「るろうに剣心」にまつわる記事

作者の書類送検により休載していた「るろうに剣心」が連載再開したので読んでみた結果 → 再開してくれてマジでありがとう……

世間を騒がせたあの漫画が帰ってきた。本日2018年6月4日発売のジャンプスクエアにて、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』が連載を再開したのだ。同作は2017年12月発売号から休載していた。

作者の和月伸宏さんが児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されたことを受けての休載だったが、今回、約半年ぶりの復活となる。20年来のファンとして、これは読まねばなるまい! というわけで、ジャンプスクエア最新号を読んでみたぞ。

続きを全部読む

【冨〇仕事しろ】るろうに剣心が連載再開へ → トレンド入りした「連載再開」というワードに勘違いする人が続出している模様

集英社は本日2018年4月23日、作者が書類送検されたことで休載となっていた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』の連載再開を発表した。続きを読むことを諦めていたファンも多かっただけに、このニュースはすぐさま拡散。大きな話題となっている。

ところが、Twitter のトレンドにも上がっている「連載再開」というワードを見て、勘違いをする人が続出しているようなのだ。彼らは一体、何と勘違いしているのか?

続きを全部読む

【朗報】『るろうに剣心・北海道編』が連載開始でござるゥゥゥウウウ! 今度こそ “あのキャラ” の活躍は見られるのか!?

この日を待っていた……。本当に待ちわたぞ……。『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』、連載再開キターーーーーーッ! うおおおおお薫殿ォォォォオオオオ!!

2017年11月、作者の和月伸宏さんが児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されたことを受け、『るろうに剣心』は連載を休止していた。しかし、集英社は本日2018年4月23日、『るろうに剣心』 の連載を6月4日発売のジャンプスクエア7月号から再開すると発表したのだ!

続きを全部読む

【あるある】実写映画『るろうに剣心 伝説の最期編』を見た原作ファンがつい思ってしまうこと45連発!

漫画の実写映画の中でも屈指の完成度を誇る『るろうに剣心』シリーズ。佐藤健さん、藤原竜也さんなど豪華な俳優陣が見せるガチなアクション&殺陣シーンは必見だ! 先週放送された『京都大火編』も大きな話題を呼んだでござるよ。

そして本日2018年4月6日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて3部作の完結編『るろうに剣心 伝説の最期編』が放送されるぞ。前回に引き続き、原作ファンが映画を見た時につい思ってしまうことを「あるある形式」でご紹介するでござる! もちろん時系列通りに書いてあるので、テレビを見ながら読むでござるよー!!

続きを全部読む

【あるある】実写映画『るろうに剣心 京都大火編』を見た原作ファンがつい思ってしまうこと45連発!

何かと酷評されがちな漫画の実写映画。配役が合ってないとか、ストーリー省略しすぎとか、大体ボロカスに叩かれてしまうものだ。そんな中、稀有(けう)な成功例としてよく名前が挙がるのが、佐藤健さん主演の『るろうに剣心』シリーズでござる。実は拙者(あひるねこ)、原作の大ファンなのでござるよ。

ちょうど本日2018年3月30日は、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて第2部にあたる『京都大火編』が放送されるとのこと。そこで、原作ファンが映画を見た時につい思ってしまうことを「あるある形式」でご紹介するでござる! 時系列通りに書いてあるので、テレビを見ながら読んで欲しいでござるよ。

続きを全部読む

【新事実】「週刊少年ジャンプ 1995年新年3・4合併号」が最大発行部数653万部を達成できた本当の理由

少年漫画の王様といえば、やはり「週刊少年ジャンプ」だろう。学生の頃、月曜日は友達とジャンプの感想を言い合うのが恒例だった。そう、ジャンプはみんなの共通言語だったのだ。そんなジャンプがもっとも勢いに乗っていたのが、1990年代である。

1995年に発行された「新年3・4合併号」は、最大発行部数653万部というとんでもない記録を打ち立て、その存在はもはや伝説となっている。だが、なぜそんなに売れたのだろうか? いくらなんでも売れすぎではないか? その理由を探っていた私(あひるねこ)は、ある一つの事実に辿り着いた。

続きを全部読む

【知ってた】漫画好きにアンケートをとった結果 →「漫画の実写化は嬉しくない」が4割 / 逆にもっとも高評価な実写映画は納得のあの作品だった!

日本映画界で連発される漫画の実写映画化。愛情とリスペクトを込めて作られるならいいが、本当に原作見たの? と言いたくなるようなお粗末なシナリオと、政治が見え隠れする謎の人選により、芸能人コスプレ大会と化している作品も少なくない。まさに誰得、というやつである。

今回、大日本印刷 (DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトが、 全国の10代から40代男女400名を対象に「漫画の実写映画化に関する調査」を実施したところ、漫画ファンの複雑な本音が明らかになった。賛否が分かれる漫画の実写化、あなたならどう思うだろうか?

続きを全部読む

【コラム】20年来の『るろうに剣心』ファンが今回の事件に思うこと

2017年11月21日、『るろうに剣心』で知られる漫画家・和月(わつき)伸宏さんが、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検された。現在「ジャンプスクエア」で連載されている新シリーズは、当面休載になるという。

18年ぶりの復活となった『北海道編』は、構想はあるものの作品化はされていなかった幻の続編だ。連載当時からほぼリアルタイムで追いかけてきた私(あひるねこ)にとって、この復活劇は非常に感慨深いものだっただけに、今回の休載は残念極まりない。

続きを全部読む

【なぜ?】『るろ剣』作者・和月伸宏さん書類送検で「しまぶー」がトレンド入り / ネットの声「しまぶーは抜刀したけど和月は型稽古だけだし」

2017年11月21日、マンガ『るろうに剣心』の作者・和月伸宏さん(本名・西脇伸宏)が書類送検されたことが報じられた。容疑は、児童買春・児童ポルノの禁止法違反だという。

一世を風靡した人気マンガ家だけにネットは大混乱。そんな中、同じくジャンプマンガ家の「しまぶー」もトレンド入りする事態に。一体なぜ?

続きを全部読む

【悲報】『るろうに剣心』の作者が女児動画所持容疑で書類送検される / 18年ぶりに連載が再開したばかり

衝撃的なニュースが飛び込んできた。人気漫画『るろうに剣心』で知られる漫画家・和月(わつき)伸宏(本名・西脇伸宏)容疑者が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されたというのだ。

読売新聞によると、西脇容疑者は都内の事務所で、10歳代前半の女児の裸が映った動画が収録された複数のDVDを所持した疑いである。本人は容疑を認めており、「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」と供述しているという。

続きを全部読む

【祝・新連載スタート】「るろうに剣心」あるある60連発!

1994年に「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートした『るろうに剣心』。アニメはもちろん、数年前には実写映画化もされた大人気作品だ。1999年にその幕を下ろしたものの、ついに新章「北海道編」の連載が、2017年9月4日発売の「ジャンプスクエア」10月号からスタートする!

うおォォォォオオオオ! これは大事件である。「北海道編」に関しては、作者である和月伸宏先生もその構想を当時から語っていた。それが、18年の時を経て、ついに! 実現するのだ!! あまりにもおめでたいので、今回はその勢いで「るろうに剣心」あるあるをお送りしたい。いくでござるよ薫殿!

続きを全部読む

【おろ?】ついに『るろうに剣心』のスタンプが登場したでござるよ薫殿!「何が可笑しい!!」が入ってるだけで買う価値アリでござる

飛天御剣流! 龍槌閃!! 1994年から約5年間、週刊少年ジャンプで連載された超人気マンガ『るろうに剣心』。当時、傘を持つたびに牙突を繰り出していたのは、おそらく私(あひるねこ)だけではあるまい。

2012年には佐藤健さん主演で実写映画化されたので、新しいファンも増えたことと思う。そんな『るろ剣』が、ついにLINEスタンプになって登場したでござるよ! マジで待ってた。比古清十郎の到着と同じくらい待ってたでござるぞォォォォオオ!!

続きを全部読む

謎のカウントダウンサイト『ENDRIDE』が話題 / ソースコードに隠された暗号の1つは「20160128」……明日何かが起こる!?

現在、謎のサイト『ENDRIDE』がネットで密かに話題になっている。サイトを表示すると、まず1枚絵が映し出された後、カウントダウンと思われる数字列が表示される。私(中澤)が見た段階では、残り9時間ほどだった。計算すると1月28日00時に向けてカウントダウンをしているようだ。

カウントダウン以外にほぼ何もないこのサイトだが、ソースコードを表示すると、「一ノ火草 一ノ土一 白ム小木」「ふわぬおわぬふゆ」「0ZG」という3つの暗号が記載されていることに気づく。はたして、この暗号は何を意味しているのだろうか?

続きを全部読む

【マジかよ】『るろうに剣心』が宝塚で舞台化が決定! これは “美しすぎる剣心” に待ったなし!! ネットの声 「宝塚のるろ剣なら見たい!」

世界に例を見ない日本の女性だけの歌劇団と言えば、宝塚歌劇団だ! ヅカと言えば、『ベルばら』や『エリザベート』などヨーロッパの宮廷風味なキラキラ演目のイメージが強いが、2015年に『ルパン三世』を舞台化。「美しすぎるルパン」とヅカファン以外の各方面でも話題になっていたのも記憶に新しい。

その宝塚歌劇の進撃が止まらない。今回、なんと人気漫画『るろうに剣心』のミュージカル化が発表され、ネット上で大きな話題となっているのだ。

続きを全部読む