「佐川急便」にまつわる記事

【悲報】「ゆうパック」が2018年3月から100円以上の大幅値上げを検討 / ネットの声「勘弁してもらいたい」「値上げきたか…」

NHKの情報によると、日本郵便は「ゆうパック」の個人向けの料金を2018年3月から値上げする方向で検討に入ったという。

値上げ率は、荷物の大きさや配達する地域に応じて平均でおよそ10%で、金額にすると100円から200円程度になるとのこと。ネットでは今、この大幅な値上げ検討に対し、多くの声が挙がっている。

続きを全部読む

【要注意】佐川急便を装う「なりすましメール」のクオリティが上昇中 / クオリティ別に比較してみた!

昨今、ヤマト運輸を装った「なりすましメール」が世間を騒がせているが、同じく大手運送会社の佐川急便を装う迷惑メールも存在する。その内容も様々で、一発で「ウソだろ」とわかるものが多いが、最近はかなりの勢いでクオリティが上昇中……。

ということで、今回はそんな佐川急便の「なりすましメール」をクオリティ別に「松竹梅」のランク形式で解説しようと思う。

続きを全部読む

【直撃】佐川急便では日常的に荷物が雑に扱われているのか? 元佐川のドライバーに聞いてみた

佐川急便のドライバーが、配達物を地面に叩きつけたり、台車をぶん投げたりする様子が収められた動画が物議を呼んでいる。荷物の送り主や製造者の気持ちを考えるとあってはならないことだが、昔から都市伝説的に「配達ドライバーは荷物の扱いが雑」というのは耳にする話だ。

本当にドライバーの荷物の扱いは雑なのか? 配達物を地面に叩きつけたりするような事案は日常的に行われているのか? 今回は約10年前まで佐川急便でドライバーを務めていた元ドライバーに、真相を直撃してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

運送屋のドライバーあるある35連発 / 運送会社で働く人なら納得!?

雨の日も風の日もどんな時も、荷物を正確に運び続ける運送会社のドライバー。みなさんはどんなイメージを持っているだろうか? 大変? イケメン? 筋肉? 休みなし? たくさんのイメージがあるだろう。今回はドライバー経験がある記者(私)だからこそお伝えできる「運送屋のドライバーあるある35」をお伝えしたい。

続きを全部読む

【注意喚起】佐川急便をかたる「配達先確認をお願い致します」というメールに気をつけよう!

インターネットユーザーの間で、大手運送会社「佐川急便」の名をかたるメールの内容が話題になっている。どうやらこれは、正真正銘の佐川急便のものではなく、迷惑メールのようである。もしも受信したという方は、メールの内容を確認されることをおすすめする。その内容は、以下のようなものだ。

続きを全部読む

写真集を出版した「佐川急便」が握手会を開催! ネットユーザー「不在届けを持って集合」

先ごろ、セールスドライバーの写真集を発売した大手運送業者「佐川急便」。今までにないユニークな書籍企画で話題を呼んだのだが、2012年9月21日になんと握手会&撮影会が開催されることが判明した。普段お世話になっているドライバーの握手会に、ネットユーザーは驚きを隠せないようだ。

続きを全部読む

【注意喚起】佐川急便をかたる迷惑メールに気をつけよう

京都に本社を置く運送業者大手の「佐川急便」は、公式ページで迷惑メールへの注意を呼びかけている。最近のおしらせによると、同社を騙った迷惑メールを受け取る人が増えており、記載されているURLをクリックして意図しないサイトにアクセスしてしまうようである。同社が紹介している事例を参考にして頂きたい。

続きを全部読む

海だろうが、山だろうが、大雪だろうが、どんなところにでも荷物を運んでくれる配送業者といえばクロネコヤマト(ヤマト運輸)だ。あなたも、何度かお世話になったことがあるのではないだろうか。

広く親しまれている「宅急便」という言葉は、クロネコヤマト以外の配送業者で使うことができない言葉なのをご存じだろうか? ペリカン便で有名な日通も、「ゆうパック」で有名な郵便局も、「おるかー」で有名なあの配送業者も、宅急便という言葉を使うことができないのだ。

続きを全部読む