「浮世絵」にまつわる記事

【新デザイン】美しいと評判の2020年版パスポートが本当に美しい → むしろ出入国スタンプいらない

2020年2月、セキュリティ更新時期にあわせて、査証欄のデザインが変更された新パスポートの発給が始まった。数字だけが印刷された味気ない紙面から、葛飾北斎「冨嶽三十六景」の迫力あるデザインに一新。過去に例のない芸術的なパスポートになり「美しい」「欲しい」と話題になった。

しかし、パスポートというのは好きなときに切替できるものではない。戸籍上の氏名が変わった場合や査証欄の残りが少なくなった場合など、しかるべき理由が必要だ。

筆者は偶然にも10年パスポートの更新時期というチャンスに恵まれたので、新デザインをご紹介したい。

続きを全部読む

【二度見したッ】JR新宿駅に『バキ』の巨大広告が出現中! 人気キャラ30名の “相撲絵” が浮世絵師によって描かれるッッ!!

ボーっと歩いていたら思わず二度見した! という経験は誰にでもあると思う。意外なものが偶然目に入り、「え!?」って振り返る的なね。実は今日、近年稀に見る二度見をしてしまったのでぜひご報告させていただきたい。JR新宿駅での出来事だ。

改札内を歩いていると、通路の壁になにやら巨大な広告が掲示されているのを発見した。そこには数十名の力士たちの浮世絵が描かれている。ふーん……と通り過ぎようとした、その時。私(あひるねこ)はとんでもないことに気付いてしまった。いやこれ……『刃牙』やん!

続きを全部読む

江戸時代に猫カフェがあったらこんな感じ? 浮世絵世界で猫と遊べる『江戸ねこ茶屋』が東京・両国にオープン!「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」など

あ~、猫ぉぉぉぉ。足りねぇぇぇ、人生に猫が足りねぇよぉぉぉぉ。事情があって猫が飼えない猫好きが、猫と遊べる癒しのスポットが猫カフェだ。ところで、あなたはこんなことを思ったことはないだろうか? 江戸時代に猫カフェがあったらどんな感じだろうか、と。思ったことないって? いいから思っとけ。

なんと近日、江戸の街並みや雰囲気を再現した世界で猫と遊べる『江戸ねこ茶屋』なる猫カフェがオープンするらしぞ! 長屋風の建物の中で、まるで江戸の街で生活しているかのような猫たちを、眺めたり、一緒に遊んだり、写真を撮ることができるんだとか。なにそれ! 天国でござるニャ!!

続きを全部読む

35.696519139.792492

【東京コミコン2016】ゲームや漫画を浮世絵風にアレンジした「浮世絵ヒーローズ」が見てるだけで楽しい!

アメリカ発の世界最大級サブカルチャーイベント「コミックコンベンション(コミコン)」。マンガ、アニメ、ゲーム、映画のフィギュアなどが展示されるこのイベントは、言うならば海外版のコミケだ。そんなコミコンが、ついに日本で初開催を迎えた。その名も「東京コミコン2016」である。

開催初日の本日2016年12月2日、幕張メッセの会場を回ってみたところ、さっそくコミコンっぽい海外センスなアプローチのブースを見つけたのでご紹介しよう。マンガやゲームを浮世絵風イラストにしている「浮世絵ヒーローズ」だ。

続きを全部読む

【公式コラボ】「ポケモンの浮世絵」がマジでカッコいい! お値段たったの4万8600円なり!!

2016年、日本のみならず世界中で大ブームを巻き起こしたポケモンGO。今までピカチュウしか知らなかった人も、ポケモンGOをきっかけにポケモンに興味を持った人も多いだろう。

そんなポケモンファンに朗報だ。なんと、ポケモンが暮らす世界を「浮世絵」で表現した『浮世絵木版画 対決かびごん』と『かんとー地方くちばしてぃ』が予約開始されたという。伝統美術とアニメのタッチは合わないんじゃ……と思いきや、めちゃカッコ良い仕上りになってるぞ。

続きを全部読む

【画像あり】日本人アーティストが描いた「浮世絵風シビル・ウォー」が超カッコいい! マーベルは今すぐ彼をヘッドハンティングすべき!!

現在絶賛公開中の、映画「シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ」。“キャプテン・アメリカチーム” と “アイアンマンチーム” に分かれたヒーローたちの対決が大きな話題を集めているマーベルスタジオの最新作だ。

以前の記事で、そんな「シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ」とラーメンの一風堂のコラボコースメニューをお伝えしたが、今回は日本人アーティストが描いた『浮世絵風シビル・ウォー』がメチャメチャかっこいいのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【衝撃画像】神戸発 “三国志のぬりえ” がナナメ上すぎると話題 → 私「またまた~(笑)」 → 何じゃコリャアアアアッ!!

漫画、ゲームにドラマと様々なメディアで展開する『三国志』。日本で最も親しまれる “外国文学” のひとつだが、そんな三国志のグッズがネット上で話題になっていたのをご存知だろうか?

それはぬりえ。どう見ても子供向けのぬりえである。表紙を見る限り “可愛い” としか言いようがないのだが、途中からとんでもない展開が待ち受けているというのだ。実際に購入したところ……こ、これは!? 予想以上の衝撃だったのだ!

続きを全部読む