「スシロー」にまつわる記事

【プライド】4大回転寿司ガチ食べ比べ「サラダ軍艦」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第15回

日本人が愛してやまない回転寿司。その誕生から半世紀以上を経た現在、4大回転寿司と称されるのが「スシロー」「はま寿司」「くら寿司」「かっぱ寿司」である。そういえば「元禄寿司」は少なくなったなぁ……寂しい。

それはさておき、その4大回転寿司の最もウマいネタを探す「4大回転寿司ガチ食べ比べ」の第15回は『サラダ軍艦編』をお届けする。先に匂わせてしまうと、伏兵のあの回転寿司のサラダ軍艦が最もウマかったゾ。

続きを全部読む

【接戦】4大回転寿司ガチ食べ比べ「中トロ」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第14回

数ある寿司ネタの中でも “エース格” 的な存在が「中トロ」である。もちろん回転寿司でも人気が高い一方で「ちょっと高い皿だから気が引ける」という方もいらしゃるハズ。それこそ中トロで外したら気分は最悪だ。

そういう意味で中トロは “絶対に負けられない戦い” の要素が強いネタであるが、果たして4大回転寿司ではどんな中トロを提供しているのか? 詳細は以下でご確認いただきたい。

続きを全部読む

【ガチ】スシロー大創業祭2022、第1弾 「輝け、日本のうまい魚」開催中! 忖度なしのオススメはこの3皿だ!!

毎日何かしらのフェアを展開中のスシローにおいて、ただいま絶賛開催中なのが『スシロー大創業祭2022』だ。2022年5月29日(日)までは第1弾「輝け、日本のうまい魚」が開催され、スイーツを含む13種類のメニューがラインナップされている。

当記事ではその13種類の中から忖度無しでガチオススメ皿を3つご紹介! さあ『スシロー大創業祭2022 輝け、日本のうまい魚』では、これを食っておけば間違いない!!

続きを全部読む

【速報】10月からスシローの最低価格が120円~150円に / スシローの人に価格改定の理由を聞いてみた

2022年5月9日、スシローが10月からの価格改定を発表した。「郊外型」「準都市型」「都市型」と3種類の価格帯で営業中のスシローだが、例えば郊外店では黄色い皿が、現在の110円から120円になるという。

原材料の高騰から、あの「うまい棒」までが値上げする時代なので不思議ではないが、それでもスシローまでが……! というわけで、価格改定の理由をスシローの人に聞いてみることにした。

続きを全部読む

4大回転寿司ガチ食べ比べ「たまご」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第13回

ピンポイントで1つのネタにフォーカスし、1番ウマい回転寿司を探す『4大回転寿司ガチ食べ比べ』のコーナー。回数を重ねてわかったが、意外にも「〇〇が一等賞!」とスパッと決まるケースは稀である。そういう意味で『たまご編』もかなり難しかった。

生魚とは違って人の手が加わる『たまご』は、各社ともにそれなりの個性はあった……のだが、おそらく たまごに関しては「〇〇が最高!」とジャッジできる人は、この世に1人も存在しないハズだ。

続きを全部読む

【鉄板】4大回転寿司ガチ食べ比べ「茶碗蒸し」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第12回

回転寿司には寿司を食べに行くもの……という考えは、もしかしたらもう古いのかもしれない。いまやどの回転寿司も「ポテト」は激ウマだし、スイーツやコーヒーまで揃っている。それだけで成り立ちそうなほど回転寿司のサイドメニューは充実しまくりだ。

その回転寿司のサイドメニューで、最もポピュラーなのが『茶碗蒸し』ではないだろうか? 第12回の「4大回転寿司ガチ食べ比べ」は回転寿司の大鉄板サイドメニュー『茶碗蒸し編』をお届けしたい。

続きを全部読む

4大回転寿司ガチ食べ比べ「いか」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第11回

ここ数年、最も勢いのある回転寿司といえば「スシロー」である。その安定感は流石のものがあるが、全てのネタを食べ比べたらスシローよりウマい回転寿司があるのではないか? それを確かめるのがシリーズ『4大回転寿司ガチ食べ比べ』である。

今回お届けするのは、超定番ネタの「いか」──。ここで結論を申し上げてしまうと「いか編」はかなりジャッジが難しいネタであった。詳細については以下でご報告したい。

続きを全部読む

「銀座 久兵衛の寿司」と「スシローの寿司」の間には一体なにがあるというのか?

『銀座 久兵衛』といえば、名店中の名店。ゆえに、タイトルを見た時点で「そんなの久兵衛の方が美味いに決まっている!」と思った人は多いことだろう。

味の優劣だけを論じるならばそうかもしれない。ただ、私はこうも思うのだ。

続きを全部読む

【スシロー超え】4大回転寿司ガチ食べ比べ「たい」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第10回

現在、日本最強回転寿司の座に君臨するのは、誰が何と言おうと「スシロー」であろう。実際に「くら寿司推しの男性」や「かっぱ寿司ラブの女性」が、いとも簡単にスシロー派に寝返る光景を何度も目の当たりにしてきた。どう考えてもスシローは強い。

だがしかし、1つ1つのネタに絞ればスシローに勝てる回転寿司があるのではないだろうか? シリーズ『4大回転寿司ガチ食べ比べ』の第9回となる「たい編」では、スシローをも超える激ウマなたいを発見してしまったのでご報告しよう。

続きを全部読む

【絶望】丸亀製麺の「あさりうどん」が売ってないからスシローの『あさりと筍のおうどん』を食べてみた結果…

現在、一部地域で絶賛発売中の丸亀製麺のあさりうどん。そのウマさは筆舌に尽くし難く、どう考えても「1年で1番ウマいうどん」だと確信を持って言える。問題は私、P.K.サンジュンの生活圏が “一部地域” から外れていることだ。

日本のどこかでは今日も元気に「あさりうどん」が販売されているのに、その「あさりうどん」に辿り着けないとは……! もはや あさりうどんのことしか考えられないでいると、スシローで『あさりと筍のおうどん』なるメニューに出会ってしまった。こ、これは……?

続きを全部読む

【消去法】4大回転寿司ガチ食べ比べ「ほたて」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第9回

みんな大好き回転寿司。現在、日本では「スシロー」が独走態勢に入った感もあるが、果たして本当にそうなのだろうか? 1つ1つのネタにフォーカスしていけば「スシロー」よりも優秀な店がきっとあるハズだ。

シリーズ「4大回転寿司ガチ食べ比べ」の第9回目は、貝のジャンルから『ほたて編』をお届けする。さあ、今回こそスシローを凌駕する店はあったのだろうか? 結果は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

「ジョブチューン」で合格したスシローの寿司全部食ってみた結果 → ガチでリピったのはこの3つ!

超一流の料理人がチェーン店のメニューをジャッジするテレビ番組『ジョブチューン』。私(中澤)は普段全然テレビを見ないんだけど、たまたまサウナで見たジョブチューンがスシロー回で、しかも、山上雅則(やまがみ まさのり)さんが出演しているではないか。やっぱりあの人エースだわ。

山上さんがどんな人物なのかは以前の記事をご覧いただくとして、現在スシローではそのジョブチューンの放送で合格した寿司がメニューに登場している。これ気になってたヤーツ! そこで2022年4月6日から開催されたキャンペーン「こだわり推(イチオシ)ネタ祭」と合わせて全部食う

続きを全部読む

【格差ヤバい】4大回転寿司ガチ食べ比べ「ネギトロ」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第8回

たかが回転寿司、されど回転寿司。特に激安で知られるスシロー、はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司の “4大回転寿司” は、知らない人からすれば「そんなに差なんてあるのか?」と感じることだろう。だがこれだけは言える……「ネギトロは全然違う」と──。

シリーズ『4大回転寿司ガチ食べ比べ』の第8回目は「ネギトロ編」をお届けするのだが、率直に申し上げて過去最高レベルに「こんなに違うのか」と感じた次第だ。果たしてウマいネギトロを出す回転寿司とは一体……。

続きを全部読む

スシローと京樽が知らない間に合体してた → ダブルブランドな店舗の決定的弱点

えっ、何だアレ? 全く偶然、何の目的もなく東京・新井薬師前をフラついていたときに、違和感のある寿司屋が目に入った。最初は「スシロー」だと思ったのだが、よく見ると「京樽」も並んでいる。

というか、一体化している。「スシロー 京樽」。ググってみると、2021年7月7日から、ダブルブランドの店舗が登場したと京樽のHPに書かれているのを発見!

もう出てから結構経ち、店舗は増えているもよう。まったく知らなかったぜ。しかし待てよ? もしかして、ここならスシローと京樽の、両方の良さを1発で味わえるってことか? 店舗限定のコラボ寿司もあるんじゃないか? ようし、今夜は寿司で決まりだぜ……!!

続きを全部読む

【迷い】スシロー「全国うまいもんめぐり」の14皿を全部食べてみた結果 → 揺れるスシローの想いを感じた

2022年3月23日から始まったスシロー「全国うまいもんめぐり」。これはその名の通り、北海道から九州まで、全国のネタやご当地グルメが集まったキャンペーンだ。

週2~3回スシローをパトロールしている私(中澤)。実は、今週月曜日に店舗でポスターを見た時から本キャンペーンを楽しみにしていた。そこでとりあえずキャンペーンの寿司14皿を全部食べてみたぞ。

続きを全部読む

【優秀】4大回転寿司ガチ食べ比べ「いわし」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第7回

赤身・白身・えび・貝・揚げ物……などなど、回転寿司には豊富なネタが存在する。中でも個人的に最も好きなのが “青魚” と呼ばれるネタだ。アジもサバもサンマも大好き! おそらく私の前世はアザラシかペンギンの類だったのだろう。

第7回を迎えたシリーズ『4大回転寿司ガチ食べ比べ』は、その青魚の中から「イワシ編」をお届けする。ここでサラッと結論を匂わせてしまうと「イワシ」はどの店も甲乙つけ難い、優秀なクオリティであった。

続きを全部読む

【断トツ】4大回転寿司ガチ食べ比べ「フライドポテト」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第6回

お子様を連れて出かける方はわかると思うが、回転寿司の「フライドポテト」のウマさと心強さは異常である。基本的には揚げたてサクサクが提供されるうえ、子供はフライドポテトが大好き! かっぱ巻き・枝豆・フライドポテトあたりがお子様の鉄板メニューではなかろうか?

さて、10年前までは「フライドポテト = ハンバーガーショップ」だと思われていたが、個人的には「回転寿司のフライドポテトの方が全然ウマい」と確信している。第6回目を迎えた『4大回転寿司ガチ食べ比べ』は、そのフライドポテトを食べ比べてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【二強】4大回転寿司ガチ食べ比べ「あぶりサーモン」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第5回

回転寿司の楽しみの1つに「オリジナルメニュー」がある。本格的な寿司屋には置いていないけど、回転寿司なら確実に置いてある定番メニュー。例えば「サーモン」はその代表格で、お高い寿司屋で見かけることは無いに等しい。

そういう意味で各種「あぶり寿司」も、回転寿司ならではのメニューと言えるハズ。今回はあぶり寿司の中でも特に人気が高い「あぶりサーモン」を、スシロー、はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司で食べ比べてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【ガチすぎ】スシローの「まぐろ仕入れ責任者」が色んな意味でヤバい人だった

これからみなさんにお伝えする話は、全て実話である。つい先日、私、P.K.サンジュンがこの話を耳にしたときは、何度も口から「ウソですよね?」と飛び出したほど信じがたい内容ではあるが、この記事は “盛っていない” ことをあらかじめお伝えしておきたい。

さて、それは当サイトのスシロー番長、中澤からの誘いがきっかけであった。中澤が「スシローが試食会をやるらしいんですけど、サンジュンさんにも来て欲しいって言ってます」とのことだが……え、なんで俺?

続きを全部読む

【僅差】4大回転寿司ガチ食べ比べ「はまち」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第4回

日本にひしめく多くの回転寿司店。その中でも「スシロー」「はま寿司」「くら寿司」「かっぱ寿司」が “4大回転寿司” と言われているが、実際のところは「スシロー」がとんでもなく強い。スシロー、本当にいいお店だと思います。

だがしかし「スシローだけがウマいのか?」と言えば、そういう話ではないハズ。特に1つ1つのネタにフォーカスすれば、スシローよりウマい店があるのではないか? そこに切り込む『4大回転寿司ガチ食べ比べ』の第4回は、人気ネタの「はまち編」をお届けしたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11