「意外」にまつわる記事

【知ってた?】「前職が意外すぎる芸能人ランキング」が発表される → 4位のタモリさんは元々…

人は見かけによらないもの。パッと見は冴えない人が意外な特技を持っていたり、逆に温厚そうな人がめちゃめちゃキレやすかったり……と、人間は見かけだけで判断できない。最近では「人は見た目が100パーセント」なんてドラマもあったが、実際はそうもいかないところが人間のおもしろいところだ。

例えば、芸能界で活躍するスターのみなさんにも意外な職歴があったりする。今回はランキぐサイト「ランキングー!」が発表した『前職が意外すぎる芸能人ランキング』をご紹介しよう。

続きを全部読む

【意外すぎ】バッターでも審判でもマーくんでもない! ダルビッシュ有「最大の敵」が突然明かされる

プロ野球史上最高……とは言わないまでも、野球ファンが「最高のピッチャー」を語るとき、必ず名前が挙がるのがダルビッシュ有投手(32)だ。もし全盛期同士でダルビッシュが落合や長嶋、王貞治と対戦していたらどうなるのか……? 想像するだけでワクワクしてしまう。

さて、そんなダルビッシュ有投手が自身のTwitterで「最大の敵」を明かし話題になっているのでお伝えしよう。バッターなのかピッチャーなのか、それとも審判なのか? ダルビッシュ有の最大の敵とは一体……。

続きを全部読む

【逆に残念】パラオの寿司は激ウマ! 世界で2番目に寿司がウマい国はパラオに認定するッ!!

日本が誇るジャパニーズソウルフード、寿司。日本文化が世界で愛されている事実に誇らしい気持ちになる人も多いと思うが、ぶっちゃけ海外の寿司の中には怪しいものも多々存在する。これまでご紹介してきた「キューバ」「ケニア」「香港」などの寿司は、ボーダーラインぎりぎりの “SUSHI” であった。

それでは今回ご紹介する「パラオ共和国の寿司」はどうだろう? 人口は約2万人、ミクロネシア諸島の小さな島国だが……結論から言うとパラオの寿司は余裕でウマい! 迷うことなく「はい、日本の次に美味しいです!」と即決できるほど、完全体の寿司だったのだ。

続きを全部読む

【衝撃事実】出川哲朗さん、名作『男はつらいよ』に出演していた

日本でもっともリアルガチな芸人といえば、出川哲朗さん(53歳)である。名人レベルのリアクション芸はもちろんのこと、笑いの神が舞い降りたとしか思えない奇跡の数々は、出川さんにしか生み出せない名人芸といえるだろう。

そんな出川さんは、実は若い頃からすでに奇跡を起こし続けていたことをご存じだろうか? なんとあの国民的映画『男はつらいよ』にエキストラとして出演していたのである……しかも5回! まさか後のリアクション王と寅さんに接点があっただなんて……さすが出川さんとしか言いようがない。

続きを全部読む

【コラム】騒音の中で放たれたオナラは大概よく聞こえる

肛門から放たれる気体と言えば、「オナラ」だ。「屁」とも言う。お洒落に「ガス」と言う人もいる。オナラというのは、人には聞かれたくないものであり、また他人のを聞くのも嗅ぐのも嫌なものである。かと言って、我慢すると身体に良くないし、全く放屁せずに生きるのは不可能という、なんとも厄介な存在なのだ。

そんな厄介者のオナラが、騒音の中でもよく聞こえると感じたことはないだろうか。周囲がうるさく、会話もままならないような状況で放たれたオナラほど、やたらと耳に入ってくるのだ。

続きを全部読む