「カップうどん」にまつわる記事

どん兵衛の新商品『汁なし牛すき風うどん』を最高にウマく食べる方法

日清のどん兵衛といえば、こだわりの出汁(だし)やふっくらおあげが人気のカップうどんだ。2018年10月1日、そのどん兵衛から『汁なし牛すき風うどん』なる新商品が発売された。

“汁なし” でありながら“牛すき風” とは、何だかどん兵衛らしくない気もするが……。果たしてこれはウマいのか? ──と疑いつつ食べてみたら、まんまと食べ過ぎる結果になってしまった。

続きを全部読む

【革命】水で作った「カップ冷やしカレーうどん」がサッパリ激ウマ! このためなら40分だって余裕で待てる!!

本日8月2日は「カレーうどんの日」らしい。なかなかコアな記念日だが、カレーうどんのウマさは本物である。とろみをつけた和風のカレーつゆにうどんを投入だなんて……これがおいしくないワケがないだろう。

だがしかし。この連日の猛暑の中、熱々のカレーうどんは体に堪えるものがある。室内でも汗がダラダラ出てきてしまうのだ。何かいい方法はないかと考えた結果、以前ご紹介した水で作る「水どん兵衛」を参考に、「カップ冷やしカレーうどん」を作ってみることにした!

続きを全部読む

提供:日清食品株式会社

【独占】10分どん兵衛の発案者「マキタスポーツ」&「日清食品担当者」&「RN24」の頂上対談がついに実現! 変態裏メニューも大公開!!

旨味たっぷりのつゆに、コシの強い太麺が特徴の定番カップうどんが『日清のどん兵衛』だ。ここ数年は「10分どん兵衛」や「レンチンどん兵衛」をはじめとする、数々のアレンジメニューで大きな注目を浴びているのはご存知の通りである。

そんな中、驚くべきことにこの度、どん兵衛の開発担当者と『10分どん兵衛』の発案者である「マキタスポーツ」さん、そして当サイト「ロケットニュース24」の夢の三者対談が実現! 10分どん兵衛にまつわる秘話や、どん兵衛の開発担当者が考案した衝撃の裏メニューなどを聞くことができたので、その内容を詳しくご紹介していくゾ!!

続きを全部読む

【不思議】『どん兵衛 ギョーザラブうどん』を食べてみた → まるで水餃子を食べてるみたいな感覚に!

スープにご飯をぶっこんだ味を再現した「カップヌードル ぶっこみ飯」や、同社史上初のエナジー系商品「カップヌードル エナジー味噌ジンジャー ビッグ」など、続々と “攻め” のカップ麺をリリースしている日清食品から、また新たな刺客が登場した。

その名は『どん兵衛 ギョーザラブうどん』である。文字通り、中華の人気メニュー “餃子” をどん兵衛流にアレンジした商品で、餃子そのものは入っていないという。果たしてどんな味がするのだろうか? 実際に食べてみることにした。

続きを全部読む

スイーツパラダイスの「赤いきつねケーキ」と「緑のたぬきケーキ」の再現度が高すぎてビビる! どう見てもホンモノにしか見えないッ!!

以前の記事で、ラーメンそっくりのラーメンケーキについてお伝えした。ほかにも、おでんケーキピザケーキ……などなど。

それら奇抜な商品を続々と販売している『MAPLISE(メイプリーズ)』が、ひそかにスイーツパラダイスとして生まれ変わり、また新たな商品の販売を開始していたのである。その商品とは、「赤いきつね」「緑のたぬき」だ。あれ? どっかで聞いたことのある商品名だけど。実際に購入してみたところ、ホンモノそっくりやないか!?

続きを全部読む

東西どん兵衛対決開催中! 圧倒的に西側優勢

カップうどんと言えば、日清食品が製造・販売している「どん兵衛」である。1976年の発売以来、さまざまなバージョンが販売され、すっかり国民食として定着している。そのどん兵衛が東西日本で味が違うことをご存知だろうか? 実は現在インターネット上でその食べ比べが行われており、スーパーやコンビ二で両方のバージョンが販売されているのである。

この「どん兵衛東西人気投票」はすでに開始されており、2011年11月末の段階でうどんは全国的に「西」が優勢、そばは五分五分の状態である。果たして西がうまいのか、それでも東がうまいのか、食べ比べを行ってみたぞ

続きを全部読む