「人間椅子」にまつわる記事

【本日21時】すべてのロックファンに朗報! 人間椅子の渋谷公演がニコ生で配信されるぞ~ッ!!

国内外で活躍する実力派バンドが一同に会する、大型音楽イベント「オズフェスト」。2013年の開催に続いて今年も参戦することが決まったロックバンド人間椅子。2回続けて出演の声がかかったということは、どう考えても彼らの実力が認められている証拠ではないだろうか。

・O-EAST公演をニコ生放映!

そんな彼らは2015年7月1日に映像作品『苦しみも喜びも夢なればこそ「現世は夢~バンド生活二十五年~」渋谷公会堂公演』をリリースし、その発売記念ツアーを敢行。東京での公演は7月24日に渋谷TSUTAYA O-EASTで行われた。実はそのライブの模様が8月6日よりニコニコ生放送で放映される。会場に行けなかったという人は、ぜひチェックして欲しい。会場の興奮が伝わってくるはずである。

続きを全部読む

2013年に続いてロックバンド「人間椅子」が再びオズフェストに参戦決定! レアなアニメソングカバー映像も公開

活動歴25年にしていまだ衰えを知らず、ますます勢いを増すロックバンド「人間椅子」。彼らの最近の活躍の追い風になったのが、2013年のオズフェストである。これは世界的ロックシンガー、オジー・オズボーンが創設したロックイベントだ。

2015年11月に開催することが決まり、日本開催初回に続いて再び人間椅子が参戦することが発表された! 実はその発表動画で、元レイジ・アゲンスト・ザ・マシンのギタリスト、トム・モレロが人間椅子をこう紹介しているのである。

続きを全部読む

またまた帰ってきた! 猛烈に和むトーク番組『帰ってきた人間椅子倶楽部』が7月8日にニコ生放送決定!

2015年5月13日、日本を代表するロックバンド「人間椅子」と「筋肉少女帯」はコラボシングルの『地獄のアロハ』を「筋肉少女帯人間椅子」名義でリリースした。6月7日には東京・渋谷公会堂でライブを行い、卓抜したパフォーマンスで来場者を圧倒したのである。

・アノ番組が再び!

近年とどまることを知らない快進撃を続ける人間椅子が、7月1日にライブDVD・Blu-rayを発売することとなった。それに合わせて、バンドのパフォーマンスとは裏腹に猛烈にゆるい番組『帰ってきた人間椅子倶楽部』を放送するぞ! 今回で第3回目。過去2回の放送を上回る勢いのゆるい内容でお届けするかも!?

続きを全部読む

【ライブレポート】あふれ返るほどの「地獄のロック」に観客悶絶! 筋肉少女帯人間椅子の渋公がかなりヤバかった!!

いまだかつて、これほどまでに「地獄」という言葉が相応しいバンドがいただろうか? いや、いないはずである。おそらくこの先も、彼らを凌ぐ地獄のバンドは現れることはないだろう。なぜなら、日本の音楽界にあって強烈な異彩を放ち、25年もの長きにわたって活動してきた2つのバンドが1つになったからだ。

巨大な大きな渦が重なりあって、さらに大きな渦になる。そんな緊張と恐怖、偉大さと高揚感に満ち満ちている。「筋肉少女帯人間椅子」とは、一口に名状しがたい大きな渦だ。巨大な混沌なるうねりは観客を巻き込み、2015年6月7日東京・渋谷公会堂を文字通りに揺らした。ダークサイドの面々は、爽やかならざる雄たけびを上げ、「アロハオエ!」と夏の兆しを届けたのである。

続きを全部読む

筋肉少女帯人間椅子コラボシングル『地獄のアロハ』の発売を記念してアメ横・浅草に「地獄のアロハシャツ」を探しに行ってみた

2015年1月に渋谷公会堂での公演を成功させた、ますます勢いに乗るのロックバンド「人間椅子」。活動25周年を迎え、超ベテランの域に達した彼らなのだが、そのサウンドはデビューしたての若手バンドを凌ぐほど研ぎ澄まされている。そんな彼らが盟友「筋肉少女帯」とタッグを組んでコラボシングルをリリースすることとなった! 合体したバンド名「筋肉少女帯人間椅子」、シングルタイトル『地獄のアロハ』である!!

・『地獄のアロハ』発売!

オジサンたちの悪ふざけかと思いきや、サウンドはゴリゴリで余すところなくロック全開! 活動歴20年を超える燻し銀のロックが炸裂しているのである! その発売を記念して、人間椅子のギターボーカル和嶋慎治氏と東京・アメ横と浅草に地獄っぽいアロハシャツを探しに行ってみたぞ!!

続きを全部読む

【ライブレポート】人間椅子ツアーファイナルで渋公完売! サプライズ登場した「ネズミ男」と「ウンモ星人」にファン感激ッ!!

2014年6月に通算18枚目のアルバムをリリースした、ロックバンド「人間椅子」。同年8月から全国10カ所のリリースツアーを敢行し、この年の活動を終えるのかと思いきや、12月に新曲4曲を含むベスト盤『現世は夢』をリリースし、2015年早々に再び東名阪のリリースツアーを行った。

活動25周年を向かえ、メンバー全員が50代に差しかかろうとしているというのに、デビューしたばかりのバンドにも負けないアグレッシブな活動が続いている。その彼らが1月24日渋谷公会堂でのライブを行った。この会場に出演するのは20数年ぶりとのこと。ほぼ四半世紀を経たというのに、パフォーマンスは当時を彷彿とさせる。いや、当時を完全に凌駕する勢いだったのだ。

続きを全部読む

ロックバンド「人間椅子」がニコ生に再び降臨! 驚くほど緊張感のないユルユル放送に3000人超の視聴者癒されまくり

この1年、さまざまな人が躍進を遂げた。お笑いであれば、日本エレキテル連合。スポーツであれば、テニスの錦織圭選手。そして音楽界では、デビュー25周年を迎えたバンド「人間椅子」である。その躍進ぶりは返り咲くというレベルではなく、すでにデビュー当時の勢いを凌ぐほどだ。

そんな彼らが、2014年12月16日にニコニコ生放送に出演。今では伝説とさえ言われている彼らの番組「人間椅子倶楽部」の復刻番組、「帰ってきた人間椅子倶楽部」を放送したのである。今回の復活放送は夏に続いて2回目だったのだが、総視聴者数は1回目を上回り、3000人超! いまだかつてないほどまったりとした内容に、視聴者は癒されまくっていた。

続きを全部読む

【12月16日21時】夏に大盛況だったアノ番組が再びニコ生に帰ってくる! 激レアな内容盛りだくさんの「帰ってきた人間椅子倶楽部」再び放送

今年もっとも躍進を遂げたバンドのひとつに、「人間椅子」が挙げられるだろう。彼らが他のアーティストと異なる点は、そのキャリアだ。デビューから25年、長いキャリアを持つアーティストは数多くいる。だがその多くが、過去のブレイクの延長線上にあるはずである。人間椅子はこれからブレイクする予感を秘めているのだ。

・アノ番組が再び!

その証に、2014年12月3日のニコニコ生放送の特別番組は、視聴者が2万人を超えていた。世代を越えて愛されるバンドになりつつあるのである。そんな彼らの伝説のテレビ番組『人間椅子倶楽部』が、再びニコ生で12月16日に放送されることになっている。夏の放送に続き、今回は “この放送のときにしか見られない企画が目白押し” なのだとか。ファンはもちろん、人間椅子が気になる人は見るしかない!

続きを全部読む

活動25周年の集大成! ロックバンド「人間椅子」がベストアルバム『現世は夢』を12月3日に発売 / 音に込められた気迫に身体が震える

今年デビューから25周年を迎えたベテランのロックバンド、人間椅子。25年前、あなたは何をしていただろうか? もしかしたら生まれていなかったという人もいるだろう。逆に考えてみて欲しい、今から25年後の自分がどんな活躍をしているか想像つくだろうか? おそらくほとんどの人がイメージできないはず。

それは人間椅子でも同じである。若き日の彼らが、25年後にもっとも脂が乗った状態で精力的に活動しているとは思っていなかったはずだ。その彼らが2014年12月3日に25周年記念のベストアルバム『現世は夢』をリリースする。この作品は過去の作品を集めて作られた、ただのベストではない。彼らの起源と未来を一度に垣間見ることができる集大成の作品だ。

続きを全部読む

【ライブレポート】二度目のデビューといっても過言ではない! 勢い止まらぬ熟年ロックバンド「人間椅子」 渋公出演決定ッ!!

デビューから25年を経て、衰えるどころかますます輝きを増しているロックバンド、人間椅子。2014年6月25日に新譜『無頼豊饒』をリリースし、8月20日から全国10カ所のリリースツアーを敢行。ツアー前日に放映されたニコニコ生放送「人間椅子 25周年記念 厳選映像」では、2万人を超える来場者数を記録し、若いネットユーザーは彼らの実力に驚嘆していた。

そうして迎えた9月20日、東京・恵比寿のリキッドルームでツアーのファイナルが行われたのである。この日のチケットはツアー発表の直後に完売しており、当日は超満員となった。そして、全国でライブを行ってきたメンバーはアルバムに対する強い手ごたえを感じており、卓抜した演奏を炸裂。さらには2015年1月の渋谷公会堂公演というサプライズ告知でファンを歓喜させたのである。

続きを全部読む

【大盛況】ロックバンド人間椅子がニコ生初降臨! ゆるくてアツいロックな放送内容に2000人が興奮

以前の記事で、ロックバンド「人間椅子」が、その昔に青森県だけで放映していた番組を復活させるとお伝えした。その番組の名は『人間椅子倶楽部』である。

この番組、バンドメンバーの実力がいかんなく発揮されるとあって、今では伝説と語り継がれている。それがニコニコ生放送で復活したのである。リバイバルにふさわしくタイトルは『帰ってきた人間椅子倶楽部』。実はこの放送に私(佐藤記者)も携わらせて頂いたので、放送の舞台裏を少しだけお伝えすることにしよう。

続きを全部読む

全てが一瞬にほとばしる! 超実力派ロックバンド「人間椅子」がインストアライブ敢行 / 怒濤のロックに身悶える

バンド活動25周年、一途なまでにロックを追求し続けてきた日本屈指の実力派ロックバンド「人間椅子」が、通算22枚目のオリジナルアルバム『無頼豊饒』をリリースした。それを記念して、東京・渋谷のタワーレコードでインストアライブを敢行

・再デビューの様相

購入者特典で行われたこのイベントは、過去リリースの度に行われている。だが、今作はイベント前から会場の雰囲気が全然違った。以前にも増して若いファンが増えただけでなく、会場は超満員でファンの熱気で極アツだったのである。ギター・ボーカルの和嶋慎治氏は「25年にして再デビューを果たした気分」というのだが、まさにその言葉にふさわしい状況だった。

続きを全部読む

【朗報】青森ローカルなのに贅沢すぎて「伝説」と言われたあの番組が復活!! ニコニコ生放送にロックバンド人間椅子が降臨するぞーッ!!

活動25周年を迎え、今まさにノリに乗っているロックバンド「人間椅子」。1987年にデビューして以来、ただひたむきにロックし続けているバンドである。2013年にロックイベント「オズフェスト」に出演し、広い世代に知られることとなり、独特の世界観と卓抜した演奏力で魅了される人続出。

2014年6月25日に新譜『無頼豊饒』はバンド史上最高の初週セールスをたたき出しているという。そんな彼らがなんと、ニコニコ生放送に初登場だ! しかもその番組を、私佐藤記者がお手伝いすることとなった。詳しい番組内容は以下の通りだ。みんな! 見てくれよなッ!! FAXで質問も受け付ける予定だぞ!

続きを全部読む

【レポート】バンド活動25周年の集大成! 日本屈指のバンド「人間椅子」が6月25日に通算18枚目のアルバム発売

2013年5月に千葉・幕張メッセで行われた、ロックイベント『OzzFest』(オズフェスト)に出演し、その名前を広く知らしめることとなったロックバンド「人間椅子」。1989年にデビューした彼らは、今年でちょうど活動25周年を迎えた。デビュー時に「オギャア!」と生まれた赤ちゃんが、今では立派な大人になるような長い月日、バンドを継続しているのだ。

昨年来、彼らの勢いは増すばかり。8月に通算17枚目のオリジナルアルバム『萬燈籠』(まんどろ)をリリースすると、リリースツアーで全国を駆け抜け、その流れを留めることなく新譜の制作に突入。この6月25日に『無頼豊饒』(ぶらいほうじょう)を発売することとなった。5月某日には都内ライブハウスでPVの撮影を敢行。25年間蓄えたエネルギーが今、一気にあふれ出しているようだ。

続きを全部読む

【快挙】メンバー全員ふんどし着用のロックバンド『人間椅子』がベストフンドシスト賞を獲得! ふんどしパワーで1300人を魅了

今年バンド生活25周年を迎えるロックバンド「人間椅子」が快挙を成し遂げた。四半世紀にわたる活動も十分スゴイのだが、おそらくこの先どのバンドも手にすることがないであろう、栄えある賞を獲得したのである。その賞とは、「BEST FUNDOSHIST AWARD 2013」(ベストフンドシスト賞2013)だ。

・バンド初! ベストフンドシスト受賞!

これは、日本古来の文化であるふんどしを広く普及するために活動している、一般社団法人「日本ふんどし協会」が、ふんどし普及に貢献した者を毎年選出して授与しているものだ。バンドで受賞したのは人間椅子が初めてであり、この先もバンドが受賞することはないであろう。なにしろメンバー全員ふんどし着用、ベースボーカルの鈴木研一氏はこの25年間ずっとふんどしでステージに立ち続けているのだ。これを超えるふんどしバンドはあらわれない! 多分。

続きを全部読む

【ライブレポート】活動25年の実力が放つ珠玉の音 / 勢い止まらぬ熟年ロックバンド『人間椅子』

もし仮に人生が100年と考えたならば、その4分の1に当る25年という月日は、途方もなく重い。それだけの時間を費やして、何かひとつのことに打ち込むのは大変な努力と忍耐が必要になる。それを貫ける人はおそらく稀ではないだろうか。

さらに25年をかけて、最高の状態にたどり着くとなると、至難のわざだ。挫折という言葉ではたやすいと感じるほどの困難が、常に付きまとうに違いない。人生のさまざまな苦難を乗り越えて、今まででもっとも良いコンディションを迎えているバンド、それが人間椅子だ。2013年8月に新譜を発売し、迎えたツアーファイナルは即完売。その日のライブは「凄まじい」と呼ぶにふさわしいものだった。

続きを全部読む

今ダムが猛烈にアツい 「ダム」と「ダムカード」の魅力に迫る / ダムマニア「ダムはブルース」

皆さんはダムを見たことがあるだろうか? 誰もが遠足や社会見学で、一度は目にしたことがあるはずである。日本でダムとは、治水・利水を目的に造られた人工の建造物であり、基礎地盤から高さ15メートル以上のものを指す(15メートル以下は堰(せき))。

・ダムとダムカードの魅力

さて、今そのダムに注目が集まっている。元より巨大建造物を好む人が多かったようなのだが、最近はダムマニアが増えつつあるようだ。実は立役者としてマニアの心をくすぐっているのが、「ダムカード」だ。今回はダムとダムカードの魅力に迫ってみたいと思う。

続きを全部読む

【インタビュー】デビューから25年で今もっとも研ぎ澄まされたバンド「人間椅子」 ギター・ボーカル和嶋慎治

2013年5月、千葉・幕張でロックイベント『オズフェスト』が開催された。国内外のアーティストが多数参戦するなか、もっとも注目を集めたのが日本のロックバンド「人間椅子」である。

・メジャーデビューから約25年にしてますます活発
メジャーデビューから約25年。四半世紀にもおよぶ活動を続け、現在も精力的に作品を発表しツアーを行う彼ら。まったく衰えることなく、いやむしろ、ますます活発に活動をする彼らを支えるものは何なのだろうか?

続きを全部読む

【動画あり】ももクロのステージサポートでにわかに脚光を浴びるバンド『人間椅子』とは?

2013年5月11・12日の両日、千葉・幕張メッセでロックイベント『OzzFest』(オズフェスト)が開催されました。国内外のアーティストが多数参加するなか、にわかに脚光を浴びているバンドがあります。

そのバンドとは……人気アイドルユニット「ももいろクローバーZ」のステージをサポートした「人間椅子」。バンドの実態を知らないインターネットユーザーの間で大きな注目を集めています。一体全体、このバンドは何者なのでしょう?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2