「カツ丼」にまつわる記事

【意味不明】かつやの新商品『辛出汁チキンカツ』がどう考えても辛すぎる件 / 今すぐ『獄辛出汁チキンカツ』に改名した方がいいレベル

私(あひるねこ)は辛いものがあまり得意な方ではないし、自分からすすんで食べることもそうそうないのだが、これだけはハッキリ分かる。「かつや」が2022年3月25日に発売した期間限定メニュー『辛出汁チキンカツ』はどう考えても辛すぎると。ちょっと想像を超えてきている、と。

いやいや、とんかつチェーンが出す辛い系メニューだ。そんな大したものではないだろう……という油断はマッハで命取りとなる。事実、何の心の準備もせぬまま注文した私は、一口食べた瞬間「マジか」と呟きかけた。各自、取り扱いにはくれぐれも注意されたし。

続きを全部読む

【悲報】出前館で「かつや」の親子丼を注文した結果 → 〇〇すぎて妻にブチギレられたでござる

夫婦生活を続けていると、思わぬところで相手の地雷を踏んでしまうことも多々あるが、まさか親子丼がトリガーになるとは想定外だった。繰り返すが、親子丼である。数ある丼の中でも比較的、穏やかな部類のキャラクターではないのか、あれは。

事の起こりは2022年2月24日。俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が期間限定の新メニューを発売した日にさかのぼる。本来ならば店舗まで足を運ぶところなのだが、その日は自宅にいる必要があったため、私(あひるねこ)は「出前館」を使って商品をデリバリーしたのだった。

続きを全部読む

【注意喚起】本日2月17日、「かつや」に絶対に行ってはいけない理由

自他共に認める “かつや者” でやらせてもらっている男、あひるねこだ。そんな私がこんなことを言っていいのか非常に迷うのだが、緊急事態なので言わせてもらう。本日2022年2月17日だけは絶対に「かつや」に行くな。いいな、「かつや」にだけは行くんじゃないぞ。

なぜかと言うと……おい、聞いてなかったのか。「かつや」には行くな。それは……だから「かつや」には行くなって言ってんだろ。えー、実は明日2月18日から……待て待て待て、いいから戻ってこい。6日間限定で……いや入ってんじゃねェェェェェェエエ!!!

続きを全部読む

【衝撃】かつやの新商品「ロースカツと豚スタミナ焼肉」、実は史上まれに見る “超激レアメニュー” だったことが発覚! これはヤバイ…

2022年1月28日、俺たちの「かつや」が期間限定の新商品『ロースカツと豚スタミナ焼肉』を発売した。字面からして、いかにも「かつや」らしい年中無休のわんぱく男子校メニューである。これはいやが上にも期待が高まるというもの。

ただ……同時に私(あひるねこ)は、奇妙な違和感に襲われていた。なんだろう、何かが引っかかる。合い盛りの内容自体はごく普通のはずなのに、この胸のザワつく感じは一体……? もしかするとここには重大な秘密が隠されているのかもしれない。

続きを全部読む

【え?】俺たちの「かつや」、豚肉がたっぷり入った新商品『デミチキンカツ』を新発売! 新年からいきなり意味不明!!

タイトル通りだ。俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が2022年1月7日、今年初となる新商品『デミチキンカツ』を発売した。なるほど、こちらの意表をついて洋食を投入してきた格好であるが、そこで私(あひるねこ)は奇妙な一文を目にする。

「豚肉たっぷり」

……ん? 豚肉たっぷり? たしかチキンカツって書いてなかったっけ? 私はリアルにメニュー画像を二度見した。何かの見間違いかと思った。しかし、そこには本当に「豚肉たっぷりデミチキンカツ」と書かれていたのだ。

さすが俺たちの「かつや」、新年からいきなり意味不明である。

続きを全部読む

【2021年まとめ】「かつや」の意味不明な期間限定メニューを振り返ってみたら、頭がおかしいヤツだらけで笑った

ついに始まった2022年。だがしかし、何かやり残したことはないだろうか? 私(あひるねこ)は……ある。一つ大切なことを忘れていた。去年の「かつや」の期間限定メニューを振り返っておかなければ。じゃないといつまで経っても新年が始まらないぞ!

2021年も全力でバグりまくっていた俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」。生粋の “かつや者” である私は、期間限定メニューのほとんどを食べてきた。今回はその中から特に頭がおかしかったメニューを厳選してご紹介したいと思う。言うまでもなく永久保存版である。

続きを全部読む

【本日スタート】俺たちの「かつや」、ありったけの感謝を込めた『年末感謝祭』開催へ! 4品どれでも税込550円だぞォォォオオ!! 4日間限定

今年もこの季節がやって来たか……。クリスマス? 馬鹿野郎! 「かつや」の年末感謝祭に決まってんだろうが!! 年に一度だけ開かれる奇跡の揚げ物カーニバルである。

今年の感謝祭は本日2021年12月2日から5日までの4日間、国内の「かつや」店舗にて開催されるぞ。2021年の感謝の気持ちを込めてと「かつや」は説明しているが、感謝するのはどう考えてもは我々 “かつや者” の方だろう。どうもありがとう。

続きを全部読む

【え?】誕生日当日に「かつや」に行ったら時を戻された話 / 巨大すぎる新商品『親子カツ丼』との死闘について

真の “かつや者” は誕生日当日も「かつや」で過ごす。というワケで昨日「かつや」に行ってきた。2021年11月12日より期間限定で販売されている新商品『親子カツ丼(税込759円)』を食すためだ。ハッピーバースデー、私(あひるねこ)。

親子丼は親子丼でも、「かつや」の親子丼はカツを使用するらしい。チキンカツを玉子でとじた丼。つまりカツ丼の鶏肉版である。その発想はなかった。さすがは俺たちの「かつや」。おかげで最高の誕生日になりそう……と思ったのも束の間。この後、私は時を戻されることになる。

続きを全部読む

【朗報】かつや、伝説のデカ盛りメニュー「全部のせソースカツ丼」を緊急発売! さっそく頼んでみたら揚げ物の森みたいなヤツが来た!!

それは突然の出来事だった──。昨日2021年10月14日の午前11時頃。何気なくTwitterを眺めていたら、俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」のツイートがふと目に入ったのだ。そこにはこう書いてある。

本日販売開始

#全部のせソースカツ丼

本日販売開始……だと? え、今日から? そう、まさかの予告なし投入である。情報が解禁されたと同時に全国で販売が始まったのだ。そのツイートを編集部に向かう電車の中で見た私(あひるねこ)は、すぐさま途中下車し、最寄りの「かつや」へと駆け付けた!

続きを全部読む

【激盛り】米2.5合! デカい豚2枚!! 巨大『カツ丼』にレッツチャレンジだぁぁぁ! / 奈良「国境食堂」

歳をとるにつれ、自分の限界に挑戦する機会もめっきり減ってきた。よく言えば加減が分かってきたということで、悪く言えばガッツがなくなってきたのだろう。

いっちょここらで、無理難題にも果敢にチャレンジする熱い心を取り戻すべきではないか。今こそこれまで敢えて避けてきた、米2.5合デカい豚カツが2枚ドンと乗っているという『国境食堂』のカツ丼(大)に挑む時が来た……のかもしれない。

続きを全部読む

【悲報】かつや、だいこん屋になる / 野菜マシマシのさっぱり塩だれチョモランマ『塩カツ丼』の衝撃!

「かつや」とは何の店か? と問われたら、あなたなら一体どう答えるだろう。幸せ? まごころ? それとも生きる希望? いや……普通にとんかつ屋だろ。頭沸いてんのか。そう、とんかつ&カツ丼を中心とした揚げ物のワンダーランド、それが俺たちの「かつや」だ。ところが……。

昨日2021年8月27日、そうとも言い切れないんじゃないかと思わせる衝撃の新メニューが期間限定で発売されてしまった。『塩カツ丼』というシンプルな名前の商品なのだが、もしかしたら……もしかしたらだが「かつや」とは、もしかしたら……大根屋なのかもしれない。

続きを全部読む

【ヤバイ】かつやの新商品『豚ロースタレカツと牛焼肉の合い盛り丼』の裏で起きていた大事件について / 調査した結果 → 衝撃の事実が判明…!

世間は連日オリンピックの話題で持ちきりだが、日本がいくつメダルを獲るかより、「かつや」が次に何を出すかの方が気になってこそ真の “かつや者” ではないか。無論、私(あひるねこ)は後者である。メダルよりカツを噛めカツを! 喝だ! 喝ッ!!

さて、昨日2021年8月6日、「かつや」待望の新商品『豚ロースタレカツと牛焼肉の合い盛り丼(税抜650円)』がいよいよ販売開始となった。で、結論から言うと、これは事件である。「かつや」史に残る超特大事件と考えて差し支えないだろう。詳細は以下を読まれたし。

続きを全部読む

【悲報】俺たちの「かつや」、小食な人向けに “ほぼ1/2サイズ” の新商品を発売するも、慣れないことをしたせいか意味不明なシステムになる

俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が昨日2021年6月7日、テイクアウト限定メニュー『ニブンノニショクドン』を期間限定で発売した。字面だけ見るとイマイチどんな商品なのか分かりにくいが、調べたところでよく分からないため安心して欲しい。

と言っても、構造自体は至ってシンプル。小食な人向けに『カツ丼』『ソースカツ丼』『赤辛カツ丼』『から揚げ丼』の4種のメニューを “ほぼ1/2サイズ” で提供しようというものである。

しかし……これがどういうワケか「かつや」史に残りそうなくらい難解なシステムになっているのだ。

続きを全部読む

【衝撃】かつやの新商品『王道とん汁定食』をテイクアウトしたら絵面が異様に茶色くて笑った! さながら豚のルームシェア!! ロフトにも豚!

今週ついに発売された「かつや」狂気の新商品『王道ロースカツ定食(税抜1030円)』と『王道とん汁定食(税抜990円)』。気合いMAXで『王道ロースカツ定食』との対戦に臨んだ私(あひるねこ)であったが、危なく命を落としかけたところまでは前回お伝えした通りだ。

さて、その続編に当たる今回は、テイクアウトした『王道とん汁定食』との対戦の模様をお送りしたい。こちらも『王道ロースカツ定食』同様、いやそれ以上に強烈な内容となっているため、私もありとあらゆる手段を尽くして勝ちに行くつもりである。いざ、リベンジの時……!

続きを全部読む

【壮絶】ロースカツでカツ丼を食らう「かつや」狂気の新商品『王道ロースカツ定食』との死闘の結果 → 逃げ場がなくて命を落としかけた

ついにこの日がやって来た。いや、来てしまったと言うべきか。先日発表され話題になった「かつや」の新メニュー『王道ロースカツ定食(税抜1030円)』と『王道とん汁定食(税抜990円)』が昨日2021年5月12日、いよいよこの日本列島に解き放たれたのだ。

カツをおかずにカツ丼を食らうというほぼバグみたいな基本コンセプト。そしてそれに『王道』と名付ける謎のセンス。既存メニューをただ組み合わせただけにもかかわらず、ここには「かつや」の狂気のすべてが詰まっていると言っても過言ではない。

全国の “かつや者” たちよ、この狂気を受け止める覚悟はできているか? 私(あひるねこ)は当然できている……!

続きを全部読む

【意味不明】かつや、ロースカツをおかずにカツ丼を食らう魔のメニュー『王道ロースカツ定食』発売へ! 王道の意味を知らない模様!!

いまだ体が連休モードを引きずったままの本日2021年5月6日、俺たちの「かつや」がとんでもない爆弾を投下してきた。いつかやるんじゃないかと思ってはいたが、ついにこの時が来てしまったか。私(あひるねこ)も先ほどから震えが止まらない。

来週5月12日に発売される『王道ロースカツ定食』。端的に言うとこちらの新メニュー、定食のご飯がカツ丼となっている。繰り返す、ご飯がカツ丼のロースカツ定食である。「かつや」は今日がエイプリルフールだと勘違いしているのだろうか?

続きを全部読む

丸亀製麺の店舗限定メニュー「カツ丼」が激ウマ! 分厚いとんかつとトロける卵が至高すぎる!! 販売店舗はここだー!

丸亀製麺にハマっている。いや、今さらだな! と、思う熱烈な人もいるかもしれないが、以前1号店に行って以来、丸亀熱が燃え上がってしまったのだ。

というわけで、フラッと丸亀製麺に行ってみたところ、なんとカツ丼が販売されているではないか! え? 丸亀製麺に丼ものあったの!? 天丼用ご飯に天ぷら乗せてセルフで作るだけかと思ってた! そこで注文してみたぞ!!

続きを全部読む

【コスパ最強】普通に1kg越え! ロピアのカツ丼が巨大すぎる → ロピアマニア「正しい食べ方は…」

いま最もアツい激アツスーパー、ロピア。実は数年前からアツかったらしいことはさておいて、都心部にお住まいの方はまだその存在をご存じない方も多いことだろう。ロピアは関東を中心におよそ50店舗を展開する、前身がお肉屋さんのスーパーだ。

ご想像の通り、肉が抜群に安いロピアであるが、肉を使用した加工食品や弁当も当然のように安い。特に初めて『カツ丼(松)』をご覧になった方は、全員がド肝を抜かれることだろう。というか、俺も抜かれた。

続きを全部読む

福井最強のソースかつ丼チェーン『ヨーロッパ軒』が最強すぎて忘れられない / 福井県民「パ軒のソースかつ丼は唯一無二の味」

私(中澤)には忘れられない味がある。それは今から8年くらい前の話。インディーズバンドでツアーに行った福井で食べた『ヨーロッパ軒』のソースかつ丼だ。

福井県出身者のボーカル佐々木くんのオススメで行ったわけだが、食べた瞬間は「まあウマイ」くらいの感じだったと思う。しかし、時が経つにつれ「あれウマかったな」と何度も思い出し、いつしか「もう一度食べたい」と思うようになった。今食べたらどう感じるのだろう? そんなヨーロッパ軒に行ってみた

続きを全部読む

【悲報】かつや、一世一代のチャンスを棒に振る! 新商品「胡麻担々チキンカツ」に絶対いるべきだった “アイツ” の話

俺たちの心のとんかつチェーン「かつや」が先日、2021年最初の新商品を発売した。正確には1月8日発売だったのだが、諸事情により当日は食べに行けず。その結果、読者から早く記事を出せという催促の声が寄せられる事態に。お前ら「かつや」に飢えすぎだろ。

そこで遅ればせながら、新商品の『胡麻担々チキンカツ』を食べてきたのだが……結論から言おう。「かつや」よ、お前は一体何をやっているんだ? ここで打たなくていつ打つ? 今しかないだろッ! チャンスを棒に振るとはまさにこのこと。よって不本意ながら、新年一発目から喝! カツ!! 喝だァァァァァアアアア!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4