「マーベル」にまつわる記事

【困惑】映画「ドクター・ストレンジMoM」の試写会に行って来た → ネタバレが多すぎて何を書けばいいかわからなくなってしまう

マーベルファンのみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。いよいよ2022年5月4日(水)に映画『ドクター・ストレンジ / マルチバース・オブ・マッドネス』が劇場公開されました。

それに先駆けて開催された先行試写会へ、前日の5月3日に伺ってきたのですが……。ハッキリ言って私はメチャメチャ困ってしまっています。なぜなら “ネタバレ禁止事項” があまりにも多すぎて「何も書けねえ」という状態に陥っているからです……!

続きを全部読む

マーベル最新ドラマ『ムーンナイト』を2話だけ見てみた正直な感想 / 優先的に見るべき「ディズニープラスオリジナルドラマ」は?

マーベル最新ドラマ『ムーンナイト』が、ディズニープラスにて配信開始となった。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の勢いはとどまることを知らず、今後は「映画だけでは全ては把握しきれない」「ドラマ込みでMAXおもしろい」と見込まれている。

『ムーンナイト』はディズニープラスで早くも5作目の実写ドラマであるが、果たして貴重な時間を割いてでも押さえておくべき作品なのだろうか? マーベル大好き歴25年の記者が『ムーンナイト』を2話まで見てみた感想をお伝えしよう。

続きを全部読む

マーベルファンなら映画「モービウス」を観て後悔しない / あるいはジャレッド・レトの華麗なるリベンジについて

少々唐突ではあるが、結論を申し上げてしまおう。2022年4月1日(金)に公開される映画『モービウス』はかなり面白い。傑作とまでは言わないが、マーベルファンなら観ておいて損はしない良質な作品だ。

ストーリーや映像美もさることながら、本作の中心にいたのは間違いなく主演のジャレッド・レト。彼が扮する『モービウス』は、今度のマーベルユニバースに大きな影響を与える……かもしれない。

続きを全部読む

【ネタバレなし】イヤな予感もしてたけど…マーベル最新作「エターナルズ」はスタンディングオベーション級の傑作でした

ハッキリ言って傑作です──。なんの話かと言うと、2021年11月5日(金)に公開されるマーベル最新作『エターナルズ』のこと。いやー、正直に言っちゃうと観る前はイヤな予感もしてたんですよ。理由は後述しますが、そんな不安な見事に消え去りました。

私、P.K.サンジュンはいわゆるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の全作品を鑑賞していますが、早くもTOP3にランクインしましたね。これは観た方がイイ、というか観なきゃダメ。それくらい価値ある作品ではないでしょうか。

続きを全部読む

【問題作】MCU最新映画『シャン・チー / テン・リングスの伝説』は「史上最もマーベルっぽくない作品」である

2021年9月3日(金)、マーベル最新作『シャン・チー / テン・リングスの伝説』が公開される。『アベンジャーズ / エンドゲーム』で一区切りついたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の新たな1歩となる期待の作品だ。

世界同時上映に先駆けて同作を鑑賞してきた私、P.K.サンジュンは、率直に「どう評価すればいいんだ……?」と戸惑っている。一言で申し上げると本作は「西洋圏の人がイメージするアジアを詰め込みまくった作品」であろう。

続きを全部読む

【ネタバレなし】映画『ブラック・ウィドウ』を観て確信した、今後のマーベル作品がハズす確率は0.01%くらい

2021年7月8日、映画『ブラック・ウィドウ』が劇場公開された。本来なら2020年5月に公開予定だった本作は、新型コロナウイルスの影響で延期に次ぐ延期を繰り返しており、ファンにとっては相当な “おあずけ期間” を経てのマーベル映画ということになる。

当然、私(P.K.サンジュン)にとっても「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」以来およそ2年ぶりにマーベル映画となったワケだが……ここで結論を申し上げてしまおう。完全にマーベルは確変に入っているッッ! 連チャンが止まらない!!

続きを全部読む

【本音レビュー】今さらDisney+『ワンダヴィジョン』を見てみた感想 →「いよいよ本気を出してきたな、ディズニー」

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズなど超強力コンテンツを抱える『Disney+』。筆者が会員登録してから1年ほどが経ったが、スター・ウォーズの実写ドラマ『マンダロリアン』を見終わってからは放置気味で、最近は『ソウルフル・ワールド』を見たぐらい。

そろそろ切ろう(解約)かな……そう思っていた私がラストチャンスとして『ワンダヴィジョン』を視聴し始めたら、度肝を抜かれた。怒涛の展開が毎回のように続き、文句なしに面白い! のだが、それ以上に この作品を通してディズニーの “本気” が見えた。

続きを全部読む

マーベル最新作『モービウス』の予告編が解禁! ただしMCUとは無関係なもよう

2019年公開の『アベンジャーズ / エンドゲーム』で、大きな区切りを迎えたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界。今年2020年からは新フェーズに突入し、これまでと同様のペースで映画が公開される見込みだ。

その1発目は2020年5月公開の「ブラック・ウィドウ」であるが、今回ご紹介する『モービウス』はMCUに属していないマーベル映画となっている。アメコミファンでも「渋すぎる」と絶句するであろうモービウスとは一体……?

続きを全部読む

【超速報】映画『ブラック・ウィドウ』の予告編が初解禁! スカーレット・ヨハンソン「この作品が終わりをもたらすために必要」

2019年6月に映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が公開されてから約5カ月。今や世界最強の爆売れコンテンツとなったマーベル映画だが、次回作までにこれほど間が空いたことは初期を除き記憶にない。きっとファンのみなさんは “マーベルロス” に陥っていることだろう。

そんな方はぜひ、2019年12月3日に公開された映画『ブラック・ウィドウ』の予告編動画を見てマーベル欲を満たして欲しい。本作でいよいよフェイズ4が幕を開ける──。

続きを全部読む

【速報】映画「ブラック・ウィドウ」2020年5月1日に日米同時公開決定! いよいよ “フェイズ4” が始動へ!!

いまや日本にも完全に定着した感がある、マーベル映画の世界。今年2018年は「キャプテン・マーベル」「アベンジャーズ / エンドゲーム」「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」……と立て続けに3本のタイトルが公開された。

だがしかし、ご存じの通り「アベンジャーズ / エンドゲーム」にてMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界はとりあえずの一区切りがついたため、現在は小休止状態である。そんな中、久々のタイトルとなる『ブラック・ウィドウ』の日本公開が2020年5月1日と発表されたのでお伝えしよう。

続きを全部読む

【大揺れ】「スパイダーマンはMCUに残留する」とマーベルマニアが断言する理由

2019年8月21日、世界中の映画ファンに激震が走った。アメリカの情報サイト「Deadline.com」などが「マーベルは今後MCUでスパイダーマン映画を製作することはなくなるだろう」と報じたためだ。

スパイダーマンの権利を有する「ソニー・ピクチャーズ」と、ほぼ全てのマーベル作品の権利を持つ「ディズニー」が、スパイダーマン映画に関して共同出資に関する合意に至らなかったことが原因とされるが、果たしてMCUにスパイダーマンは登場しなくなってしまうのだろうか……?

続きを全部読む

『アベンジャーズ / エンドゲーム』のオリジナル・カクテルを映画BARで頼んだら、すっげえのが出てきた / 東京・渋谷「八月の鯨」

空前の大ヒット映画となった『アベンジャーズ / エンドゲーム』。ご存じのとおり本作は公開されるや否や、あっという間に世界興行収入ランキング2位に躍り出た。その後も破竹の勢いで1位の『アバター』に迫っていたが、あと一歩及ばず6月28日に上映を終えてしまった。

ああ、歴史が変わる瞬間を見たかった……。いや、『アバター』も大好きだが、やはり新たなる王者が生まれる瞬間に立ち会いたかったのだ……残念。しかし! 文字通り、歴史にも記憶にも残る大傑作が生まれたことには間違いない。そんな『エンドゲーム』に特別な “祝杯” をあげることにしたゾ!

続きを全部読む

【コラム】映画『X-MEN』がアベンジャーズになれなかった理由 / あるいはアメコミ映画に影響を与えすぎた伝説の作品について

2019年6月21日、映画『X-MEN ダーク・フェニックス』が公開される。ご存じの方も多いと思うが、アベンジャーズなどの権利を持つ “ディズニー” がX-MENなどの権利を持つ “21世紀FOX” を買収、そのことから本作は「最後のX-MEN」などと呼ばれている。

ところがどっこい、こんな言い方はアレかと思うが、とてつもなく大きな話題になった「アベンジャーズ / エンドゲーム」と比べて『X-MEN ダーク・フェニックス』はさほど話題になっていない。果たして両者の差は何なのだろうか?

続きを全部読む

【推理】マーベル最強クラスのヴィランから「アベンジャーズ / エンドゲーム」以降の流れを読み解く

興行収入は50億円、観客動員数は350万人を突破した、映画「アベンジャーズ / エンドゲーム」。この記事を読んでいる皆さんは、当然同作をご覧になったかと思うが、おそらくほとんどの方が「今後のMCUはどうなっちゃうの?」と気になっているハズだ。

とりあえずは2019年6月28日に「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が世界最速公開されるが、現在のところ今後の流れは全く持って不明。ただし、いくつかの推測はできる。例えば「サノス級に強いヴィラン」から、今後の流れを読み解くことも出来るハズだ。

続きを全部読む

映画『ドクター・ストレンジ』を10倍楽しむために知っておきたい5つのキーワード

2019年5月17日、金曜ロードショーで『ドクター・ストレンジ』が放送される。アベンジャーズを含むこれからのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)には欠かせない超重要人物であるが、果たしてどんな能力のキャラクターなのだろうか? 5つのキーワードを元に解説したい。

続きを全部読む

「アベンジャーズ / エンドゲーム」の次はコレだ! ディズニーが映画化しそうなマーベルのヒーローたち

世界レベルで爆発的な大ヒットを記録している映画『アベンジャーズ / エンドゲーム』。かつて日本ではマイナーだったアメコミ文化もすっかり定着し、多くの人が「アイアンマン」や「キャプテン・アメリカ」を知っている。アメコミにハマって25年の記者からすると、いまだに信じられない思いだ。

それはさておき、『アベンジャーズ / エンドゲーム』の続編は2019年6月28日公開の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』だが、実はその後の展開は未発表である。果たしてMCUはどうなるのか? 今後映画化されそうなキャラクターを予測してみたい。

続きを全部読む

【要注意】『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の最新予告動画が公開! ただし「アベンジャーズ / エンドゲーム」を観てない人は絶対に見るな

全世界オープニング興行収入歴代No.1、興行収入でも「タイタニック」を抜いて2位を記録するなど、文字通り世界規模の大ヒットを記録している「アベンジャーズ / エンドゲーム」。あとは1位の「アバター」を越せるのか? 世界中が注目している。

その「アベンジャーズ / エンドゲーム」の続編となるのが、2019年6月28日に世界最速公開される『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』である。こちらも大ヒット間違いなしの注目作だが、エンドゲームを観ていない人は予告編動画を再生してはいけない。

続きを全部読む

【朗報】マーベルのウィンターソルジャーやファルコンがメインの新シリーズが発表! 気になる国内での配給は…

2019年4月26日に公開を控えた『アベンジャーズ / エンドゲーム』。ネタバレを避けるため詳細は伏せるが、前作をご覧になった方であれば、ヒーローたちがどうなるのか気になって仕方が無いことと思う!

そんなマーベル熱が高まっているこのタイミングで、ディズニーがビッグなニュースを持ってきたぞ! その内容は、これまでのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でも渋い活躍を見せているウィンターソルジャーやファルコンなどがメインの新しいシリーズ2本の発表だ!

続きを全部読む

【要注意】『アベンジャーズ / エンドゲーム』の本予告動画が解禁! ただし「フェイク画像」が紛れ込んでいる可能性も

2019年、2つの映画が集大成を迎える。1つは12月公開の『スター・ウォーズ / エピソード9』、そしてもう1つが4月26日公開の『アベンジャーズ / エンドゲーム』である。

『アベンジャーズ / エンドゲーム』の方は、その後も物語は続くので完結編ではないが、今作を持ってキャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスがMCUを卒業するなど、大きめな節目を迎えることは間違いない。そんな『アベンジャーズ / エンドゲーム』の本予告編動画がついに解禁となった。

続きを全部読む

【ネタバレなし】キャプテン・マーベルはどれくらい強いのか? 映画を観てきたからコッソリ教える

2019年3月15日、映画『キャプテン・マーベル』が公開される。これは歴史的大ヒット間違いなしの「アベンジャーズ / エンドゲーム」(4月26日公開)につながる重要な作品で、新ヒーロー「キャプテン・マーベル」の誕生を描いた物語だ。

公開に先駆け、記者は試写会で『キャプテン・マーベル』を観てきたのだが、結論から言うとキャプテン・マーベルは……ガン強ッッッ!!!!! もう笑ってしまうくらいメチャメチャ強い! これはサノス撃破待ったなしや!! ……んー、でもサノスも強いんだよなぁ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4