「高校生」にまつわる記事

受験ストレスを抱える友達を笑わせる目的で書かれた「ハーバード大学のウソんこ不合格通知」がネットで大拡散!! リツイート数6万回超えに!

そろそろ受験シーズンも終盤を向かえ、とりあえず試験を受け終えた受験生はホっとしているのではないだろうか。なかには合格通知をもらって、自由な時間を満喫している人もいるかもしれない。

いくら自信があっても、やはり合格が決定しない限りは不安になってしまうというもの……。そんな受験生の精神的ストレスを和らげようと、名門ハーバード大学のウソんこ不合格通知を作成してしまった人がいる。

“笑える内容で同級生を笑わしてやろう!” というのが狙いだが、その不合格通知がかなり笑えるためネットで話題となり、なんとリツイート数が7万回に迫る勢いを見せているのだ!!

続きを全部読む

株で85億円稼いだ高校生トレーダーの話は「本人がデッチ上げたガセ」だった! フェイクだと判明した経緯も明らかに

先日、株で85億円稼いだ高校生トレーダー、モハメド・イスラム君のニュースをお伝えした。「BMWを買って高級アパートを借り、豪勢なランチを友達と楽しんでいる」とメディアに語っていた彼だが、全て本人がデッチ上げたガセだったことが判明したのだ!!

本人は平謝りしているが、元々彼にインタビューして記事を掲載したのは「New York Magazine」。インテリ系カルチャー誌として名高い同誌が、一体どのように騙されてしまったのだろうか!?

続きを全部読む

株で85億円を稼いだ17歳の高校生がスゴすぎる!! 高級マンションを借りてBMWを購入しちゃうゴージャスライフを満喫中!

世の中には、10歳にもならないうちに飛び級して大学に入学してしまったり、大人ができないようなことでも簡単にやってのけてしまう天才児が存在する。

そんな天才児のなかに「株で85億円を稼いだ17歳の高校生」がいるとネットで取り上げられ、大きな注目を集めている。17歳にして信じられないような大金を動かしてしまう男子高生とは、一体どんな人物なのだろうか!?

続きを全部読む

「数々の試練や貧困を乗り越えた元ホームレスの青年」が根性で大学に入学するまでのストーリーに感動の嵐!

現在日本で就職も就学も求職もしていない “ニート” は、15~34歳層で何と60万人にもおよぶという。そんな日本社会が、思わず喝を入れられるニュースをお伝えしたい。

いま、「数々の試練や貧困を乗り越えた元ホームレスの青年が、根性で大学に入学するまでのストーリー」が大きな感動を呼んでいるのだ。もし、あなたが「自分はちょっと甘ったれた気分に浸っているかも」と思っているのなら、ぜひ一読してほしい。

続きを全部読む

わずか3日で再生回数850万回突破! マイケル・ジャクソンのダンスをコピーした高校生が話題 / ネットの声「最高のムーンウォーク」「何回も見てしまう」

スーパースター、マイケル・ジャクソンのパフォーマンスは、これまでも多くの人にコピーされてきた。そんな中でも、今世界中を興奮させているものがあるので紹介しよう。

コピーしたその人物とは、なんと高校生。ただ彼のパフォーマンスは……高校生とは思えないほどの完成度だ。YouTube の動画「Talent Rally Highlights 2014」で、確認できるのでチェックしてみよう。なおその再生回数は、公開からわずか3日で850万回オーバーと、驚異的な記録を叩き出しているッ!!

続きを全部読む

【これは酷い】香川県で女子高生の背後から頭に放尿した男を逮捕 / 余罪の可能性も

2014年5月7日、香川県で驚くべき事件が発生した。同日22時半頃、高松市内の駅構内で、女子高生がベンチに一人で座っていたところ、背後から大学生の男が近づき、何と頭に放尿したというのである。香川県警高松北署は暴行容疑でこの大学生を逮捕したと報じられている。一体なぜ、こんなことを……。

続きを全部読む

【アジアの制服】ジャージ制服は好きじゃなかった!? 中国の高校生がデザインした制服が結構可愛いと話題

よく、インターネット上で、中国人は自国のサッカーの話になるとやけに冷静になると言われている。そんなサッカーと共に「妙に客観的」になる話題のひとつが「学校の制服」である。

中国の学生服とはズバリ「ジャージ」! 彼らは、日本や台湾、韓国の制服は可愛いのに「我が中国の制服は絶望的にイケてない」と嘆いているという。だが、そんな制服事情も徐々に変化しつつあるよう。ある学校で生徒に制服をデザインさせたところ、とても可愛らしいものに仕上がったと話題になっているのだ。

続きを全部読む

日本と台湾で話題!! 台湾女子高生の制服イラスト集『制服至上』から選ぶ「台湾女子高生の制服」ベスト5

先日、台湾で大きな話題となった書籍制服至上‐台湾女子高生制服選。これは台湾北部に実在する高校51校の女子生徒の制服姿を収録したイラスト集だ。

……とタイトルだけでは何やら怪しげな雰囲気も漂う気もするこのイラスト図鑑。気になったので買ってみたところ、スゴイなんてものじゃない! 「し、資料として知的興味から買ったんだからねっ」と胸を張って言えるレベルだったのである。今回は、その中から厳選して「台湾女子高生制服ベスト5」としてご紹介したい。

続きを全部読む

汗と涙を共にした青春の友。同じ釜の飯を食べ、一緒に風呂に入り、同じ布団で寝ることだってあるだろう。

仲の良いことは美しいことだ。しかし、中国ではただでは済まないこともあるらしい。男子高生が2名ずつ1つのベッドで一緒に眠ったそうだ。それだけのことのはずが、学校側は見逃さなかった。なんと全校に名前がさらされた上、処分を受けていたというのである。

続きを全部読む

【高校野球】花巻東高校・千葉選手のカット打法が問題になった理由

前橋育英高校の優勝で幕を閉じた第95回全国高校野球選手権大会。その大会の中で、ひと際目立った選手がいた。「カット打法」で注目を浴びた岩手県代表・花巻東高校の千葉翔太選手だ。

ファウルで粘り続ける「カット打法」は、アップされている動画でもわかるように投手との根比べであり、それは彼の高い技術があってこそできるものである。それでは、なぜここまで話題になっているのだろうか。

続きを全部読む

【感動高校野球動画】最後まで諦めずに皆の思いを背負って駆け抜けた姿が青春すぎる「2003夏 千葉県予選 京葉工業vs浦安南」

連日、熱戦が繰り広げられている第95回夏の甲子園。全国3957校の代表49校がその頂点を目指して戦っている。そこに登り詰めるまでには、地方大会からさまざまなドラマがあり、高校球児のひたむきなプレーには感動を覚える。

そこで今回は、甲子園を目指す地方大会での最後まで諦めない姿勢が生んだ青春ドラマをご紹介したい。YouTubeにアップされた動画のタイトルは「高校野球 2003夏 千葉県予選 京葉工業 vs 浦安南」だ!

続きを全部読む

15歳美少女が電池いらずの懐中電灯を発明! エネルギー源はなんと「体温」!!

今、カナダのスーパー女子高生が話題となっている。彼女は、なんと電池いらずの懐中電灯を発明しちゃったという。その不思議な懐中電灯を光らせる方法は “握る” だけ! 握った手の体温で光る懐中電灯なのである。電池の心配がなくなるなんて、これは緊急時にめちゃめちゃ役立ちそうだぞ!!

続きを全部読む

ケニアの高校生が見せる超人ハイジャンプに海外ネットユーザー驚愕! 「信じられない」「これって世界記録?」

「超人」と呼ぶにふさわしい素晴らしい能力を持った高校生が、現在海外のネット上で話題になっている。見る人の度肝を抜くそのスーパー高校生とは、とてつもない跳躍力を持ったケニアの高校生たちである!

動画「Kenyan High School High Jump」に映し出されている通り、彼らはかなり高い位置にセットされた棒をいとも簡単に跳び越えちゃうのだ。「これは映像加工してるんじゃないの?」と思ってしまうくらい、本当に本当に彼らのジャンプ力は衝撃的!

続きを全部読む

【炎上】男子高校生が高齢者施設で寝たきりの老人を怒鳴りつける動画を公開 → 批判殺到で大炎上

ソーシャルネットワーキングサービス「Facebook」に驚くべき動画が公開され物議をかもしています。

・寝たきりの老人を怒鳴りつける
その動画とは、ボランティアを命じられた男子高校生が、高齢者施設で寝たきりの老人を怒鳴りつけるというもの。この動画はすでに削除されていますが、他のインターネットユーザーが動画を次々と転載し、炎上状態に発展しているのです。

続きを全部読む

脚の不自由なネコのために歩行器を製作した高校生たちの優しさとものづくり能力が素晴らしいと話題に

今、アメリカで優しさと頭脳、そして行動力を持ち合わせたある高校生たちが話題だ。彼らは、ある日、生まれつき脚の不自由なあるニャンコのことを知った。

もともと「ものづくり」が好きな彼らはニャンコのために歩行器の製作を思い立つ。そして知恵を出し合い苦心して作った歩行器がなかなかの出来! ニャンコはついに自分で走ることができるようになり、人々に大きな感銘を与えている。

続きを全部読む

中国、列に並んでいる際の小競り合いから中高生800人以上の大乱闘に

10月28日、中国の遊園地で秋の遠足に来ていた中学生と高校生あわせて800人以上が絡む大乱闘が起こっていたことがわかった。ケガ人も出し、楽しい園内は一変、殺伐とした雰囲気に包まれた。すでに両校間での和解が成立したそうだが、その原因がアトラクションに並んでいるときの足を踏んだことによる小競り合いだったそうだ。

続きを全部読む

高校生が企画・開発したコスメが福岡で大人気

高校生が経営の取組みを学習するために3年前にスタートした「からつ学美舎」は、唐津商業高校の生徒たちが経営する高校主催のバーチャル会社。バーチャル会社と侮るなかれ、実際に商品を開発し一般に販売しているのだ。

続きを全部読む

中国の高校で卒業試験の採点中、教諭が解答用紙にゴワゴワと中に何か挟まっているような感触を覚えた。開いてみると白紙の解答欄の上に貼りついていたのは……なんと100元札であった。

中国官僚の汚職事件はしばしば世を騒がせるが、まさか青少年にまで広がっているとは。「こんな珍解答を見たのは初めて」と、採点担当だった王先生も驚きを隠せない。

生徒はこの問題がどうしても解けなかったのだろう、100元を先生に贈ることで、何とか温情にすがろうとしたのだろうが……返ってきたのは厳しい教育的指導であった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2