「グルメライター格付けチェック」にまつわる記事

年間6000本以上の記事を公開している、我々ロケットニュース24。中でもグルメ記事は人気のジャンルである。常日頃から正確な情報をお届けしようと心がけているが、みなさんはこう思ったことはないだろうか? 「そもそもコイツらの味覚は信用できるのか?」と……。

確かに、情報を発信する側の味覚がおかしければ、ウマいもマズいもへったくれもない。そこで始まった企画がこの『グルメライター格付けチェック』だ!

【ウルトラ難問】グルメライター格付けチェック『おもち編』:第28回 →「老舗が作る最高級の餅」vs「いつもの餅」

世の中に数多く存在するグルメライターの味覚は信用に値するのか? そんなシンプルな疑問をとことん追及するガチ企画、それが「グルメライター格付けチェック」である。シーズン1を含めると78回目の開催となったが、今回のお題は過去最強クラスの超難問であった。

なにせお題はおもち──。そう、もち米をついて作る、あの “お餅” である。というか、餅に違いなんかあるのかよ! 勇敢にもウルトラ難問に挑んだグルメライターたちの様子は、以下でチェックしていただきたい。

続きを全部読む

【謹賀新年】グルメライター格付けチェック『かまぼこ編』:第27回 → 皇室献上品「鈴廣かまぼこ(1274円)」vs「スーパーのかまぼこ(128円)」

新年あけましておめでとうございます! 本年もロケットニュース24並びにグルメライター格付けチェックをよろしくお願いいたします!! シーズン2は全50回を予定していますので、おそらく今年中には決着がつく……ことでしょう。

それはさておき、新年1発目の『グルメライター格付けチェック』は「かまぼこ編」をお届けしたい。かまぼこ編と聞いてピンと来たあなたは相当な格付けツウ! そう、あの忌まわしき “かまぼこ編” である──。

続きを全部読む

【たっぷり裏話】2022年の「グルメライター格付けチェック」を振り返る! 成績が振るわない理由、動画に隠された秘密など

世の中にあふれるグルメ記事は信用に値するのか? その記事を書いているグルメライターの味覚はどうなっているのか? 大人気テレビ番組「芸能人格付けチェック」のオマージュ企画、それが『グルメライター格付けチェック』である。パクリじゃないよ、オマージュだよ。

それはさておき、2022年2月、その『グルメライター格付けチェック』がおよそ4年ぶりに復活! この記事では今年開催された『グルメライター格付けチェック』について参加者たちに振り返ってもらうことにした。本邦初公開の裏話もたっぷりどうぞ。

続きを全部読む

【クリスマス特別】グルメライター格付けチェック『ショートケーキ編』:第26回 →「ホテルニューオータニ(1404円)」vs「シャトレーゼ(324円)」

みなさん、メリークリスマス! なんだかよくわからないけど、メリークリスマス!! 勢いだけは出して行くぜ、メリーメリークリスマスゥゥウウウッッ! というわけでッッ!!! グルメライター格付けチェックの第26回は「ショートケーキ編」をお届けするぞ!

この段階で申し上げてしまうと、今回は「大波乱」と申し上げて差し支えないまさかの結果となってしまった。果たしてサンタクロースが微笑んだのは誰なのか? 詳細は以下でご確認いただきたい。もういっちょ、メリークリスマス!

続きを全部読む

【5年越しのリベンジ】グルメライター格付けチェック『柿編』:第25回 →「プレミアム太秋柿(1296円)」vs「スーパーの柿(80円)」

元プロ野球選手の松坂大輔選手が発した「リベンジ」が、新語・流行語大賞の年間大賞に選出されたのは今から23年前の1999年のこと。それには遠く及ばないが、我々ロケットニュース24のグルメライターたちも5年ぶりのリベンジを果たすときが来たようだ。

今回のお題はズバリ、柿──。5年前に開催されたグルメライター格付けチェック・シーズン1で、史上初の「全員不正解」を記録した忌まわしきお題である。参加者8名中、見事リベンジに成功したのはいったい……?

続きを全部読む

【しっかりしろ】グルメライター格付けチェック『コンビーフ編』:第24回 →「千駄木コシヅカ(2480円)」vs「ノザキ(398円)」

みなさんは『コンビーフ』がどんな工程を経て完成しているかご存じだろうか? 簡単に言うとコンビーフは「塩漬けの牛肉をほぐして牛脂で固めた食品」のことを指す。日本ではノザキのコンビーフがあまりにも有名だ。

第24回を迎えた「グルメライター格付けチェック」はそのコンビーフでグルメライターたちの味覚をチェックした。……の・だ・が。まだ序盤ではあるが言わせて欲しい「おい、しっかりしろ!」と──。

続きを全部読む

【1人勝ち?】グルメライター格付けチェック『りんごジュース編』:第23回 →「千疋屋(2912円)」vs「スジャータ(138円)」

インターネット上でグルメ記事を執筆する “グルメライター” たちの味覚は信用に値するのか? 誰にも求められていないのに、ただそれだけを追求する超ストイックな企画「グルメライター格付けチェック シーズン2」も第23回目を迎えた。

今回お届けする「りんごジュース編」は、最後までハラハラドキドキの心臓に悪い展開。果たして最高に気持ちのいい「1人勝ち」となったのか、それとも最悪の「1人負け」となってしまったのか? 詳細は以下でご確認いただきたい。

続きを全部読む

【意地】グルメライター格付けチェック『モンブラン編』:第22回 →「ホテルニューオータニ(918円)」vs「セブンイレブン(320円)」

シーズン1を含めると今回で72回目を数える当サイトの名物企画、グルメライター格付けチェック。企画の趣旨はシンプルに「グルメライターたちの味覚は信用していいものなのか?」を追求する正真正銘のガチ企画である。

シーズン2の第22回となる『モンブラン編』には、過去最多となる12名のグルメライターたちが集結した。ニューフェイスたちに先輩らは意地を見せられたのか? 詳細は以下でご確認いただきたい。

続きを全部読む

【混乱】グルメライター格付けチェック『サバ缶編』:第21回 →「最高級サバ缶(1296円)」vs「セブンのサバ缶(183円)」

世の中には多くの缶詰が存在するが、中でも1、2の人気を誇るのが『サバ缶』であろう。近年ではリーズナブルかつ高タンパク質のダイエット食として人気を博し、コンビニやスーパーでも必ず取り扱いがある商品である。

第21回を迎えた「グルメライター格付けチェック」は、その『サバ缶編』をお届けする。グルメライターたちの意見が真っ二つに割れた『サバ缶編』で、最後に笑うのは果たして──?

続きを全部読む

【最高級】グルメライター格付けチェック『シャインマスカット編』:第20回 →「岡山県産 晴王(10800円)」vs「山梨県産(1580円)」

いつの頃からかは知らないが、今ではすっかり最高級フルーツの代名詞になりつつあるシャインマスカット。皮ごと食べられるうえ種もなく、それでいてメチャメチャ甘い! まさに人間の欲望を具現化したかのようなフルーツである。

節目を迎えた第20回目の「グルメライター格付けチェック」は、その『シャインマスカット編』をお届けする。毎回グルメライターたちを悩ませる超難問「フルーツ」のジャンルを制したメンバーはと言うと……!

続きを全部読む

【悲劇】グルメライター格付けチェック『なし編』:第19回 →「伊勢丹の加賀しずく(1620円)」vs「スーパーの豊水(198円)」

出だしから結論から申し上げると「フルーツは価格差ほどの違いが感じられないジャンル」と言っていいだろう。これまでの「グルメライター格付けチェック」でも、グルメライターたちはフルーツに散々悩まされ続けてきた。

今回お届けするのは今が旬の『梨編』であるが、ハッキリ言って激ムズ! ある者にとっては悲劇、またある者にとっては歓喜の結末となった第19回のグルメライター格付けチェック『梨編』を、以下で見届けていただきたい。

続きを全部読む

【余裕?】グルメライター格付けチェック『ハンバーグ編』:第18回 →「銀座の老舗(1080円)」vs「伊藤ハム(368円)」

大いなる力には大いなる責任が伴う」というのは、スパイダーマンに出てくる名言である。これはグルメ記事を執筆する “グルメライター” たちにも当てはまるのではなかろうか? そして我々ロケットニュース24は、常に読者に誠実でありたいと考えている──。

……なんて、大げさなことは考えていないものの、結果的に化けの皮が剝がされる恐ろしい企画『グルメライター格付けチェック』の第18回は「ハンバーグ編」をお届けしたい。今回は意外と余裕かと思いきや……!

続きを全部読む

【リベンジ】グルメライター格付けチェック『すいか編』:第17回 →「伊勢丹のすいか(5400円)」vs「スーパーのすいか(1980円)」

暑さの峠は越したように思えるが、それでもまだまだ暑い2022年の夏。その夏を代表するフルーツと言えば、もちろん「すいか」である。個人的に「すいかは野菜だよ?」といちいちツッコんで来る人がとても苦手です。

それはどうでもイイとして、グルメライターたちの味覚をチェックするこの企画『グルメライター格付けチェック』の第17回は「すいか編」をお届けしたい。激ムズ部門のフルーツを見事に言い当てたグルメライターは……?

続きを全部読む

【難問?】グルメライター格付けチェック『ビール編』:第16回 →「キリン一番搾り」vs「キリン淡麗グリーンラベル」

暑くて暑くてたまらない2022年の夏。こんなときこそウマいのが「ビール」である。グルメ記事を執筆するグルメライターたるもの、ビールと発泡酒の違いなんぞ一瞬で見抜ける……ハズだ。

というわけで、グルメライターたちの味覚をジャッジする「グルメライター格付けチェック」の第16回は『ビール編』をお届けしたい。勝利の女神はグルメライターたちに微笑んだのだろうか?

続きを全部読む

【土用の丑の日】グルメライター格付けチェック『うなぎ編』:第15回 →「5000円の最高級うなぎ」vs「1280円の中国産うなぎ」

本日、2022年7月23日は「土用の丑の日」である! 細かい話は抜きにして、1年で最もうなぎが消費される日であるが、今回のグルメライター格付けチェックはその「うなぎ編」をお届けしたい。

当初は「さすがにうなぎはわかるでしょ~?」なんて余裕をぶっこきまくっていたメンバーであるが、中国産うなぎが意外にも大健闘! 果たして何名のグルメライターが正解したのだろうか?

続きを全部読む

【どん底】グルメライター格付けチェック『アイスクリーム編』:第14回 →「ピエール マルコリーニ(648円)」vs「森永乳業MOW(165円)」

どうやら人の運気には波があるようだ。前回の「さくらんぼ編」では、まさかの全員不正解となってしまった『グルメライター格付けチェック』であるが、悪い流れはそう簡単に断ち切れないものらしい。

というのも、第15回のお題「アイスクリーム編」もまさかまさかの大波乱! もしかしたらロケットニュース24のグルメライターたちは今、どん底にいる……のかもしれない。

続きを全部読む

【屈辱】グルメライター格付けチェック『さくらんぼ編』:第13回 →「1万円の佐藤錦」vs「598円の紅秀峰」

果たして、グルメライターたちの味覚は信用できるものなのか? 誰にも頼まれていないのに、自らタブーに切り込む大人気企画『グルメライター格付けチェック』──。ズバリ、今回はサッカーで言うところの “ドーハの悲劇” に匹敵する屈辱回である。

シーズン2、第13回のお題は「さくらんぼ」だったのだが、予想通りフルーツは激ムズ! おっさんどもは自分で買ってフルーツを食べる習慣が無いうえ、さくらんぼなんてほぼ食わねえ!! 以下で歴史に残る悲劇をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【引退覚悟】グルメライター格付けチェック『餃子編』:第12回 →「銀座アスター」vs「ダンダダン」

人生には「絶対に負けられない戦い」に挑まねばならないときがある。例えば「グルメライター格付けチェック シーズン2」の第12回『餃子編』は、当サイトのGO羽鳥、そして原田たかしにとっては「絶対に負けられない戦い」であろう。

ぶっちゃけ、当初は余裕を見せまくっていた両名だが、極限の緊張で “格付けマジック” が発動した結果……? 詳細は以下をご確認いただきたい。

続きを全部読む

【難問?】グルメライター格付けチェック『焼鳥編』:第11回 →「伊勢丹のデパ地下」vs「ローソン」

例えば、新商品のポテトチップスを購入する前にネットで評判をチェックする……なんてことは、もはや当たり前になっている。その記事を執筆しているのが、我々「グルメライター」である。

そんなグルメライターたちの味覚は信用できるものなのか? そこに自ら切り込むシリーズ『グルメライター格付けチェック』の第11回は、みんなが大好きな「焼鳥編」をお届けしたい。

続きを全部読む

【大波乱】グルメライター格付けチェック『まぐろの握り寿司編』:第10回 →「銀座久兵衛」vs「スシロー」

シーズン1を含めると、合計60回を数えるグルメライター格付けチェック。読んで字の如く、グルメライターたちの味覚をテストする正真正銘のガチ企画である。そして今回お届けする『まぐろの握り寿司編』は、ズバリ “過去最大級の大波乱” と申し上げていいだろう。

この段階で申し上げてしまうが、今回は参加者9名のうちほぼ半分が不正解となってしまった。「銀座久兵衛」と「スシロー」のまぐろの違いがわからないヤツなんているのか? 詳細は以下でご確認いただきたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5