「ポテト」にまつわる記事

「果物の持ち込みOKなフレッシュジュース(50円)」が激ウマだけどポテトがイマイチなポテト屋さんに行ってみた / カンバ通信:第209回

ジャンボ! 皆も気づいていると思うけど、実はケニアには「ポテト屋さん」が多い。もしかしたら他国よりも多いかもしれない。しかし、たった一つの問題点は、うまいポテト屋に巡り合うのが難しいということだ。

今回見つけたポテト屋さん『TINE’s FRIES』もそのひとつ。主となるメニューは「ポテト」な正真正銘のポテト屋さんなのだけれど、肝心のポテトが美味くないのだ。だが、オレにはその理由がはっきりとわかる。

続きを全部読む

【ポテ通】一般的な営業時間の間だけ停電する謎のポテト屋さんに話を聞いてみた / カンバ通信:第206回

ジャンボ! 久々のポテ通(ポテト通信)だよ。きょう行ってきたのは、『ドラムスティックチップス(dramstick chips)』って名前のポテト屋さん。オレ、この店の名前の響き、好きだなぁ〜。

それはさておき、この店に入った瞬間、ポテトジャーナリストのオレは問題点を一瞬で見抜いた。もったいぶらずに答えを言うと、電気が来ていないんだ。なので、ポテト作り等の調理はすべてガスで行なっていた。

続きを全部読む

生まれて初めて自分でポテトを揚げてみたら、信じられないほど美味すぎて感動した! カンバ通信:第203回

ジャンボ! リクエストボックスからのお便りに、もう何通も何通も違う人から同じリクエストが届いている。どんな要望かというと……

「自分でポテトを作ってみては?」

てな感じ。とはいえ、オレ、料理は下手だし……と いまいちヤル気が出なかったんだけど、今回ばかりは一念発起! 自分でポテトを作ってみた〜!

続きを全部読む

【裏技】マクドナルドとバーガーキングをハシゴしたら出現する『超ポテナゲ』が最高すぎた! 8月30日まで

マクドナルドとバーガーキング──。まったく異なるハンバーガーチェーンである両者を、ハシゴすることで生まれる超レアアイテムの存在をあなたはご存じだろうか? その名も『ポテナゲ』ならぬ、『超ポテナゲ』。

ちなみに『超ポテナゲ』とは私(あひるねこ)が勝手に命名しただけであり、実際にはそんなモノありはしないのだが、記事の通りにハシゴしてもらえれば「たしかに『超ポテナゲ』だな」とご納得いただけるはずだ。レッツトライ。

続きを全部読む

【ポテ通】アフリカ人の私がポテトに塩ではなくコショーをかけまくる本当の理由 / カンバ通信:第197回

ジャンボ! アフリカはケニアに住むケニア人(カンバ族)のチャオスだよ。今回は前回の続き。コショーについて。一体なぜオレがポテトに塩ではなくコショーをかけまくるのか。その理由について解説したいと思う。

以前、オレがコショーをかけるのは「通を気取って」とポップな感じで説明した。たしかにコショーの味が好き。だが、実はもう一つ意味がある。

それはズバリ、下痢対策のためである。もっと広い意味で言えば “健康” につながるからだ。ここからは、あくまでもオレの持論と思って聞いてほしい。

続きを全部読む

【ケニアの弁当!?】ぶっかけメシを弁当箱に入れてくれる水道なき青空レストランでランチを食べてみた結果… / カンバ通信:第194回

ジャンボ! チャオスです。今日のランチは、ケニアの弁当……ではなく、注文した食べ物を弁当箱のようなタッパーに入れてくれるレストランに行ってみたよ。なお、店名は不明。名無しのお店さ。

そこは砂ぼこり舞う道路の脇にあるお店で、店内には椅子もなく、人々は石の上に座っていた。ポテトもあるようだったけど、見たところホコリまみれだったのでパス。ということでオレが注文したのは……

続きを全部読む

【ポテ通】娘たちのために「子供むけのポテト」を買ってみた! いったい何がどう子供むけなのかというと… / カンバ通信:第192回

ジャンボ! チャオスです。今日行ってきたポテト屋さんは、ちょっと珍しいポテトを売っている。どんなポテトなのかというと、ずばり「子供むけのポテト」というか「子供でも食べやすいポテト」なのだ。

その店はとてもキレイで、お店の前を通ると「フワ〜ッ」っとポテトの香りが漂ってくる。こういうところも子供に安心して食べさせられる要素だよね。で、一体どんな感じで子供むけなのかというと……

続きを全部読む

セブン&アイのファストフード『ポッポ』の「丼ぶりポテト」と「かき氷丼」がファンキーすぎて最高!

「セブン&アイ」といえば、セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズなどが有名だが、実はファストフード店も運営していて、ヨーカドーなどのフードコートに入っている「ポッポ」はセブン&アイ・フードシステムズが運営を行っているのだ。

そのポッポに、すごいメニューがあるんですよ……。それは「丼ぶりポテト」「かき氷丼」! セブンなのになんかオシャレじゃない! 実物見たらめっちゃファンキーで最高だったぞ!

続きを全部読む

【ポテ通】質問「ケニアの子どもたちに大人気のお菓子は何ですか?」の答えは… / カンバ通信:第191回

ジャンボ〜! チャオスだよ。今回はね、多くの人から同じ質問がリクエストボックスに届いていたのでお答えしようと思ってる。どんな質問なのかを要約すると、

「ケニアの子どもたちに大人気のお菓子は何ですか?」

てな感じ。ウンウン、まかして。ウチの子にも大人気の、ケニアちびっこナンバーワンお菓子といえば……コレだ!

続きを全部読む

アフリカ最大級のスラム街「キベラスラム」のすぐそばにあるシーフードレストランで食事をしてみた結果… / カンバ通信:第189回

ジャンボ。今回はポテトじゃないよ。シーフードを食べたいなと思ってね。それも評判の店で食べたいなと思ってね。行ってみました、その名も『ジュディーフードレストラン(Judy food restaurant)』!

このレストランは、かの有名な「キベラスラム」ことアフリカ最大級のスラム街のすぐそばにあるから衛生的に大丈夫かな〜……なんて不安になったりもするのだけれど、ま、人気なのだから大丈夫っしょ!

続きを全部読む

中流階級向けの「やや高ポテト」を注文したのに、ひどい仕打ちを受けた話。あるいは「ポテトの法則」について / カンバ通信:第188回

ジャンボ。ポテト評論家のチャオスだよ。今回オレが行ってみたのは、ミドルクラス(中流階級)向けのポテト屋さん。オシャレなエリアのオシャレな建物の3階に、そのお店はあった。

入り口には料理に使う大きなガスボンベが2つ。しかし店内はとても綺麗だった。また、スタッフも実に清潔だったけど、マスクは着用していなかった。

続きを全部読む

【ポテ通】路上の八百屋が謎に安い揚げたてポテト(約30円)を売っていたので食べてみたら「ドブの燻製」みたいな味がした / カンバ通信:第186回

ジャンボ。ポテトジャーナリストのチャオスです。その日オレは、タクシー稼業でナイロビの街を流しつつ、記事のネタにもなるポテロールをしていた。すると……あった。ポテト屋発見。いや……野菜も売ってるから八百屋なのか? ともかくポテトを売っていたので、オレは素早く降車した。

遠巻きから観察すると、どうやら薪でポテトを揚げている様子。じりじりと距離を縮めていくと、ドブの香りもプンプンと強まっていった。

続きを全部読む

【ポテ通】めずらしく「清潔かつ、ちゃんとしている」と評判のポテト屋さんに行ってみたら、プロフェッショナルすぎてビックリした / カンバ通信:第184回

ジャンボ! ポテトジャーナリストのチャオスだよ。ということで今回は久しぶりのポテリング。ナイロビにあるポテト屋さんの中では、非常に珍しく「清潔」かつ「ちゃんとしている」と評判の個人店に行ってみた。

まず店に入ろうとすると、店の中から「ハイ、手を洗って〜」と声がした。オレだけにではなく、来る客みんなに「手を洗って〜」とお願いしているようす。それに従い、店頭に置いてあるポリタンクで手を洗ってから入店。すると……

続きを全部読む

【ポテ通】なぜケニアのポテトは「サラダ」と一緒に出てくるのか / カンバ通信:第178回

ジャンボ! 突然、日本のゴー(羽鳥)が質問してきた。「ケニアのポテトって、“サラダと一緒” が一般的なのかい? たいていサラダが付いているけど……」と。いまさらかよ! と思ったけど、オレはこう答えた。

チャオス「すべてのポテトにサラダが付いているわけではない。だいたいローカルな安いポテトにはサラダが付いていることが多く、KFCとかJAVAとかリッチなショップのポテトはポテトオンリーなことが多いな」。

それに対し、ゴーはさらに質問してきた。「なぜ安いポテト屋さんはサラダを付けるんだい?」と。よし、あくまでもオレの予想だけど答えよう。

続きを全部読む

【そう来たか】ケバブ屋の「ポテト丼」が写真と違い過ぎてビビった! でも大満足!!

「ケバブ」は日本でも馴染みの深い外国料理の1つ。在日トルコ人の多い六本木や秋葉原などで、テイクアウト専門店を多く見かける。ピタパンにそぎ落とした牛や鶏の肉を挟んだものが一般的だ。そんなケバブは日本で独自の進化を遂げており、白ご飯と合わせたケバブ丼などが販売している。

新宿・大久保駅近くのお店には「ポテト丼」というメニューも存在する。ポテト? ご飯と肉にポテトを合わせたものかな? 気になったので、買ってみたら良い意味で写真と全然違ったじゃないか!

続きを全部読む

【ポテ通】マサイ族のレストランで「マサイ式ポテト(maasai chips)」を食べてみた! カンバ通信:第176回

ジャンボ! 今回オレが行ったのは、マサイ族が多く住む町「Bisil」のレストラン。当然、お客もコックさんもマサイ族。そんなマサイのレストランでは「マサイ式ポテト(maasai chips)」 が食べられるという。

店主が得意げに説明してくれた。「マサイ族ってのは、肉が好きなんだよ。どんな食べ物であろうとも肉が入っていなければならない。それほどの肉好き。だからこそ、彼らは牛、ヤギ、羊を飼っているわけだ」。

続きを全部読む

【健康ドリンク】ケニアにあるブッ飛んだ「ハーブ医学ドリンクセンター」に通う人の中には、健康以外の目的があった / カンバ通信:第175回

ジャンボ! チャオスです。インフルエンザの後遺症なのか、ちょっとまだ本調子じゃないんだよね。咳が止まらないんだよね。ということでね、ハーブ医学をベースとした健康ドリンクセンターに行ってみたんだ。

言っちゃ悪いが、この店はマジであたおかだ(this store was very crazy)。なぜなら店のスタッフは皆こう言うんだ。「自然のものを使ってあなたが望むどんな種類の薬をも作りますよ」と。魔女かよ。

続きを全部読む

【オレ流が過ぎるレシピ】ケニア伝統の家庭料理「ギテリ(githeri)」の作り方 / カンバ通信:第174回

ジャンボ! けっこうリクエストボックスに「チャオスさんの料理が見たいです」なんて声が届いていてね。隠せないんだなって。実はオレが料理得意だってこと……。

ということで今回は、ケニア伝統の家庭料理「ギテリ(githeri)」を作ってみようと思う。用意するのは粒状の乾燥トウモロコシ、豆、ジャガイモ、トマト、タマネギ、ピーマン、そしてアボカドだ。まずはベランダに出て……

続きを全部読む

【ポテ通】なぜそんな場所で…? 客はおろか、店主すら近寄らないけど絶賛営業中のポテト屋の謎 / カンバ通信:第173回

ジャンボ。その店の張り込みは、オレも実はツラかった。客もいなけりゃ店主もいない。ただあるのはポテトのショーウィンドウと、バックステージに調理器具……。ポテト屋であることは間違いないのだが、人がいないのだ。

しかし、ポテトを買い求めに来たお客さんがショーウィンドウの前まで来ると、どこからともなく店主がサササーーーーーッッと横すべりしながら対応してくれる。ただし、口数は少ない。彼は決まってこう言った。

どれくらい?

続きを全部読む

さすがのケニア人でも少し怖いと思う「橋の下のレストラン」で20円のランチを食す / カンバ通信:第172回

ジャンボ! おかげさまでインフルエンザも完治して、復活1発目はポテ活……と言いたいところだけれど、けっこうポテトって体への負担が大きいので、今回はリハビリの意味も込めて普通のレストランに行くとするね。

普通といっても、けっこうハード。スラムではないけど、決して治安良好とは言い難い「橋の下のレストラン」に行ってみたんだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6