「コスチューム」にまつわる記事

家のベッドで寝てたのは赤の他人だった!! 仮装して泥酔した “息子” が帰ってきたと思ったら… / 英の母親が盛大なる勘違い!

思い思いのコスチュームに身を包んで楽しむイベント「ハロウィン」は、別人になれたような気分を味わえるのも醍醐味のひとつである。しかし、なかには別人気分を味わうのでなく、家族を別人だと間違えてしまう人もいるようだ。

というのも、泥酔状態で仮装のまま帰宅した “息子” を母親が寝かしつけるも、その人物が目覚めたら全くアカの他人だったことが判明したというのである! お化けに遭遇するよりビックリしてしまいそうな展開に、一体母親はどんな反応を示したのだろうか!?

続きを全部読む

【思わず三度見】美人アーティストによる「クリエイティブ魂が炸裂したハロウィンメイク」がスゴすぎ!

もうすぐハロウィンがやって来るが、すでに読者の皆様は、どんなコスチュームを着るか決めているだろうか。最近は、どれだけ他の人と差をつけて目立つかが、仮装の良し悪しの分かれ目になっているような気もする。

そんななか、ある美人アーティストによる「クリエイティブ魂が炸裂したハロウィンメイクがスゴすぎる!」と話題になっているので紹介したい。こんなメイクでハロウィンに挑めば、ひと際目立って注目を浴びること間違いナシである!

続きを全部読む

【海外の本気】彼女がハロウィン仕様の激怖メイクで彼氏を驚かせたら…ドッキリ大成功で超プライスレスな反応!

日本でも一般的に浸透してきたハロウィンは、古代ケルト人が秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すために始めた行事だ。よって、昔から魔女や悪魔といったコスチュームに身を包む人が多かったようで、現代でもゾンビなどホラー系の仮装が人気となっている。

2017年も10月31日が迫っているが、ある女性がハロウィンのために本格的なホラーメイクを練習することに。そして出来上がった激怖メイクで彼氏を驚かせたところ……予想外の超プライスレスな反応が返って来たというのである!

続きを全部読む

参考になるかも!?  たった3分で「過去100年にわたるハロウィン・コスチュームの変遷」がわかる動画

日本でも、徐々に盛り上がっている海外のイベント「ハロウィン」は、なんといっても、趣向を凝らしたコスチュームに身を包むのが最大の楽しみである。

日本で一般的に浸透してきたのは最近のことだが、海外では古代ケルト人が秋の収穫を祝って、悪霊を追い出すために始めた祭りが起源となっており、その歴史は古い。そんな、昔から行われているハロウィン・コスチュームの変遷100年が、3分で分かる動画を紹介することにしよう。どんな仮装をしようか迷っている人は参考になるかも!?

続きを全部読む

美人ママ&美少女な娘のディズニーコスプレが完璧すぎる! まるでプロの映画スタッフが手掛けた実写版のような仕上がりに!!

世界的に ‟市民権” を得た感があるコスプレは、ハロウィンの時だけでなくアニメやゲームのイベントなどでも楽しまれ、かなり凝ったコスチュームに身を包んだ人であふれ返ることもある。

夢中になったらコスプレはやめられないとも聞くが、ある美人ママ&美少女な娘のディズニーコスプレが「完璧すぎる!」と話題となっているので紹介したい。そのデキが、驚くほど超~ハイレベルなのである!

続きを全部読む

「大学を中退してストリッパーになる」と宣言した娘に母親がSMチックなコスチュームをプレゼント!! ママの切り返し方が秀逸な件

赤ちゃんの頃は目に入れても痛くないほど可愛かったのに、思春期から成人にかけて、子供は親に反抗しまくるものだ。その時期は、親子の間で衝突が絶えなくなってしまうが、どうやら、ある母親は一枚上手なようである。

というのも、「大学を中退してストリッパーになる!」と宣言した娘に対して、ママが、SMチックなコスチューム一式をプレゼントしたというのである!!

続きを全部読む

木になった男性(30)が逮捕される

もうすぐハロウィンがやって来るが、人と似たような仮装はイヤだけど、なんのコスチュームを着てよいのか分からないという人に、とっておきのアイディアがある。

なんでも、全身を枝と葉で覆い ‟木” に扮した男性が、逮捕される珍事が発生したというのだ。見ようによっては、緑色になったポンキッキのムックを連想させる木に仮装すれば、フレッシュな緑の香りを振りまけるうえ、人とは違ったコスチュームで注目を集めることができそうである!

続きを全部読む

【注意喚起】ハロウィン用コンタクトレンズで角膜感染症や角膜炎になる可能性が!! 失明の恐れも

日本でも、イベントとして浸透した感のあるハロウィンが、もうすぐやって来る。今週末は、思い思いのコスチュームに身を包み、パーティーやパレードに出かける人も多いのではないだろうか。

そして、仮装の一環として、ゾンビのように目が白く見える、装飾用コンタクトレンズなどを入れる人もいるだろうが、その使用に関してネットで注意が促されている。なんでも、視力矯正用以外の装飾用コンタクトレンズは角膜を傷つけ、角膜感染症や角膜炎になる可能性があり、最悪の場合は失明の恐れがあるというのだ!!

続きを全部読む

バットマンのファンが「23のガジェットを搭載したバットスーツ」を作ってギネス記録に! カッチョ良すぎてマジやばい!!

男性なら誰でも子供の頃に、東は仮面ライダーやウルトラマン、西はスーパーマンからバットマンといった、ヒーローに憧れた時期があったのではないだろうか。

そんな、‟ヒーロー” 願望を叶えるべく、ある男性がバットマンのコスチュームを制作し、なんとギネス世界記録を達成したというのだ。映画顔負けの23のガジェットを搭載したバットスーツが、マジで本格的すぎてヤバいことになってるぞ!!

続きを全部読む

父ちゃんが作る ‟ディズニープリンセス” のドレスの完成度が高すぎ! 「こんなパパが欲しい」と言う女の子が続出しちゃいそう!!

女性なら誰でも一度ぐらいは、子供の頃に「お姫様になりたい!」と思ったことがあるのではないだろうか。最近の女の子の憧れは ‟ディズニープリンセス” に集中しているようだが、そんな子供の夢を叶えるために、ある父ちゃんが娘のためにドレスを作成! 

その、シンデレラや『美女と野獣』のベルといった、ディズニープリンセスのドレスの完成度がスゴすぎるので紹介したいと思う。「こんなパパが欲しい」なんて言う女の子が、続出しちゃいそうだぞ!!

続きを全部読む

やっぱり親子だなあ~! 父親と息子がお互いの仮装をしたらソックリになっちゃった写真がシュールな件

すっかり日本でも、恒例行事として盛り上がりを見せるようになったハロウィンだが、読者のなかにも、仮装してパレードやイベントに参加した人がいるのではないだろうか。

やはり、仮装で大胆なコスチュームを着ると、普段とは違う自分になれるような気がしてしまうものだ。だが、なかにはあえて、身近な人物の仮装をする人もいるようだ。というのも、お互いの仮装をした父親と息子が、「あまりにもソックリすぎる!」とネット上で大きな話題となっているのだ!

続きを全部読む

スーパーモデルのミランダ・カーが「ハロウィンで仮装したマリリン・モンロー」がソックリすぎる件  / 超可愛いマリリンは必見だぞ!!

世界中で大人気のスーパーモデル、ミランダ・カーは、抜群のスタイルと、美人だけど親しみやすいキュートさが大の魅力だ。

そんな彼女が、ハロウィンでマリリン・モンローに仮装し、あまりにもソックリだとネットで大きな話題となっている。普段のミランダは、マリリンに似ているとは言えないかもしれないが……その変身ぶりは必見だぞ!!

続きを全部読む

ある少女がハロウィンの衣装に警官服を選んだら「男の子用」だった! ママがSNSに不満の投稿をしたら心温まるキャンペーンに展開!!

日本でも一大イベントになりつつあるハロウィンは、コスプレを楽しめるので、すでに何を着ようか頭を悩ませている読者もいるかもしれない。そんな楽しいハロウィンで、ある少女が衣装に警官服を選ぼうとしたら、‟男の子用” と記されていてガッカリしてしまったというのだ。

現代では、今まで主に男性が占めていた職業や分野でも女性が大活躍していているわけで、もちろん警官だって例外ではない。そこで、少女の母親がFacebookで不満の投稿をしたところ、意外にも心温まるキャンペーンに展開したのである!

続きを全部読む

【閲覧注意】やり☆過ぎ! 背筋も凍る怖〜いハロウィン仮装15選

さて、そろそろハロウィンの時期だ。お菓子や仮装などで、子供も大人も盛り上がるこのイベント。「毎年楽しみにしています!」なんてリア充の人もいるかと思うが、「ハロウィンなんて関係ねえ!」という人だっているはず。ちなみに私(筆者)は「関係ねえ」派だ。そんなの関係ねえ、そんなの関係ねえ!!

しかし、そんな両派が幸せになれる方法がある。それは……仮装を本格的にすることだ。ゾンビやモンスターの臨場感タップリの仮装をすれば、自分も周囲もグッと楽しくなるはず! そこで、今回は参考資料として気合が入りすぎているハロウィン仮装画像15選を紹介したい。街でやったらシャレにならない本格派ぞろいだぞ!! 

続きを全部読む

社員の思いつきに社長が出資して完成した、炭素繊維のストームトルーパーが超絶カッコいい!

これは、とあるアメリカの繊維企業の社員が、思いつきで始まったプロジェクトであった。映画『スターウォーズ』の大ファンであった彼は、いつの日かカーボンファイバー(炭素繊維)で、作品の登場キャラクターの「ストームトルーパー」を作り上げることを思い描いていた。

しかしながら、1人の力ではどうすることもできず、同僚3人を説得し協力を得られることとなった。しかしカーボンファイバーは大変高額であり、仮に会社で取り扱っている素材を使うとしても、会社には大きなメリットがない。一体どうすればいいかと悩んだ末に、ある秘策をもって社長に相談したのだ。

すると、社長は快諾したうえに、このプロジェクトに出資してくれたという。そして、晴れてストームトルーパーは完成したのだが、非常に美しい逸品に仕上がったのである

続きを全部読む