチャンにおまかせなのよ。

続きを全部読む

速すぎて見えない! 謎の物体が超スピードで窓ガラスを突き破り部屋に侵入 → 鹿だった

秋も深まり、肌寒さを感じるようになったこの時期。家でのんびり読書などをして過ごす人も多いだろう。だが、どんな場所でも予期せぬ出来事は突然やってくるものである。

海外で撮影された動画に収められているのは、とある広々とした玄関。特別目につくものは何もない。しかし次の瞬間……ものすごいスピードで窓ガラスを突き破り、何者かが侵入したではないか! 一体なにが起きたんだーッ!?

続きを全部読む

【あるある】みんなが家でコッソリやっている気持ち悪いコト色々 「風呂場でオシッコ」「シーツを滅多に洗わない」など

やはり、人前だと人間は多少ネコを被ったり、良いところを見せようとする傾向があるが、一人になった途端に地が出てしまうものである。

そこで、複数の海外メディアが、「みんなが家でコッソリやっている気持ち悪いコト」と題して、人には自慢出来ないような行動を挙げているので、紹介することにしよう。きっと、「あるある~!」なんて思いながら、共感してもらえるのではないだろうか。

続きを全部読む

お財布を届けたホームレスが家と仕事を手に入れて話題に! 財布主「こんな正直な社員が欲しかった」

人生にお金は必要だ。絶対に必要だ。お金が無いと、生活にも心にも余裕が無くなってしまう。

タイでホームレスになっていたWoralopさんの所持金は、わずか60円だった。そんな時、目の前でポケットから財布をポロリと落とした人がいたら……ホームレスの立場になって、あなたならどうする? Woralopさんは「ある行動」に出て、その結果なんと、住居と仕事を手にしたのだ!

続きを全部読む

海外ドラマ『フルハウス』のあの家が売りに出されることに! 不動産が高騰するサンフランシスコだけに相当なお値段だぞ!!

1987年から8シーズンにわたって放送された大人気ファミリードラマ『フルハウス』は、日本で、今でも根強い人気を誇る作品だ。

2016年には、本シリーズの続編となる『フラーハウス』が動画配信サービスNetflixで配信スタートし、再び『フルハウス』ブームが巻き起こっている。そんな、両シリーズの撮影で使用された家が、売りに出されることになったというのだ。場所が、不動産が高騰するサンフランシスコだけに、売値は相当な額になるようだぞ!

続きを全部読む

【切ない画像】自分が住んでいた木が切り倒されて超寂しそうなリスが激写される

しばらく家を留守にしていて自宅に帰って来ると、「やっぱり我が家はいいなあ~!」と実感してしまうという人は多いだろう。英語では「Home Sweet Home:ホーム・スウィート・ホーム」と言って、我が家の良さを表現する慣用句があるのだが、誰にでも、‟自分の基地” と呼べる生活拠点は必要である。

そんな拠点がある日突然消えてしまったら……いま、大切な我が家を奪われたリスが激写され、「切なすぎる……」とネットで話題を集めている。リスのなんとも言えない表情が痛ましすぎて、心がキューンとつかまれたような気持ちになってしまうのだ。

続きを全部読む

【動画あり】クリスティアーノ・ロナウドの家がブルジョアすぎる

現在、世界最高峰のサッカー選手のひとりと言われているクリスティアーノ・ロナウド。彼は、顔よし、テクよし、お金持ち。銀河系軍団「レアル・マドリード」に所属していることはもちろん、超がつくほどストイックなので向かうところに敵はいない。

まさに「天はすべてを与えた」と言っても過言ではない存在だが、どんな家に住んでいるのか考えたことのある人も多いだろう。ヤバいのは大体予想できるが、実際に見たらマジでブルジョアだったのでご報告したい。

続きを全部読む

【希少映像】マサイの窓

家づくりやインテリアが大好きな人ならば、気になるのが「ひとんちの家」であろう。どのように暮らしているのか。どんな家具を置いているのか。たまに行く “ひとんち” は超たのしい。特に、海外旅行時における “ひとんちチェック” は興味深い。

ということで、今回ご紹介したいのは、アフリカのケニアはアンボセリに家を持つ、マサイ族の戦士・ルカさんの家である。彼はライオンと戦い勝利したこともあるほどの、らいおんハートを持つ男だ。はたして、どんな家なのかというと……

続きを全部読む

海外版『大島てる』!?  家やマンションで起こった「自殺や殺人事件を調べてくれるサイト」が登場して話題に!

住めば都というが、実際に住んでみるまでは、近所の騒音具合や隣人に変な人がいないかどうかなど、分からないことは結構多い。

そして、住み始めた後に、自宅で事故死や殺人事件が起こったなどとは、あまり知りたくないだろう。日本には、事故物件の情報を掲載しているサイト『大島てる』があるが、海外にも同様の会社が登場して注目を集めている。

続きを全部読む

「一戸建て」に住んだことがない人あるある50

地方に住んでいる人にとっては当たり前の一戸建てかもしれないが、都心出身者の中には一戸建てに住んだことがない人は意外にいる。何度引っ越そうが、独り暮らしをしようが、アパートかマンション住まいばかりの「一戸建て未経験者」は決して少なくないのだ。

一戸建てか、はたまたマンション・アパートか。別にどちらが正解ということでもなく、好みの問題なのだが、今回は一戸建て未経験者にありがちなことをご紹介したい。題して、「一戸建てに住んだことがない人あるある50」だ。

続きを全部読む

【ニャンコの楽園】全てはネコのために! ネコ仕様に改装された家が素晴らしい 「ウチもこんな風にしたい!」とネコ飼いから羨望のまなざし

ネコを飼っている人々が、頭を悩ませる問題「ネコを外に出すか? 出さないか?」。事故や病気、迷子など、お外には危険がいっぱい。ふん尿問題などの観点からも、ネコを家の中だけで飼うことが理想とされている。しかし、「お外でノビノビさせてあげたい……」という気持ちも拭いきれないのものだ。

ところが、今回ご紹介する家に住む15匹のネコは、おウチの中だけで大・満・足! もう、「ネコの楽園」とも呼べる家に住んでいるのである。階段やキャットウォーク、個室、なにからなにまでネコ様仕様!! 工夫さえすれば、ネコも満足して家の中だけで暮らすことができそうだぞ。

続きを全部読む

改築のため “ブルドーザーで家を丸ごと破壊した夫” がキテる件 / 妻の「ブルドーザーで壊しちゃえば?」との冗談を本気に取ったのが理由

家のリフォームはお金も時間もかかるし大変だが、生まれ変わった自宅に住むことを想像するとワクワクするものだ。しかし、そんな期待を胸に抱きながら、無残に打ち砕かれてしまった女性がいる。

なんと彼女の夫は、家の改築のためにブルドーザーで家を丸ごと破壊してしまったというのである!! しかも電気とガスを止めていなかったため、爆発防止で救急隊が動く騒動に発展。一体全体どうして彼は、家財道具一切を残したまま家ごと破壊してしまったのだろうか!?

続きを全部読む

【この発想はなかった】ローラーコースターで物件見学をする動画が斬新すぎると話題

家は一生に一度の大きな買い物である。だからこそ物件を見学する際は、隅から隅までじっくり確認し……数多くの件数を見てから最終的な判断を下すことがほとんどだ。しかし今、これまでの常識を覆してしまうような見学方法が話題になっている。

一体、どういう方法なのかというと……な、ななな、なんと! ローラーコースターを使って物件を見学するというのだ!! ピンとこない人もいるだろうが、まずは動画「Rollercoaster bezichtiging in Ermelo」をご覧いただきたい。

続きを全部読む

よく見ると絶対に目を合わせたくない人が写っている写真 / エピソードを詳しく知れば知るほど恐ろしい!

引っ越したばかりの新しい家で、新たな生活をスタートさせた時は、誰しも気持ちがワクワクするものだ。中には自分の家の写真を撮ってSNSでシェアをしたり、友達に画像を送ったりする人もいるだろう。

イギリス・ウィルトシャー州、トローブリッジに住むミシェル・ミッドウィンターさんもそのうちの1人。先月引っ越して来たばかりの彼女は、友達に見せるため自慢の家を外からパシャリ。それが今回紹介する写真なのだが……なんと! よく見るとその写真には「見覚えのない男」が写っていたのだ。じっくり見れば、あなたもきっと気づくはず。ほら、そこ! 誰かが “中からこっちを見ている” ぞ!!

続きを全部読む

いくらなんでもオーシャンビュー過ぎる! フジツボからインスパイアを得て設計した家がパない

オーシャンビューの家……それは一つの憧れの形だ。目の前に広がる青い海、遠くに見える水平線、屋内を吹き抜けていく潮風などなど。いつかそんな家に住みたいと思っている人は少なくないはず。

だがしかし! どれだけオーシャンビューに強い憧れを抱いている人でも、「いや、これじゃない」と言いそうな海沿いの家が話題になっているので取り上げたい。どういうことかと言うと……その家は崖の真上。いくらなんでも海が近過ぎるのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2