「子育て」にまつわる記事

【子育てライフハック】お父さん発案! 疲れない子供との遊び! 四コマサボタージュ第184回「ポチる」

続きを全部読む

【リアル子育て】テレワーク中のワンオペはこんな感じ → とある「普通の1日の流れ」をご覧ください

いまや発生地とされる中国を飛び出して、世界中に蔓延する新型コロナウィルス。特にヨーロッパでの被害は深刻で、しばらくは予断を許さない状況が続きそうだ。果たして東京オリンピックはどうなってしまうのか? その辺りも非常に気になるとことである。

さて、その新型コロナウィルスのあおりを受け、現在テレワーク中の方も多いことだろう。我々ロケットニュース24もいち早くテレワークに切り替えたものの、普段とは違う環境に戸惑うことも多い。中でも私、P.K.サンジュンは3歳の娘の面倒を見ているのだが……なかなか大変である。

続きを全部読む

【コラム】世界一かっこいいオヤジはマイルス・デイヴィスの父親説

男は父親の背中を見て育つ。そして、父親はかっこ良くあって欲しいものだ。では、どんな父親がかっこ良いのかと言うと、これは議論の余地があるだろう。

大人になった今、正直言うと私(中澤)は「家庭を持っている父親は全てかっこいい」と思っている。親になれるだけで凄いことだ。ただ、そんな中でも、マイルス・デイヴィスの親父のかっこ良さは尋常じゃない。多分、世界一かっこいいオヤジなんじゃないだろうか

続きを全部読む

3歳の娘の保育園の「保育参加」に行ってきた → 先生たちに感じた1つの想い

この3月に一人娘が乳児保育園の卒園を迎える──。

どうも、みなさんこんにちは、こんばんは、ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。時の流れは早いもの……なんてことは当然わかっていましたが、娘が生まれてからは俄然そのスピードが加速している気がします。「光陰矢の如し」と言いますが、矢どころかミサイルくらいはありますよね。

さて、我が愛娘がこの3月に、生後8カ月からお世話になっている乳児保育園を卒園します。いよいよ4月からは保育園に入園するのですが、つい先日初めて「保育参加」なるイベントが催されました。約2時間半の「保育参加」を終えて、私が感じたこととは──。

続きを全部読む

問「マサイ族は赤ちゃんの夜泣きにどう対応していますか?」に対するマサイ族の戦士(3児の父)の回答 / マサイ通信:第317回

スパ! まいどまいど、リクエストボックスへの質問アッシェオレン(ありがとう)な!! なんとなくだけど、質問してくれるのは女性が多い印象だ。それもママが多い感じ。ということで今回の質問を要約すると……

赤ちゃんの夜泣きにはどう対応していますか?

……てな感じ。なお、こちらの質問、2人の女性からいただいた。

続きを全部読む

【乗馬】光陰矢の如し!コイツ…楽しみの中で成長している!? 四コマサボタージュ第58回「楽しい時間は…」

続きを全部読む

【子供に遊ぶ権利を】たき火、ノコギリ、木のぼりもできる最高の公園『羽根木プレーパーク』を世田谷区民が守り続ける理由

『プレーパーク』をご存知だろうか? 公園内へ一歩入ると子供たちが木に登り、屋根ほどもある高さの遊具にぶら下がっている。それは仮に落下した場合、怪我する可能性がある高さだ。さらに奥ではたき火をし、ノコギリで木材を切る子の姿も見られる。

偶然ここを訪れた私はとっさに「いいのかコレ?」と思った。しかし次の瞬間、自分も幼いころ同じようにして遊んでいたことを思い出す。何かあるとすぐに管理者や保護者の責任が問われる現代。当然のことなのかもしれないが、それを恐れるあまり「とにかく禁止しておく」風潮に慣れ過ぎていたのではないか。

裸足で駆け回る子供なんて今や田舎でも少なくなった。自然からかけ離れたイメージの「東京子育て」……ましてここは世田谷区である。この場所は一体どのようにして成り立っているのだろう? うちに子供はいないけど、気になりすぎたので後日再び訪れた。

続きを全部読む

【漫画】「子育てについてゲイが救われた一言」がとても深い

「LGBT」という言葉を多くの人が知るようになり、一昔前と比べれば世間的にも多くの人が多様性を受け入れているように見える。だが一方で「生産性がうんぬん」と時代にそぐわぬネガティブな話題が多いことも事実で、諸外国と比べれば日本はまだ寛容な社会ではないのかもしれない。

生産性──。特に「子育て」については、子を成せないLGBTの人たち本人が一番気にしているところなのだろう。そんなやや重いテーマについて、ある漫画がとても深いメッセージを投げかけている。果たして1人のゲイが救われた一言とは何だったのだろう?

続きを全部読む

【パパママ困惑】子育て支援アプリ「鬼から電話」に天龍源一郎がいるんだが…

日本全国のパパさん、ママさん、こんにちは。今日も育児に家事にお疲れさまです! 子供って本当に可愛いですよね。子供が生まれると「目に入れても痛くない」の意味がわかりますもんね。うちのコ(2歳)なら目に入れて大暴れしても全ッ然痛くありません!!

それはどうでもいいとして、みなさんはアプリ『おにから電話』をご存じでしょうか? そう、シリーズ累計1600万ダウンロードを誇る超人気アプリ『おにから電話』のことです。先日、その『おにから電話』を久々に起動したところ、なぜかあの人がいたのです……。

続きを全部読む

母の背後で少女が “大変な目” に……子育てはやっぱり大変って思わざるを得ない動画

しむらー! うしろ、うしろーーーーーー!! ではないけれど、お母さん! うしろ、うしろーーーーーー!! なんて叫びたくなる動画が話題を集めている。お母さんの背後で、少女が “えらい目” にあってしまうのだ。こんなことが起こるなんて、簡単には予想できないはず……。ああ! 子育てって大変だなあ。

続きを全部読む

『海外は日本よりもゆとり教育』と言われるけど実際どうなの!? オーストラリアでの子育て事情を聞いてみた結果 → 「宿題が超少なくてPTAなどの役割もない」など

日本の子供達は塾や受験に山盛りの宿題といい、とにかく大変な毎日を送っているようだ。海外は日本よりもゆとり教育が実践されていると思われがちだが、実際のところはどうなのだろうか!?

そこで、オーストラリアで2人の子供を育てている筆者の妹の話をもとに、海外で子供を育てるメリット&デメリットについて紹介してみたいと思う。もちろん、オーストラリアでの子育てとひと口に言っても様々なので、あくまでも1人の体験談と考えていただければ幸いだ。

続きを全部読む

【苦悩】子供の写真をSNSにアップするのは危険なのか? 真剣に考えてみました

もうすぐ2歳になる娘を持つ私、P.K.サンジュン……今とても迷っています。何に迷っているかと言うと、ズバリ「子供の画像をSNSにアップするべきなのか否か」で、これまでは “ガンガンアップしたい派” だったのですが、思うところがありアップをためらっているのです。

その “思うところ” については後述しますが、個人情報の重要性がこれだけ叫ばれる現代社会において、果たして子供の画像をSNSにアップする行為は100%安全なのでしょうか? 3日3晩考え抜いた結果、私が辿り着いた答えをご覧いただけると幸いです。

続きを全部読む

監視カメラがとらえた「眠っているはずの赤ちゃんの行動」に両親が驚愕! ワンコが部屋に侵入して赤ちゃんを起こし…

ベッドで眠っていたはずの赤ちゃんが、朝になって廊下で見つかったら……誰だって「何があった!?」と思ってしまうに違いない。まさにそんな体験をした両親が、監視カメラを設置して真実を確かめたところ、最高に笑えてキュートなことが起きていたようなので紹介したい。

続きを全部読む

13歳の息子が「古着を着た同級生を馬鹿にする」発言 → それを聞いたママが取った行動が素晴らしいとネット民が拍手!

最近は缶や瓶、ペットボトルをきちんと仕分けしてゴミを出すのが当たり前になってきているが、リサイクル出来る物は他にもある。

例えば衣類もそうだが、日本でも古着を扱う店舗やネットショップがたくさんあり、利用している人は少なくないだろう。しかし、なかには古着に抵抗がある人もいるようで、13歳の息子が「古着を着た同級生を馬鹿にする」発言をし、それを聞いた母親がある行動を取ったのだという。その方法が「素晴らしい!」と話題になっているので紹介することにしたい。

続きを全部読む

真似する人続出!「ある母親が車のチャイルドシートに貼り付けた物」が話題に / 事故が起きた場合に備えたライフハック! 2分で出来る

車を運転する時は、事故を起こさないよう細心の注意を払うもの。特に、赤ちゃんや幼児を乗せていたら尚更ではないだろうか。日本では6歳未満の子供を乗せる歳にはチャイルドシートの使用が義務づけられているが……

「それだけでは足りない!」とばかりに、海外のある母親が事故が起きた場合に備えて “ある物” をチャイルドシートに貼り付けて話題になっているので紹介してみたいと思う。

続きを全部読む

【漫画】「赤ちゃんが突然の夜泣きをする理由と対処法」が超タメになると話題 / 困ってるパパとママはコレを試してみよう!

赤ちゃんをお持ちのパパとママたち、今日もお疲れさまです。子供って可愛いですよね、本当に癒されますよね。もちろん大変なことはあるけれど、子供の笑顔を見ればそんなのは全部吹き飛んじゃいますよね。……んでも、それでもやっぱり大変なこともありませんか

私(P.K.サンジュン)の家にも世界一可愛い1歳半になる娘がいるのですが、稀にビックリするほど夜泣きをするのです。いつもは全然しないのに……。そんなときの対処法がいまTwitterで話題になっているのでお知らせします。コレはかなり使えそうなテクニックですよ!

続きを全部読む

「5歳の子供に家賃の一部を負担させてる」と母親がSNSに投稿して波紋 / その理由に納得? 異議あり?

実家暮らしをしている社会人にとって、「家賃及び生活費を家にどれくらい入れるか?」というのは大きな問題ではないだろうか。中には1円も入れない人だっているかもしれないが、多くの社会人はいくらか納めているかと思う。

そんな中、ある母親が「ウチは5歳の子供に家賃を支払わせています」とSNSに投稿し、賛否両論を巻き起こしている。読者の皆様はどうお思いになるだろうか!?

続きを全部読む

ネット民が挙げた『今までに出会った過保護すぎる最悪な親』色々 「タンポンの挿入まで手伝う母親」など

愛にも様々な形があるが、やはり親の子供に対する愛に勝るものはないと思う。親は子供の誕生したその日から変わらぬ愛を注ぎ、成人しても無事に暮らしているかどうか心配し続けてしまうのである。

そんな親の愛は、時として “過保護” という形で現れることもある。先日、海外掲示板サイトRedditのユーザーが「今までに出会った過保護すぎる最悪な親」について語っているので、いくつか紹介することにしたい。

続きを全部読む

『子持ちママの1日を追ったタイムラプス動画』がマジ忙しそうで泣ける! パートナーから「何もやっていない」と言われて反論するために撮影

専業主婦って楽だよね〜。だって1日中家にいて、家事と育児をするだけなんでしょ?」……これまでどれだけ多くの女性が、こんな心無い台詞を言われてきただろう。最近ようやく家事も子育ても1人で抱える “ワンオペ育児” の大変さが認識されるようになってきたが、まだまだ甘い!

というのも、この度もある女性が、パートナーの男性から「家事と子育てだけなんて休日みたいなもの」などと言われてしまったのだとか。そこで女性は、子供と過ごす1日がいかに大変であるかを証明するために、ある日の行動を動画に収めてみたという。すると……。

続きを全部読む

【息子の秘密】部屋の異臭を不審に思ったママが「引き出し」を開けたら…ヤバすぎるものを発見!

小さなお子さんを持っている親は、毎日子育てに奔走。思いもよらぬ子供のイタズラにテンテコ舞いしている人も多いだろう。現在、そんな子供の扱いに慣れた親御さんたちでさえ、「マジかよ!」と思ってしまうようなことをヤラかした男児がネットで話題だ。

事の発端は、とあるママが部屋の異臭を不審に思ったことから。そして引き出しを調べたところ……なんと息子がトンでもないものを隠していたことが判明したのである!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3