「画像」にまつわる記事

【物議】農水省Twitterがココイチの画像を無断使用の疑惑で騒動! ネットの声「断ったのか?」「仕事が雑」 ※追記あり

2015年3月26日、農林水産省が公式Twitter で日本の食に関する内容を投稿した。その内容もさることながら、使用している画像に関する指摘が相次いでいる。その内容は以下の通りだ。使用している画像は、大手カレーチェーン「Coco壱番屋」のものではないかというコメントが続々と投稿されているのである。

続きを全部読む

【間違い探し15連発】写真のなかに1つだけ “何かが違うもの” がいるよ! いくつわかるかな?

みなさん、おはようございます。シャキッと起きてますかぁ~!? お脳をシャッキリさせたいときに効果的なのが「間違い探し」。ということで、今回は海外サイトから「間違い探し画像15連発」を紹介したい。

画像を隅から隅まで見回して集中力アップ!! ……したいけど、よくよく見ると何だか変! さて、海外の「間違い探し」は難しいかな? それとも簡単かな? さっそく見てみよう。

続きを全部読む

デカすぎる犬の写真10連発

ひとくちに犬と言っても、小型犬から超大型犬までサイズはさまざまである。とはいえ、とはいえだ。以下の10枚の画像で紹介する犬は、あまりにデカい。とにかくデカい。「そういう犬種なんだよ」と言われても、「ウソでしょ!」と言いたくなるほどに、デカい!

続きを全部読む

【喫煙者の葛藤】「禁煙宣言」をした人の知られざる戦いの記録 / 家族さえ知らなかった秘密が死後四半世紀の時を経て明らかに!

多くの喫煙者にとって、禁煙は簡単に成功できるものではない。「吸いてぇー!」「でも吸えない!」「1本くらい大丈夫だろ……!」「いや、ここで吸ったら全てが台無しだ!!」という壮絶な葛藤の連続であり、途中で挫折する人は数えきれない。

そんな1人の戦いの記録が、画像共有サイト「imgur」にアップされていたので、ご紹介したい。ここまで聞くと、禁断症状で悶え苦しんでいる姿などを想像する人は多いだろうが、そうではない。むしろ苦しさはなく、どことなく痛快。……しかし、紛れもなく戦いの痕跡である。

続きを全部読む

「自然をナメてはいけない」と痛いほど思い知らされる画像

「自然をナメてはいけない」──このセリフを、恐らくほとんどの人が子供の頃に何度も聞かされたはず。例えば海へ行く時、あるいは川へ行く時、または山へ行く時、両親や学校の先生から口を酸っぱくして「自然をナメたらアカンよ」と言われたに違いない。

しかし大人になると、そう注意される機会も少なくなる。その結果、中には自然を甘く見て、命に関わる事態を招いてしまう人も……。そこで本記事では、自然の恐ろしさを否が応でも痛感させられる一枚の画像を紹介したい。背筋をピーーーーンと伸ばして見るべし!

続きを全部読む

映画『スタンドバイミー』のロケ地は今こうなっている / 映画と現在の風景を比較した写真13連発

個人的に思うのだが、小説が映画化される時、映画が原作を越えることはほとんどない。大抵の場合、映画は原作のクオリティに及ばないのだ。まれに「この映画は原作を越えてるぞ!」と感じることはあるが、割合としては圧倒的に少数である。

その数少ない例の1つが、私(記者)は『スタンドバイミー』だと思う。スティーブン・キングによる原作も最高なのだが、映画はそれ以上に最高だった。そして何度繰り返し見ても飽きない、むしろ見れば見るほど新たな発見がある映画である。

そんな傑作映画、『スタンドバイミー』の撮影地が、今どうなっているか想像がつくだろうか? 実は、画像共有サイト「imgur」に、映画撮影時と現在の様子を比較した写真が投稿されているので、取り上げたい。

続きを全部読む

Twitterに投稿された1枚の画像が紡ぎだした心温まる物語 / 亡き妻の面影と食事をする老人

何気ない日常には、思いも寄らないドラマが隠されている。見慣れた景色によく目を凝らしてみると、意外な発見や心を揺り動かされるような感動が潜んでいるかもしれない。

・亡き妻の面影

2014年10月のある日のことだ。海外のネットユーザーがファストフード店で発見したある日常のドラマを、Twitterに投稿し大きな話題となった。彼女が投稿した画像には、1人の老人の姿がある。彼が食事をするテーブルの上には1枚の古い写真。彼は亡き妻の面影を見ながら食事していたのである。

続きを全部読む

【画像あり】肥満問題に取り組むベルギーの新厚生大臣が話題 / ネットの声「太り過ぎ」「体型なんて関係ない」

現在、ベルギーで新たに就任した厚生大臣が厳しい批判にさらされている。というのも、大臣は「肥満問題の解決」という使命を負っているのだが……その体重は127kg以上とも言われているのだ。新大臣の姿は、画像共有サイト、「imgur」にアップされた写真などで確認できる。

続きを全部読む

【閲覧注意】完熟した「ゴーヤ」の最終形態がおぞましすぎる / バイオハザードや寄生獣に出てきそうな勢い

沖縄のニガウリとして広く知られるゴーヤ。独特の苦みが特徴的で、最近では日本全国どこでも気軽に手に入るようになったポピュラーな野菜である。夏の暑さにも強いことで知られ、ガーデニングでも人気がある品種だ。

「ゴーヤの姿は?」と聞かれたら、“鮮やかな深緑色とゴツゴツした形状” を思い出す人は多いと思うが、その後のゴーヤの姿を知る人はあまり多くないハズ……! いつものゴーヤからは、想像もつかないほどおぞましい姿が激写されたので、ご紹介したい。

続きを全部読む

【理想と現実】愛猫家なのに猫を飼えない人が天才的発想でひらめくとこうなるっていう写真集

自宅で撮影した飼い猫の写真をネット上にアップする飼い主はわりと多い。猫のやんちゃな様子や可愛い姿を写真に収めて、「うちの猫可愛すぎ!」「うちの猫がまたやらかしたw」などのキャプションと共に世界中に公開するのだ。それを見た猫を飼えない猫好きたちは、日々癒されると同時に羨ましさも感じるのである。

だがしかし。癒しと羨ましさを感じるだけで終わってしまっては、本物の猫好きとは言えないかもしれない。世界には、たとえ猫を飼えなくても、発想の転換によって事態を打開する猛烈な猫好きがいるのだ。今回は、そんな愛猫家の天才的ひらめきが生んだ「うちの猫」的写真集をご紹介したい。

続きを全部読む

【ロシア画像集】ロシアの結婚式が異次元レベルでヤバい

ロシア発の画像のヤバさについては、再三どころか再四、再五、再六……いや、それ以上に渡ってお伝えしてきた。もうイイ加減尽きただろうと思っている人もいるかもしれないが、まだまだである。

そんなわけで今回は、ロシアの結婚式にまつわる画像集のご紹介だ。ロシアでは、おめでたい日ももちろんロシア流。普通では終わるわけがないロシア人の結婚式をとくとお楽しみいただきたい。

続きを全部読む

あなたは何に見える? 見えたもので「心のキレイさ」がわかる画像

皆さんは、自分の目に写ったものが真実であると信じているだろうか? 実は、錯覚に代表されるように「見たもの」=「真実」とは限らない。多かれ少なかれ脳内補正が働き、目から入ってきた情報とすでに持っている情報を総合して認識しているはずだ。

ここに1枚の画像がある。これは人によって見え方が違うというのだが……あなたには真実を見抜くことはできるだろうか?

続きを全部読む

【新星現る】まだ16歳! バービー人形にそっくりの新たな “リアルバービー” が話題 / 本人「整形もダイエットもしていません」

以前ロケットニュース24では、“リアルバービー” と呼ばれる女性を何人か紹介した。その呼び名が示す通り、彼女たちの容姿は人形そのもの。人間離れした美しさに驚いた人も多いだろう。

今、そんな女性たちに匹敵する美しさを持った、新たな“リアル・バービー”が話題になっているので取り上げたい。海外サイトで「ニュー・ヒューマン・バービー」と紹介されている彼女はまだ16歳。その容姿は、彼女自らがSNSにアップした写真でも確認できるぞ。

続きを全部読む

【ホンワカ動物画像】半分ヤギで半分ヒツジ! 珍しい組み合わせで産まれた赤ちゃんが「とにかく可愛い」と話題

生まれたばかりの動物の赤ちゃんはどれも可愛いものだか、今回は中でもちょっと変わった動物の赤ちゃんが話題を集めているので紹介したい。

その赤ちゃんは、お父さんがピグミーヤギで、お母さんがヒツジ。ヤギ(GOAT)とヒツジ(SHEEP)を合わせて、ギープ(GEEP)というのだとか。珍しく、そして何より愛らしいその姿は、必見である。

続きを全部読む

まずは身だしなみから! 超紳士的なサッカー選手たちが激写される

紳士的、いわゆる「ジェントルマン」である条件としてまず挙げられるのは、なんといっても身だしなみ。日常生活から心がけている男性も多いだろう。そう、襟やネクタイのある正装をビシッと着こなすのは重要なことである。

オシャレを追求するあまり行き過ぎた着こなしで違和感を感じてしまう光景もまれにあるが、なんとスペインでは超紳士的なサッカー選手が激写されたぞ! これまでに例のないような姿は必見だ!!

続きを全部読む

【マジかよ】強盗がビニール袋をかぶってコンビニに侵入 → ビニールが透明で顔丸見え!

2014年7月25日、アメリカ・イリノイ州でコンビニ強盗が発生! 強盗は店から現金を奪い逃走したものの、すでに警察に身柄を確保されたもよう。

犯人の顔……それは防犯カメラに残されていた映像を見れば一発だ。なぜなら、犯人はビニール袋で顔を覆っていたものの、そのビニール袋が透明だったからである。そりゃ、あっという間に捕まるはずだ!

続きを全部読む

日本版でも実装してくれ~ッ! 海外版「LINE」に隠しチャット機能登場 / 制限時間をすぎるとメッセージ消滅

普段、友人知人への連絡にコミュニケーションアプリ「LINE」を活用している人は多いはず。気軽にメッセージを送れるだけでなく、無料通話も使えるので大変便利だ。最近はアップデートの度に問題も起きているようなのだが……。

そのLINEの海外版に、かなり使える機能が登場することが判明した。その機能とは隠しチャット機能である。さらにその機能には、制限時間になるとメッセージが自動消滅するというのだ。これ日本版でも実装してくれないかな~……。

続きを全部読む

これは天使!『進撃の巨人』のミカサがロシアで激写される

2013年に社会現象とまでなった漫画といえば『進撃の巨人』。アニメ化でその知名度をさらに広げると、オープニング曲は紅白歌合戦で歌われた。また、2014年11月22日からは劇場版も公開されるほど、その人気は今でもとどまることを知らない。

そんな中、『進撃の巨人』の登場人物であり、ヒロインの「ミカサ」がロシアで激写されたと話題になっているぞ。海外のネットユーザーも大興奮しているその写真は次の通りである!

続きを全部読む

テレビ番組『SASUKE』に挑戦する気マンマンのネズミの写真が猛烈な勢いで世界へ拡散中

驚異の運動神経を持つ男たちの晴れ舞台といえば、TBS系列で不定期に放送されている『SASUKE』(サスケ)。2014年7月3日には第30回記念大会が4時間に渡って放送され、その人気は1997年の放送開始から健在だ。

今では世界157カ国で放送され、現地版も制作されているほどだが、『SASUKE』にまつわる一枚の写真が猛烈な勢いで世界に拡散しつつある。なんと同番組に挑戦する気マンマンのネズミが激写されたというのだ!

続きを全部読む

デカすぎる「息子」が激写される

「これが私の自慢の息子です」と写真を見せられ、そこにデカデカと息子が写っていたらどう思うだろうか。それが通常の2倍はある息子であれば、思わず反応に困ってしまうかもしれない。

というのも、今回ご紹介する「息子」が驚きを隠せないくらいデカいからだ。もはや言葉を失ってしまうほどのインパクト。一目でわかるその大きさをぜひ確認していただきたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5