「カツ丼」にまつわる記事

【偏差値0】かつやのアタマ悪い新商品『牛丼カツ丼』を食べてみた正直な感想 → 1+1=2…以上だッッ!

世間は迫り来る台風19号の話題で持ちきりだが、皆さん何か大事なことをお忘れではなかろうか? そう、本日2019年10月11日は「かつや」の新商品『牛丼カツ丼(税抜690円)』の発売日なのである! まさに嵐を呼ぶカツ丼……。

そのあまりにも頭の悪そうなコンセプトに、ネットで大きな話題となっていた本商品。さっそく私(あひるねこ)も実物を食べに行ってきたのだが……結論から言おう。『牛丼カツ丼』を食べた感想、それは「1+1=2」以外の何物でもなかった。

続きを全部読む

【禁断】かつや新商品『牛丼カツ丼』が意味分からんけど超ウマそう! 待ちきれないので「吉野家」をハシゴして作ってみた!! → 本家超えたかも

消費税がアップしようがラグビーで盛り上がろうが、俺たちの心のカツ丼チェーン「かつや」は通常営業である。明日2019年10月11日より、期間限定の新商品『牛丼カツ丼(税抜690円)』が発売されるらしいのだ。いやドンドンうるせぇーーッ! 語感で決めただろソレ!!

と言いつつ、牛丼とカツ丼を合体させたという『牛丼カツ丼』が、いささか魅力的に映るのもまた事実なり。大人しく待ってりゃ明日発売されるんだけど……えーい! こうなったら自分で作ったる!! というわけで、かつやと吉野家をハシゴすることにした。

続きを全部読む

【凶悪】かつや新商品『全部のせカツ丼』を食べてみたらジェンガだった! 繰り返す、『全部のせカツ丼』は揚げ物のジェンガ!!

とうとう復活を果たした かつやの『全部のせカツ丼』。人気フライが一堂に会するという、かつやの歴史の中でも飛び抜けて暴力的なメニューである。しかも今回は、から揚げに代わってメンチカツがラインナップに加わっており、その破壊力はさらに増していると言っていい。

同商品については去年の発売時にすでにレポート記事が公開されているものの、“かつや者” としては無視することなど到底できないだろう。というわけで、期間限定の新型『全部のせカツ丼』を実際に食べてみたぞ。詳細は以下をご覧いただくとして、これだけは言える。奴は……ジェンガだ……!

続きを全部読む

【またお前か】かつやの伝説メニュー『全部のせカツ丼』がまさかの復活ッ! よく見たらさらに凶悪になってんぞーーー!! 9月13日発売

タイトル通り、「またお前か」としか言いようがない事態が発生してしまった。みんな大好きとんかつチェーン「かつや」が、とんでもないモンスターをよみがえらせようとしているのだ。あなたは覚えているだろうか? 伝説メニュー『全部のせカツ丼』の衝撃を……!

丼を埋め尽くすかのように盛られた揚げ物の数々で、我々の胃袋を茶色く染めた『全部のせカツ丼』。去年のちょうど今頃に発売された期間限定メニューだが、なんとあのカロリーの化物が、来たる2019年9月13日に復活を果たすというのである。また、お前か……!!

続きを全部読む

【困惑】かつや新商品『カレーうどんカツ丼』が思った以上に意味不明で震えた / うどんの場違い感が尋常ではない

俺は一体何を食べているんだ……? こんな感情を、まさか大好きなカツ丼チェーン「かつや」で抱くことになるなんて思いもしなかった。これもすべて、本日2019年6月21日に発売された新商品『カレーうどんカツ丼』のせいである。

以前もお伝えした通りこの商品は、ご飯の上にカレーうどんとチキンカツを盛り付けたという完全に頭のおかしな代物だ。そのあまりにもトリッキーな仕様ゆえ、発売前から薄っすら嫌な予感がしてはいたのだが……。実際に目の前にすると、思った以上に意味不明でただただ震えるしかなかった。

続きを全部読む

【悲報】かつや、ガチでやらかす / チキンカツ丼にカレーうどんを載せた劇薬「カレーうどんカツ丼」発売へ!

毎度抜群の安定感を誇るカツ丼チェーン「かつや」。当サイトも何度かお伝えしたように、2018年の「かつや」は実に攻めていた。数々のエクストリームな商品を手に、激しい荒ぶりを見せたと言っていいだろう。それにひきかえ今年は大人しいなぁ、と思っていたのだが……。

結論から言うと我らが かつやさん、令和早々やらかしております。完ッ全にやらかしております。2019年6月21日から発売となる新商品、その名も『カレーうどんカツ丼』! 名前からしてすでにバチバチにやらかしているため、そのやらかしを詳しく見ていきたいと思います。

続きを全部読む

【本日スタート】かつやが「平成最後の特売」を開催! と思ったら「令和最初の特売」もやるってよ!! 150円値引き祭りキターーーッ!

ヤベーよ! そろそろ平成終わるよ!! あと数日で終わるよ! ヤベーよ!! しかしそれ以上にヤバイことがある。みんな……「平成最後の」って言いすぎだろ! それに便乗したキャンペーンとか多すぎだろ!! なんかいろいろ、ありすぎだろ……!

そんな中、俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」もまた、平成最後のセールを本日2019年4月26日よりスタートしたぞ。よっしゃァァァァアアア! さっきと言ってること違うけど、「かつや」はいいんだよ「かつや」は。しかもこのセール、どうやら平成だけでは終わらないらしい。

続きを全部読む

【実話】福岡県警察本部で食べたカツ丼の味は忘れないだろう

刑事ドラマのお約束グルメといえば、もちろん「カツ丼」だ。薄暗い取調室で食べるカツ丼は、たとえ冷めていても美味いに決まっている。厳しい取り調べを受けるのは勘弁だが……あのカツ丼が食べたい。1度でいいから警察署でカツ丼が食べたいのだ!

というわけで今回は、福岡県警察本部でカツ丼を食べてきた。と言っても、長年の夢を叶えるために罪を犯して出頭した……わけではないから安心してくれ。どういうことか詳しく経緯を説明しよう。

続きを全部読む

【2018まとめ】今年の「かつや」の激しい荒ぶりについて振り返る

長いようで短かった2018年。今年も当サイトは数々のグルメ記事をお送りしてきた。特にコンビニや飲食チェーンの新商品についてお伝えすることが多かったように思うが、私(あひるねこ)がもっとも印象に残っているのが「かつや」である。

とんかつ定食やカツ丼などを手頃な値段で提供する「かつや」。別に変わったことをするイメージはないが、今年の「かつや」は新商品において、異様な荒ぶりを見せていたと思うのだ。私が実際に食した3つのメニューで振り返ってみたい。ちなみに、胸焼け注意である。

続きを全部読む

【注意】かつやの「タレカツ丼」が地味に頭おかしい件 / カツが3枚でも5枚でも590円だというので、5枚にしたら死にかけたでござる

完全に油断していた。先日発売された「かつや」の『全部のせカツ丼』が強力すぎたため、あれ以上はしばらく出ないだろうと思い込んでしまっていた。しかし……。現在発売中の『タレカツ丼』を頼んでみたところ、コイツもちょっと頭のおかしいヤツだったのである。

この商品の何がヤバイって、カツが3枚(梅)でも4枚(竹)でも5枚(松)でも、値段が一律で税抜590円なのだ。なら5枚いくしかないだろォォォオオ! と勇んで5枚注文したのはよかったが、まさかあんな化物が出てくるとは……。

続きを全部読む

【強い】かつや新商品『全部のせカツ丼』の圧倒的ボリュームに震えた! ロースカツ・エビフライ・ヒレカツ・から揚げが一堂に集結ッ!!

いやぁ……ダルい。だって月曜っすよ? そらダルくもなりますわぁ。などと甘えたことをぬかす私(あひるねこ)の耳に、ダルさを吹き飛ばす超強力な新メニュー発売の報が飛び込んできた! その出どころは、みんな大好きカツ丼チェーン「かつや」である。

本日2018年9月10日から発売となった「かつや」の新メニューが、名前の時点ですでにヤバイためお伝えしよう。その名も『全部のせカツ丼』。よく分からんけどお前、全部のせちゃったのかよ! たぶんヤベぇなそれ!! というわけで、さっそく食べに行ってみたぞ。

続きを全部読む

【激アツ】かつやの「カツ丼(竹)」と「ロースカツ定食」が150円引きになってるぞォォォオオ! 本日8月17日スタート!!

……て。……って。……ヤバイって! ついに来ちゃったって!! 俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が、激アツなセールを実施してくれちゃってるって! 待ってたってェェェエエエ!!

それでは改めてお伝えしよう。「かつや」は本日2018年8月17日から期間限定で、定番商品である『カツ丼(竹)』と『ロースカツ定食』の2品を、なんと150円引きで販売しているぞ。明日ではなく、本日スタートだ。今日の昼飯はもう決まったようなものだな……!

続きを全部読む

【食べ比べ】富士そば、ゆで太郎、小諸そばの『カツ丼』を食べ比べてみた結果 → 明日からカツ丼屋として戦えるレベルの店を発見! 立ち食いそば放浪記:第117回

トロッとした玉子が絡んだとんかつがご飯にドーン! 至高の食べ物・カツ丼。ああああ! 書いてるだけでカツ丼食いてえ……。どうしてもカツ丼が食べたくなったそんな時、あなたはどこに行くだろうか。

私(中澤)の場合、立ち食いそば屋に行く。出汁の風味香る立ち食いそば屋のカツ丼は実は高コスパな主力メニュー。私のようにカツ丼目当てで立ち食いそば屋に行く人も少なくないだろう。

そこで、大手立ち食いそばチェーン『富士そば』『ゆで太郎』『小諸そば』のカツ丼を食べ比べてみることにした。

続きを全部読む

【衝撃グルメ】たまごの存在をカツが完全に無視した「角煮カツ丼」が激ウマだった! 東京・秋葉原『炉端バル さま田』

「カツ丼」といえば、大抵はトンカツを出汁で煮てたまごでとじた丼ぶりである。ソースカツ丼もあるけど、多くはたまごとカツはコンビであり、この2つの食材が手を取り合っているからこそ、その魅力が引き立つというものだ。

ところが! 東京・秋葉原にある「炉端バル さま田」のカツ丼は全然違う!! たまごもカツも使用しているけど、この2つはまったくと言っていいくらい協力関係にないように見える。デカすぎるカツはたまごの存在をガン無視しているようにさえ感じられるのだ。でも、ウマいッ!!

続きを全部読む

ちゃんぽん屋なのに「カツ丼」がバリウマ! 佐賀県発祥の『井手カツ丼』が至福すぎて頭がどうにかなりそう

ちゃんぽん屋なのにカツ丼がウマい。な……何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった……頭がどうにかなりそうだった……味付けだとかジューシーさだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。 もっと凄まじいものの片鱗を味わった。

だって、ちゃんぽん屋のカツ丼だぜ……。ということで今回ご紹介するのは、ちゃんぽん屋なのにカツ丼がバリウマなお店である。たかがカツ丼、されどカツ丼。正直、こんなにウマいカツ丼がこの世にあるのかと驚いた。

続きを全部読む

【デブ歓喜】かつやの「カツ丼(松)」と「ダブルロースカツ定食」が160円引きキターーーッ! 本日5月18日からスタートだ!! 奇跡の7日間に震えよ

おーーーい! ちょっとデブ集合ォォォォオオオオ!! そんな失礼な言い方があるのか? と自分でも驚いているが、今回ばかりはデブ大勝利と言わざるを得ないだろう。なにせ俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が、20周年感謝祭第2弾を開催するというのだからな!

今回の感謝祭の主役は、『カツ丼(松)』と『ダブルロースカツ定食』というヘビー級の2品。どちらも今だけ160円引きで提供されるとのことである。本日2018年5月18日スタートだから、急げ野郎どもォォォォオオオ!

続きを全部読む

【ウソだろ】『カレー&中華料理 インド』の名物料理がカレーでも中華でもなく○○ってマジかよ / 福岡県豊前市

ほとんどの飲食店は、看板や佇まいを見れば「ラーメン屋」なのか「カレー屋」なのかくらいは判別できるだろう。店名から名物料理がイメージできれば初見でも入りやすく、たとえば「手作り餃子の店」と書いてあれば、餃子を食べたい客が多く訪れるハズだ……しかし

今回ご紹介する『カレー & 中華料理 インド』の「店主自慢の一品」を知ったら衝撃を受けるに違いない。なぜなら、カレーでも中華でもインド料理でもないのだ……って、どうしてだよォォォオオオオオオオーーーッ!

続きを全部読む

「日本一のカツ丼」があると言われて行ってみたらなぜか中華料理屋だったでござる / 東京・西荻窪『坂本屋』

ご飯の上にとんかつを乗せただけで、なぜあんなにもウマくなってしまうのか。たしかに卵が一枚噛んではいるものの、あのウマさは犯罪的だ。取り調べで出されようものなら、そりゃあ自白だってしたくもなるわ。カツ丼、実に罪な食べ物である。

だからこそ、「日本一のカツ丼」なるものの存在を聞きつけた私(あひるねこ)が、マッハで現場に急行したのは自然な行為であったと言えよう。しかも、カツ丼好きの中ではかなりの有名店らしい。マジか、全然知らなかったぜ! しかし、急いで駆けつけた私が見たものは、なぜか中華料理屋だったのである。

続きを全部読む

実を言うと「吉野家」ではそばやカツ丼も食べられる

うまい・早い・安いと三拍子が揃い、日本のソウルフードとも言える「牛丼」。今や、あらゆる場所でチェーン店が見られるようになったが、中でもトップクラスの人気を誇るのが「吉野家」である。

その「吉野家」が、そばや牛丼以外の丼物も食べられる『そば処 吉野家』を展開しているのをご存知だろうか。すでに全国で50店舗以上がオープンしているが、知らない人もいるに違いない。果たして吉野家が作るそばや丼物はどんな味なのか? 食べに行ってみることにした。

続きを全部読む

【朗報】かつや「感謝祭」が本日5月19日から開催! いつもより多い “男” のメニュー2品が160円引きだ!! 野郎ども急げェェェエエ!

とんかつが食いてーーー! サクサクに揚がった肉厚なとんかつを、腹一杯食いてェェェエエよォォォオオ!! あ、そうだ、「かつや」へ行こう。「かつや」でカツ丼か定食を食おう! しかし、いつものサイズではダメだ。もっと……デカいやつがいい……!!

そう、完全にとんかつモードに入った胃袋を、いつものサイズで満たすことなんて不可能だ。出来れば1番量が多いメニューを食べたいところ。そんな全男子に朗報だぞ。「かつや」の中でもボリューミーなメニュー2品が、今日からなんと160円引きになるのである!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2