「新聞」にまつわる記事

【実話】ネットで話題の「理不尽な新聞詐欺の話」が怖い / 完全に頭がおかしいので気を付けよう

最近、インターネット上で「新聞購読にまつわる詐欺まがいな話」がちょいちょい話題になっている。当サイトでも「記者が詐欺にあいかけたエピソード」をご紹介したが、今回ご紹介するのはズバリ「本物の新聞屋が詐欺をしようとしてきた話」だ。

ご覧いただく前に断っておくが、この話はとても胸クソが悪い。……が「こんなことが実際にある」と知っておけば “万が一” のときのためになるハズだ。それでは以下でご紹介しよう。

続きを全部読む

【100均検証】キャンドゥに売っている「本物のドイツ新聞」の活用法

あなたは知っていただろうか? なんと100円ショップのキャンドゥで、本物のドイツ新聞が買えることを……。英字新聞ではない。正真正銘、ドイツ語の新聞がキャンドゥに売られているのだ。ちなみに私は吉祥寺の店舗で購入した。

パッケージには「ラッピング・コラージュに」と書いてあるが、そのために作ったダミーの新聞ではなく、ドイツから輸入した未使用品。ドイツのインクでドイツの紙に印刷されたドイツの新聞が、なんと100円で手に入るのだ! ちなみに枚数は──

続きを全部読む

【詐欺まがい】私が新聞を絶対に読まないと決めた出来事 / 新聞をヨム日コラム

本日4月6日は「新聞をヨム日」だ。日本新聞協会販売委員会が2003年に制定したこの記念日。だが、どんなタイミングであろうと誰が何と言おうと、私(中澤)は2度と新聞は取らない。そう心に決めたのは、ある新聞販売員との出来事がキッカケだった

続きを全部読む

売れないバンドマンが「ミスチルの25年」と「自分の25年」を比較したら涙が止まらなくなった

2017年1月10日、読売新聞と朝日新聞の朝刊にMr.children(以下ミスチル)の25周年広告が掲載された。これまでリリースしたアルバムやシングルのジャケットが散りばめられているこの広告。見ているだけで、ミスチルの曲が頭の中に流れだす。まさに至福の音

25年。言葉にするとひと言だが、それだけの間、音楽業界の第一線にいるというのは並大抵のことではない。普通なら音楽を続けるだけでも大変な期間である。そんなミスチルに憧れてバンドを始めた私(中澤)だが、自分の25年をかえりみたら……涙が止まらねェェェエエエ

続きを全部読む

【粋だね】父親になったTOKIO国分太一を祝う『番組ラテ欄』が超オシャレ! ネットの声「スタッフの愛を感じる」

1994年のデビュー以来、様々な分野で活躍している人気アイドルグループ、TOKIO。近年は、日本テレビ系『鉄腕DASH』で農業に挑戦していることから「農業アイドル」と呼ばれ、幅広い世代に親しまれている。

そんなTOKIOのメンバー・国分太一さんが、2016年11月1日に出演したTBS系『白熱ライブ ビビット』で父親になったことを生報告。番組の新聞ラテ欄には、縦読みすると「太一父になる」というスタッフからのオシャレな祝福もあり、ネット上で話題となっているのでお伝えしよう。

続きを全部読む

【なぜ?】ある男性の「死亡記事」が2つ同時に掲載される! そこには “深〜い” 大人の事情が

新聞には、日々多様な記事が掲載されている。経済、文化、社会、テレビ欄、スポーツなどが “メジャーどころ” かもしれないが、死亡記事だって忘れてはならない。日本では「おくやみ欄」として知られている、あの箇所だ。

この度、ある新聞に1人の男性の「おくやみ」が、2つ並んで掲載されていたのだとか。間違い? いや、そうではない。そこには深〜い大人の事情があるのだった……。

続きを全部読む

【閲覧注意】朝起きて郵便受けに新聞取りに行ったら失禁するほどビビったという光景が激写される

新聞を購読している人ならば、朝起きてまずやるのが郵便受けの新聞チェックだ。まだ夜も明けぬ早朝から、ほとんど毎日、新聞を届けてくれる新聞配達員の皆様には頭がさがるばかりである。

だがしかし。朝起きて郵便受けに新聞を取りに行ったら、郵便受けの中に知らない女性が潜んでいたら……オシッコを漏らすほどにビックリするに違いない。そんな衝撃的なシーンが激写され、中国の掲示板で話題になっている。

続きを全部読む