「マリファナ」にまつわる記事

擦られた車に謝罪のメモと「吸いかけの大麻」が残される珍事発生

2014年1月に嗜好用大麻が解禁された米コロラド州は、現在「大麻のメッカ」的存在となり、大麻ビジネスが盛んで数多くのイベントが開催されている。

そんな同州で、いかにも大麻解禁州らしい出来事が起きた。なんでも、擦られた車に「ゴメンなさい」とのメモと、吸いかけの大麻&40ドル(約4500円)が残されていたというのである!

続きを全部読む

よく駅で見かける「危なーいッ!!」の酔っぱらいポスターを各種ドラッグに置き換えるとこうなる

よく駅で見かける「危なーいッ!!」のポスターをご存知だろうか? 写真を見れば一目瞭然だと思うが、寿司詰めを振り回したほろ酔いのサラリーマンが、フラフラとホームから落ちそうになっている、「プラットホーム事故0運動」の啓蒙ポスターだ。

なんでもホームで起こる人身傷害事故のうち、65.9%が酒に酔った客らしいのだが、ここで皆も冷静に考えてみて欲しい。「酒(アルコール)、ヤバくね?」と。「こんなに危険なドラッグ、他にあるのか?」と。「日本は酒に甘すぎない?」と。

ということで今回は、この酔っ払いを「酒」以外のドラッグに置き換えたポスターを独自に制作。あらためて酒のヤバさを感じ取っていただければ幸いである。

続きを全部読む

一体何を競うの!? この世には「大麻オリンピック」なるものが存在するらしい

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックまで、あと3年。これから開催に向けて徐々に盛り上がりそうな気配を見せているが、オリンピックといえば、メインの五輪に加えて冬季オリンピック、さらには国際数学オリンピックなんてものもある。

そして、そこへ新たに「大麻オリンピック」なるものが加わった(?)という。では、「一体何を競うの!?」とツッコミを入れたくなってしまうような祭典について、紹介することにしたい。

続きを全部読む

そうきたか!「秘密の大麻栽培所を発見した警察」の対応がオチャメすぎるとネット民ニヤリ

現在アメリカでは、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が合法化、いわば大麻先進国になりつつある。その一方、紳士の国イギリスでは大麻の所持も栽培も違法である。

さて、そんな大麻非合法の国イギリスで、秘密の大麻栽培所が発見されたのだが、「捜査に当たった警察署の対応が最高!」だとネットで話題となっているので紹介したい。超茶目っ気タップリな警察のやり返し方が、か~なり愉快なのである!

続きを全部読む

【大歓喜】米ネバダ州で大麻が解禁になった時の人々の様子がこちらです

現在アメリカでは、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が合法化されている。そのうちネバダ州は、2016年11月に行われた住民投票で嗜好用大麻が解禁となり、2017年7月1日より販売が可能になった。

では、同州で購入する人たちはどのような反応をしているのかいうと……なんと大麻解禁を祝ってお祭り騒ぎ! あまりにも大ハシャギする人々を見たら、「喜びすぎだろ!!」と言いたくなってしまうほどなのである!

続きを全部読む

LSD輸入で逮捕された無職の「大麻バターじいさん(67)」についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

なにやらブッ飛んだニュースが飛び込んできた。神戸新聞によると、「大麻バター」を作って食べていた無職の男(67歳)が逮捕されたのだという。文字だけを見ると意味不明なので、ソレ系の事件に詳しい人物に話を聞いてみることにした。

謎の大麻バターじいさんについて話をしてくれたのは、毎度おなじみ、正義のドラッグ事情通・ボブ麻亜礼さんである。一体全体、大麻バターとは何なのか? そして、それって美味いのか? 教えてください、ぼくらのボブさ〜ん!

続きを全部読む

田中聖が大麻で逮捕された件についてドラッグ事情通に話を聞いてみたら「まさかの新説」が浮上

2017年5月24日、かつてはジャニーズの人気アイドルグループ『KAT−TUN(カトゥーン)』に所属していた田中聖容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたが、彼のキャラや素行を知っている多くの人たちは “そこまで意外ではない” と思ったに違いない。

それはさておき、「手越祐也のスキャンダルを隠すために逮捕された」という説が浮上していることもさておいて、ロケットニュース24の違法薬物専門班、正義のドラッグ事情通ことボブ麻亜礼(まあれい)氏に話を聞いてみることにした。ボブさ〜ん!

続きを全部読む

【禁断の味】『大麻』風味のドーナツが米で登場!「メチャクチャ美味しかった」との感想も /  真っ青な見た目が超インパクト大!!

全米では、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が解禁され、大麻を使用した商品などが続々と誕生して大麻ビジネスに沸いている。

そんななか、ハイにならない大麻風味のドーナツが誕生したというので紹介したい。大麻風味なので抹茶ドーナツのようにグリーンなのかと思いきや、真っ青なフロスティングが塗りたくられたビジュアルが超インパクト大なのである!

続きを全部読む

マリファナで和気あいあい! キリスト教の牧師&ユダヤ教の宗教指導者&無神論者が一緒に「大麻」を吸ったら宗教観の違いを乗り越えたって動画

心の拠り所となって人々を救うはずの宗教が争いの原因となり、これまでに数多くの戦争が起きて罪のない人々が犠牲となっている。

そんななか、もしかしたら宗教の違いを乗り越える一番の方法は、‟ハイ” になることかもしれないとばかりに、ユダヤ教のラビ&牧師&無神論者が一緒に大麻を吸う実験動画が制作された。全く異なる宗教観を持つ3人が、超~イイ感じに盛り上がってるぞ!

続きを全部読む

大麻をアレンジした4万5000円のブーケが登場! カラフルさには欠けるけど意外に可愛いぞ!!

米国では、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が解禁され、単に大麻を吸うだけではなく、コスメや食品など様々な関連商品も誕生している。

そんななか、なんと大麻をアレンジした4万5000円もするブーケが登場して話題を集めている。通常のブーケに比べるとカラフルさには欠けるが、なかなか可愛く仕上がっているぞ!

続きを全部読む

【世界初】人気ロックバンドが「そのまま大麻が吸えるレコード」を制作! 生産コストは1枚80万円なり!!

米国では、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が解禁され、大麻ビジネスで沸きに沸いている。驚きの商品が続々と登場するなか、なんと、そのまま吸えちゃう “大麻レコード” が爆誕! 

人気ロックバンドが生み出した超レアなレコードは、1枚の生産コストが80万円もするらしいぞ!!

続きを全部読む

カリフォルニア州の嗜好用大麻合法化にスヌープ・ドッグが歓喜のツイート 「カリフォルニア州でマリファナが合法化されたぞ。毎日ハッパを吸おう」

先日行われた米大統領選の結果に衝撃を受け、アメリカでは抗議運動が起こったり、トランプ氏を弾劾できないかとの声まで上がり、国が真っ二つに割れている感がある。

そんななか、今回の選挙で注目を集めていたことの一つが、嗜好用大麻の合法化だ。住民投票により、カリフォルニア州ほか4州にて合法化が可決され、大体的に大麻を支持し続けていた大御所ラッパー、スヌープ・ドッグが大喜びしているのだ!

続きを全部読む

なんと大麻のワインが登場! 通称「グリーンワイン」と呼ばれるお酒がネットで超話題に!!

お酒とドラッグをミックスしたら、ヘロヘロになって気を失ったり、最悪の場合は心疾患を起こして死に至ることもあり、かなり危険である。

しかし、そんな常識を覆すかのように、大麻エキスを抽出した通称「グリーンワイン」と呼ばれるワインが登場して、ネットで超話題となっているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

「大麻ソムリエ」なる謎の職業が誕生! 仕事の内容はワイン・ソムリエとそれほど変わらないらしい

ひと昔前は、ソムリエと言えばワイン専門の給仕人を意味したが、最近では、野菜ソムリエや日本酒ソムリエ、果ては星ソムリエなんて仕事まで存在するのである。

それならば、大麻に詳しい人にも肩書きをあげようじゃないかと、‟大麻ソムリエ” なる職業が登場! 「大麻ソムリエとは何ぞや!?」と思ってしまいそうだが、仕事の内容は、ワイン・ソムリエとそれ程変わらないらしいぞ!!

続きを全部読む

間違えて「大麻入りクッキー」を食べたチワワが完全にガンギマる / 動物病院に連れて行くも目がトロ~ンとなり恍惚の表情をしている以外は健康に異常なし

美味しい物が大好きでイタズラ好きなワンコは、手が届きそうな場所に食べ物の臭いを嗅ぎつけると、「ここ掘れワンワン!」とばかりに、必死になって探し出そうとするものだ。

そんなワンちゃんが、「大麻入りクッキーを食べてラリっちゃった!」という、あり得ない珍事が発生!! 目がトロ~ンとイッっちゃってるワンコの表情が、なんともプライスレスなのである。

続きを全部読む

【目を疑う光景 】仮設トイレを開けたら大麻がワッサワサと出て来たでござる! 受け渡し場所がトイレだった模様

米国では、嗜好用大麻が4州(コロラド、ワシントン、アラスカ、オレゴン)とコロンビア特別区で解禁され、なかには、最高6株まで大麻を自宅栽培することが可能な州もある。

大麻ビジネスはお金になるとも言われるだけに、法で定められた以上の大麻株を所有し、極秘に栽培して密売する輩が後を絶たないようだ。そんななか、嗜好用大麻の合法州で、「仮設トイレを開けたら、大麻がワッサワサと出て来た!」という事件起こり、話題を呼んでいる。どうやら、大麻の受け渡しポイントがトイレだったようなのだ。

続きを全部読む

【超ハイレベル】おばあちゃん3人が本場アムステルダムでマリファナ初体験! イイ感じにデキ上がっちゃった女子会が超楽しそう!!

人間は、歳を取るほどに新しいことに挑戦しなくなってしまうものだが、いつも同じことを繰り返してばかりいたら、やはり面白味や刺激に欠けてしまう。時には、自分の殻を破ることも必要だと思うが、3人のおばあちゃんが、そんな未体験の世界に自ら飛び込んだというのだ!

なんと、おばあちゃん達が本場アムステルダムで、マリファナを初体験! ‟女子会” がハイな感じでイイ具合にデキ上がって、超~楽しそうなのである!!

続きを全部読む

【新ビジネス】芸術的な “大麻タバコ” を作る職業「ジョイントローラー」が大盛況! 機関銃型ジョイントは約71万円ナリ

日本では非合法だか、米国では4州とコロンビア特別区で嗜好用大麻が解禁され、コーヒーやコスメに大麻を使用した商品などが製造され、大麻ビジネスで沸きに沸いているようだ。

そんななか、大麻とタバコ用の巻紙を使って作品を作ってしまう、‟ジョイントローラー” と呼ばれる職を持つ青年が登場! 機関銃や、ホットドッグなどの作品を大麻で作り上げてしまう青年が、か~なりカッ飛んでいるので紹介したいと思う。彼の作品は、なかには70万円もする物もあるというのだ!!

続きを全部読む

【実践】社内の薬物汚染が心配だったので、抜き打ちで「薬物検査(コカイン・ヘロインマリファナなど)」を実施してみた!

芸能界の薬物汚染が叫ばれて久しい。つい最近も、高島礼子さんの夫である高知東生容疑者が逮捕されたばかりだ。もしかしたら、薬物は遠い世界の話ではなく、すぐ身近にその危険が潜んでいるのかもしれない。

とても心配になった私(佐藤)は、編集部で抜き打ち薬物検査を実施することにした。検査の公平性を期すために、私自身も検査に参加。検査のために使用したキットでは、アンフェタミン・メタンフェタミン・コカイン・ヘロイン・マリファナの5種を確かめることができるという。果たしてその結果は……。

続きを全部読む

親父に大麻を燃やされた息子がブチ切れて通報するも言い分がアホすぎて警察が困惑

誰でも親とケンカしたことはあるだろうが、家族だからと遠慮がないため、時として、売り言葉や買い言葉が飛び交った挙句に、大喧嘩に発展してしまうこともある。

まさに、そんな状態に陥った父親と息子が、警察のお世話になる事態が発生。なんでも、父ちゃんが息子の大事な大麻を燃やしてしまい、激怒した息子が警察に通報したというのである! そして、息子のトンチンカンな言い分に、警察は随分と困惑してしまったようなのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4