「ライブハウス」にまつわる記事

【衝撃】売れないバンドマンが初めてロンドンでライブすることに → 強烈に「海外を感じるトラブル」があった話

常識を求められることの多い現代日本だが、そんな常識も一歩海を越えると全然違ったりするものだ。売れないバンドマンである私(中澤)が、2019年8月、イギリスでライブすることになったのは以前の記事でお伝えした通り。

初めての海外でのライブ。しかも、ロックの生まれた国イギリス! 胸は高鳴る一方だが、渡航前から強烈に「海外を感じるトラブル」があった

続きを全部読む

「音楽が廃れたのはJASRACのせいなの?」老舗ライブハウスの店長たちに聞いてみた結果

JASRACが悪い! JASRACが日本の音楽を衰退させる!! 音楽著作権の管理団体『JASRAC』が何か動く度にネットではそういった声があふれる。

事実、現在日本の音楽業界は衰退していってるように見えるが……我々一般ピーポーよりも音楽業界と深くつながっている人達はそこら辺をどう見ているのだろうか? 音楽業界に勢いがあった時代から老舗ライブハウスで店長をしている人達に聞いてみた。

続きを全部読む

大阪伝説のライブハウス『十三ファンダンゴ』、土地が売却され営業を続けられない状態に / 移転をお知らせするも移転先は未定

衰退する音楽業界、ライブハウスがなくなるというニュースをよく耳にするようになった。昨年2017年、37年の歴史を誇る「新宿JAM」が東新宿での営業に幕を下ろしたことは記憶に新しいが……今度は「十三ファンダンゴ」である

大阪十三(じゅうそう)にあるファンダンゴは、2018年で31周年を迎える伝説のライブハウス。ウルフルズなども輩出したこのライブハウスは、現在も全国のツアーミュージシャンに知られる聖地のような場所だ。

そんなファンダンゴが営業を続けられない状態にあるという。しかも、理由は土地が売却されたから。マジかよ……!

続きを全部読む

【実話】離島の旅館がライブハウス化! これまでに100名以上のアーティストが出演するも、主人の一言が泣ける

田舎で音楽活動を続けるのは、とても難しい。まして、離島となるとコンスタントに演奏をする場所がない。そもそもライブそのものが難しいのに、無謀にもフェスを開催したのが、島根県の隠岐島である。

2013年4月に、10日間も野外音楽イベントを開催。その参加費がたったの9800円という、まったく意味不明のフェスを開催した。このフェスを主催した旅館「紺屋」にはこれまでの4年間で100名のアーティストが出演したという。旅館でライブ? しかも100名も出演しただと? まったく意味がわからない……。

続きを全部読む

【ロングインタビュー】結成26年目にして初の武道館公演を行う奇跡のロックバンド『フラワーカンパニーズ』が示す「バンドとは何か?」

精力的な活動でライブハウスシーンをにぎわし続けるロックバンド『フラワーカンパニーズ』。2度のメジャーデビューを含む26年の長い歴史の中で、活動休止、メンバーチェンジは一切なし。その歴史に裏打ちされた息のあったバンドサウンドと声のかぎりに叫ぶ姿は、見ているこちらも思わず叫んでしまうほどに胸をえぐられる。

2015年12月19日、そんなフラカンがついに念願の日本武道館の舞台に立つ。この日はファンにとっても本人たちにとっても、心の底から「生きててよかった」と叫べる夜になるだろう。大舞台を控えた彼らはどういった心境なのだろうか? ヴォーカルの鈴木圭介さんとベースのグレートマエカワさんにライブや創作について語ってもらった!

続きを全部読む

【実録番外編】迷惑メールを語り倒すトークイベント『GO羽鳥と迷惑メールの夕べ(ゆうべ)』が開催されるぞ!

空に輝く太陽から目には見えない紫外線が届くように、みなさんのメールアカウントにも目には見えない迷惑メールが届いている。「迷惑メールフィルタ」という名のオゾン層が、いらぬ迷惑メールを吸収してくれている……だけにすぎない。

それはどうでもいいとして、私事で恐縮であるが、迷惑メールを語り倒すトークイベント『GO羽鳥と迷惑メールの夕べ(ゆうべ)』が開催される運びとなったのでご報告しておきたい。日時は2014年06月17日だ!

続きを全部読む

ライブハウススタッフなら絶対納得する「ライブハウススタッフあるある」75連発

皆さんはよくライブに出かけるだろうか。今は行かないという人でも、若いときに一度や二度は足を運んだことがあるはず。もしかしたら、現在ライブハウスで働いているという人もいるかもしれない。今回はそんなライブハウスで働くスタッフの「あるある」をお伝えしよう。

【ライブハウススタッフあるある75】
1.外で騒ぐな
2.そこら辺にゴミやタバコを捨てるな
3.ライブ終わったら、頼むからすぐ帰ってくれ。外でだべるな
続きを全部読む

「聖地」といえば新大久保、ローカル韓流アイドルのライブに行ってみた

オタクの聖地といえば、東京・秋葉原なのだが、韓流の聖地といえば、どこかご存知だろうか? 実は東京・新大久保にはその名も「聖地」というライブハウスが存在する。この街は、言わば韓流の原宿。「おばあちゃんの原宿」巣鴨に勝るとも劣らない勢いで、ブームの波に乗って活況を呈しているのだ。

そのライブハウスでは、新大久保から日本を元気にしようというローカルアイドルがステージに立っているのである。

続きを全部読む