「荻田泰永」にまつわる記事

日本人初の北極点無補給単独徒歩到達めざす冒険家。毎年のように北極圏各地を訪れる。

2018年1月、日本人初の南極点無補給単独徒歩到達を達成した

オフィシャルサイト ブログ Facebook Twitter

日本人初の偉業を成し遂げた荻田泰永氏が都内で報告会 / 彼が撮影した南極の風景がいろんな意味でヤバかった!

2018年4月26日、日本人初の快挙「南極点無補給単独徒歩」を成し遂げた荻田泰永(おぎた やすなが)氏が、都内で報告会を開いた。今年の1月に南極から帰国した後、テレビやラジオなどの取材を多数受け多忙な日々を送っていた荻田氏。帰国後3カ月を経て、ようやく報告会を開く時間を設けることが出来たようだ。

この会のなかで荻田氏は、これまでメディアで明かされることのなかった “冒険の実態” を余すところなく語った。なかでも印象的だったのは、南極の風景だ。ずっとこの景色だけを見て50日間を過ごしてきたと思うと、気が滅入る……

続きを全部読む

【インタビュー】荻田氏にとって「南極点無補給単独徒歩」は冒険ではなかった!? 日本人初の偉業を果たした男の語る真意とは?

極地冒険家の荻田泰永(おぎたやすなが)氏が、日本人初の偉業を成し遂げてから早いもので1カ月以上が経つ。2018年1月5日(日本時間1月6日)に無補給単独徒歩で南極点に到達し、1月中旬に帰国。この1カ月の間に、中国に行ったり地元の北海道と東京を何度も行き来したり、テレビや新聞、ラジオなどの取材を多数受けたりして、忙しい毎日を送っているようだ。

そんな彼に、あらためて今回の冒険についてお話を聞くことができた。彼によると、今回の無補給単独徒歩は “冒険” ではないという。これは一体どういうことなのか?

続きを全部読む

南極点無補給単独徒歩の荻田泰永氏が『植村直己冒険賞』を受賞! 40年の時を越えて生きる植村氏の偉業

2018年1月5日(日本時間1月6日)に日本人初の「南極点無補給単独徒歩」の偉業を成し遂げた、冒険家の荻田泰永(おぎたやすなが)氏。彼の50日にわたる冒険の様子は、冒険開始前から連載でお伝えしてきた。

その荻田氏が、日本の冒険家の栄誉ともいえる「植村直己冒険賞」を受賞することが明らかになった。植村氏といえば、日本の極地冒険の先駆けであり、1984年に国民栄誉賞を受賞している。植村氏の功績は、荻田氏に大きな影響を与えていた。

続きを全部読む

日本人初「南極点無補給単独徒歩」の偉業を成し遂げた荻田泰永氏、無事に帰国!! 家族に囲まれて満面の笑み

2018年1月5日13時45分(日本時間1月6日1時45分頃)、日本人初の南極点単独無補給徒歩での踏破を成し遂げた、荻田泰永(おぎたやすなが)氏。当サイトでは、冒険開始前から彼の動向についてお伝えして来たのだが、その彼が無事に日本に帰ってきた。

到着口には多くの報道陣と、彼の家族が待ち構えていた。ソリを積んだカートを押しながら、彼が姿を現すと、拍手と「おかえり!」の声。荻田氏も安心した様子で満面の笑みを見せていた。

続きを全部読む

【南極冒険番外編】南極点に到達した荻田泰永氏は何をしているの?

日本時間の2018年1月6日1時45分頃、日本人初となる無補給単独徒歩で南極点に到達した荻田泰永氏。1130kmもの距離を約100kgものソリをひき、50日間歩いて南極点に到達した。

日本でも大きな話題となり、テレビや新聞などで大々的に報道された荻田氏の偉業。当サイトでは、出発前からその様子についてレポートしてきた訳だが、南極点にたどり着いた彼は、いま一体どうしているのか? 現在の様子もお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【南極冒険50日目】日本人初! 南極点無補給単独徒歩ついに達成!! 荻田泰永氏が偉業を成し遂げる!

南極点を目指し、ひたすら歩き続ける荻田泰永(おぎたやすなが)氏がついに偉業を成し遂げた! 無補給単独徒歩の冒険を達成し、予定通り50日目に南極点に到達したのである。

2018年1月6日の定時連絡で、日本の事務局に南極点にたどり着いたことを伝えてきたのだ。

続きを全部読む

【南極冒険49日目】ゴールまであと11km! 日本人初の偉業「南極点無補給単独徒歩」の冒険達成までもうすぐ!!

2017年11月10日、日本から旅だった荻田泰永(おぎたやすなが)氏。11月15日に南極大陸に上陸し、同月17日から冒険をスタート。無補給単独で南極点を目指し、約1100kmもの距離を徒歩で進む長い道のりが始まった。

日本人初の偉業を成し遂げるために、100kg超のソリをひき、ただひたすら歩くだけの冒険は、ようやく終わりを迎える。冒険開始から49日目の行程を終え、予定通り50日目に南極点到達することになるだろう。

続きを全部読む

【南極冒険48日目】まもなく目視で南極点の基地を確認できる! ゴール到達まであと2日

荻田泰永(おぎたやすなが)氏の南極点無補給単独徒歩の冒険もラストスパート。世の中は仕事はじめで、正月ボケが抜けない人も多いかもしれないのだが、荻田氏は歩き続けているぞ~! 100kgのソリを1000kmもひき、約50日の間に休みは1日だけ。超絶ブラック冒険家だ!

続きを全部読む

【南極冒険47日目】極地冒険の命綱「ソリ」にも独自のこだわり / 1000kmひき続けても壊れない相棒

ゴールが目前に迫っている荻田泰永(おぎたやすなが)氏の南極点無補給単独徒歩の冒険。南極高原を登り切り、あとは南極点まで平たんな道のりをひたすら真っすぐ進むだけだ。定時連絡が入ったので、現在の状況をお伝えしよう。

続きを全部読む

【南極冒険46日目】残り100kmを切った! ゴール目前の荻田氏が感じる「意外な不満」とは?

荻田泰永(おぎたやすなが)氏の南極冒険は46日目を終了した。当初の計画では、50日間で南極点到達を予定していたので、いよいよゴールが近づいてきている。残りの距離も100kmを切った! 本当にあと数日で目標地点に到達するぞ!

続きを全部読む

【南極冒険45日目】スタートから1000km踏破! 南極大陸のド真ん中で正月気分を満喫

日本ではお正月。そしてもちろん、南極大陸のド真ん中で、南極点に向かっている荻田泰永(おぎたやすなが)氏の元にも新年はやって来る。日本から持参した鏡餅とおしるこで、彼は正月気分を満喫したようだ。

続きを全部読む

【南極冒険44日目】ここへ来て天候悪化! 新雪に苦戦するもゴールは数日以内か?

2018年1月1日、新年あけましておめでとうございます! 年明けも荻田泰永(おぎたやすなが)氏は南極の雪原をひたすら歩いている。44日目の行程を終えて日本の事務局に定時連絡が入ったので、現状をお伝えしよう。

続きを全部読む

【南極冒険43日目】積雪に足を取られて疲れをにじます / おまけに最悪の通信状況

南極点無補給単独徒歩の冒険を続ける荻田泰永(おぎたやすなが)氏の43日目の行程が終了した。日本の事務局に定時連絡が入ったので現在の状況をお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【南極冒険42日目】終盤の目標・南緯88度に到達 / 日本人初の偉業達成までただ歩くのみ

南極点に向けて無補給単独徒歩の冒険を続ける荻田泰永(おぎたやすなが)氏。冒険はいよいよ終盤に差し掛かってきた。42日目の行程を終えて、日本の事務局に定時連絡が入ったので、現在の状況をお伝えしよう。

続きを全部読む

【南極冒険41日目】太陽がいっぱい!? 特殊な大気現象「幻日(げんじつ)」に遭遇

世の中は仕事納めで、年末休みに入り始めていることと思う。南極点を目指してひたすら歩く荻田泰永(おぎたやすなが)氏にとっては休みなんか関係ない! 休むくらいなら歩き続けて、早くゴールに到着した方がずっと良いからである。という訳で41日目の冒険の報告をしたいと思う。

続きを全部読む

【南極冒険40日目】標高2400m超え! 冒険はいよいよ終盤戦に突入、明日からの天候が気になるところ

荻田泰永(おぎたやすなが)氏が南極冒険を開始して、40日を経過した。50日で南極点に到達する計画だったので、冒険はいよいよ終盤に差しかかってきている。ゴールは確実に近づいてきているぞ。

続きを全部読む

【南極冒険39日目】残り300kmを切った! しかし傾斜と向かい風に苦戦して疲労をにじます

南極でたったひとりでクリスマスをエンジョイした荻田泰永(おぎたやすなが)氏。39日目の冒険を終了し、日本の事務局に定時連絡が入ったのでお伝えしよう。

続きを全部読む

【南極冒険38日目】南極だってクリスマス! たったひとりでもテントを飾って気分満喫

メリークリスマス! 言うまでもなく、クリスマスは日本にだけ訪れる訳ではなく、世界中の至るところにやってくる。そう、南極だってクリスマスだ。たったひとりで南極点に向かって歩き続ける荻田泰永(おぎたやすなが)氏だって、クリスマスを楽しんでいるのである。

続きを全部読む

【南極冒険37日目】標高2000m台に到達 / 険しい登り坂を越えて目指すのは南緯88度

南極点を目指して無補給単独徒歩の冒険を続ける荻田泰永(おぎたやすなが)氏。37日目の行程を終え、日本の事務局に定時連絡が入ったので、現在の状況をお伝えしよう。

続きを全部読む

【南極冒険36日目】冒険中の荻田氏から問題です! 南極点到着はいつでしょうか?

世間はクリスマス。皆さんが家族や恋人、友達と楽しい時を過ごす間も、極地冒険家の荻田泰永(おぎたやすなが)氏は、南極点を目指して黙々と歩いている。そんな彼が36日目の行程を終えて定期連絡をしてきたので、現在の状況をお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6