「あひるねこジュニア」にまつわる記事

【ブチギレ】原作版『カイジ』のストーリー展開がいくらなんでも遅すぎる → 現実の時間経過と照らし合わせたらヤバイことになった…

アニメ、実写映画化もされた『カイジ』シリーズの原作漫画を、現在も追っている人は果たしてどれくらいいるだろうか? 私(あひるねこ)はというと、めちゃめちゃ追っている。しかもヤンマガで週刊で追っている。毎週欠かさず、だ。

その上であえて言わせてもらうが、いくらなんでもストーリー展開が遅すぎるだろ! マジで全ッ然進まねぇ……!! 時間の進み方が遅いのはまだ分かるとして、ストーリーまで一向に進まないのはどういうことなのか? さすがにそろそろブチギレそうなレベル。

そこで今回は、作中の時間経過と現実に起きた出来事を照らし合わせ、『カイジ』のストーリーがいかに進んでいないかを検証してみることに。刮目せよっ……!

続きを全部読む

【衝撃】娘のためにケンタッキー『ひなまつりバーレル』を注文したら内容が狂暴すぎて笑った! ウチの娘は海賊じゃないんだぞ!! 3月3日まで

来たる3月3日は「ひな祭り」……と言われたところで、男子の私(あひるねこ)にはあまり関係のない話であったが、しかし今は状況が変わった。1歳5カ月になる娘、あひるねこジュニアの存在である。今年はひな祭りも盛大にお祝いする必要があるだろう。

なんてことを考えていたら、タイミング良くケンタッキーが『ひなまつりバーレル』という商品を期間限定で発売したようだぞ。可愛らしいネーミングだな。よし、これを買ってジュニアの健やかな成長と幸せを祈るか! ところが……。

続きを全部読む

【私的ベスト】記者が厳選する2021年のお気に入り記事5選 ~あひるねこ編~

ロケットニュース24の記者が今年の自分のお気に入り記事を選ぶ「私的ベスト2021」。今回は私、あひるねこがお送りします。毎年思うんですが、こんなコアな記事を読んでいるあなた。さては相当なロケットマニアですね? 大丈夫ですか? 友達とかいますか?

血を吐き身を削ってまで当サイトを応援してくださり、本当に本当にありがとうございます。お礼にとても面白い記事を5本ご紹介したいと思います。少しでも元気になっていただけたら幸いです。それではどうぞ!

続きを全部読む

【衝撃】生まれて初めて「ミキハウス」の福袋を買ってみた結果 → 元値が高すぎて目ん玉飛び出そうになった

すでにスタートしている当サイトの2022年福袋特集。昨年と内容を比較するため、基本的には同じライターが同じ福袋を毎年担当しているのだが……いやぁ、初めて買いましたよ。「ミキハウス」の福袋。

子供服ブランド「ミキハウス」の名前はもちろん知っているが、実際に商品を手に取るのは人生初だ。あれでしょ? めちゃめちゃお高いんでしょ? そんなフワッとしたイメージのまま開封してみたところ、マジでお高くて目ん玉飛び出そうになったでありんす。

続きを全部読む

【いまさら感動】Googleフォトの「写真を注文」機能が便利すぎて最高だった! スマホで画像を選ぶ → セブンイレブンに行くだけ

ふと何の前触れもなく「あ、推しの画像をプリントアウトしたい」って思うことありませんか? 私(あひるねこ)はあります。これは今すぐ印刷しないと何も手に付かない。まさにプリントアウト・オア・ダイという瞬間がたしかにあるのです。

現在の私の圧倒的推しは先日1歳になった娘(あひるねこジュニア)でして、スマホの画像フォルダは娘がほぼ独占している状態です。なので素材には事欠かないのですが、いかんせん我が家にはプリンターがない。印刷ができない。これ即ちダイ。一体どうしたらいいんだ……?

続きを全部読む

【イクメンの日】子供の気持ちがもっと知りたいので、「ベビーフード」だけ食べて過ごしてみたら衝撃の事実に気付いてしまった

本日10月19日は「イクメンの日」だそうだ。パパが育児を楽しみ、頑張る日のことを指す……らしいのだが、そこの若いの。これだけは覚えておきな。戦場に男も女も関係ねぇ。こちとら365日毎日が戦争なんだよ……!

とは言え、せっかくの「イクメンの日」である。パパらしいことにあえて挑戦してみるのも悪くないだろう。そこでいろいろ考えた結果、1歳になった娘とまったく同じものを食べて丸一日過ごしてみることにした。よし、これしかない!

続きを全部読む

【ガチ】もっとも履き心地のいい「ベビー用おむつ(パンツタイプ)」が知りたいので、実際に履いておしっこを漏らしてみた / おむつの日

早いもので、もうすぐ生まれて9カ月になる私(あひるねこ)の子供、あひるねこジュニア。成長に伴い、そろそろパンツタイプのおむつを試してみようと思うのだが、やはりここはジュニアにとって、もっとも履き心地のいいおむつを選びたいところだ。

となれば、ネットに溢れる親目線で書かれたレビュー記事を当てにするのではなく、前回のテープタイプの時と同様、私自身が赤ちゃんの気持ちになる必要があるだろう。そこで今回は、パンツタイプのおむつを実際に履いておしっこを漏らしてみることにした。

続きを全部読む

【2021年福袋】アカチャンホンポの「スヌーピー お楽しみ6点セット(5500円)」が神すぎて震えた…! もはや外箱すらも神

マタニティ・ベビー・キッズ用品専門店「アカチャンホンポ」の福袋について、前回の記事では『赤ちゃんのための準備品 お楽しみ20点セット』の中身をお伝えしたが……実は私(あひるねこ)、もう一つ買っちゃってたんです。そう、今回の主役は世界のスーパースター犬・スヌーピーだ!

『20点セット』と共に、2020年12月18日の発売当日には完売してしまった激レア福袋『赤ちゃんのための準備品 お楽しみ6点セット スヌーピー(税込5500円)』。ファンならばゲットできた時点で号泣必至だと思われるが、いざ開封してみると、あまりにも神すぎて号泣どころか昇天するしかなかった。気になる中身は以下をチェック!

続きを全部読む

【2021年福袋特集】アカチャンホンポの「赤ちゃんのための準備品 お楽しみ20点セット(1万1000円)」を買ったら必要なモノしか入っていなかった!

ついに来ました。当サイト恒例、福袋特集の季節! 私(あひるねこ)が最初に開封するのは、マタニティ・ベビー・キッズ用品専門店「アカチャンホンポ」の福袋である!! これも今年、私に子供ができたからだ。じゃなかったらアカチャンホンポってあまり縁がないからな。

2021年度の福袋は11月にネット予約がスタートし、12月18日に発売となった……のだが。私が予約購入した『赤ちゃんのための準備品 お楽しみ20点セット(税込1万1000円)』は、この記事を書いている18日の時点ですでに完売。おそらく本年度はもう入手不可能な激レア福袋の中身をさっそくお伝えしたい!

続きを全部読む

【アカン】漫☆画太郎先生が『ももたろう』でまさかの絵本作家デビュー! さっそく娘に読み聞かせてみたら前代未聞の事態になった

つい先日、エイプリルフールのネタのような衝撃のニュースがギャグ漫画ファンを驚かせた。なんとあの漫☆画太郎先生が、「ガタロー☆マン」という名義で本気で子ども向けの笑本(えほん)を刊行するというのだ。いや……さすがに嘘だろ。

と思ったら2020年12月14日、ホントに発売されていたから さあ大変! そこでさっそく購入して、生後3カ月になる私(あひるねこ)の子供、あひるねこジュニアに読み聞かせてみることに。レジェンド・画太郎先生 vs 画太郎ワールド初体験の赤ちゃん、夢の対決が今ここに始まる……!!

続きを全部読む

【ガチ】もっとも履き心地のいい「ベビー用おむつ」が知りたいので、実際に履いておしっこを漏らしてみた

赤ちゃんがいる家庭なら必ずストックしてあるはずのベビー用おむつ。我が家でも生後2カ月のジュニアが毎日お世話になっているが、ぶっちゃけ どのおむつが一番いいのかイマイチ分からないのでネットでいろいろ調べていたところ、ふとあることに気付いた。

世の中に溢れるベビー用おむつの記事は、その大半が親目線で書かれているのだ。いや……そりゃそうだろ。と自分でも思うが、実際におむつを履くのは赤ちゃんなのだから、赤ちゃんがどう思うかがもっとも大事ではなかろうか? そこでジュニアの気持ちになるべく、おむつを履いておしっこを漏らしてみることにした。

続きを全部読む

【助けて】子供のギャン泣きがひどいのでAmazonベストセラー1位『スワドルアップ』に泣きついてみた! イイって聞くけどホントに効くのか!?

もうとにかく生後2カ月の子供が可愛くて可愛くて仕方がないんだけど、ミルクをあげても おむつを替えても引くほど泣き叫んでいる時は、さすがの私(あひるねこ)も「正気かこの小坊主」なんてことを思ってしまうってばよ。頼む、誰か助けてくれェェェェエエエ!

そこでアマゾン “おくるみ” 部門ベストセラー1位の『スワドルアップ』という商品を試してみることにした。妻によるとかなり有名なベビーグッズらしいのだが、ぶっちゃけ効果はあるのだろうか? なかったら「無ぇ」って普通に書くけど、頼む、できれば効いてくれェェェェエエエ!!

続きを全部読む

【コラム】出産祝いに母から届いた “あるもの” に感動した話 / それは30年以上も前の…

すでに何度か書いているように、つい先日、私(あひるねこ)にもいよいよ子供ができた。あひるねこジュニアの誕生である(女の子だけど)。それに伴い約1カ月半の育休を取得。現在は編集部に復帰し、育児と仕事に忙殺される毎日だ。子育てはちょっと引くほど大変だが、子供はさらに引くほど可愛いので何とかやっていけている。

さて、娘が生まれてから少し経ったある日のこと。離れて暮らす私の母から出産祝いの荷物が届いたのだが、中に入っていた “あるもの” にちょっと感動してしまったため今回はその話をしたいと思う。それはなんと30年以上も前の──。

続きを全部読む

【断言】生まれて初めて「育休」を取ってみて分かったこと → 母親1人の育児はマジで無理ゲー

私事で大変恐縮だが、先日とうとう父親になりました。そう、あひるねこジュニアの誕生である(女の子だけど)。そこで約1カ月半、編集部をお休みして育休、つまり育児休業を取得させてもらうことに。生まれて初めての子供、そして生まれて初めての育休だ。

現在は仕事に復帰しているが、結論から言うと育休を取って本当によかったと思う。……いや、それだとなんかニュアンスが違う気がするな。「育休を取らなかったら詰んでいた」、が正しい表現だろうか? それとも「1人の育児は無理ゲー」? いずれにせよ、子育てに男性の育休取得は必須であることを痛感した1カ月半であった。

続きを全部読む

【ガチ検証】父親になってみた

今から約2年前、「結婚してみた」というシンプルかつショッキングなタイトルの記事が公開された。それまで独身キャラを貫き続けてきた当サイトの副編集長・和才が突如として結婚を発表したのだ。これには驚いた人も多かったはず。

私(あひるねこ)としても、いつかああいった記事を書いてみたいと常々思っているのだが、だからといって同じような内容をただ繰り返すワケにもいかないだろう。やるならば結婚と同等か、それ以上のインパクトがなくてはならない。そこで今回、思いきって父親になってみることにした。

続きを全部読む