「ラーメン」にまつわる記事

行列のできない激しくうまいラーメン屋『山手ラーメン本郷 安庵』

これまでに数々のラーメン店を紹介してきたのだが、あえて言いたい。有名店だけが名店とは限らない。あまり人に知られていなくても、驚くようなおいしいラーメンを提供するお店もあるのだ。おそらく、『山手ラーメン本郷 安庵』もそのひとつ。店構えは決して派手ではない。いやむしろ、油断すると素通りしてしまうほど地味なつくりとしている。

しかしながらここは、知る人ぞ知る名店であり、斬新なラーメンを提供している貴重な店なのである。

続きを全部読む

ロッテとラーメン店がタッグを組んだチョコレートラーメンを食べてみた!

2009年よりお菓子メーカーの「ロッテ」と人気ラーメン店の「麺屋武蔵」がコラボレーションをしているのをご存知だろうか。毎年この時期になると、チョコレートを使ったラーメンを、期間限定で提供している。そのコラボ企画も今年で4年目、今回は昨年までの具材を大幅に変更したとのこと。早速食べてみることにした!

昨年の「味噌ガーナ2011」は、ガーナミルクチョコレートで炒めた合挽き肉を麺のうえにあしらい、その上からガーナホワイトを使った滑らかなマッシュポテトを盛っていた。全体的に「まろやか」という印象を強かったのだが、今年はどのような味に変身したのだろうか?

続きを全部読む

誇れることではないのにヤケに強気なラーメン屋 / 立て看板に名言も

どこの街に行っても、郊外の主要な地方道沿いには、決まってラーメン屋さんがあるものだ。広い駐車場を備えたこじんまりとした店構えのところが多く、長年営業しているためか、古びた建物の場合が多い。ここで長距離トラックの運転手は、食事をして駐車した車で睡眠休憩をとるのだ。

そんな郊外型ラーメン店の看板が、ユニークと話題になっている。このお店、表に「当店にうまい物なし」と、力強く掲げているのだ。一般的にはあまり誇れることではないのだが、やけに強気に感じられるためか、妙な説得力がある。思わず「ちょっと入ってみるか」という気にさせられるから不思議だ。

続きを全部読む

女の子が包んでくれる「ワンタン」で体も心も温まる! 寒い日のワンタン麺は最高

今年も余すところ2週間。毎日寒さが募り、ところによっては初雪の報せも届いている。こう寒いと、温かいものが食べたくなるというもの。そこでおすすめしたいのがワンタン麺だ。麺と点心が一度に楽しめてしまう素敵な料理だ。もしもそのワンタンを可愛らしい女性が包んでくれていたとしたら、体だけでなく心も温まるに違いない。

都内でチェーン店を展開している「広州市場」では、心身ともにポッカポカになるワンタン麺を提供している。寒い日は寒かった分だけ、温まることができるのだ。

続きを全部読む

チキンラーメンにフライドチキンを入れるとウマさが15倍アップする!

即席ラーメンの先駆者的存在として、長らく国民の胃袋を満たし続けているチキンラーメン。もはや説明も不要なほどお馴染みの商品なのだが、これにあるものをプラスするとウマさが約15倍アップするのをご存知だろうか。そのあるものとはフライドチキンである。一見ミスマッチのように思われるかもしれないが、お互いに「チキン」同士である。合わないはずがない! 実際に入れてみたところやっぱりウマかった~!

続きを全部読む

彼女ともガッツリ行きてぇ! 中野のオシャレなガッツリ系ラーメン『らーめん Kaeru』(カエル)

ラーメン二郎に代表されるようなガッツリモリモリなラーメンの店。そんなラーメン屋には女の子と行きにくいもの。なかには乱してはいけない暗黙のルール・ギルティ(罪)があり、初心者や女子の皆さんも一人では入りにくいのではないだろうか。

でも、モリモリに盛られたラーメンを食べたい! そんな方に朗報だ。東京都中野区には従来のラーメン屋のイメージを覆すオシャレな店があるらしい。しかも、オシャレなだけでなくガッツリめちゃウマなのだ。

続きを全部読む

10月1日天下一品ラーメンの無料券がもらえるぞー!

京都発祥のラーメンとして知られるラーメンチェーン店「天下一品」(以下:天一)は今年、創業40周年を迎える。それを記念して10月1日からイベントを開催するという。その第一弾として10月1日限定で、なんとラーメン無料券のプレゼントを行うのだ。1日限定のチャンスを見逃す手はない~ッ!

続きを全部読む

はんなり京都でこってりラーメン!? 『新福菜館本店』の超濃厚ラーメンが激ウマ

京料理と言えばあっさり薄味。はんなりなイメージが強い京都だが、そのイメージを打ち壊すこってり濃厚、どす黒いスープの京都ラーメンが存在することをご存知だろうか。

しかも、新興勢力ではない。1937年創業の老舗中の老舗「新福菜館本店」である。

続きを全部読む

39年間、ラーメン1杯100円を貫き通している店「勝龍軒」

福岡市南区の野間というところに「勝龍軒」というラーメン店がある。昭和47年(1972年)から39年間、ラーメン1杯100円を貫き通しているという。

「どうせ、インスタントラーメンのようなラーメンだろう」と思って、この100円ラーメンを注文してみると、何と、チャーシュー、ネギ、キクラゲは麺が見えないほど盛りだくさんに入っている本格的なラーメンではないか。麺はしっかりコシがあるシコシコの普通麺、博多特有のこってり豚骨スープよりは少しあっさりした塩豚骨スープが麺によく馴染んでいて、実にウマイ。

続きを全部読む

つけ麺とヨーグルトの奇跡的な出会い! 美人店員さんの作る「つけ麺ブルガリア」を食べてみた

ここは新宿御苑にほど近い、比較的静かなオフィス街。新宿駅や歌舞伎町のような賑やかなエリアと異なり、マンションやアパート、そしてオフィスビルに囲まれた場所である。ビジネスマンたちが息抜きに訪れる公園のすぐそばに、つけ麺のお店「小麦と肉 桃の木」がある。

記者(私)はこの日、たまたまこの近くを通りかかったのだが、お店の外に張り出されたPOP広告を見て、立ち止まってしまった。というのも、「つけ麺ブルガリア」と書いてある。その説明によると、つけ麺にヨーグルトを使ったと記されているではないか。大変興味をそそられ、ちょうど昼時でもあったので、実際に食べてみることにしたのである。

続きを全部読む

食用微生物がたっぷり入ったラーメンを食べてみた

淡水でごく普通に生息している微生物の「ミドリムシ(学術名:ユーグレナ)」。小学校の理科の授業で、お馴染みの生物なのだが、これをたっぷり使ったラーメンが登場し、話題を呼んでいる。

そのラーメンとは、山手ラーメン安庵の本郷店限定で提供されている「みどりラーメン」だ。その名に相応しくスープの色は緑色をしている。お味のほどはいかに!?

続きを全部読む

麺がバンズのラーメンバーガー

日本の国民食とも言えるラーメン。誰もが愛して止まない麺料理なのだが、このラーメンのハンバーガーが存在するのをご存知だろうか? 麺を焼いてバンズ(パン)代わりにして、メンマやチャーシューを挟んだ、驚きの逸品なのである。

続きを全部読む

アジアの裏路地にひろがる深淵を検証すべく、世界を旅して15年。

突然ですが、今回はプノンペンの中華系スーパーで入手した台湾・中国それぞれのカップラーメンを食べ比べてみたい。

偶然だが、対戦するのはどちらも「和風」をイメージした商品。あらかじめ不公平のないよう、同価格帯 (双方100円弱)のものをチョイスしてます。意外に高いね!

続きを全部読む

東京ラーメンショー2010の「エア湯切り選手権」に参加してみた

11月3~7日の日程で開催されたラーメンの一大イベント「東京ラーメンショー2010」。昨年に続いて2回目の開催となる今年、全国17都道府県から100店舗以上の名店が軒を連ねた。会場となった駒沢オリンピック公園は、うまいラーメンを求める人でごった返し、各店舗には長蛇の列が。

そのラーメンショーで一風変わった催し物が行われたのだ。その名も「エア湯切り選手権」。あたかも湯切りをしているような動作を行い、そのパフォーマンスを競うというものだ。前代未聞のこの珍妙な競技(?)に私、佐藤も挑戦してみることに! 果たして結果は?

続きを全部読む

山盛り野菜をトッピングできることで有名な『ラーメン二郎』。丼からハミ出すほどの野菜で人気を博しているのだが、その『ラーメン二郎』をしのぐスゴイ量のラーメンが存在した。

そのラーメンとは、大田区の麺香房『暖々』の「増し増しラーメン」だ。追加トッピングできる野菜の量は丼の3倍強! スープも麺もまったく見えないほど大量にトッピングしてくれるのだ。この噂を聞きつけたロケットニュース24取材班は、さっそく最強レベルの増し増しラーメンに挑戦にしてみたぞ。

続きを全部読む

藤子不二雄先生の漫画に登場する有名なキャラクターといえば、ラーメンが大好きな小池さんですよね。あらゆる藤子不二雄先生の作品に登場していますので、皆さんも何度か漫画で見たことがあるのではないでしょうか?

そんな、ラーメン大好き小池さんの本当の名前が、鈴木さんなのをご存知でしたか? 公式設定でも、小池さんは鈴木さんなのです。ワケがわかりませんが、その理由を解説しましょう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 14
  4. 15
  5. 16
  6. 17
  7. 18
  8. 19
  9. 20
  10. 21