勘違いで購入してしまった……。それは、税込4620円のスーパーマリオ福袋(梅)のことである。マリオというキーワードで、フィギュアやゲーム関連のグッズを勝手に想像してしまったのだが、福袋に入っていたのは学童向けのアイテム。すなわちマリオ好きな子供を持つ、保護者へ向けた福袋だったのだ。

ちなみに、この福袋は毎年すぐに売り切れてしまうらしく、年末の時点で在庫切れ。もしかして、子供達の間で空前のマリオブームが到来しているのだろうか……。中身を見てみると、マリオフリークの子供も唸(うな)らせるくらい、手加減なしのマリオっぷりだったぞ。

・マリオの大群

さっそく中身を見ていこう。簡素な段ボールを開けると、目がチカチカするほどのマリオグッズが敷き詰められている。

・巾着
・巾着バッグ×2種類
・シューズバッグ
・小銭入れ
・大判のタオル
・ハンカチ×2種類
・タオル3枚1組
・おかずカップ
・ランチピックス
・バラン
・おにぎりシート


その数13点。総額8600円相当の商品が入っているらしく、マリオ関係なしに節約目的のお母さんにも人気なのかもしれない。だとしたら子供は急にヒゲのオッサン尽くしになってビビるだろうが……。

さて、アイテム毎に見ていくと、まずバッグが豊富である。サイズが違えど巾着タイプが3種類。小さい巾着は良いとして、バッグをローテーションで使わせようとするあたり、マリオへのただならぬ愛を感じる。




さらにはシューズバッグもあるぞ。先述した巾着バッグから取り出せば、マリオ・マトリョーシカ。めくるめくマリオだ。



トイレで手を洗ったあともマリオがやってくる。ハンカチとタオルも日替わりで使えるように総数5枚。



お昼のお弁当にだってマリオ。ヒゲのオッサンたちが、お弁当箱の中ではしゃぎ回ることだろう。もはや子供達は片時もマリオを忘れられない



お家に帰る前に、おやつが食べたいって? そんな時もマリオに相談だ。小銭入れはマリオが無駄遣いをしないように見守っている。命がけでコインを集めているマリオからの、声なきメッセージが伝わってくるぞ。



夏場になれば、プールで使うだろう大判のタオル。マリオばかりかと思いきやラスボス・クッパがにらみを効かせているぞ。子供は怪獣のようなクッパの方が好きなんじゃないだろうか?


・マリオみたいに元気に

このように、「スーパーマリオ福袋(梅)」は日常生活をマリオに託していると言っても過言ではない福袋だった。お子さんがマリオを好きなら、きっと毎日、笑顔で元気に過ごしてくれるだろう。

もし、節約目的で保護者の方が買うとしたら、突如として現れるヒゲのオッサンに子供たちが戸惑うかもしれないので気をつけて欲しい。なお、冒頭でもお伝えしたが、毎年すぐに売り切れるらしいので、興味があるかたは早めにチェックしておくことをオススメする。

参照:Amazon「スーパーマリオ福袋 マリオグッズが入った福袋 (梅)
執筆:hirazi(ひらじ)
Photo:RocketNews24.