「ギター」にまつわる記事

ヤングギター新年号の特別付録「5大ギタリストの手形レプリカ」が何だかスゴイ! なぜスティーブ・ヴァイは指6本!?

ネットが普及していない時代、音楽を愛するギターキッズにとって雑誌の存在はとても重要だった。海外アーティストの活動状況を知ることができるだけでなく、新譜のわかり易い奏法解説が大変参考になったからである。なかでもギター誌2大巨頭の『ヤングギター』と『ギターマガジン』を愛読していた、当時のギターキッズも多いはず。現在も変わらず読み続けているという人もいるかもしれない。

そのヤングギターの新年号の特別付録が、かなりのインパクトであることが判明した。新年号付録はなんと5大ギターヒーローの手形レプリカである! 何それスゴイ!! 1冊に1つがランダムに入っているということで、5冊買ってみた。すると、ギターの神様といっても過言ではないスティーブ・ヴァイの手形がおかしい! 指が1、2、3、4、5、6! 6本あるぞッ!?

続きを全部読む

【直接インタビュー】正直その人気の理由がピンと来ないから「布袋寅泰」ファンに一体何が魅力なのか聞いてみた!

デビュー33年を迎えたロックミュージシャンの布袋寅泰さんが、全国18カ所のジャパンツアーを終えた。アーティストとしてはもちろん、プロデュース業でも成功を収めている日本屈指のギタリストである。

布袋寅泰……。実は私(筆者)も大好きな時期があり、ライブに足を運んだこともある。ただ、ここ10年ほどは新曲も追わなくなってしまった。今なお会場に足を運ぶファンは彼の何に惹かれ続けているのか? そこで2014年11月下旬、NHKホールで行われたライブに集まったファンたちに、直接その魅力を聞いてきたぞ!

続きを全部読む

【ギタリスト必見】きっとあなたよりも上手い9歳の天才ギタリスト「Keiji by ZERO」がハンパない!! 将来が楽しみすぎる

あのねえ、世の中には天才といわれる、類稀なセンスを持った人たちがいる訳だ。もちろんその天才たちは、途方もない努力を重ねているからこそ、凡人にはおよそマネのできないような領域に達するのだが……、やはりその卓抜したセンスをまざまざと見せ付けられると、「敵わねえ……」と思わざるを得ない。

2014年11月21日から3日間の日程で、東京ビッグサイトで「楽器フェア」が開催された。その会場で、偶然凄腕ギタリストに遭遇! しかも彼はまだ9歳。体に比べてギターが随分大きく見えるのだが、テクニックは大人も凌駕するレベル!! マジかよ、凄すぎだろッ。オジサン、ビビりすぎてちょっともらしそうになったわ。マジで。

続きを全部読む

【ギタリスト必見】繋ぐだけでギターをオルガンの音にしてしまうエフェクターがスゲエ!!

「オルガンの音って渋くてカッコイイなぁ……」音楽が好きであれば1度くらいは思ったことがあるのではないだろうか。もしあなたがギタリストであれば大チャンス! なんと、繋ぐだけでギターをオルガンの音にしてしまうエフェクターが誕生したぞ!!

公式動画「ELECTRO-HARMONIX B9 ORGAN MACHINE」では、その音を聴く事が出来るが、想像以上にオルガンの音がする……いや、もはや完全に “オルガンサウンド” を再現してしまっているではないか!! ギタリストでなくても、見ているだけでワクワクする!

続きを全部読む

【動画】号泣会見をギターで演奏した動画がマジでスゴイ! ピアノやバイオリンで演奏する猛者まであらわれる

2014年7月1日に疑惑がもたれている政務活動費をめぐって、記者会見を開いた兵庫県議会の野々村竜太郎議員。その会見後半で、野々村議員は取り乱して号泣する一幕があり、これが大きな話題になっている。

彼の泣き喚く姿に日本中騒然、ネットユーザーにネタにされる事態となってしまった。さらに驚いたことに、彼の発話をギターで弾く猛者まで現れたのだ! 「え? ギターで弾くってどういうこと?」と思われるかもしれないのだが、実際に公開された動画を見ると、彼の発話の抑揚に合わせてギターを演奏しているではないか!? 何コレ、マジでスゴーーイッ!!

続きを全部読む

【ゲーム好き必見】40年分のゲーム音楽の歴史をメタルカバーした動画がクソかっこいい!!

あなたはゲーム音楽が好きだろうか? もし好きであれば、ヘヴィメタル(以下、メタル)も好きになる素質を秘めているかもしれない。なぜなら、「ゲーム音楽とメタルは相性が抜群に良い」と言われているからであり、それを証明した男の動画が存在する。

動画「Replay: A Metal Tribute to the History of Video Games」では、ある男がゲームの歴史を辿りながら、時系列順に39の名曲をメタル風にアレンジし、ゲームの映像と共に演奏している。懐かしのゲームが数々登場するだけでも興奮ものなのだが、何よりもそのアレンジがかっこいい! いや、クソかっこいいのだ!!

続きを全部読む

【ギタリスト必見】スマホアプリと連携して自動的にギターをチューニングしてくれる『Roadie』がすごい!!

チューニング……それはギターを弾く者であればプロアマ問わず、誰もが音を鳴らす前にやらないといけない、ちょっと面倒くさくて、できることなら誰かにお任せしちゃいたい作業である。

そんなギタリストの夢を叶えてくれた発明品がついに登場したのだ! 『Roadie』と名付けられたその発明品は、なんとスマホアプリと連携して自動でギターをチューニングしてくれるという。動画「Roadie Tuner: The ultimate guitarist tool」では、その驚くべき性能を確認することができるのだが……これはギタリストにとってはヨダレ物の超便利アイテムではないか!

続きを全部読む

【衝撃ギター動画】自分の世界に入り過ぎたヘビメタギタリストの悲劇 / 前代未聞のクラッシュ事故発生

今までロケットニュース24では、アマチュアながらも素晴らしい演奏技術を持つギタリストを多く紹介していきた。彼らのプロ並み、またはプロ顔負けのテクニックは、見る側を楽しませてくれたものである。

今回紹介するギタリストもそんな凄腕の持ち主。彼が自分で撮影した映像を見ると、「上手いな〜」と感じずにはいられない。しかし、彼は自分のテクニックではなく、「よりによって、そうなるか!!」と言いたくなる事故によって、注目を集めることになったのだ。

続きを全部読む

ギターうめぇええ! 8歳日本人少女のギターテクニックがハンパない / 世界中から絶賛の嵐

ギターキッズ必見の動画をご紹介したい! わずか8歳にして、天才的な才能を開花させている少女がいる。彼女は、大人でもコピーすることが難しい、ハイレベルな速弾き演奏をしているのである。2013年12月に公開された動画は、海外のロックファンからも高く評価されているのだ。この子はマジでスゴイ! 将来が楽しみすぎるッ!!

続きを全部読む

ギターが鳴るたびビクッ! どうしても身体が反応しちゃうビビりなニャンコにキュン

「ジャジャン」とギターが鳴るたびに、ビクッと身体を震わせるニャンコ。

何度鳴らしても、そのたびにビクッ。もう慣れただろうと思って再び鳴らすと、またまたビクッ。ご紹介するのは、動画サイトYouTubeに投稿されていた、ビビりすぎなニャンコをとらえた動画、Musical peas(音の鳴るエンドウ豆)

続きを全部読む

【ギターリスト必見】歴史的に有名なギターリフ100連発! シカゴの楽器店が公開した映像がマジでスゴイ!!

ロケットニュース24では、これまでに「ドラムイントロで始まる50曲」「ベースイントロで始まる50曲」の映像をお伝えしてきた。きっとギターリストの皆さんは、首を長くして待っていたことだろう。

・歴史的に有名なギターリフ100

満を持してギターリスト必聴の映像をお伝えしたい。しかも今回はこれまでの映像の倍の曲数、つまり100曲である。歴史的に有名なギターリフ100連発! それを12分にまとめた映像をご紹介しよう! ロック黎明期から近年にいたるまでの、珠玉のギターリフを堪能すべしッ!!

続きを全部読む

【バンドマンに超朗報】自動でチューニングするマシンが最高すぎるッ!! これでチューニングがはかどるぞ~ッ!

ギターやベースのチューニングを手際よく出来れば、どれだけ助かるか。簡単なようで難しく、「面倒臭せえ! 誰か代わりにやってくれ!」と考える人もいるだろう。

そんなバンドマンに救世主が登場だぜ! 「Tronical Tune」は、自動で素早く弦のチューニングをしてくれるマシーンだ。とにかくその使用感を紹介する動画「Every Time I Die shows off the Tronical Tune」を見てくれ。これを見れば「欲しぃいいいいッ!」となること間違いなしだ。マジで欲しいッ!

続きを全部読む

【衝撃ギター動画】11歳の少年がヘビメタバンドのステージに上げられヴァン・ヘイレンの曲を演奏 / ネットの声「ヴァン・ヘイレン本人よりイイわ」

誰だって人前での演奏は緊張するもの。ましてや、多くの観客がいるライブなどでは、なおさらである。しかし、そんなプレッシャーをものともせずに、とてつもない演奏をした少年が、今注目を集めている。

少年の名はエイデン・フィッシャー君。なんと、わずか11歳だ! 彼はヘビメタバンドのステージに上げられてギターを演奏し、バンドメンバーと観客の度肝を抜いてしまったのだ。その衝撃は、動画「***Censored*** 11 year old Aidan Fisher with Steel Panther 」で確認できるぞ!

続きを全部読む

年代別ロック&ジャズの特徴をわかりやすく演奏! 音楽集団「cdza」によるギター&ドラムの深い世界

音楽の素晴らしさ・楽しさ・奥深さをとってもわかりやすい手法で教えてくれる、音楽集団『cdza』。

当サイトで幾度となくとりあげている同グループですが、今回は動画サイトYouTubeより、彼らが手掛けた「インストゥルメンタル(楽器)」シリーズを、みなさまにお届けしたいと思います。

ギター、そしてドラムに焦点を当てた計2作品は、どちらも見ごたえたっぷり。

続きを全部読む

豪州のストリートミュージシャンのギターテクニックが超絶ハンパない!! しかし公式ページは絶望的なほどダサい!!

音楽の可能性とは、プレイヤーが諦めない限り無限に広がるものだ。以前の記事で紹介した弦が1本しか張っていないギターで、ソウル(魂)のこもった曲を歌うブラッシーもその1人。

今回はアコースティックギターを巧みに奏で、ロックだろうがヘビメタだろうが何でも弾きこなしてしまう達人をお伝えしよう。オーストラリアのサム・ウェスパレンにとって、おそらく音楽ジャンルは関係ない。弾きたいから弾く、そんな思いが伝わってくるほど卓抜したテクニックを持っている。

ただ少し残念なのは、公式ページが絶望的なほどダサいことだ! なんじゃこのページはッ!?

続きを全部読む

【動画】ポーランドのテレビ史上「最悪のパフォーマンス」と酷評される歌手のバラードが完全に放送事故レベル

テレビの生放送や中継で、予期せぬ出来事が発生する場合がある。「放送事故」と呼ばれるハプニングだ。最近ポーランドの朝の情報番組で、思わぬ事態が発生したようだ。

・史上最悪のパフォーマンス

若手歌手が番組で歌を披露したのだが、バックでギターとキーボードを担当している二人の女性がおかしい。実はこの二人はただのモデルで楽器の演奏はできないようなのだ。歌手側が用意した仕込みだったようだが、二人があまりにもひどかったため「ポーランドのテレビ史上最悪のパフォーマンス」と酷評を浴びている。一体どうして?

続きを全部読む

日本を代表するロックギタリスト布袋寅泰さんが衝撃発言「ロックギターのフレーズに飽きた」

伝説のロックバンド「BOOWY(ボウイ)」、彼らは1981年にデビューし「ビートロック」と呼ばれる音楽ジャンルを確立した。現在のバンドシーンに多大なる影響を与え、彼らの音楽を聞いて育ったアーティストは大勢存在する。

・ロックギターは飽きた?

当時のギターキッズは布袋さんの巧みなギターフレーズに憧れて、必ずと言って良いほど楽曲をコピーをしていた。その布袋さんがなんとロックギターに飽きてしまったようだ。ファンでなくても当時を知る人にはショックが大きいのではないだろうか? 続きを全部読む

バンドマンに朗報! 日本航空がギターも入る貸し出しケースを全空港に配備したぞ~ッ!!

楽器は友達! 楽器は家族! 楽器は体の一部! 楽器は相棒……というバンドマン達に朗報じゃい! 日本航空(JAL)がバンドマンのためとも呼べる超絶素晴らしいサービスを開始したゼッ!!

そのサービスはなんと、ギターが入る大きさの貸し出しケースを国内線就航の全空港に配備したんだ。これで相棒とも呼べるギターやベースを置き去りにして出かけずに済む。本当は飛行機で移動したいけど、楽器が運べないから飛行機はムリ、なんてことがなくなるんだゼ! 最高だろう~?

続きを全部読む

眠っている人にギターを弾かせるイタズラ動画が思いのほか秀逸な件

寝ている人に対するイタズラは数多くあれど、シンプルでありながらこれほどまでによく考えられたイタズラ動画は、未だかつて存在しただろうか。

「The Sleeping Guitar Player Prank」という動画には、睡眠中の男性に「ギターを弾かせる」イタズラが捉えられている。眠っている人にギターを弾かせることなんてできるわけないと思った方もいるだろう……だが、しかし! これが意外に弾けているのだ。

続きを全部読む

【衝撃動画】14歳の天才ギター美少女が演奏するヴィヴァルディ四季の『夏』に再び世界がメロメロ状態「完璧すぎる」「俺と結婚してくれ!」

ギターが上手い14歳はゴマンといる。だが、超絶レベルの才能で世界的に有名になった14歳のギタリストといえば、以前にも「天才すぎる14歳のギター美少女に世界がメロメロ!」という記事で紹介した天才ギター少女・ティナちゃんなのである。

そんなティナちゃんが YouTube に新作をアップ! これまた世界をメロメロにしているのでご報告したい。動画のタイトルは「”Vivaldi Tribute” (Patrick Rondat) Tina S cover」だ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4