「乗り物」カテゴリーの記事

これは意外! ロシア最大の銃器メーカー「カラシニコフ社の作った電気自動車」がレトロで超キャワワ!!

ロシア最大の銃器メーカーであるカラシニコフ社。同社の開発した自動小銃「AK-47」が世界で最も多く使われた軍用銃としてギネス世界記録に登録されていることは、銃器ファンの間であまりにも有名な話だ。

どうやら、そのカラシニコフ社が今、電気自動車を開発中らしい。きっと超アーミーでいかにも強そうなデザインに仕上がっているに違いない……と思いながらデザインを見てみたところ、な、何だこれは!

続きを全部読む

「あ、これ車のホイールキャップになるんじゃね…」と思ったアルミ製品があったので、そのまま付けてみた結果

これまでいくつかの車改造ネタを執筆・公開してきたが、何人かの読者の方から「次はホイールですね」との言葉をいただいた。なるほど。たしかに。ホイールキャップには気が回っていなかった……というより、私は「鉄チンホイール(スチールホイール)」が好きなので、このままで良いと思っていた……のだが!

あるとき、ショップで「ソレ」を見た時、「あ、これ車のホイールキャップになるんじゃね……?」と思ってしまった。それからだ。地道な研究が始まったのは。

続きを全部読む

【珍鉄道】埼玉県にあるモノレール「ニューシャトル」を君は知っているか?

都内に向かう通勤快速の列車がビュンビュン走り抜ける埼玉県に、モノレールがあることをみなさんはご存じだろうか? 

その名もニューシャトル。始点の大宮駅から終点の内宿駅までは13駅で、終点までの時間はわずか24分。

埼玉県民の間ではちょっとばかりニューシャトルのことを小馬鹿にする風潮があるのだが、はたしてこの珍鉄道の魅力とは。ニューシャトルに乗り込んで、終着駅まで行ってみた。

続きを全部読む

まるで宇宙船のコックピット! 本気すぎるゲーミングチェア「プレデタースロノス」をAcerが発表

スマホで手軽にゲームが楽しめる一方、近頃ではゲーム環境にとことんこだわったハイスペックなゲーミングPCも人気だ。そんななか、AcerがPCゲーマー向けのゲーミングチェア『Predator Thronos(プレデタースロノス)』を発表した。

ゲーミングチェアというと、レーシングシートのようなスポーティーなデザインの椅子が一般的だが、同製品は全くの別物だ。その驚くべきデザインは動画「Predator Thronos – Warp Your Reality」で確認できるぞ。

続きを全部読む

【宿泊費1800円】 寝台列車『北斗星』のパーツを再利用したホテル 「トレインホステル北斗星」に泊まってみた

旅をするとしたら、移動手段にあなたはどんな乗り物を選ぶだろうか。記者はできることならば鈍行列車や船でゆっくり動きたいのだが、実際はなかなか難しい。後のスケジュールを考え、結局は飛行機や新幹線を利用するというのが現実だ。

そんな旅の醍醐味を乗りものに求める記者のような人間に、ピッタリのホテルがあるので紹介したい。その名は『トレインホステル北斗星』──。名前からお気付きの方もいるだろう、かつて人気を博した寝台列車「北斗星」を再利用したホテルなのだ! 

続きを全部読む

【100均検証】軽自動車の両サイドをダイソーの「リメイクシート」でウッドパネル風にしてみた結果…

誰にでも「憧れの車」があるはず。でも、よほどのお金持ちでない限り、憧れの車には乗れていないのでは? 多くの人は少しの妥協や我慢をしながらカーライフを楽しんでいるはず。私もそう。だって愛車は980円の軽自動車なんだぜ。

そんな私の憧れの車は……何台かあるのだが、その中のひとつがジープの「グランドワゴニア」である。車の両サイドが木目調(ウッドパネル)になっている激シブ仕様で実にカッコイイのだ……。ということで、100円グッズで再現してみた。

続きを全部読む

「新型カローラ」がドリフトカーに大変身 / 168馬力から1000馬力にパワーアップしてサーキットを爆走する動画がスゴい

トヨタを代表する車のひとつである「カローラ」。車にあまり詳しくなくても、名前を聞いたことのある人は多いだろう。今回ご紹介するのは、そんなカローラがプロの手によって完全なるレーシングカーへと変貌を遂げる動画だ。

動画のタイトルは「Corolla Hatchback Drift Car | Toyota Racing」である。米国のチーム、パパダキス・レーシングが新型の『トヨタカローラ ハッチバック(日本名:カローラスポーツ)』にレース仕様の改造を施す様子をご確認あれ。

続きを全部読む

【感動巨編】980円で買った軽自動車のマフラーを交換しようとした結果…

私の愛車は980円で購入した三菱ミニカノンストップで東京から金沢まで爆走したり、恥ずかしすぎる痛車に改造されたり、油性マジックで黒塗りにされたり、知らぬ間にボンネットで「もんじゃ焼き」をされていたりと、実に波乱万丈な人生(車生)を送っているが、これまでメカ的な部分には手を入れてこなかった。

本心を言えば、もっといい音(排気音)で走りたい。爆音でなくても良いので、違った音で走りたい。「擬似的なエンジンサウンド」なんかじゃ満足できない! ということで、ついに「ミニカ用」のマフラーをヤフオクで落札したのである。

続きを全部読む

無重力空間でテニスをしたらこうなったって動画 /  国際宇宙ステーションで初の試み

まだほんのひと握りの人間しか行ったことのない宇宙空間。もしあなたが、宇宙と地球を簡単に往復できるとしたら、どんなことをやってみたいだろうか?

今回ご紹介するのは、先日、宇宙飛行士が撮影した大変興味深い動画である。その動画に収められているのは、なんと宇宙ステーション初となるテニスの試合だ。果たして、無重力空間でテニスをやるとどんな感じになるのだろうか。 

続きを全部読む

そうだったのか! タイヤの代わりに「サブウーファー」をつけて車を走らせるとこうなるヨっていう動画

カスタムカーの世界ではひとつの定番ともいえるサブウーファー。パワフルなルックスもさることながら、車体が震えるほどの重低音を体感できる点が人気の理由だ。

しかし今回ご紹介するのは、そのサブウーファーを音を出すためではなくタイヤの代わりに装着した何ともおかしなカスタムカーである。果たして、まともに走ることができるのだろうか。

続きを全部読む

メルセデスとジョジョが奇跡のコラボ! 特別にラッピングされたメルセデス ミーはファン必見だ!!

2018年8月22日から10月1日の期間、国立新美術館で「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」が開催される。これとコラボして、メルセデス ミー 東京(六本木)と、メルセデス ミー 東京羽田の2拠点のウインドウがジョジョでラッピングされるッ

しかも店内では「ドドド」という擬音まみれになった「ドドドカー」なる車両が展示されるという。さすがメルセデス! ド直球すぎるネーミングを平然とやってのけるッ! そこにシビれる! あこがれるゥ! 

続きを全部読む

【100均検証】ダイソーのカー用品『ドリンクホルダー スプリングタイプ』ほど最高なモノはない

人間、39年も生きていると、「コレじゃないとイヤ!」ってモノが出てくる。音楽が好きな人ならイヤホンだったり、工作が好きな人ならニッパーだったり色々だが、私の「コレじゃないとイヤ!」は、車用のドリンクホルダーなのである。

備え付けのドリンクホルダーがない車(980円で買った軽自動車)に乗っているので、今までいろいろなドリンクホルダーを付けては使って……を繰り返してきたが、ダイソーの『ドリンクホルダー スプリングタイプ』ほど最高なモノはない。

続きを全部読む

【ネットの力】警察が「ひき逃げ事件」を捜査 → よく分からない車のパーツを発見 → ネット上で「これが何か分かる?」と質問→ 寄せられた回答で犯人逮捕

これぞネットの力! この度、そう叫びたくなるような出来事がアメリカで起こった。ひき逃げ事件を捜査していた警察官が、現場で「なんだかよく分からない車の部品」を発見し、ネット上で相談した。

するとネット民から、その部品に対する決定的な情報が寄せられ、犯人逮捕につながったというのである。詳しくお伝えしたい。

続きを全部読む

公道を爆走する「F1マシン」がカッコ良すぎてヤバい / まるで映画のワンシーン!

自動車レースの中でもF1はトップクラスの人気を誇る。軽自動車くらいの重量ながら最高時速は300km超。コンマ数秒のタイム差を競うマシンは、スピードを限界まで追い求める仕様になっている。

それだけに走る場所はもちろんサーキットなのだが、なんと公道を爆走する姿が目撃された。その様子は、アストンマーチン・レットブル・レーシングの公開した動画「Road Trip USA | Daniel Ricciardo takes F1 to San Francisco, Monument Valley and Las Vegas」で確認できるぞ。

続きを全部読む

飛行機あるある40連発

ついに待ちに待ったお盆休みがやってくる。すでに夏休み中の学生はさておき、ゴールデンウイーク以来の大型連休とあって、8月上旬から仕事がまったく手につかない社会人も多かったことだろう。

連休なので結構な確率で帰省する人もいると思われるが、長距離移動するなら新幹線や飛行機といった公共交通機関を使うことがほとんどだ。てことで今回は、今の時期にあわせて飛行機にまつわる “あるある” をまとめてみた。それでは、一気に40連発どうぞ!

続きを全部読む

なぜ高速道路で逆走してしまうの? NEXCO西日本の注意喚起動画がゾッとする

もうすぐお盆がやってくる。休みを利用して帰省する人は多く、中には高速道路を使って長距離運転する人もいるだろう。そこで気をつけたいのが、このところ多発している「逆走による交通事故」だ。

一般道と違い、スピードの出る高速道路での事故は命に大きく関わる。なぜ高速道路を逆走してしまうの? 具体的に状況をイメージできない人もいると思われるだけに、NEXCO西日本の注意喚起動画をお盆前に見てほしい。きっとハッとさせられるはずだ。

続きを全部読む

【再生回数900万回超え】トルコのターキッシュエアラインズが「レゴ」で機内安全ビデオを製作し話題に

飛行機が離陸する時に、酸素マスクの使い方などを説明した「機内安全ビデオ」が必ず流れるが、読者の皆様は毎回きちんと見ているだろうか!?

飛行機に乗ったことがある人は、「前にも見たから分かっている」と思いがちだ。そんな搭乗者のために、トルコのターキッシュエアラインズがレゴを使った機内安全ビデオを製作! バッドマンやワンダーウーマンなど人気アメコミ・キャラクターも登場し、思わず誰もがクギ付けになってしまいそうな超楽しい作りになっているのだ。

続きを全部読む

この車、最強かよ…泥沼でもガンガン進むロシアの怪物車『Sherp』がハンパない

むかーしむかし、と言っても2年前くらいだが、ロシアのあるところに荒地も水中もOKの怪物車が販売されたそうだ。その子は『Sherp(シェルプ)』といって、タイヤの直径は160センチと規格外のマシンだった。

日本では「おそロシア」とか散々言われたものだが、ついに世界を相手に驚かせる日が来てしまった。なぜなら、カナダにあるオフロードパーク「Filthy Redneck Country Club」で、周りの車が泥沼に沈むなか1台だけガンガン進んでみせたのだ。

続きを全部読む

日本にもはよ!! スイス生まれの2人乗り電気自動車「マイクロリーノ」が超カワイイ! 2018年12月から生産開始

若者の車離れが進んでいると言われている日本。しかし一方で売れ行きが伸びていると言われているのが軽自動車だ。そんななか、海外でも超コンパクトな電気自動車が話題となっているのでご紹介したい。

その電気自動車の名前は『マイクロリーノ(Microlino)』である。公式インスタグラムにアップされている画像を確認すると……レトロな雰囲気でマジお洒落! さらにはコロンと丸いフォルムが超キャワワ~ッ!!

続きを全部読む

ハーレーが電動バイク『LiveWire』を2019年に発売! ネットの声「未来的でかっこいい」「マフラーがない…」など

“ハーレー” の愛称でおなじみのバイクメーカー「ハーレーダビッドソン」。同社伝統のV型ツインエンジンが生み出すパワフルな走り、そして重厚感のあるデザインに魅せられるバイクファンは後を絶たない。

そんなハーレーが、なんと電動バイク『LiveWire』を2019年に発売する予定であることを明らかにした。さて、創業115年を迎えた老舗が開発した電動バイクとは、いったいどんなものなのだろうか。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 22