「荻田泰永」にまつわる記事

日本人初の北極点無補給単独徒歩到達めざす冒険家。毎年のように北極圏各地を訪れる。

オフィシャルサイト ブログ Facebook Twitter

【南極冒険】無補給単独徒歩の極地冒険がいよいよスタート! これから50日間の戦いが始まる

極地冒険家・荻田泰永(おぎた やすなが)氏による「南極点を無補給単独徒歩で目指す冒険」が、いよいよスタートした。当初、2017年11月18日頃をめどに南極点に向けて歩き始める予定だったが、さまざまな状況を考慮してスタート予定日を1日前倒したという。これから、すべてが始まる。

続きを全部読む

南極点踏破に向けて『極地冒険家』荻田泰永氏が出発! Twitterで「南極お悩み相談」に乗ってくれるぞ~!!

2017年11月中旬から、日本人初となる南極点の無補給単独徒歩で到達を目指す、冒険家の荻田泰永(おぎた やすなが)氏。南極上陸後に約50日間をかけて、約1100kmもの距離を100kg以上のソリを引きながら歩き続ける予定なのだそうだ。

その彼が、南極冒険中にTwitterでお悩み相談を実施する。ハッシュタグ「#南極お悩み相談」をつけてTwitterに投稿すると、南極を歩き続ける荻田氏が相談に答えてくれるかもしれないぞ!

続きを全部読む

【松本人志さんも驚愕】北極冒険家・荻田泰永氏が『南極』に挑む! 無補給単独徒歩での “南極点” 挑戦は日本人初

今から3年前の2014年春、ある男はたったひとりで北極点を目指していた。過去20年の間に、誰も成功しえなかった北極点無補給単独徒歩での踏破。その男、荻田泰永(おぎた やすなが)は冒険開始から44日目にして途中撤退を決断。13回目の北極徒歩遠征の冒険の幕を閉じた

この時、日本国内では彼の挑戦を知るものはほとんどいなかった。だが、それから現在に至るまでの間に、テレビ出演を果たしたことで、彼の冒険を応援する人が増え、再び挑戦の機会を得ることとなった。今回目指す先は南。そう、南極点に向けて、無補給単独徒歩を始めるのである。

続きを全部読む

写真だけで見抜け! 「北極点を目指しています。いま何時頃か当てて下さい」

地球の最果て・海と氷……それが北極だ。おそらく「北極に行ったことがある!」という人は滅多にいないだろうが、今回は1枚の写真を見て、北極に関するクイズにお答えいただきたい。

クイズの内容は至ってシンプル。「この写真を見ておおよその時間を当てて下さい」というものである。北極に関するあらゆる知識をフル活用して問題を解いてみよう。

続きを全部読む

【衝撃事実】寝ながらおしっこをすると超気持ちいい!

就寝中に不意に尿意をもよおした場合、皆さんはどうやって対処するだろうか? 我慢できる範囲なら、そのままやり過ごして起きたときにトイレに行くだろう。耐え切れないようなら、床から抜け出してトイレに駆け込むかもしれない。

・寝たままおしっこは気持ちいい?

だが、もしマイナス50度の極寒の地だった場合、どうするだろうか? 極地冒険家の荻田泰永氏の場合はこうだ。寝袋から抜け出すと凍えるような寒さにさらされるので、フタつきのプラスチックボトルに寝たまま用を足すそうである。彼は「寝た状態のままおしっこするの超気持ちいいですよ」と語っている。

続きを全部読む

【徹底比較】北極から帰ってきて食べたら一番おいしい「コンビニチキン」ベスト4発表! 一番はファミチキと判明

北極の冒険を終えて、日本に帰国した荻田泰永氏。冒険の余韻で、就寝時に飛び起きてしまうこともあるそうなのだが、本人は思った以上に元気だ。

帰国したその日は、昼にお蕎麦を食べて夜は餃子のおいしい居酒屋でガッツリ餃子を食べた後にラーメンをペロリと平らげた。どうやら質素な冒険食が約50日間も続いていたため、何を食べてもおいしく感じるらしい。そこで! 北極から帰ってきて、食べたら一番おいしいと感じる「コンビニチキン」を選んでもらった。比較したのは次の4つのチキンである。はたして1位はどれだッ!?

続きを全部読む

北極から無事に帰った荻田泰永氏を苦しめる「冒険の余韻」 / 寝ると周囲の氷が崩壊する錯覚で目が覚める

2014年4月28日に無事に日本に帰国した荻田泰永氏。約50日の北極無補給単独徒歩の冒険を終えて、カナダから日本へと帰りついた。

帰国したばかりの荻田氏は、冒険と長距離移動の疲れで少しやつれたように見える。過酷な状況下で100kg超のソリを引いていたのだから、体調良好と言えどもやつれていて当然かもしれない。北極からピックアップされ陸地へと帰りついたのだが、しばらくは冒険の余韻が彼を苦しめることになりそうだ。Facebookに次のようにつづっている

続きを全部読む

約50日の冒険を終えた荻田泰永氏が無事に帰国 / 荻田氏「一言でいうと悔しい。撤退の判断は難しかった」

2014年3月8日から48日間、北極点に向けて無補給単独徒歩に挑んでいた荻田泰永氏が帰ってきた。2月11日に日本を出国し、約1カ月の準備期間を経て、カナダの最北端から北極点を目指してひたすらに歩き続けた。残念ながら今回は、序盤の激しい乱氷(氷が衝突してできた山)と度重なるブリザードに行く手を阻まれ、撤退を余儀なくされてしまった。

・2カ月半ぶりに帰りつく

ただでさえ過酷な環境で、「単独無補給」という厳しい条件を自らに課して挑んだ荻田氏。約2カ月半ぶりに日本に降り立ち、ひと安心。しかし、その表情はいくぶん硬いようにも見える。今の心境を尋ねられると彼は、次のように語った

続きを全部読む

【北極冒険】48日ぶりに陸地に帰ってきた荻田氏が初めてコメント「いかに次回につなげるかしかない」

約50日間にもおよぶ北極冒険を終えた荻田泰永氏。残念ながら北極点に、徒歩で到達することはできなかった。2012年のチャレンジに続き、今回も撤退することになってしまったのだが、ケガや病気をすることがなかっただけでも幸いではないだろうか。

そんな荻田氏がカナダのレゾリュートから、Facebookを更新している。現在の心境について、次のように伝えている。

続きを全部読む

【北極冒険番外編】荻田氏を無事にピックアップ / 約50日ぶりに陸地に帰りつく

2014年4月20日に、北極点単独歩行を断念した荻田泰永氏。北極海の上でただ一人、ピックアップを待ち望んでいたのだが、ようやく飛行機が彼のもとへとたどり着いた。やっと極寒の地を離れ、出発準備の地レゾリュート(カナダ)へと帰りついたようである。

続きを全部読む

【北極冒険番外編】荻田氏帰還に向けて着々と準備が進む / 肝心なのは北極の天候

北極点への冒険開始から44日目に、撤退を決定した荻田泰永氏。日本時間の2014年4月20日にその決定が下されたのだが、彼はいまだ北極海の氷原にたった一人でいる。現地へのピックアップには時間がかかるうえに、悪天候が続けばピックアップは困難になるからだ。

すでに日本事務局からスタッフが向かい、彼と連絡をとりながら、迎えに行く体制を整えつつある。早ければあと1日前後で、彼をピックアップできる見込みだ。

続きを全部読む

【北極冒険速報】冒険継続は事実上困難になり撤退を決定 / 最終到達地点北緯86度21分西経68度38分

現在北極点に向けて、単独無補給徒歩の冒険している荻田泰永氏。彼の冒険に関して、日本事務局から緊急連絡が入ったのでお伝えしたい。

冒険開始から44日目を迎えたのだが、残念なことに撤退することが決定した

続きを全部読む

【北極冒険43日目】ブリザード到来に備えてテントで待機 / 1歩も前に進めないまま南へと押し流される

現在北極点に向けて、無補給単独徒歩でチャレンジしている冒険家の荻田泰永氏。43日目(2014年4月19日)の定期連絡が日本の事務局に入ったので、現在の状況についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【北極冒険42日目】疲れが抜けずに距離をかせげない / 気圧低下で再びブリザード到来の予兆

現在北極点に向けて、無補給単独徒歩でチャレンジしている冒険家の荻田泰永氏。42日目(2014年4月18日)の定期連絡が日本の事務局に入ったので、現在の状況についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【北極冒険41日目】ブリザードの残したもの / 無数の細かい山とリードで足場は最悪の状況に

現在北極点に向けて、無補給単独徒歩でチャレンジしている冒険家の荻田泰永氏。41日目(2014年4月17日)の定期連絡が日本の事務局に入ったので、現在の状況についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【北極冒険40日目】乱氷に悩まされることなくスムーズに歩けた1日 / しかし次第に東へと氷が流されていく

現在北極点に向けて、無補給単独徒歩でチャレンジしている冒険家の荻田泰永氏。40日目(2014年4月16日)の定期連絡が日本の事務局に入ったので、現在の状況についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【北極冒険39日目】強風にあおられてテントごと3km北上 / ようやくブリザードが過ぎ去る

現在北極点に向けて、無補給単独徒歩でチャレンジしている冒険家の荻田泰永氏。39日目(2014年4月15日)の定期連絡が日本の事務局に入ったので、現在の状況についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【北極冒険38日目】ついに3度目のブリザード襲来 / 強風で22kmも東へと流されてしまう

現在北極点に向けて、無補給単独徒歩でチャレンジしている冒険家の荻田泰永氏。38日目(2014年4月14日)の定期連絡が日本の事務局に入ったので、現在の状況についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【北極冒険番外編】氷原をたった1人で歩く荻田泰永氏に何が起きているのか? カヤックを捨てた背景

現在北極点を目指して、無補給で単独徒歩に挑んでいる荻田泰永氏。今回の冒険で強い武器になるはずのフォールディングカヤックは、結局35日目に捨てることになってしまった

一体なぜ、武器になるはずのカヤックを捨ててしまったのだろうか? 2014年4月14日に開かれた荻田氏の冒険を詳しく伝えるトークイベント「ExpeditionはLIVEだ。」で、その一部始終が明かされたのである。これから先も冒険を続けるために、荻田氏は厳しい選択を迫られたようである。

続きを全部読む

【北極冒険37日目】東西リードに遭遇するもドライスーツで越えられず / 迂回して難を逃れる

現在北極点に向けて、無補給単独徒歩でチャレンジしている冒険家の荻田泰永氏。37日目(2014年4月13日)の定期連絡が日本の事務局に入ったので、現在の状況についてお伝えしたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3