原田たかし (Takashi Harada)

ライター

福岡県出身の九州男児。得意分野はスポーツ全般。自身はバスケ、ラグビー、サッカーを経験。好きなスポーツ選手はロナウジーニョ、ダルビッシュ有、上原浩治、大谷翔平。競馬も好き。「万馬券原田」として、マンバくんとのシンクロ予想を連載中

「原田たかし」担当の記事

【衝撃野球動画】日ハム・大谷選手のレーザービームがイチローを彷彿とさせるくらいスゴイと話題

二刀流もさることながら、即戦力高卒ルーキーとして開幕から注目を集め続けている日本ハム所属の大谷翔平(おおたにしょうへい)選手。打っては打率.301、投げては2勝(7月9日現在)とその才能は底知れない。

そこで今回ご紹介したいのは、2013年7月9日の楽天戦で大谷選手がランナーを刺した送球だ。地を這うようなスピードはイチローのレーザービームを彷彿させる。そのプレイは動画「これが大谷の強肩!完璧な送球で島内を刺す!」で確認可能だ。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】ブラジル代表ネイマールのスーパーゴール27連発

世界最高のサッカー選手はネイマール。そう言われる日も遠くはないだろう。今回は、そんな若きブラジルのエースが代表戦で決めたゴール集をご紹介したい。YouTube にアップされた動画のタイトルは「Neymar All 27 Goals With Brazil HD」だ!

続きを全部読む

【衝撃動画】ルームランナーを時速40キロで走るとマンガみたいになる

ジムなどにあるルームランナーで汗を流したことはあっても、時速40キロに設定して走った人はいないだろう。今回は、そんな猛スピードでルームランナーを走るとどうなるのかを検証した映像を紹介したい。YouTube にアップされた動画のタイトルは「Robert Gill Arizona Cardinals 25MPH treadmill」だ!

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】警察剣道の試合が怖すぎると話題

剣道には「礼に始まり礼に終わる」という言葉がある。相手と激しく打ち合うことからも、特に礼儀を重んじているのだ。また、「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である」と言われるのもその精神からだろう。

だが、そんな剣道のイメージを大きく変えてしまう試合動画がネットユーザーに大きな衝撃をあたえている。Youtubeにアップされた動画のタイトルは、その名もズバリ「勝てばいいのか」だ。

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】異種格闘技で起きた史上最悪レベルの大乱闘

異なった格闘技の格闘家や武闘家が共通のルールの下で一戦交える、それが異種格闘技だ。基本的には個人の戦いだけに、周囲を巻き込んで乱闘になることはほとんどありえない。

だが、それでも起きてしまった乱闘の中で、史上最悪レベルの動画を今回はご紹介したい。YouTube にアップされた動画のタイトルは「Crazy Brawl! Saekson Janjira (Muay Thai) vs Rod Kei (Kickboxing) match」だ!

続きを全部読む

【プロ野球・統一球問題まとめ】加藤良三コミッショナーのクビを取るのは選手会!?

プロ野球統一球問題とは、過去2年間、基準を下回る「飛ばないボール」を使用していたにも関わらずそれを世間や選手に隠蔽、さらに2013年に統一球を「飛ぶもの」に変更したにも関わらず公表していなかった一連の問題である。

組織のトップである加藤良三コミッショナーは、未だに誠意のない対応を続けていると批判されている。沈静化する気配はなく、問題はコミッショナーの進退にまで発展している。

・「統一球」とは何か
米大リーグの公式球に近いとされる低反発球。野球の国際化を目指し、2011年から導入された。以前使用していた公式球に比べ、芯を捉えないと飛ばないという特徴がある。ちなみに2013年3月に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、統一球とWBCで使用されたボールの違いに戸惑う選手が続出。導入の目的であった「野球の国際化」は達成できているとは言えなかった。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】ラミレスを超えた!? DeNAの逸材モーガン選手のハイテンションインタビューが話題

野球界の陽気な助っ人外国人といえば横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレス選手を思い浮かべる人が多いだろう。しかしそれを超える逸材が同チームに在籍していたことが判明した! その名はナイジャー・モーガン!!

モーガン選手は2013年6月15日の西武戦で初めてのヒーローインタビューに立ったのだが、「ウヒャァアアアアーー!!」、「アバヨッッ!!」と、ノリノリのはしゃぎまくり。逸材すぎると話題になっている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 143
  4. 144
  5. 145
  6. 146
  7. 147
  8. 148
  9. 149
  10. 150