「ライオン」にまつわる記事

決死の覚悟で激写に成功!! これが野良ライオンだ! マサイ通信:第176回

スパ! ルカだ。ライオンに1勝したことのあるマサイ族の戦士・ルカだ。オレたちマサイ族の戦士の宿敵といえばライオンだ。そう、オレたちは対ライオンのプロフェッショナル。いつぞやか日本からゴー(羽鳥)がライオンの倒し方を学びに来たくらいの技術と度胸、そして経験を持っている。今はもう戦えないけどな。

でも……違う方法で戦える。たとえばパパラッチ的な戦い方。そう、激写だ。今回、決死の覚悟で日本のみんなのために野良ライオンを激写したので共有したい。

続きを全部読む

サファリパークでは絶対に車の窓を開けちゃダメ! 野生ライオンが車を襲う動画に震える…

普段お目にかかれないような動物を近くで観察できる動物園は、家族ぐるみで楽しめる施設だ。本格的に野生動物の生態を目にしたいなら、自然保護区のサファリパークがオススメだが、そこにいるのは餌付けされていない野生の動物たち……。

ちょっとした隙を見せようものなら動物に襲われ、命を落としてしまいかねない。過去にも「ライオンが車のドアを開ける」など恐ろしい事件が起きているが、またしても「サファリパークでは絶対に窓を開けちゃダメ!」と教えられる動画が撮影されたので紹介することにしたい。

続きを全部読む

【悲報】狩野英孝さん、ライオンに噛まれる

ショッキングなニュースが入ってきた。なんと、お笑い芸人の狩野英孝さんが、テレビ収録現場でライオンに噛まれたという。

昨年2017年の淫行騒動で一旦芸能活動を自粛した彼。その謹慎が明けて半年、めちゃくちゃ体を張っているようである

続きを全部読む

【23分の2の確率で他人】マサイ族が「ついつい撮ってしまった自撮り写真」の写真集 / マサイ通信:第112回

スパ! こうスマホを持っていると、ついついいろんな写真を撮っちゃうんだよなァ〜。みんなも撮るだろ? 自撮りとか、自撮りとか、自撮りとか。たまに他撮り(たどり)もするけれど、基本的には自撮りだよな。ついつい。ン〜。

ということで今回は、ついついオレが撮ってしまった自撮りの写真を並べてみたいと思う。でもそれだけじゃ満足できないだろ? なので、23枚中、2枚だけ他人の写真を入れてみた。間違い探しだと思って挑戦してみてくれよな。

続きを全部読む

狩りの最中に「この茂みの中にライオンが潜んでいる」とスマホで撮った写真を日本人に送ってみたらこうなった / マサイ通信:第98回

スパ! みんな、スマホばっかり見てないか? はっきり言って目が悪くなるぞ。今すぐスマホなんて捨てちまえ。もしくはスマホを「マサイ通信を読む専用」にしろ。……とか言ってるオレはスマホをバリバリ見てるけどな。ハッハァ〜〜(Hahaaaa)!!

さて。そんな視力の話をするのも、今回紹介する1枚の写真がきっかけだったりする。先日、ゴー(羽鳥)に、「この茂みの中にライオンがいる」って言葉を添えて、この茂みの写真を見せたのさ。そしたらゴー、興奮して「どこ? どこっ?」ってな(笑)

続きを全部読む

【マサイ通信】第25回:マサイ式 “シメキリ催促” のやり方 「ライオンを追い込むがごとく」

スパ(Supa)! もう覚えたよな? マー語(マサイ語)でハローが「スパ(Supa)」なんだ。ソパ(Sopa)でもいいぞ。どっちでもいい。つーことでルカだ。野生のライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカ(Luka)だ!!

ところで……当連載「マサイ通信」の運命は、ほとんどすべてオレの相棒・ゴー(羽鳥)が握っている。ゴーが忙しかったら、“ネタの打ち合わせ” と称したチャットもできないし、記事も書いてもらえない。だからオレは、ほぼ毎日、ゴーに声をかけている。

続きを全部読む

【正直レビュー】Amazonで90%OFFだったから「ライオンのたてがみ」を買ってみた / そして飼いネコにかぶってもらった

とっても便利な Amazon。何時間も眺めては、色々な物をカートの中に放り込んでしまう。無駄遣いって良くないなあ……そう分かっていてもサイトをのぞくのが止められない。なぜなら Amazon ではセール品も売られているので、「今日は何がお安いかしら?」とついついチェックしてしまうのだ!

今回ご紹介する「ライオンのたてがみ」も90%OFF で売られていたもの。こんなにお安いのなら買ってもいいかな、と心がグラついて1つ購入してみたところ、飼いネコに嫌がられてしまった。しゅん……。

続きを全部読む

【マサイ通信】第7回:オレの弟(戦士)がライオン殺しの罪で悪徳警官に逮捕されてブタ箱に送り込まれたけど金を払って救出した

ソパ! もう覚えただろ。マー語で「こんにちは」の意味な。オレの名はルカ。マサイ族の戦士、ルカだ。vsライオン1勝のルカだ。何度も言うが、オレタチはウォリアー(戦士)だ。マサイの戦士、マサイ・ウォリアーだ。宿敵は野生のライオンな。

突然だけど、つい先日、とても悲しい事件が起きた。オレの弟(戦士)が逮捕された。なんと罪状は「ライオン殺し」だ。今回のレポートは、かなり深い話だから覚悟しろ。お前らのご先祖であるサムライが過去に通ってきた道に……似ているかもな。

続きを全部読む

モンブランとライオンが出会った『モンブライオン』が奇跡の可愛さ! 食べずにこのまま連れて帰りたいレベル / 東京・高円寺「Baby King Kitchen」

料理とは味はもちろんだが、見た目も大事だ。せっかく美味しいのに、見た目が悪いとその魅力は半減してしまう。個人的に、ケーキは特に見た目の美しさが味と同じくらい重要だと思うのだが、どうだろう。

そんなことを考えていたら、奇跡のような、とんでもなく可愛いケーキを発見してしまったぞ。モンブランとライオンが合体した、その名も『モンブライオン』! 繰り返す。『モンブライオン』だ!! 何なのこれぇ~。こんなの食べられな~い。と男でも悶絶してしまう『モンブライオン』の詳細は以下の通り。

続きを全部読む

怖くて眠れないぜ! “ライオンの超近く” に泊まれるホテルが爆誕!!

本屋水中レゴだらけ従業員がロボット……など世界には変わったホテルがたくさんある。けれども今回ご紹介するホテルも、変わりに変わっている。それは、ライオンがいるホテル!

そ、そんな命に関わるようなホテル泊まりたくないよう!! と怖くなってしまうが、ライオンに食われてしまうような施設が安易に作られるはずがない。うーん、一体どんなホテルなんだろう?

続きを全部読む

【怒りの独白】25歳独身女性が草食系男子に失望! 「キリンも時にはライオンを蹴り殺すことがあるというのに」

草食系男子という言葉が聞かれるようになってから久しい。最近の男子は恋愛に消極的であり、攻めの姿勢が見えないことから、草食動物になぞらえてこのように言われるようになったようだ。第2次ベビーブーム真っ盛りに生まれた私(佐藤)は、努力と根性で何とかなると信じてこの40年間を生きてきた。

したがって、いつも根拠のない自信があり、何事においても消極的ではないと自負している。そんな私から見ると、草食系という感覚が良くわからない。そこで20代女性に草食系男子について意見を求めたところ、かなり意外な回答が返ってきた。私はてっきり草食系男子こそモテるものだと思っていたのだが……。

続きを全部読む

提供:ライオン

【ヤバい】インド最強のゴッドハンドを持つ『ババセン』氏のコズミックマッサージがスゴすぎる件 / 体の邪気がすべて吹っ飛ぶ!

ヨガやアーユルヴェーダなど、さまざまな健康術や美容術を持つ国といえば、インドである。

そんな歴史ある国インド発、世界で注目を浴びている健康術があるという。その名も『コズミックマッサージ』だ。

こ、こずみっく!? そんな宇宙人もビックリな壮大すぎるマッサージ、いったいどんなものなのだろうか!? ぜひ見てみたい!

続きを全部読む

アフリカの有名なライオン “セシル” を殺害した歯科医が『ハロウィン衣装』になって登場!「悪趣味」「不謹慎だろう」と物議

2015年7月、1匹のライオンが殺されたことに、世界が激怒した。ジンバブエ、ワンゲ国立公園の人気者オスのライオン “セシル” が、アメリカ人歯科医によって殺害されたのである。

今でも人々の怒りは収まっておらず、歯科医師への激しい非難活動は続いている。そんな中、なんとこの歯科医をモデルにしたハロウィン衣装が販売されることに! 血まみれの白衣に、首だけのライオンのヌイグルミ……とぶっ飛んだこの衣装を巡って、議論が勃発しているのだ。

続きを全部読む

【動画あり】マサイ族の戦士たちに「ライオンの倒し方」を教えてもらった

日々、ライオンと戦い続けるケニアの誇り高き「マサイ族」の戦士たち。一節によると、マサイ族の姿を見ただけでライオンが逃げ出すこともあるという。百獣の王ライオンが恐れる “ニンゲン” は、世界広しといえどもケニアのマサイ族くらいだろう。

そんなマサイ族に、どうしても聞きたいことがあった。それはズバリ、ライオンの倒し方である。ということで聞いてきた! 実際に私がライオンになったハウツー動画「HOW TO ATTACK LION ~Maasai Style~ 」とあわせてご紹介したい。

続きを全部読む

アフリカで有名なライオン「セシル」を無残に殺したハンターに非難殺到! 狩りに支払った報酬は680万円

以前にも、アフリカで殺したキリンの横に寝そべり、笑顔で記念撮影した女性についてのニュースをお伝えしたことがある。娯楽や個人的な利益のために、希少動物を狩るハンターがいまだに存在することが残念だが、またしても居たたまれない出来事が起きてしまった。

アフリカで有名なライオン ‟セシル” が、狩猟を趣味とするアメリカ人に殺された。しかも、その人物は、ライオンを狩るために680万円もの報酬を支払っていたというのだ!

続きを全部読む

【ホントにあったスゴイ話】サーカス団最強は誰だ!? ライオン使い VS 象使い VS 熊使い

歳をとると妙に昔のことを思い出す。オッサンになった私(佐藤)は最近、ふと若き日の思い出がよみがえることがある。自分にとってもかなりマレな経験についてお伝えするのが、このホントにあったスゴイ話である。

第1回は地元島根のバーで勤めていたときの話をしよう。まあ、バーというのが的確な言い方かどうかわからないのだが、そのお店はライブをやったりクラブイベントをやったりと、いろいろと催しの絶えないお店であった。そこで起きた、かなり激しいケンカの話だ。

続きを全部読む

【動画】嬉しい! 嬉しいぞー!! 13年間サーカスにいたライオンが初めて大地に降り立って大はしゃぎ / 再生回数400万回越えで人々が涙

動物愛護のために「サーカスから象が消える」とニュースになったのは2015年3月のこと。もちろん、動物たちのことを考えて、ちゃんとお世話をしているサーカスだって多いだろう。しかし悲しいかな、劣悪な環境で生きている動物だっているのである。

そして現在、あるライオンの動画が話題を集めている。それは、13年間サーカスにいたライオンが、初めて自然に触れた瞬間が収められた動画。もう心の底から、嬉しい! 嬉しい!! 嬉しい!!! とライオンは大喜びしているのだ。

続きを全部読む

【衝撃画像】激高したライオンがこっちに向かってくる姿が猛烈にヤバイ! 確実に「死」を覚悟するレベル

動物は人間の考えもつかない行動をとることがある。それが野生であればなおさらだ。最近海外で、息遣いまで聞こえてきそうなライオンの写真が話題となっている。

その写真を見ると、敵意むき出しの雄のライオンが今にも駆け出して、カメラマンに襲いかかろうとしている姿が収められているのだ。このあとカメラマンは大丈夫だったのか!?

続きを全部読む

【衝撃動画】サファリパークでライオンを撮影していた時に起きた予想外のハプニング

「ホントにホントにホントにホントにライオンだ〜♪ 近すぎちゃってどうしよう〜♪」。この後に続く歌詞といえば、もちろん「かわいくってどうしよう〜♪ 富士! サファリパーク♪」だ。確かに確かにその通り。ライオンはカワイイ動物である。

……だがしかし! 海外のサファリパークで、近すぎちゃってどうしようという時に、まさかのハプニングが起きてしまったそうだ。一体、どうなったのかというと……。

続きを全部読む

【動画あり】生まれて初めてライオンの声を聞いた幼児のリアクションがやっぱり可愛い / ネットの声「プライスレス・リアクションだ」

赤ちゃんや幼児にとっては、毎日が『新鮮な初体験』の連続である。そして何かを初めて体験・発見した時の幼児の反応は、見ているだけで頬が緩むものだ。以前本サイトで取り上げた「初めて雨を見た幼児」しかり、「初めて自分の影を見て怖がる幼児」しかり。

今回は初めてライオンの声を聞いた赤ちゃんの反応をご紹介しよう。音の出る絵本から流れてきたライオンの唸り声を聞いた幼児のリアクションは……やはり見た人をメロメロにさせる! 安定の可愛らしさだ!! YouTube にアップされた動画「Baby hears lion roar for the first time」で確認してみよう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2