「コールドストーンクリーマリー」にまつわる記事

【2018年福袋特集】コールドストーンの福袋(1000円)の中身がヤヴァイ! もはや福袋という概念を突破した男のなかの男

元旦から、尋常ならざるペースで世の福袋の中身を公開し続けている我々ロケットニュース24。私(あひるねこ)もこれまでにいくつもの福袋を開封してきたわけだが、福袋とは中身が何であろうが、それ自体は袋である! と知らず知らずのうちに思い込んでいたのかもしれない。

そんな私の狭い福袋観を粉々に打ち砕いてくれたのが、アイスクリームチェーン『コールド・ストーン・クリーマリー』の福袋だった。コールドストーンは、もはや福袋という概念を突破してしまっている。無駄を極限までそぎ落とした究極の形を、我々に提示してくれているのだ。

続きを全部読む

【アイスクリームの日】オリジナルソフトが作れるコールドストーンの新店で限界までトッピングしたらこうなった!

アイスクリームのチェーン店「Cold Stone Creamery (コールドストーンクリーマリー)」は、2017年5月9日、つまり「アイスクリームの日」の今日、東京・渋谷区神宮前の東急プラザ表参道原宿に、ポップアップストアをオープンした。

実はこのお店、他のチェーン店にはない特別なサービスがある。それは、トッピングでオリジナルソフトクリームを作ることができる「My デコソフト」だ。そこで、限界までトッピングをしたらどうなるのか、試してみたぞ!

続きを全部読む

【2017年福袋特集】コールドストーンクリーマリーの福袋(1000円)の中身をネタバレ大公開! もっとも気の利いた福袋だ!!

福袋には何かが詰まっている。誰もがそうイメージしがちだ。役立つものが詰まっていれば良いのだが、中には不用なものだって入っていることがある。私(佐藤)が購入した、秋葉原のジャンクショップの福袋(6000円)は、特にすごかった。

その発想とまったく逆の福袋が存在する。それは、アイスクリームチェーンの「コールドストーンクリーマリー」の福袋だ。ここの福袋はペラッぺラ! 中身がないんじゃないの? と思うくらいなのだが、実は……。

続きを全部読む

【セブン限定】コールドストーンと共同開発!「トロピック マンゴ アンニン」のパリッパリのチョコ&杏仁の風味がたまんねぇぇぇええ~!!

杏仁豆腐といえば、今や日本で知らない人はいないと言えるほど定着した中国発祥の定番スイーツである。飲食店のデザートメニューのみならず、コンビニやスーパーなどでも見かけることが多くなったのはご存知の通りだ。

本日2016年6月14日、セブンイレブンで本格的に杏仁豆腐を再現したアイスバーが発売になった。しかも、セブンイレブンと共同開発したのは、あの「コールド・ストーン・クリーマリー」だというから、これは黙って見過せない。さっそく購入して食べてみることにしたぞ。

続きを全部読む

【挑戦】2月23・24日に開催される「コールドストーン プレミアムビュッフェ」を一足先に体験してきた! 美味しく食べるコツはこれだッ!!

冬でもアイス食いてぇええ! っていうアイス好きに、堪らないイベントが2016年2月23・24日の2日間、コールドストーンクリーマリーで開催される! その名も「コールドストーン プレミアムビュッフェ」だ。コールドストーンの食べ放題だ!

残念ながらすでに受付終了しているのだが、アイス好きを自負する私(佐藤)と中澤記者で一足先に挑戦してきたぞ!! 明日明後日と挑む人のために、ポイントをお伝えしておこう。

続きを全部読む

人気アイスクリーム店『コールドストーンクリーマリー』で全部乗せを頼んでみた / キツイかと思ったら意外と余裕で完食できる美味さでビビッた

もうすぐ6月となり、だいぶ暑くなってきた! こんな暑い日はアイスクリームでも食べて体を冷やしたいところだが、私フードクイーン・佐藤はアイスには非常にウルサイ。

どれぐらいウルサイかというと、昼ドラに出てくる嫁をいびり倒す鬼のような姑(しゅうとめ)ぐらいウルサイのだが、そんな私が認める激ウマなアイスクリーム店がある。

それは、冷たくひやした大理石の上でアイスクリームといろいろな具材をコネコネして激ウマアイスクリームを作ってくれる、『コールドストーンクリーマリー』だ。

続きを全部読む