P.K.サンジュン (P.K. Sanjun)

ライター

在日韓国人。既婚者。プロ野球、プロレス、グルメ、夏フェス、幕末系、三国志、アメコミ、スターウォーズが好き。自分を律しすぎて自滅するタイプ。それでも基本精神は自己責任。好きな言葉は『ゴーフォーブロック』。

「P.K.サンジュン」担当の記事

【ポケモンGO】新たに実装された「シンオウ地方のポケモン」一覧

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! いきなり来たな!! そう、本日2019年2月1日、ポケモンGOに新たなポケモンが追加された。やっぱり新ポケモンはテンションが上がるよな! とりあえず図鑑を埋めたいもんな!!

というわけで、さっそく以下で新たに実装されたシンオウ地方のポケモンたちをご覧いただこう。公式情報ではないため、これで全てかはわからないが、そこは見逃してチョ☆

続きを全部読む

【ポケモンGO】自分史上最高ペースで「グラードン」と「カイオーガ」を狩りまくった結果…

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! サンジュンお兄さんだよ!! どうだい、新たな伝説レイド「パルキア」に全力を出してるかな? お兄さんはコツコツ戦ってはいるんだけど、的が小さくて困っちゃってるよね! グレートしか投げられないから心細いよ!!

それはさておき、その前の伝説レイドボス「グラードン」と「カイオーガ」はヤバかったな! 去年のミュウツーくらい人が集まってたもんな!! お兄さんも最強のグラードンとカイオーガを求めて自分史上最高のペースで伝説レイドをやりまくったんだけど……。今回はその報告をしよう。

続きを全部読む

【波紋】お笑い芸人『増谷キートン』がR-1ぐらんぷりにブチギレ!「意図的に落とされた」

お笑い界にある数々の賞レース。漫才のNo.1を決めるのが「M-1グランプリ」ならば、コントNo.1を決めるのが「キング・オブ・コント」そしてピン芸人No.1を決めるのが「R-1ぐらんぷり」だ。

そのR-1ぐらんぷりに出場した芸人「キートン(元・増谷キートン)」さんがブチギレている──。惜しくも3回戦で敗退したキートンさんが自身のTwitterに投稿したところによれば「意図的に落とされた」というのだ。

続きを全部読む

【映画】実写版「ダンボ」のダンボがあまりにも象すぎる件

一般的に漫画作品の実写映画化は反対の声が大きい。思い起こせば「進撃の巨人」も「ジョジョの奇妙な冒険」も「テラフォーマーズ」も、いい意味で期待を裏切れなかった──。作品ごとの評価は避けるが、少なくとも “漫画を超えた” とは言えないハズだ。

その最大の理由はズバリ「漫画と実写ではキャラが違いすぎる」ということだろう。見た目はもちろんのこと、声や仕草に至るまで “自分の中にあるキャラ” と “スクリーンに映し出されたキャラ” の違和感が強すぎるのだ。

ところで──。主人公が動物ならばどうだろう? もっと言えば「象」ならばどうだろう? 2019年3月29 日公開の映画「ダンボ」は、また違った意味で……なかなかスゴい。

続きを全部読む

【ポケモンGO】夕方以降、関東地方に雪が降るかも! ついに「ゆきポワルン」来るゥゥゥウウウ!?

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! あたり前だけど最近メチャメチャ寒いな!! 休みの日、お兄さんは自転車で移動することが多いんだけど、この前 自分でも驚くくらい手がカチカチになっちゃったよ! 凍えすぎてボールが上手く投げられなかったよね!!

それはさておき、本日2019年1月31日、関東地方は夕方から夜にかけて雪が降る可能性があるという。雪……。雪……。雪……! ということは、だ。もしかしたら「ゆきポワルン」が出るかもしれないということである!! よっしゃ、積もらない程度に降れ、雪ッッッ!

続きを全部読む

提供:日産自動車

【悲報】日本の有給取得率が断トツで世界最下位に → 逆にぶっちぎりNo.1の “アレ” を富士山で試してみた結果…

みんな知っているとは思うが、日本の有給取得率は世界最下位だ……断トツで。なんなら、3年連続で。1位のブラジル・スペイン・フランス・ドイツの有給取得率「100%」に対し、日本は50%とか……! これを圧倒的と言わずして何と言おう? まさにブッチギリである。

だがしかし、有給取得率は不名誉なブッチギリであるものの、探せばきっと “ポジティブなブッチギリ1位” もあるハズ。というわけで色々と調べてみたところ……あった。なんと2018年上半期第1位だった “アレ” が、年間でも1位に輝いたというのだ。すごいな、アレ!

続きを全部読む

【漫画】自分の親が「毒親」だったことに気付いた人が伝えたいこと

毒親(どくおや)──。それは子供に悪影響を与える親、子どもの人生を支配してしまう親、かいつまんで言えば「子供の毒になる親」のことを指す言葉である。比較的最近になってから定着した言葉であるが、確かに毒親の影響は大きい。

なぜならば、大人になるまで子供にとって親は絶対的な存在であり「親の何がおかしいのか?」さえわからないからだ。そんな毒親に育てられた人がある漫画を公開している。漫画に込められたメッセージはとても考えさせられるので、ぜひご一読いただきたい。

続きを全部読む

【衝撃】ディズニーマニアと「メリー・ポピンズ リターンズ」の試写会に行ったらヤバいことになった

誰が呼んだか、ディズニーマニア。ディズニーをこよなく愛し、なんなら本籍地を東京ディズニーランドにしてしまった男が当編集部にいる。そう、彼こそが “ディズニーマニア” こと、田代大一朗(年齢不詳)だ。

彼はディズニーの全てを愛しているため、テーマパークやキャラクターはもちろんのこと、ディズニー映画も大好物である。そんな田代と2人で、2019年2月1日に公開される『メリー・ポピンズ リターンズ』の試写会に出かけたところ……大変ヤバいことになったのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【ポケモンGO】伝説レイドに「パルキア」登場! 対策ポケモンはコレだ!!

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 力の限りグラードンとカイオーガを捕まえたかな? お兄さんはかつてないペースで伝説レイドをやりまくった結果、120枚くらいあったレイドパスを全部消費したよ!! それでも100点のグラードンもカイオーガも出なかったからポケモンの神様は厳しいよね!

それはさておき、本日2019年1月30日から伝説レイドに『パルキア』が登場する。パルキアはシンオウ地方の強力な伝説ポケモンだから、この機会に是が非でも1体は育て上げたいところだ。さあ、以下の対策パーティでパルキアに挑むべし!

続きを全部読む

【マジか】「世界で最も賢い国ランキング」が発表される → 日本はなんと……!

素敵、可愛い、カッコいい──。世の中には言われて嬉しい多くの誉め言葉があるが、そのうちの1つが「賢い」だ。「賢いね~」なんて言われた日にゃ「いえいえ」なんて謙遜しつつも心のニヤニヤは止まらない。賢いと言われて嬉しくない人はいないだろう。

そんな「賢さ」について、イギリスの「Vouchercloud」が興味深いランキングを発表している。それが『世界で最も賢い国ランキング』だ。果たして日本は何位なのか? 衝撃の結果は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【爆ウマ】セブンの「スタミナにんにくラーメン」がとにかくスゴイから1回食ってみろ

コンビニ界の絶対王者と言えば、ご存じ「セブンイレブン」である。セブンにマズいものは存在しない……そう断言できるほど、そのクオリティは圧倒的だ。極端な話、セブンにある食べ物だけで暮らすことだって十分に可能だろう。

さて、そのセブンが最近売り出しているのが「レンジでチンするラーメン」だ。タンメン、味噌ラーメン、酸辣湯麺……などがラインナップされているが、中でも衝撃を受けたのが『スタミナにんにくラーメン(かき玉)』だ。世のにんにく大好き人間たちよ……とりあえず1回食ってみろ。スゴイから。

続きを全部読む

【実話】路上でタバコを吸っているキッズたちに「ここで吸うなよ」と注意したときの話

人類最大にして最強の敵は何だろう? 自然なのか、病気なのか、それとも宇宙人なのか? 私、P.K.サンジュンは、己の中にある「めんどくさい」という感情こそが、人類最大の敵だと確信している。これは古谷実先生の漫画「グリーンヒル」にあったもので、ご存じの方も多いことだろう。

言うまでもなく「めんどくさい」は強敵だ。どこからともなく現れて、悪魔のささやきで我々を誘惑する。自分自身のことでもめんどくさいのに、ましてやアカの他人にかかわることは非ッ常ォォォオオオ……にめんどくさい。例えば、未成年キッズが路上喫煙しているとしよう。あなたはこのケースで「めんどくさい」に打ち勝つことができるだろうか?

続きを全部読む

【熱望】嵐が活動休止する前に『うたばん』の「中居くん vs 大野くん」が見たいです

国民的アイドルグループ「嵐」が2020年いっぱいでの活動休止を発表した。デビュー以来、全力で駆け抜けてきた5人──。本人たちが決めたことならば、外野がとやかく言うべきではないだろう。とりあえずは一旦、本当にお疲れ様でした。

さて、嵐ファンの方ならば活動休止までに「ライブに行きたい!」「映画が見たい!」「5人の絡みが見たい!」などと多くのリクエストがあると思うが、特に嵐ファンではない記者にも、たった1つだけお願いしたいことがある。それは “うたばん” ──。うたばんで、中居くんと大野くんの絡みがもう1度だけ見たい。

続きを全部読む

【ド正論】飲酒暴力に対するポスターの破壊力がエグすぎる

お酒──。それは「百薬の長」とも言われる魔法の液体。飲み方によっては人生を楽しくしてくれる素敵なものである一方、残念ながらトラブルの火種となることも多い。例えば2017年、鉄道係員に対する暴力行為は656件発生し、そのうち飲酒していた加害者は59%だったという。

これを聞くと「あー、お酒って良くないなぁ」なんて思う人も多いかと思うが、本当に悪いのはお酒なのだろうか? 今回は、いま東京メトロ駅構内に張り出されている「正論すぎるポスター」をご紹介したい。

続きを全部読む

【大胆予想】2019年の「キングダム」はこうなる! 熱烈ファン4名が語る「鄴攻略の鍵」とは?

あけまして、キングダム! ちょうど1年前のこの時期、我々ロケットニュース24の熱烈キングダムファン4名は「2018年のキングダム大予想」を執筆、公開した。読み返してみると、当たっていたり大ハズレしていたりするが、それはイイ。今回は第2弾「2019年のキングダムはこうなる!」をお届けしたい。

今年も引き続き、秦軍による「鄴攻め」がメインになると思うが、果たして熱烈ファンたちはどこに、そして誰に注目しているのだろうか? 内容はヤングジャンプ最新号「587話」までを前提にしているので、コミックしか読んでいない人はネタバレに注意して欲しい。

続きを全部読む

【ポケモンGO】マンムーが実装される次回の「コミュニティ・デイ」までに準備しておくべき3つのこと

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もグラードンとカイオーガを追いかけまくってるかな? お兄さんは普段行かないようなジムまで足を延ばして、普通に迷子になっちゃったよ! 20分くらいで帰って来られるハズが1時間くらい歩いてたよね!!

それはさておき、ちょいと先の話ではあるが、次回の「ポケモンGO コミュニティ・デイ」は “ウリムー” だと発表された。「ウリムーかよ……」と、いまいちテンションが上がっていないトレーナー諸君! ボヤっとしている暇はないぞ!! なぜなら当日までに準備しておいた方がイイことが、いくつかあるからだ。

続きを全部読む

【ノーガード】ウサギ同士が「高山善廣 vs ドン・フライ」ばりにシバキ合う動画

総合格闘技が日本に、そして世界に定着して久しい。総合格闘技の団体、そしてイベントは数多く、これまで何千……もしかしたら何万試合が開催されてきたハズだ。その中でも多くの格闘技ファンがベストバウトに挙げるであろう試合が「高山善廣 vs ドン・フライ」の一戦である。

2002年、PRIDE.21にて開催された同試合は、お互いが一切のディフェンスを無視して殴り殴られた「伝説のシバキ合い」として有名だ。ところがどっこいノーガードで殴り合うのは、どうやら人間だけではないらしい……。

続きを全部読む

【やってみて】無料アプリランキング第2位「ザ・手相」がなかなか面白い

特に信じちゃいないけど「占い」が、気になるっちゃー気になる人は意外と多いのではなかろうか? わざわざ金を払ってまでは見てもらいたくないけど、タダなら知りたい……そんなあなたに朗報だ。

2019年1月25日現在、App Store「無料アプリランキング」第2位の『ザ・手相』をご存じだろうか? その名の通り、手相の占いアプリなのだが、手軽にできるうえ診断結果もなかなか興味深いのでご紹介しよう。

続きを全部読む

【爆笑動画】アキラ100%とザコシショウが奇跡のコラボ! こんなの笑わないヤツいるのかよ!!

裸と裸がぶつかり合うとき、様々な意味で “奇跡” が起きる──。その法則通り、日本が誇る裸芸人2人がタッグを組んだら、当然のように奇跡が起きた。そう「アキラ100%」と「ハリウッド・ザコシショウ」がコラボした動画があまりにも面白すぎるのだ。

2019年1月24日、アキラ100%とハリウッド・ザコシショウの2人が、それぞれ自身のTwitterに何本かの動画を投稿した。今回はあまりにも高度で、あまりにもくだらない爆笑動画をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【ガチ検証】デイリーヤマザキの中華まん全部食う / 感動を禁じ得ない中華まんが1つあった

ロケットニュース24が短期集中連載でお届けしてきた『中華まん全部食う』シリーズ。これまで「ローソン」「ファミマ」「セブンイレブン」「ミニストップ」の中華まんを食べ、これにて終了! ……かと思いきや。読者の方から「デイリーヤマザキをお忘れではありませんか」とツッコまれてしまった。

店舗数などを考慮するとデイリーはパスしてもいい気がするが、こと「中華まん」に関しては確かにデイリーヤマザキも大いに気になる。なぜならヤマザキは中華まんの製造元であり、メーカーのプライドにかけて “激ウマ中華まん” を扱っている……可能性があるからだ。というわけで今回は『デイリーヤマザキの中華まん全部食う』をお届けしたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 173