「模型」にまつわる記事

【鉄道ファン必見】27億円の「世界一巨大な鉄道模型」がリアルすぎ! まるで本物を見ているような再現度!!

古くから鉄道ファンに親しまれている鉄道模型。指に乗るくらい小さなものから、人がまたがれるような大きなものまで、その種類は様々。そして車両だけでなく、周囲の風景を再現しているのも大きな見どころと言えるだろう。

先日、あるミニチュア博物館の展示物が「世界一巨大な鉄道模型セット」としてギネス世界記録に認められ注目を浴びている。サイズが大きいだけでなく、まるで本物のようにも見える再現度だからスゴい!

続きを全部読む

Amazonで人気の食器乾燥機が “別の使い方” で高評価 / 食器を乾燥することなく星5つを連発する理由とは

全世界のショッピングに革命をもたらしたインターネット最大手「Amazon」。食品、雑貨、電化製品、さらにはバイクや自動車などの豊富なラインナップに加え、レビューで使用感を確認できるところもポイントだ。

そんな中、Amazonで販売されている「山善(YAMAZEN)食器乾燥器 YD-180(LH)」が本来とは異なる目的で使われていながら、レビューで絶賛されているという。果たしてどんな目的のために使われているのだろうか?

続きを全部読む

【動画あり】車のエンジンの動きまで再現する『接着剤不要の木工キット』が超リアル! Amazonでも買えるぞーー!

夏も終わり肌寒くなってきた今日この頃、冬が近づくにつれて外に出るのが億劫になり、家にいる時間が増えるという方も多いだろう。

今回は、そんな方にピッタリの木製工作キットをご紹介したい。複雑な動きをするトラックや機関車などを、接着剤や工具を使わずに組立てられるその工作キットは、作る喜びを味わえるだけでなく、動かす楽しみも満載だぞ。

続きを全部読む

骨格・臓器・筋肉がどこにあるのか一目でわかるよう、馬の体をスケルトンにしてみたよ♪

人間の体のどこにどのような臓器があって、どこにどう筋肉がついているのか。それを調べるために主に用いられるのが、人体模型です。今回みなさんにご覧いただくのは、その「馬」バージョン。しかも驚くなかれ、それは生きている馬の体に直接、骨格や臓器や筋肉をボディペイントしてしまった、斬新かつ大胆極まりない作品なのでございますっ!

見る者の度肝を抜く、生きた「人体模型」ならぬ「馬体模型」を制作したのは、イギリスの乗馬チャンピオンであるジリアン・ヒギンスさん。海外サイト『io9』によると、解剖学者そしてセラピストとしての顔をも持つ彼女は、乗り手やトレーナーなど乗馬に関わる全ての人々に馬の体の仕組みを知ってもらうべく、このようなことを思いついたのだそう。

続きを全部読む

超絶ミクロサイズの世界最小電車模型が話題になっている。なんとその幅、約0.5センチメートル!

米ニュージャージー出身のデビッド・スミスさんは、5つの車両からなる小型の鉄道模型を制作した。驚くべきはそのサイズ。Nゲージと呼ばれる縮尺1/160(日本では1/150)の鉄道模型をさらにZゲージという縮尺1/220の大きさにした。つまり、縮尺1/35200という超小型模型なのである。しかもこれ、実際に動き、極小の土台に作られたトンネルをくぐり抜けることもできる。

続きを全部読む