「企画」カテゴリーの記事

コストコで買った「ネクタリン」って何のことかわかる人いる?

ネクタリン──。その正体があっさりわかった人は、この記事を読んで学ぶべきことは1つも無い。これまで生きてきた43年間で『ネクタリン』の存在を知らなかった私、P.K.サンジュンを鼻で笑っていただければ幸いだ。だがしかし……。

一方で「ネクタリン? なんだそりゃ?」という方は、ぜひこの機会に『ネクタリン』のことを覚えてしまおう。先日、私が会員制スーパー「コストコ」で購入した『ネクタリン』の正体とは……。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第26号:盛大な予告詐欺にブチギレ編

ピーナッツ! なんとか平日公開に間に合った……。ギリギリでいつも生きていたい「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である。さあ、今日も楽しくデアゴスティーニを作っていくぞ! と気分良く始めたはいいものの……私(あひるねこ)、いま猛烈にブチギレています。

実はデアゴスティーニの冊子の裏には次号予告が載っていて、次に何を作るか少しだけ知ることができるのだが、前号、つまり第25号の誌面において盛大な予告詐欺が行われていたことが発覚したのだ。なんたる悪行……! 断じて許すことはできん!!

続きを全部読む

【保存版】忙しい人のための「週刊デアゴスヌーピー」まとめパート4:第21号~第25号編 / 完成まであと75号

ピーナッツ! デアゴスティーニ『週刊つくってあつめるスヌーピー&フレンズ』全100号を約2年掛かりで完成させようというガチ連載「週刊デアゴスヌーピー」ですが、ついに全体の4分の1までやって来ました! 残るはあと75号!! いや、まだそんなにあんのかよ!

まだまだ先は果てしないため、リアルタイム更新に追いつくなら今しかない。この「デアゴスヌーピーまとめ」を読めば、これまでの大まかな流れがつかめるはずだぞ。念のため5~6回はブックマークし、寝食を忘れて読みまくるように! ていうか、それなら最初から全部読めや!!

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第25号:めちゃめちゃ記事にしづらい案件編

ピーナッツ! あれ? なんか今週は体が軽い気がするなぁ……どうしてだ? あ、そうか! 先週の組み立て作業が引くほど簡単だったからか!! そりゃあ納得だ。というワケで、今週も魂のガチ連載「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である。

何度も言うように、前号の難易度はいつもとは別の意味でヤバかった。そう、あまりにも易しすぎた。マジでデアゴスティーニ軍曹はどうしてしまわれたのか? FXで有り金全部溶かしたのか? まあ、なら仕方ねぇなという感じだが、もしかしたら今号もマッハで終わるかもしれん……。

続きを全部読む

上手に餃子を焼く方法で大失敗した理由は「薄皮」か / 鹿児島の「まる千餃子」から学んだ心構え

当編集部が上手に餃子を焼けるようになって、かれこれ1年半が経った。人生観ならぬ餃子観が変わったのは、餃子のプロに「焼き餃子を美味しく作るコツ」を教えてもらったから。それ以降、見た目も味も明らかに大きな変化があったものだ。

だから今からでも遅くない。餃子の階段を登りたい人はぜひとも上の記事を読んでほしい……と言いたいところだが、順調に餃子を焼き続けてきた私たちに試練が訪れたので報告しておかねばなるまい。そう、上手に作るテクニックを駆使しながらも初の失敗をしてしまったである。

続きを全部読む

【震える】コストコで1番高い肉「米国産チョイスビーフヒレステーキ」を食べてみた

今さら申し上げるまでもないが、大型スーパー「コストコ」の商品は全般的に安い。ちょっと量が多すぎる……という欠点はあるものの、1度コストコ価格に慣れてしまったら一般的なスーパーではなかなか買い物できなくなってしまうことだろう。

中でも安いのが「肉」である。特に牛肉は「安ッッ!」と毎回のように驚かされるが、逆に高い肉はどうなのだろうか? 今回は清水の舞台からダイブするつもりでコストコの最高級肉『米国産チョイスビーフヒレステーキ』を購入してみたのでご報告したい。

続きを全部読む

コストコの「沖縄パイナップル」を食べてみた / 台湾、フィリピンと比べると…

ここ1年で最も大きな話題となったフルーツは、おそらく「パイナップル」であろう。無論その主役は「台湾パイナップル」で、今では多くのスーパーや八百屋で「台湾パイナップル」を見かけるようになった。確かに美味しいです、台湾パイナップル。

個人的に台湾パイナップルの登場以来、家でパイナップルを食べる機会が多くなっているが、最近コストコで発見したのが『沖縄パイナップル』だ。果たして国産パイナップルの実力はどんなものなのか? 実際に食べてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【ガチ検証】よみうりランドの「ポケモンワンダー」はポケモンGO向きなのか? 試してみた結果!

2021年7月17日、よみうりランドに世界初のポケモンネイチャーアドベンチャー『ポケモンワンダー(Pokémon Wonder)』がオープンする。詳細については後述するが、要するにポケモンがテーマの新アクティビティだと思っていただいて間違いない。

ポケモンワンダー自体の内容も気になるところだが、ポケモンGOトレーナーとしては「どんな感じでポケ活できるのか?」も非常に気になるハズ。そこでポケモンワンダーの先行体験会に潜入し、コソコソとポケモンGOをプレイしてきたのでご報告しよう。

続きを全部読む

【閲覧注意】汚れが丸見え! 話題の「重曹マウスウォッシュ」を試した結果 → ギャァァァアアアアア!!!!

どんなにニオイに敏感な方でも “自分のニオイ” には気付きにくいもの。体臭はもちろんのこと、自分の口臭は実際どうなのか? マスクがあたり前になって以来「意外とヤバいかも」と内心焦っている方も少なくないハズだ。

今回はそんな口臭に効果抜群とウワサの『重曹マウスウォッシュ』をご紹介したい。なんでもYouTubeを中心にバズリまくっているようだが、その最大の理由は「口の汚れが固まって見えるから」だという。口の汚れが見えるとか……超おっかねえ!

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第24号:まいったな、感情が完全に死んでいるよ編

ピーナッツ! ここのところ、ゲリラ豪雨とデアゴスティーニ軍曹に怯えながら日々生きています! あひるねこです!! どうぞよろしくお願いします。それでは週に一度のお楽しみガチ企画「週刊デアゴスヌーピー」第24号、さっそく始めていきたい……ところなのだが。

いやぁ、思い出しただけでも前号はヤバかった。ムズすぎてヤバかった。発狂しかけた。いかほどの地獄(ヘル)だったかは前回の記事をご覧いただくとして、今週もあのレベルの地獄(ヘル)難易度だったらマジでどうしよう? もしそうだった場合、私は死ぬ。

続きを全部読む

【永久保存版】現在も売れている「レトロゲームの人気ソフト」全10機種まとめ / ファミコンからゲームキューブまで57タイトル一挙公開!

家庭用ゲーム機の誕生から約50年。一般的に初めて「広く普及した」と言えるのは任天堂の『ファミリーコンピューター』(1983年)だろう。かつて一世を風靡した家庭用ゲーム機たちは現在「レトロゲーム」と呼ばれ、当時を知らない世代にも愛好家を増やしている。

私がコロナ禍でヒマになったのをきっかけに、レトロゲームの人気ソフトについて調査・執筆し始めて1年半。メジャー10機種をひととおりプレイし終えたので、ここに一旦まとめさせて頂こうと思う。

なお「俺のセガ・マークⅢも一世を風靡したはずだ!」などと怒り心頭のオタクもいるだろうが……お前たち、まだまだ先は長い。気長に待たれよ。

続きを全部読む

【競馬】宝塚記念の「ウマ娘血統」を調べた結果 → 軸に据えるべきはレイパパレ

今年もあなたの、そして私の夢が走ります。あなたの夢はクロノジェネシスか、アリストテレスか、カレンブーケドールか。私の夢はレイパパレです。なぜならウマ娘の子孫だからであります──。

2021年6月27日、上半期を締めくくるグランプリ「宝塚記念」が阪神競馬場で開催される。昨年、圧勝したクロノジェネシスが連覇を果たすのか。それとも無敗のレイパパレ、もしくは伏兵が勝つのか。予想をするだけでも楽しみが尽きないが……

続きを全部読む

【検証】「全然違う!」と話題の『生ペプシ』は本当に全然違うのか? 味覚オンチライター2名が試してみた結果…

どうやらサントリー食品インターナショナルの新商品『生ペプシ』の評判がすこぶる良いようだ。生ペプシをいち早く試した当サイトの「あひるねこ」及び「GO羽鳥」によると、従来のペプシと比較した場合「まったくの別物!」だという。

そこまで言うなら確かに違いはあるんだろうが、果たしてその違いは誰もがわかるレベルなのだろうか? 例えば味覚が少々怪しいグルメライターでさえも「まったくの別物!」と違いがわかるのだろうか?

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第23号:ジョウロの “水” が異次元の難しさで発狂爆発ブチギレ寸前編

ピーナッツ! 今日も元気だデアゴがムズイ!! でお馴染みかどうかは置いておくとして、「週刊デアゴスヌーピー」のお時間である。あらかじめ言っておくと、今週はヤバイぞ。久々にキタというか、もしかしたら現時点で歴代ナンバーワンの大ピンチ回かもしれないのだ。

前号では「花シート」や「葉シート」、「草パウダー」に次ぐ新たな悪魔「ガチ砂」が初登場したワケだが、今回の作業難易度はこれまでとまったくの別次元。結果的に私(あひるねこ)はこの後、発狂寸前まで追い込まれることになる。

続きを全部読む

【えっ】名作『ピクミン』を初プレイしてみたら「人生観が変わるくらいヤバいオチ」に震えた / レトロゲーム売上ランキング『ゲームキューブ』編

本記事はシリーズ『レトロゲーム売上ランキング』の「ニンテンドーゲームキューブ編」である。結論から申し上げると今回、数あるソフトの中から『ピクミン』をプレイした私は、その難解なテーマをどう解釈すべきか苦悩し、最終的に「諸行無常の境地」へ到達した。

つまり「言いたいことがありすぎてページ数ギリギリ」になってしまったのである。ってなわけで、さっそくランキングを発表したいのだが、その前に「コロナ禍の今なぜかゲームキューブの売り上げが伸びているらしい件」についても少しだけ触れておこう。

続きを全部読む

【極めた】説明書通りやっても上手くいかない「コストコのポップコーン」の作り方

自画自賛するようでお恥ずかしいんですが、ついに私、P.K.サンジュンは極めてしまったようです。試行錯誤の果てにたどり着いてしまいましたよ……絶対に失敗しないコストコのポップコーンの作り方をね

ぶっちゃけ、関係ない人には全く関係ない話なんですが、切実な人にとってはメチャメチャ切実ですよね、このお題。さあ、コストコのポップコーンを買ったはいいけれど「全然上手くいかない……」というそこのあなた! ズバリ、必見ですぞ!!

続きを全部読む

アラフォーのオッサンたちが「父の服」を着て出社したらヤバいことになった / 本日6月20日は父の日

本日6月20日は「父の日」である。個人個人の年齢によって父の捉え方は違うものだが、今は高齢化社会だから一般的なイメージとしては70歳くらいのオヤジがメインどころだろう。いわゆる団塊の世代で当編集部メンバーの父も大体そのあたりだ。

さて、せっかくの「父の日」だけに日頃の感謝を父に──と言いたいが、具体的に何をやればいいかイマイチ分からないし恥ずかしい。そこで当編集部メンバーたちは父と接点を持つべく父の服を着て出社してみることにした。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作る「週刊デアゴスヌーピー」第22号:想像の斜め上を行く新たな悪魔の登場編

ピーナッツ! 例年より遅い梅雨入りとなった関東甲信地方。この記事を書いている今も外は雨……なんだけど、本連載「週刊デアゴスヌーピー」にはまったく関係、ぬ! 今日も今日とて粛々とデアゴスティーニをデアゴるだけである。

さて、この連載最大の敵と言えば、ひたすら細かい作業を要求してくる「花シート」と「葉シート」、そしてひたすら長い時間拘束してくる「草パウダー」のデアゴ3人衆であることは間違いないが、本日……なんとそこへ新たな悪魔が加わることになった。

しかも、我々の想像の斜め上を行く形で……!

続きを全部読む

【発売35年】ファミコンの魔界村を「3人プレイ」してみたらヤバイことになった

今ほど親切設計ではなかった昔のゲーム。ゆえに、たまに鬼難易度のものがあったが、中でも難しいことで有名なのが『魔界村』である。いとも簡単に裸になるアーサー、1面で死ぬのなんて日常茶飯事だった。そんな『魔界村』のファミコン版が発売されたのが、何を隠そう35年前の今日6月13日である

一人で地団太を踏んでいたあの頃。しかし、今の私(中澤)には仲間がいる。そこで、ファミコン魔界村を3人プレイしてみることにした。

続きを全部読む

【総集編】忙しい人のための「週刊デアゴスヌーピー」まとめパート3:第16号~第20号編

ピーナッツ! デアゴスティーニ『週刊つくってあつめるスヌーピー&フレンズ』全100号を約2年掛かりで完成させようというガチ企画「週刊デアゴスヌーピー」は現在も進行中! 早いもので第20号まで終了……って全然終わってねェェェェエエ! あと80冊もあんのかよ!!

毎週チェックしてくれている物好きな読者の皆様、いつもありがとうございます。「知らなかった」という人に関しては、今すぐ創刊号から貪り読んでいただきたいところだが、この総集編に目を通せばギリで何とかなるはずだ。それでは第16号から20号まで、一気にどうぞ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 65