「冷凍食品」にまつわる記事

これは奇跡だ! フタなしで「羽根つき餃子」を作れる大阪王将の冷凍餃子が三大発明に加えたいレベルでスゴい

二度見……いや、三度見した。スーパーの冷凍食品コーナーを物色していたら、大阪王将の冷凍餃子パッケージに恐るべきフレーズが書いてあったのだ。油いらず水いらずフタいらず──。

焼いて作る羽根つき餃子なのに、最初は何を言ってるのかと思った。でも……これがマジのマジ。フタなしでパリパリの羽根つき餃子ができてしまった……ということで、今回検証してみた冷凍食品は大阪王将の餃子である。これ、ホントにスゴい!

続きを全部読む

【冷凍食品検証】ファミマの「甘口たれの牛カルビごはん」を食べたら爆買いが起きるくらいウマかった

最近、コンビニの食べものは著しい進化を遂げている。各社オリジナルブランドに力を入れており、いまや弁当や冷凍食品に「コンビニ=マズい」という考えは古くなった。そしてかれこれ1年前くらいだろうか、ファミマは「お母さん食堂」というコーナーを設けた。

ネーミングは最高にウマそうだが、気になりつつも食べたことがなかった私。しかし、時は来た。このところ、レンチンを攻めている身としてスルーすることは許されない。ということで、これ外したら致命傷だろっていう「甘口たれの牛カルビごはん」をチョイスした。レンチンで出来上がるのに焼肉屋さんで食べるような感じらしいが、どこまでホント?

続きを全部読む

味の素ハンパないって…日本一売れてる冷凍餃子ハンパないって! 男でも簡単に作れるのにめっちゃウマいもん。そんなん出来ひんやん普通…

高い山があれば登りたくなるなんて話をよく聞くが、私はそうでもない。例えば料理。片付けるのも面倒だし、家で食べるなら手軽にササッと済むものを好んでいる。最近はそこらへんで売っていてもウマいものが多いし、わざわざ手間暇かける必要はない。何なら人間はレンチンだけで生きていけるとさえ思っているくらいだ。

が、しかしっ……

先日、スーパーの冷凍食品売り場をパトロールしていたところ、スルーできない商品を発見した。味の素の冷凍餃子(239円)で、どうやら日本一売れているらしい。餃子となれば話は別! これをビールのお供にできたら最高なので、火を使う冷凍食品にも挑戦してみることにした。そしたらよぉ……

続きを全部読む

【冷凍食品検証】レンチンだけで1人鍋できる「豚チゲ鍋(300円)」がいいゾ〜、これ!

2018年の立冬は11月7日。暦の上で冬を迎えたわけだが、今年は暖冬と言われていて全国的に季節が逆戻りしているかのような暖かさだ。とはいえ、冬の足音は確実に一歩ずつ近づいてきている。

冬、それすなわち鍋の季節。気がついたら年越しているんだろうなぁと思っていたところ、スーパーで良さげな「豚チゲ鍋」を発見した。名前を聞いただけならどこにでもありそうだが、1人鍋ができる上にレンチンだけで調理完了ときたもんだ。これは買って試してみるしかない!

続きを全部読む

これが冷凍食品ってマジかよ…超人気店・麺屋一燈が監修した「麺屋の炒飯」にラーメン屋の意地を見た

おいおいマジかよ……近年、冷凍食品に「◯◯監修」という商品は数多いが、これまでと一味違う炒飯を食べてしまった。お店の看板もかかっているし、中途半端な商品を作れないのは分かる。スゴく分かるが、それを踏まえてもそんじょそこらの炒飯じゃなかった。

今回食べてみたのは、東京都新小岩に店を構えていていつも行列が絶えない繁盛店「麺屋 一燈」と日清のコラボ商品だ。このクオリティーがレンチンで食べられるようになったとは……いやはや、いい時代になったものである。

続きを全部読む

【冷凍食品検証】500グラムで具だくさんだと! 売り文句にホイホイ釣られてニチレイの五目炒飯を食べてみた

先日、おいしい冷凍食品を求めて近所のスーパーをパトロールしていたところ、久しぶりにビビビッときた。何しろ売り文句が素晴らしい。500グラムとボリューム満点で具だくさん。さらにはウマそうなチャーハンの写真までも叩き込んできたのだ。

当然、写真加工はしているだろうが、販売元は筆者(私)を冷凍チャーハンから逃げられない体にしたニチレイだけに期待せずにはいられない。ホイホイ釣られて「五目炒飯(299円)」を購入し、すぐに食べてみた!

続きを全部読む

冷凍食品とかウマいはずない(笑)っていう人はセブンイレブンの「極上炒飯」を食べるがよい

完全にナメていた。その実力を見誤っていた……。何のことかというと、冷凍チャーハンである。そう思ったのは今から半年前くらいのこと。久しぶりに冷凍食品を食べた筆者(私)は、最近のものってこんなに進化しているのかと衝撃を受けた。

それからというもの、私はコンスタントに冷凍食品を食べるようにしてきた。なぜなら、良さを伝えようとしても、当初は冷凍食品の素人すぎて人様にお伝えできるほどでもなかったからだ。しかし機は熟した。冷凍食品とかウマいはずない(笑)っていう人は、セブンイレブンの「極上炒飯」を食べるがよい。

続きを全部読む

【コスパ最強】日清の冷凍食品「台湾まぜそば」が199円なのにかなりウマい / セブンの「冷凍つけ麺」を超える逸材か

と、とんでもない冷凍食品を見つけちまった……! そう日清の『台湾まぜそば』のことである。日清に限らず最近の冷凍食品はどれも激ウマで、特に麺類は明らかにコンビニ商品よりもウマい……と個人的には思う。

特にセブンの「冷凍つけ麺」は激ウマ高コスパ冷凍食品として有名だが、もしかしたら『台湾まぜそば』はそれすら凌ぐ “冷凍食品キング” になれる逸材かもしれない。なにせ税込み199円で購入できるのだから……!

続きを全部読む

冷凍食品なのに店で食べているかのよう! カトキチの「肉うどん」が何度食べても飽きないウマさでマジ至高

冷凍食品だからどうせウマくないでしょ。そのように思っている人は決して少なくないだろう。それもそうだ、食品を一度凍らせているから味が落ちると言われたら納得してしまう。お店の出来立て料理をしのぐことができるかと言えば、おそらく不可能に近い。冷凍食品だから……これまで私(筆者)もそういう風に思っていた。

しかし、冷凍食品をいろいろ食べているうちに固定概念を覆してくるうどんに出会ってしまった。ズバリ、カトキチ(テーブルマーク株式会社)の「讃岐麺一番 肉うどん」。これがそんじょそこらの冷凍食品と一線を画すクオリティーで、いまや週3ペースくらいで食べるほどハマる私史上最高の冷凍うどんだったのだ。

続きを全部読む

【2018年福袋特集】女性人気爆発! 行列の果てにゲットした「スープストックトーキョーの福袋(3500円)」の中身がコレだ!!

東京を中心に全国約70店舗を展開するスープストックトーキョー(Soup Stock Tokyo)。素材のお味を活かした意識高めのラインナップで、特に女性から絶大な人気を誇るスープ専門店だ。

そんなスープストックトーキョーでは、今年も「9個入り(3500円)」と「13個入り(5000円)」の2種類の福袋を販売している。今回は行列の果てに「9個入り福袋(3500円)」をゲットしてきたので、その中身を余すことなくご紹介しよう。

続きを全部読む

【超コスパ】日清の冷凍食品『沖縄風ソーキそば』は単なる200円の奇跡 / 本日10月17日は「沖縄そばの日」

本日10月17日は「沖縄そばの日」である! これは1978年の今日、公正取引協議会により「沖縄そば」の名称表示が特殊名称として登録許可されたことを記念し、沖縄生麺協同組合が制定したという。まあとにかく、今日は「沖縄そばの日」なのだ。

それにしても沖縄そばってウマいよな? 控えめに言っても最高だよな? 問題は沖縄に住んでいない限り、なかなか食べる機会がないところ……と思っている諸君! 今回はそんな人にピッタリな日清の冷凍食品『沖縄風ソーキそば』をご紹介したい。マジのマジで神冷凍食品だぞ。

続きを全部読む

イチゴでかっ!! 西友の冷凍食品「4種の彩りミックスベリー」が家スイーツ時に大活躍しすぎて感動しきり

我が家のスイーツに革命が起きた! 大手スーパー「西友(SEIYU)」で売っている冷凍食品『みなさまのお墨付き 4種の彩りミックスベリー』を導入してからというもの、家で食べるヨーグルトからアイスまで、文字通り彩り華やかになったのだ!!

その名の通り、入っているベリーは4種類。ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、そして天下のストロベリー様だ。そんなベリー4姉妹を、新鮮なうちに急速冷凍。ふたたび彼女らが常温に戻るのは……私の口の中に入った時だーッ!! みたいな。

続きを全部読む

【衝撃の6個入り】100円ローソン『冷凍コロッケ』のコスパが凄すぎる件 / あまりの量にコロ助が語尾に「ナリ」を付け忘れるレベル

コロッケと聞いて、私(あひるねこ)が最初に思い浮かべるのが、『キテレツ大百科』のコロ助ナリよ。コロ助はとても可愛いナリ。ドラえもんと違って、特に何の役にも立たないところとか最高ナリね。ワガハイ、この記事はそんなコロ助に贈りたいナリ。

さて、本日の主役は100円ローソンこと、ローソンストア100だ。ローソンなのにほぼ100均というのが売りで、コロ助と違って有能である(ひどいナリ)。その100円ローソンの中で、一際高いコスパを誇るのが、冷凍食品「おいしいコロッケ」だろう。なんとこの商品、コロッケ6個で100円なのだ!

続きを全部読む

【衝撃】冷凍どん兵衛が激ウマすぎィィイイ! そば屋もコッソリ年越しソバにするレベル!!

日清「どん兵衛」といえば、マルちゃん「赤いきつね」と「緑のたぬき」と双璧を成す、日本代表のカップそばであり、カップうどんである。どちらを選ぶかはその日の気分によるが、後乗せサクサクのどん兵衛を支持する人も多いことだろう。

おそらく「年越しソバはどん兵衛と決めている」という人も多いに違いないが、ちょっと待って欲しい。記者もつい先日まで知らなかったのだが、実は日清は『冷凍どん兵衛』を展開しており、これがカップのどん兵衛とは比べ物にならない異次元のウマさなのだ。

続きを全部読む

【話題の冷凍食品】鍋で加熱するだけ「お水がいらないラーメン」を食べてみた結果 → 濃厚スープ&具材入りで高コスパだった!

急激に気温が下がるこの季節、無性に食べたくなるのが熱々のラーメンだ。お気に入りのラーメン店に出向く方もいれば、カップ麺やインスタント麺、コンビニのチルド麺などを買っている方もいるだろう。

今回は、TVやネットで話題の水を全く使わずに作れるラーメンを食べてみたところ、カンタン調理でありながら激ウマだったので、その内容をご報告したい。

続きを全部読む

【高コスパ】トースターで8分「セブンプレミアムの箱入り冷凍ピザ」がマジ本格的!  モッチモチ&濃厚で超ウマい!!

世界中で愛されているファーストフードのひとつに「ピザ」がある。最近では様々な店で当たり前のようにピザが食べられるようになったが、未だに根強い人気を誇っているのが宅配ピザだ。

しかし、宅配ピザはやや高価で、なかなか気軽には頼めないというのが正直なところではないだろうか。そこで、救世主のように登場したのが、セブンイレブンなどで販売されているセブンプレミアムの『箱入り冷凍ピザ』である。今回は、本格的な味わいが楽しめると話題のそのピザを食べてみたのでレポートしよう。

続きを全部読む

【衝撃】KALDI(カルディ)の「冷凍トムヤムチャーハン」がウマすぎて危険! パクチーをトッピングすると究極進化してさらにヤバい!!

ちょっとお高いけれど、いい品がズラリと揃う輸入食材店といえばカルディコーヒーファームである。店の前を通ると、「なんかあるかも……」とついつい吸い寄せられてしまう人も多いことだろう。

かく言う筆者もその一人。つい先日、「ウマいもんないかな~」とカルディに立ち寄ったところ、普段はあまり気にしない冷凍食品コーナーでヤツと初遭遇してしまった。ヤツとは『冷凍トムヤムチャーハン』のこと……。結論からいうと「なんで今まで気付かなかったんだ、俺の馬鹿!」と自分を責めたくなるほど、ヤツは絶品だったのだ。

続きを全部読む

てんやで天丼だけ食ってるヤツは素人! 自称・プロテンヤーが「かき揚げライスバーガーを食べてこそ超一流」と断言!!

通常、外食すると めちゃんこ高い天ぷらを、リーズナブルな価格で提供してくれる “最強天ぷらチェーン店” といえば『てんや』である。揚げたてサクサクなのはもちろんのこと、タレも白米も言うことナッシング! 「てんやの天丼最高ぉぉおおお!!」と考えているのは筆者だけではないハズだ。

だが、日本全国のてんやを回ることが夢だと豪語する、自称・プロテンヤーの佐藤記者によれば、「てんやで天丼を食べて満足しているヤツは素人」だというのだ。一体どういうことなのだろうか? 佐藤記者の言い分を聞いてみよう。

続きを全部読む

あふれ出す肉のジュース! セブンイレブンの「冷凍小龍包」が神うめぇぇええ!! 中華街が震撼して地割れを起こしかねないレベルッ!!

所詮は冷凍食品。そんな時代はとっくに過ぎ去り、マッハの勢いで進化し続ける冷凍食品の数々。特にここ数年は、コンビニ冷凍食品の台頭が目覚ましく、これまで当サイトでも数々の激ウマ商品をご紹介してきた。

個人的には「ファミマの汁なし担々麺」「ファミマの冷凍つけ麺」「セブンの冷凍つけ麺」「セブンのスティックポテト大学いも」がコンビニ冷凍食品の四天王だと思っていたが、そこに割って入る……どころかキングになりうる神ウマ冷凍食品を発見してしまったのでご紹介したい。それが『セブンイレブンの冷凍小龍包』DA!

続きを全部読む

【冷凍食品】セブンイレブンの「皮まで食べられるぶどう」が何事にもちょうどイイ

手軽で美味しい、コンビニ冷凍食品。ロケットニュース24ではこれまで、「冷凍つけ麺」や「汁なし担々麺」をご紹介してきたが、今回お届けするのはスイーツについての情報だ。

「冷凍食品でスイーツってアイスじゃないの? バカなの?」と思った方は、どうか落ち着いて欲しい。ご紹介したいのはズバリ! 『皮まで食べられるぶどう』という商品。これが手軽でウマくて、思わず「おっ!」と思わされるクオリティなのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2