「スシロー」にまつわる記事

【震えた】スシロー回転寿司テロを『こち亀』が予言していた ← この記事に衝撃のコメントがついてしまう

現在も拡散され続けているスシローへのテロ動画。回転寿司の脆弱性をついた犯行は多くのネット民の怒りを買っている。これは回転寿司に行く人ほどキツイヤツだ……。

しかし、この気持ちには覚えがある。動画の内容にデジャビュを感じた私(中澤)。独自の調査で「『こち亀』の予言」にたどり着いたことは以前の記事でお伝えした通りだが、その記事に衝撃を受けざるを得ないコメントがついているのを発見した。こいつらマジかよ……!

続きを全部読む

【衝撃】スシロー回転寿司テロを『こち亀』84巻が予言していた?

ハッキリ言うと気分が悪い。回転寿司で回る寿司にイタズラする動画が出回っている。これは普段、回転寿司を利用する人ほど行く気を失くさせるものではないだろうか? 蓋がついているくら寿司もやられているんだからタチが悪いにもほどがある。

もうレーンに回ってる寿司は食べられないかもしれない。回転寿司ってこんなに無防備なものだったんだなあ。しかし、なぜだろう? この感情に覚えがある気がする。確か、小学校くらいの時に同じことを感じたような……『こち亀』だ!!

続きを全部読む

【裏メニュー】スシロー幻のネタ「まぐろ腹身」を食べてみた! 黄皿なのに圧倒的にウメェェェエエエ!!

お気づきだろうか? 最近スシローのタッチパネルに「本日の海鮮ユッケ」という項目が加えられていることに。以前、レーンでしか流れない「倍盛り海鮮ユッケ」というものがあったが、ひょっとしたら裏から昇格したのかもしれない。盛りが裏メニューの頃ほどではないのが残念だが。

なんでも裏メニューは正式メニューにできるほどの量が確保できないのも理由の1つらしいので、昇格に際し倍盛りではなくなったのも仕方がないのかもしれない。逆に言うと、スシローの裏メニューってやっぱりコスパが良いのだ。今回、そんな裏メニューでまた新しいものに出会ったためお伝えしたい。

続きを全部読む

【衝撃】スシロー、やけくそになる

ここ最近、めっきりキャンペーンが減ったスシロー。職場近くの新宿三丁目店では、予約なしで昼時でもテーブルまで素通りだ。大丈夫なのか? スシローの精神状態を心配せずにはいられない

そんな私を含むファンにとっては2023年1月18日から開催された「大切りてんこ盛り祭」は朗報と言えるだろう。なにせ、久しぶりのスシローらしいキャンペーンだ。そこで食べに行ってみたぞ。

続きを全部読む

【2022年度】「4大回転寿司ガチ食べ比べ」でどこで食べてもスベらなかった鉄板ネタ6選! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す

激動に見舞われた2022年の回転寿司業界。何のことかはご自身でお調べいただくとして「1年前は思ってもみなかったこと」が多発した1年だったと言えるだろう。それでもスシロー、はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司のみなさん! 心の底から応援しております。

それはさておき、この記事ではシリーズ『4大回転寿司ガチ食べ比べ』の中から「どこで食べてもほぼ差が無かった鉄板ネタ」を6つご紹介する。すでに公開されている「ズバ抜けてウマかったネタ6選」と合わせて参考にしていただきたい。

続きを全部読む

【2022年度】「4大回転寿司ガチ食べ比べ」でズバ抜けてウマかったネタ6選! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す

スシロー、はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司。あえて多くは語らないが、2022年は4大回転寿司にとって激動の1年であった。それでも個人的には「リーズナブルに寿司を食べられる環境を作ってくれてありがとう」という感謝の念しか持ち合わせていない。

それはさておき、2022年2月から始まった『4大回転寿司ガチ食べ比べ』も24回を数えるに至った。今回はその中から「これだけはズバ抜けてあの店がウマかった!」という最強ネタを6つピックアップしてお届けしたい。全国9000万人の回転寿司大好きっ子たちよ、必見だ!!

続きを全部読む

【検証】スシローのフライドチキンは唐揚げとどう違うのか? 食べてみたら大切なことを教わった

揚げ物に定評のあるスシロー。注文後に揚げるスタイルのため、油が固まっていることもなく、回転寿司チェーンなのに普通にフライドポテトや唐揚げがウマイ。やっぱり揚げ物は揚げたてが一番ウマイのだ。

そんなわけで私(中澤)は揚げ物を結構注文する。今日もスシロー新宿三丁目店で唐揚げを食べようと思ったところ、なんと表記が「フライドチキン」になっていた。しかし、商品画像は唐揚げに見える。これ、違いはあるのだろうか?

続きを全部読む

【注意喚起】スシローのレシートを捨てたら損をする? 捨てる前によく読んでみた結果 → マジだった

私(あひるねこ)は基本的に “レシートもらったら即捨てる派” である。レジ横にレシート用のゴミ箱があったらすぐさまダンクするし、何なら会計後は「レシート結構です」と言ってその場から立ち去る。こういう人はそれなりに多いんじゃなかろうか。

しかしだ。最近こんな話を小耳にはさんだ。スシローのレシートに限っては、捨てずに取っておいた方がいいと──。いやいや、スシローのレシートこそいらないでしょ! 無駄に長いし!! こんなの持ってたところで何の意味もな……ホンマや。

続きを全部読む

【ガチ】いま密かにスシローの “光り物” が覚醒している

2022年10月に価格変更を実施した影響か、最近あまりいい話を聞かないスシロー。個人的には「そこまで責める必要ある?」という事案も多かったが、いくつかの不祥事も影響しているのだろう。かつての勢いが失われつつある感は否めない。だがしかし……。

つい先日スシローに出かけたときのこと。さほど期待せずに食べた「光り物」があまりにもウマすぎるではないか。ちょっとウマいとか、いつもよりウマいってレベルじゃねえ……! ここまで来るともはや「覚醒している」と申し上げて差し支えあるまい。

続きを全部読む

【衝撃】スシロー、逆に安くなる

おとり広告問題などが続き、傷だらけのスシロー。目をそらすのではなく目の前の客や問題としっかり向き合ってもう一度ゼロから見つめ直して欲しい。ファンゆえにより強くそう思う。

値上げもその一環だと思うので個人的にはあまり気にならないが、やはりマイナスの印象に拍車をかけているのだろう。今のスシローに今年初めまでの活気は感じられない。まあ、都市型店舗だと黄皿150円なのでもはや安くはないよな。と思いきや、スシローマニアいわく「むしろ安くなった」という

続きを全部読む

【未知】シンガポールのスシローで見つけた謎メニュー『りゅうきゅう』って何!?

シンガポール在住の友人に聞くところ、シンガポールに住む日本人は大きく2種類に分類できるらしい。 “シンガポールの生活を楽しむ人” と “本当は日本に帰りたい人” ……後者はローカルフードなどに目もくれず、日本料理店へ通う日々を過ごしているのだそうな。

「せっかくシンガポールにいるのに」という気もするが、仕事の都合で仕方なく来ていると考えれば気持ちも分からなくない。そんなションボリ・シンガポリアンたちにとってオアシスと呼べるのが、シンガポール内に8店舗ある『スシロー』だ。

続きを全部読む

スシローに行ったら値上げの影響なのかガラッガラ! → 飲み屋としての活用に光明を見出した話

久しぶりにスシローに行ってみた。すると、なんということか。人……少なくない?? 最寄りのスシローは平日であろうと長蛇の列、予約していてもなかなか入店できないのが常だった。

それがどうしたことか、ガラガラである。何かあったっけと考えて、ふと気付く。値上げしたんでした。

安くても一皿120円するので、これまでのような気軽さがなくなってしまったのだろう。しかし記者は気付いた。飲み屋として活用したら、そんなに悪くないんじゃない?? 

続きを全部読む

【格が違う】4大回転寿司ガチ食べ比べ「えび天にぎり」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第24回

これは確信を持って言えることだが、スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司の “4大回転寿司” において「マズい」というネタはほとんどない。たしかに店によって違いはあるものの、ネタに圧倒的な味の差があることは非常に稀だ(あるにはあるけど)。

だがしかし、第24回を迎えた「4大回転寿司ガチ食べ比べ」のお題『えび天にぎり』では、1つだけ格が違う店が存在した。正直に申し上げて「そこまで違いは無いだろ」と思っていたのだが、あの店のえび天にぎりだけがズバ抜けてウマかったのである。

続きを全部読む

【まさか】4大回転寿司ガチ食べ比べ「〆サバ」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第23回

まずは神に誓って申し上げておくが、本企画『4大回転寿司ガチ食べ比べ』に一切の忖度は存在しない。美味しいものは美味しいと言うし、イマイチなものはイマイチと言う。でなければ “ガチ食べ比べ” を名乗る資格はあるまい。

だがしかし、第23回となる「〆サバ編」では、私、P.K.サンジュン自身が「マジかよ……?」と思わずにいられなかった。〆サバが断トツでウマかったのは、まさかまさかのあのお店である。

続きを全部読む

【知ってた】4大回転寿司ガチ食べ比べ「白つぶ貝」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第22回

誤解を承知で言わせていただくが、スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司の “4大回転寿司” も「貝類」に関してはイマイチではなかろうか? 私、P.K.サンジュンは前世がラッコレベルで貝が好きなのだが「ウマい!」と思える貝に巡り合った記憶が無い。

理由については後述するが、第22回を迎えた「4大回転寿司ガチ食べ比べ」は、いつの間にかメジャーなネタにのし上がった「白つぶ貝編」をお届けする。貝好きっ子の私を納得させた白つぶ貝はあったのだろうか?

続きを全部読む

【検証】炎上したスシローの「100円大トロ」は本当にヤバイのか? 複数の店舗を回って確認してみた結果…

スシローが2022年8月10日より期間限定で『大とろ一貫』を税込110円で販売中だ(一部店舗では税込121円、税込132円で提供)。合計で420万食分を販売するとのこと。なんとも太っ腹な企画である。

ところがこのキャンペーンに対して、「写真と違う」という旨の批判が飛び出しSNS上では大きな話題に。最近こういうのばっかだなスシローは。とはいえ、真偽の程は相変わらず不明であるため、本当に詐欺レベルでひどいのか検証してみることにした。

続きを全部読む

【実は個性的】4大回転寿司ガチ食べ比べ「あおさの味噌汁」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第21回

いまではフライドポテトや唐揚げ、枝豆、プリン……などなど、回転寿司のサイドメニューは多岐にわたるが、昔の回転寿司ではさほどサイドメニューが多くなかった。そんな中、昔からどの回転寿司にも絶対にあったのが「味噌汁」と「茶碗蒸し」である。

スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司の中で1番ウマいネタを探す「4大回転寿司ガチ食べ比べ」の第21回は “元祖サイドメニュー” の一角から「味噌汁編」をお届けしたい。

続きを全部読む

【突撃】炎上中のスシロー「生ビールジョッキ半額セール」は本当にヤバイのか? 計量カップを持って行ってみた結果…

スシローが2022年7月13日から期間限定で実施している「何杯飲んでも『生ビール ジョッキ』半額」キャンペーンが現在、SNS等にて大炎上している。

最初は一部店舗でキャンペーンの開始日が明記されておらず炎上。続いて一部店舗で開店と同時にビールが完売し炎上。そして直近では一部店舗でジョッキが広告より小さくて炎上、という具合だ。お前ら庭でホルモンでも焼いてんのか?

スシローを愛してやまない当サイトだが、今回の件は一人の酒好きとして見過ごすことはできない。そこで実際のところどうなのか、計量カップを持ってスシローに突撃することにした!

続きを全部読む

【えっ】スシローの「100円祭」が意外と寂しくて泣いた / 狙い目は1週間後からか?

ついにこの時がやってきた。2022年7月13日からスシローの『100円祭』が開始となったのだ。ただでさえコスパが高いスシローのネタが、税込み110円で提供されるなんて……神! こんなもん今すぐ行くっきゃねえ!!

……と、鼻息をフンフンさせながらスシローに乗り込んだところ……あれ? ちょっと思ってたのと違うような? テーブルに並んだ『100円祭』のネタを目の前にした記者は、ひっそりと泣いた──。

続きを全部読む

【ド安定】4大回転寿司ガチ食べ比べ「えび」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第20回

よくよく考えると不思議な現象であるが、なぜか回転寿司のえびは安い。普通に考えて「えび」は高級食材に分類されるハズであるが、多くの店で110円の皿で提供されている。おそらくその陰には、関係者の涙ぐましい努力があるに違いない。

それはさておき、第20回を迎えた「4大回転寿司ガチ食べ比べ」は、その『えび編』をお届けする。先に匂わせてしまうと、最もウマかったえびは意外にも “あの店のえび” であった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 13