「アイコス」にまつわる記事

【ショック】アイコス(IQOS)かと思ったらマイコス(mycos)だったでござる!

喫煙者にとって、世間の風当たりは強まるばかり。あのルノアールでさえ、2020年4月から紙巻きたばこの喫煙を禁止にするらしい。喫煙者にとって、たばこを吸える場所はオアシス。それが無くなるのは残念だが、加熱式たばこの「アイコス」を吸ってる私(佐藤)は、全然ダメージがない。

それはさておき、私が先日アイコスを切らしたので、驚安の殿堂「ドン・キホーテ」で買っておこうと手にとった。すると……それはマイコスだった……

続きを全部読む

【たばこニュース】アイコスのヒートスティックに装着して使う「アイコス専用マウスピース」を使ってみた!

日本において加熱式たばこ市場は、アイコス・グロー・プルームテックの3強時代がしばらく続きそうだ。実は2019年5月6日から、イギリスに本社を置くインペリアルタバコが福岡県の一部コンビニのみで「PULZE(パルズ)」という製品の販売を開始している。しかしながら、その注目度は低く、3強の市場に割って入るのはなかなか難しそうだ。

さて、そんななか「驚安の殿堂 ドン・キホーテ」で、面白そうなアイコス用製品を発見したので紹介したい。それは、アイコスのヒートスティックに装着するマウスピースだ。ヒートスティックに装着? よくわからないので、実際に使用してみた。

続きを全部読む

【たばこニュース】iBuddyからプルームSの互換デバイスが登場! 実際に吸ってみたところ……

電気加熱式たばこの業界は、アイコス(フリップモリス・ジャパン)・プルームテック(JT)・グロー(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)の3社が凌ぎを削っている状態だが、第4の勢力が登場している。インペリアル・タバコの日本法人が、福岡県の一部のコンビニ限定で「パズル」という製品の販売を2019年5月6日から開始した。

業界は覇権争いが激しくなるなかで、アイコスの非正規互換機として知られる「iBuddy」が、新たな製品の販売を開始していた。またアイコス互換機かと思ったら、なんとプルームSの非正規互換機だったのである。まさか、プルームにまで手を出すとは……。

続きを全部読む

【ナゾ】アイコスが定額プランを発表 / お得な感じがしないのは気のせいか?

ニコチン大好きおじさんの私(佐藤)は、「アイコス3」と「プルームS」を手放すことができない。賢明なニコチン中毒の皆さんならご存じだと思うが、アイコスはフィリップ・モリス・ジャパンの製品であり、プルームSはJTの製品だ。この2社に加えて「グロー」の販売を行うアメリカ・ブリティッシュ・タバコは、電気加熱式たばこ市場で、シェア拡大に向けてしのぎを削っている。

さて、そんな3社の戦いを、さらに “加熱” させる予感がしている。というのも、フィリップ・モリス・ジャパンはストア限定で、定額制プランの提供を開始したのだ。これは画期的! 他社もこれに続くのか!? ……と思ったけど、これ本当にお得なの?

続きを全部読む

【検証】アイコスの「ヒートスティック」もプルームテックの「たばこカプセル」も両方吸える互換機を試してみた

「アイコス3」が発売開始されてから約半年が経った。やっとコンビニでも購入が可能になり、発売開始時は1万980円だったのが、現在『春割』キャンペーンで7980円で購入することができるようだ。そうしている間に、JTが「プルームテックプラス」と「プルームS」の販売を開始し、電気加熱式たばこ市場は、まさに “加熱” している。

そんななか、私(佐藤)はスゴイものを発見してしまった。都内某所のたばこ屋で、アイコスもプルームも吸える代物が販売されていたのである! マジかよ、両方を吸えるってどんな仕組みなんだッ!!

続きを全部読む

アイコスの掃除が楽になると思って「清潔マット」をAmazonで買ったら、想像していたのと全然違った……

アイコスの掃除は面倒くさい。ホルダーに溜まったカスを、専用の綿棒でチマチマ取るのは非常に面倒くさい! 何とかならないものかと思った私(佐藤)は、たばこ屋さんで見つけた「エアーブロークリーナー」という商品を購入した。だが、カスがそこら中に散らばり、かえって掃除の手間が増えること判明。使用を断念した……。

他に便利な掃除グッズはないものか、Amazonで調べてみたところ「アイコス清潔マット」という商品を発見。もしや! コレで掃除が楽になるのか? と思ったら、私が想像していたのとは全然違う代物だった……。

続きを全部読む

【やっぱり】プルームS・プルームテックプラスが「ヤフオク!」「メルカリ」に出品中、通常価格の2~3倍で

2019年1月29日より発売開始となった、JTの新型の加熱式たばこデバイス「プルームテックプラス」および「プルームS」。1月25日からプルームショップとオンラインで予約受付が始まると、予想通りというか早くも品薄状態になってしまっている。購入予約さえままならない状況のようなのだが、これはもしや……

と思ったら、やっぱり転売されているじゃないか! フリマアプリ「メルカリ」とネットオークションサイト「ヤフオク!」を見てみると、2つの新型デバイスは通常価格よりも高い値段設定で出品されている。

続きを全部読む

【検証】プルームSの吸い終えた「たばこスティック」はもう1回吸えるんじゃないか? 試したら衝撃の結果にッ!!

2019年1月29日から発売開始となった、JTの新しい喫煙デバイス「プルームテックプラス」と「プルームS」。プルームSは、ライバルの「アイコス」の同じように高温加熱式で、専用のたばこスティックを加熱して喫煙するモデルである。

1日使ってみたところ、あることを思いついてしまった。それは、1回喫煙したたばこスティックを、もう1回吸えるんじゃないのか? 論より証拠! 試せばわかる!! ということで、実際に挑戦したところ、驚きの結果にッ!

続きを全部読む

「アイコス3」「アイコス3マルチ」をスマホとBluetooth接続する方法 / 実際につないでみて気になったこと……

加熱式たばこ「アイコス」を販売するフィリップモリスジャパンは、2019年1月28日の製品戦略説明会でヒートスティックの廉価版「ヒーツ」の全国発売について発表を行った。新しいデバイス「アイコス3」と「アイコス3マルチ」のコンビニ・たばこ販売店での取り扱いなども含め、詳しいことは以前の記事でお伝えした通りだ。

それと同時にBluetooth接続についても触れたのだが、なんと「アイコス3」と「アイコス3マルチ」はスマホと接続できるというじゃないか! LINEを経由して接続するそうなので、実際にやってみた!

続きを全部読む

アイコスの格安ヒートスティック「HEETS」が本日(1/28)からアイコスストアで発売開始! コンビニは2/15から!!

お~い! 喫煙者のみんな~!! お待たせしました。たばこのニュースだよ~ッ!!!! 2019年1月28日、フィリップモリスジャパンは東京都内で製品戦略説明会を行った。

私(佐藤)は1月中旬の段階で、アイコスのヒートスティック廉価版「HEETS(ヒーツ)」の発売が2月になるとの情報を得ていた。そしてその情報通り、ヒーツは2月15日にコンビニを含む主要たばこ店で発売開始となる。それに先だって1月28日、つまり本日からアイコスストアで取り扱いがスタートした

続きを全部読む

【検証】グローのネオスティックを「プルームS」で吸ったらウマいんじゃないのか? たしかめてみた!

2019年1月25日より予約が開始されるJT(日本たばこ産業株式会社)の新型デバイス「プルームテックプラス」、および「プルームS」。たばこスティックを使用するプルームSは、もしかしたら他社のスティックを使用できるのでは? そう思ったつい先日、アイコスのヒートスティックを挿入してみたが奇跡は起きなかった……。

だが、諦めるのはまだ早い! ということで、グロー(ブリティッシュアメリカンタバコ)の「ネオスティック」を入れて吸ってみることにした。今度こそ夢のフュージョンが実現するんじゃないのか!?

続きを全部読む

【検証】プルームSのたばこスティックを「アイコス」で吸ったらウマいんじゃないのか? たしかめてみた!

JTは加熱式たばこ市場で巻き返しを図るべく、新モデルのデバイスを2つ発表した。従来のプルームテックを強化した「プルームテックプラス」と、たばこスティックを挿入して喫煙する「プルームS」だ。まさかJTが高温加熱式のデバイスを投入してくるとは……。アイコス(フィリップモリス)とガチンコ勝負に出るつもりらしい。

さて、そのプルームSのたばこスティックを、アイコスで吸ったらどうなるのか? きっとアイコスユーザーなら誰しも考えるに違いないので、ひと足先に検証してみたぞ! もしかして、美味くなるんじゃないか!?

続きを全部読む

【検証】アイコスのヒートスティックを「プルームS」で吸ったらウマいんじゃないのか? たしかめてみた!

JTは2019年1月17日、加熱式たばこの新しいデバイス「プルームテックプラス」と「プルームS」を発表した。1月29日よりプルームショップとオンラインで発売開始となるこの製品、発表会参加者にはいち早くサンプルが提供されたのである。

プルームSはJT初となる、たばこスティックを使用するモデルなのだが……。私(佐藤)にはどうしても気になることがある。これにアイコスのヒートスティックを挿入して使用したら、どうなるのか? 美味しく吸えるんじゃないのか? ということで、早速試してみたぞ!

続きを全部読む

【レビュー】プルームテック初となる高加熱型デバイス「プルームS」を吸ってみた! たばこ葉の旨味が際立つ

JTは、2019年1月29日に新型加熱式たばこのデバイス2種を発売開始する。低温加熱式の「プルームテックプラス」と、高温加熱式の「プルームS」だ。プラスについては、すでに以前の記事でお伝えした通り。

プルームSは、ライバルのアイコス(フィリップモリス)と同じように、たばこスティックを使用するデバイスだ。JT初となるスティックを加熱するタイプの吸い心地はどんなものなのだろうか? 実際に吸ってみた!

続きを全部読む

【レビュー】プルームテックの新モデル「プルームテックプラス」を吸ってみた! 吸い応え “プラス” で満足度高し!!

2019年1月17日、JTは次世代の加熱式たばこのデバイスを2つも発表した。従来のプルームテックの上位モデルとなる「プルームテックプラス」と、たばこスティックを使用する「プルームS」である。新しい2つのデバイスの大まかな特徴については、すでにお伝えした通りだ。

今回は、その使用感について紹介したいと思う。まずは、従来のモデルに吸い応えをプラスした「プルームテックプラス」だ。

続きを全部読む

新型PloomTECH(プルームテック)の発表キターッ! 2モデル登場で発売開始は1月29日と判明ッ!!

加熱式たばこ市場でアイコス(IQOS:フィリップモリス)に大幅な遅れをとっているJTは、2019年1月17日に新モデルの発表を行った。新しく登場したのは、従来のプルームテックの上位版にあたる「プルームテック プラス」と、高温加熱式のまったく新しいモデル「プルームS」である。

東京・虎ノ門のJTビルで行われた発表会で、ついにその全貌が明らかになったぞ~!! 発売開始はプルームテックの専門店「プルームショップ」とオンラインで1月29日からだ。購入予約は1月25日から!!

続きを全部読む

JTの次世代デバイス「プルームテック +」と「プルーム S」が発売開始間近か!?

加熱式たばこ市場は、「アイコス(IQOS)」の独走が続いている。2018年11月にアイコス3とアイコス3マルチの販売を開始して以降も、その状態は続いており、ライバルの「glo(グロー)」「Ploom TECH(プルームテック)」は何とか巻き返しを図りたいに違いない。

そんななか、ついにプルームテックの取り扱いを行っているJTが次の一手を明かした。2018年10月末にその存在が明らかになった新しいデバイス「プルームテック +」「プルーム S」を公式サイトで紹介しているのである。そして1月17日には新製品の発表会を行う予定だ。

続きを全部読む

アイコスの格安ヒートスティック「HEETS」(470円)を吸ってみた! 早く全国発売せんかいコラーーッ!!!!

アイコス(iQOS)愛用者の皆さんにお尋ねしたい。「HEETS」って知ってるか? 北海道・中四国・九州のみで販売している、正規のヒートスティックだ。販売価格は1箱470円である。500円の従来品より30円も安い。知っているか? フィリップ・モリス・ジャパンは、都市部を除くエリアで、こんなものを10月下旬から売ってたんだよ。

知らなかっただろ? 私(佐藤)も知らなかった。これが安いなりの商品なら仕方がないんだけど、吸ってみたら、「あこれでもええやん」ってなった。何で全国販売しとらんのや! さっさとどこでも買えるようにせんかい、フィリップ・モリス・ジャパン、コラーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

続きを全部読む

【悲報】加熱式タバコ『glo(グロー)』も値上げへ / 加熱式タバコは「アイコス」「プルームテック」も含め全て値上げが確定

2018年10月1日から「たばこ税」が増税される。それに伴い大手タバコメーカー「JT」や「フィリップモリスジャパン」は各種銘柄の値上げ幅を発表してきたが、8月30日、ケントなどを擁する「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン」もタバコの値上げを発表した。

注目は人気の加熱式タバコ「グロー」の各種銘柄も値上げに踏み切ったこと。これにより「アイコス(iQOS)」「プルームテック」を含めた3大加熱式タバコ全ての値上げが確定したことになる。薄々気付いていたとはいえ……これは悲報だ。

続きを全部読む

【100均検証】アイコスのフタがバカになって輪ゴムを巻いている人におくる「100円グッズで壊れたアイコスチャージャーを直す方法」

今回の100均検証は、かなり限られた人に向けての内容となっている。スマン! どんな人向けの記事かというと……「アイコスのフタがバカになって輪ゴムを巻いている人」である。具体的にはチャージャーのツメが壊れてしまった人、だ。

というのも、私のアイコス(のチャージャー)も数カ月前に壊れた。正直「ふざけんな」と言いたいところだが、輪ゴムを巻いてシノいでいた……が! もっと良い方法を思いついてしまったのだ。しかもコストは……100円である。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3