「手術」にまつわる記事

【漫画】「重さ二キロの腫瘍が出来た時の話」から目が離せない / 腫瘍が破裂したら…

普段はそこまで気にしていないのに、失ったときに心の底から感謝するもの……それが「健康」だ。健康第一とは本当にその通りで、人間が叶えたい目標のほとんどは健康であることが大前提になっている。なので読者のみなさん、くれぐれも健康にはお気をつけいただきたい。

さて、そんな健康にまつわる漫画がいまTwitterで注目を集めている。漫画のタイトルは『重さ二キロの腫瘍が出来た時の話』──。2キロの腫瘍とは想像するだけでも恐ろしいが、果たして結末やいかに。

続きを全部読む

『モンスターハウス』に出演したモデルの蘭さんがクロちゃんにかけた言葉が優しすぎて泣ける……

昨年、もっとも話題になった番組の企画のひとつに「モンスターハウス」がある。これは、クロちゃんを含む男女6人が共同生活を送るというもので、クロちゃんの所業のひどさにお茶の間が凍てつく場面が何度となくあった。

参加者のひとりだったモデルの蘭さんは、なかばクロちゃんに弄ばれたような状況にあったにも関わらず、手術を受けたクロちゃんに対して優しい言葉をなげかけているのである。あまりの優しさに感動を禁じ得ない。なんでそんなに優しいんや(涙)……

続きを全部読む

ある女性が「羽のちぎれたチョウ」を家にあった即席の物で手術 → 修復した羽がお見事! チョウも無事に空を飛ぶ!!

時々、「怪我をした動物が元気になるまで、面倒を見て自然に帰してあげた」という話を聞くことがある。立派な行動と優しい心に感動するものだが、ある女性は家にあった即席の物で「ちぎれたチョウの羽」を修復してしまったという。

そんな器用なことが出来る人物なんて一体何者……。そして、何を使ってチョウを救ってあげたのだろうか!? 米ニュースサイト『boredpanda』によると、チョウの羽を1人で修復してしまったのは、ロミー・マックロスキーさんという女性だ。

続きを全部読む

【さすが南米】サッカー中継を見ながら手術した医者に批難殺到

南米において、サッカーは国民的スポーツと言っても過言ではない。ブラジルはもちろん、アルゼンチン、さらにはチリなど、ほとんどの国でスポーツの一番手に来るのは間違いなくサッカーだ。しかし、いくら人気だとしても、やっていいことと悪いことはある。

なぜなら……なんと医者がサッカー中継を見ながら手術していたというのだ。人の命を預かる医者とは思えないその行動に批難が殺到し、大きな騒ぎとなっているから驚かされる。

続きを全部読む

友達に肝臓を提供するために女性が20キロも減量! 走れメロスのような友情が感動的だとネットで話題に

誰にでも友達はいると思うが、読者の皆さんは仲良しの友達のために、どこまで自分を犠牲にできるだろうか?

こんな質問を投げかけたのは、友達に肝臓を提供するために20キロも減量した女性が、ネットで感動を呼んでいるからだ。なかなか真似できないような立派な行為を、一瞬の迷いもなく実行した女性を紹介したいと思う。

続きを全部読む

【閲覧注意】十二指腸でキノコが育っていた中国人女性が緊急手術を受けるハメに! 最大で7センチの大きさに成長していた!!

鍋料理やパスタ、炒め物に重宝するキノコは食卓に欠かせない食材である。安くてカロリーも低く、食物繊維が豊富なため日常的にキノコを食べているという人は多いだろう。

しかし、そんなキノコが内臓で育ち始めたらどうだろうか!? なんでも、ある中国人女性の十二指腸内でキノコが育ち、最大で7センチの大きさに成長していたというのだ!

続きを全部読む

【ガチ体験談】喉ちんこをとると「いびき」は本当に消えるのか?

毎日いびきがうるさい」妻にそう言われたのは約2年程前。確かに筆者は鼻炎アレルギー持ちで、鼻がつまりやすい体質ではあった。しかし、自分が毎日いびきをしているとは思っていなかったのだ。

さらに妻に話を聞くと「たまに呼吸も止まっている」というではないか。ま、マジかよ!? 筆者はネットで調べに調べ上げ、手術で『喉ちんこを取る』ことが、いびきを解消する方法であることを知り、そして手術を受けた。今回はその手術の体験談をお伝えしたい。

続きを全部読む

6歳の時に交通事故でアソコを失ってしまった少年 / 37年後に男を取り戻す

もし自分のアソコをなんらかの事故で失ってしまったら……。男性ならば一度は、そんな考えが頭をよぎったことがあるのではないだろうか。

そんな悲劇に見舞われた少年が、幾度にもわたる手術の末に、機能するモノを手にいれることに成功した。インタビューで淡々と語る彼の言葉に、重みを感じずにはいられない。

続きを全部読む

【世界のニャンコ】“2つの性” をもつ両性具有ネコ / 飼い主「どちらの性でも構いません」ということで “オス” になるニャン

ジャンプしたり走り回ったり、色々とアクティブなネコ。人間から見て “無謀な行為” を取りがちなことから、命が9つくらいないと生きていけない……ということで、「ネコは9つの命を持つ」と言われてきた。しかし性別となると、大抵は1つ。オスかメスだ。

そうは言っても世の中は広く、2つの性を持つネコも存在しているのだ。ということで今回は、オス・メス両方の性器を有する「両性具有」のネコをご紹介したい。

続きを全部読む

【画像あり】“受け口” を手術した女性がビフォーアフターの写真を公開! 質問や悩みにも丁寧に答えて多くの人を励ます!!

どんな顔や体であれ、生まれたままの自然な姿は美しい。天から授けられたものなのだから、人工の手を加えてはならない……。確かにそうなのかもしれないが、人にはそれぞれ事情がある。考え、苦しみ抜いた末に、自身の容姿を手術によって変える人間もいるのだ。

例えば今回紹介する女性は、かみ合わせを治すためにアゴの形成手術に踏み切ったのである。そして、その体験談と経過写真をネット上にアップしたところ、多くの人々から質問や相談が寄せられたのだ。

続きを全部読む

【感動】3つの仕事をかけもつ女性バーテンダーの愛犬が思わぬトラブル → 女性がその話をバーで客にする → 客が超高額なチップを女性に置いていく

日本ではあまり馴染みがないが、欧米ではレストランやバー、ホテルなどに行くとチップを渡す習慣がある。そんなチップにまつわる感動的な話が、海外サイトで話題になっているので紹介しよう。

ある女性バーテンダーが、自らの飼っている犬にまつわる話をお客さんにしたところ……なんと、そのお客は通常考えられない、10万円のチップを女性に置いていったのである。その犬と証拠のレシートは、画像でも確認可能だ。

続きを全部読む

韓国の最新美容整形技術がすごい! 手術後は完全に別人レベル

美容整形の先進国の韓国で、最近とある病院が注目を集めている。その病院は、局部的な整形が主流であるのに対して、顔だけでなく体までを入れた総合的な人物イメージを整形するという。

その技術によって、生まれ変わった女性たちは、まさしく別人。面影さえ感じ取ることが難しいのだ。

続きを全部読む

昨年ノーベル化学賞を受賞した日本人のひとり、根岸英一さんが特別教授を務めることで日本でも話題となった米国パデュー大学(Purdue University)で、今、医療業界に新たな技術革新が生み出されようとしている。

なんと、医師が手を空中で動かすだけで、実際に物に触れることなく手術をすることができる装置の研究が進められているのだ。さらに、手術中に医師が必要としている器具を渡すロボット助手まで開発されているという。

続きを全部読む