P.K.サンジュン (P.K. Sanjun)

ライター

在日韓国人。既婚者。プロ野球、プロレス、グルメ、夏フェス、幕末系、三国志、アメコミ、スターウォーズが好き。自分を律しすぎて自滅するタイプ。それでも基本精神は自己責任。好きな言葉は『ゴーフォーブロック』。

「P.K.サンジュン」担当の記事

【ポケモンGO】「ラティアス」と「ラティオス」がレイドウィークエンドに登場! 対策ポケモンと今あえてラティアスに挑戦すべき理由

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 2月のコミュニティ・デイで何に投票するかは決めたかな? お兄さん的には「サイホーンかなぁ?」って感じなんだけど、その日は予定があってほぼ参加できないから死にそうだよ。というか、そろそろ3月以降の予定を教えてもらえませんかー! ポケモンGOの神様ーーーッ!!

それはさておき、明日2020年1月25日(土曜日)から3日間、伝説レイドに「ラティアス」と「ラティオス」が登場する。正直「今回はスルー」と思っているそこのあなた、ちょっと待って欲しい。高個体値や色違いを持っていたとしても「ラティアス」だけは挑戦しておいた方がイイ……かもしれないぞ。

続きを全部読む

【ガチ検証】「いきなり! ステーキ」より俄然お得と評判の『ステーキガスト』の食べ放題に行ったらこうだった

一部でささやかれている「いきなり! ステーキ」の大ピンチ説。全店に社長直筆の手紙が張り出されていたり、また一部店舗の閉鎖が噂されているが、最近になって密かに開始されたのが『ワイルドステーキ食べ放題』である。

みんな大好き「食べ放題案件」とあって早くも大きな話題を集めているが、同時に注目されているのが『ステーキガスト』の食べ放題だ。ネット上では「ステーキガストの圧勝」「比べるまでもない」……などと強気な声も見受けられるが、果たしてどちらの食べ放題の方がお得なのだろうか?

続きを全部読む

【超斬新】「ポケモンGOコミュニティ・デイ」が投票制を導入! 君は何に投票する!?

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日も張り切ってタマゴを割っているかな? 普段お兄さんは7kmタマゴしか割らないんだけど、さすがにこの時期はイッシュ地方の新ポケモン狙いで2タマ・5タマ・10タマを割ってるよ。まあ、10タマが割れてもヒンバスばっかりなんだけどね! ムキーーーッ!!

それはさておき、2020年1月23日、ポケモンGO初となる斬新な試みが発表されたのでお知らせしよう。なんと2月の「ポケモンGOコミュニティ・デイ」で大量発生するポケモンが投票で決定するというのだ! これは新しい!! さあ、君は何に投票するのか!? 大いに悩みまくれ!

続きを全部読む

【衝撃】うなぎ界の二郎! 新小岩「和友」のうな重がハピネス…!! 圧倒的ハピネスに震えた…ッ!!

確かなウマさと見る者を圧倒する絶大なインパクトで、完全に文化として根付いた感のあるラーメン二郎。例えるならば、しょう油・とんこつ・みそ・二郎……といった具合で、もはや二郎はラーメンにおける1つのジャンルとして考えていいだろう。

その二郎は「大盛り」もしくは「デカ盛り」の代名詞として使われることも多いが、今回は「うなぎ界の二郎」と称される東京は新小岩の『和友(かずとも)』をご紹介したい。結論から申し上げよう──。和友のうな重は、お腹いっぱいどころか、腹がはち切れんばかりの激盛りうな重でした。

続きを全部読む

【新商品】100円ローソンに「バスチー」登場ッ! 本家ローソンと食べ比べた結果…

2020年1月22日、100円ローソンこと「ローソンストア100」から注目の新商品が発売となった。昨年ローソンから発売される否や、歴代コンビニスイーツ屈指の超ヒットを記録した『バスチー』である。

あのセブンが後追いしたほど売れまくったバスチーが、ついに100円で……! 仮にローソンストア100のバスチーが激ウマだったら、毎日食いまくってやるんだ……!! 100円ローソンよ、見せてみるがイイ……お前のバスチー魂を。

続きを全部読む

【実話】ポケモンGOのフレンドから「豚野郎!」と罵倒され続けている話

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! もうキバゴは捕れたかな? お兄さんはまだ1匹も捕れてなくて、レーダーに影すら映った試しがないよ。もしかして俺の機種にだけ実装されてないんじゃないですかー! 早くおいでよキバゴちゃん!!

それはさておき、今回はちょっとした悩み(?)をみんなに聞いて欲しいんだ。というのも、お兄さんはあるフレンドさんからほぼ毎日のように「豚野郎」と罵倒され続けているんだ。そこまでブヒブヒしたビジュアルじゃないのに豚野郎って……全くヒドい話だぜ。

続きを全部読む

【漫画】40代のおっさんが「鬼滅の刃」を読んでみた結果…

鬼滅の刃(きめつのやいば)』なる漫画がメチャメチャ面白いらしい──。そう小耳に挟んだのは昨年の夏あたりだっただろうか? 聞くところによると『鬼滅の刃』は週刊少年ジャンプに連載中の漫画作品で、コミックが品薄になりオークションサイトで高額取り引きされるほど爆売れしているという。

私、P.K.サンジュンは、つい先日42(しじゅうに)の誕生日を迎えた正真正銘のおっさんである。ぶっちゃけ、全く興味がなかったのだが、たまたま『鬼滅の刃』と遭遇する機会があったので、物は試しで読んでみることにした。すると……。

続きを全部読む

【育休】男の私が育児休暇を取らなかったワケ

どうもみなさん、こんにちは & こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。どうですか、みなさん正月太りしてませんか? 私は絶好調に体重が増加していまして「そろそろダイエットしなきゃなぁ」なんて思っているところです。やる気スイッチはいつ入るのでしょうか?

さて、小泉進次郎環境大臣と滝川クリステルさんの間にご長男が誕生したそうで「育児休暇」が話題になっていますね。大臣のブログを読む限り、かなりの葛藤があったことを感じますが、世のお父さんたちは育児休暇を取得されましたでしょうか? 私は3年前に第一子が生まれた際、育児休暇は取得しませんでした。

続きを全部読む

【引いた】私が「いきなり! ステーキ」に行かなくなった、たった1つの理由

どうもみなさん、こんにちは & こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。どうやら今年は花粉の量が比べて例年より少ないらしいんですが、個人的にはウソだと思ってます。だって、正月明けから鼻水全開ですもの。少なくともスピード感に関しては、例年より手強いと感じている次第です。

さて、聞くところによると『いきなり! ステーキ』が苦境に立たされているようですね。どうですか? みなさんは『いきなり! ステーキ』で食事をしていますか? ぶっちゃけ、私はほとんど行かなくなってしまったんですが、それには “たった1つの理由” があるのです。

続きを全部読む

【待ってた】「ダサい私服フェス2020」が “ダ埼玉” で開催決定! 時代がお前らに追いついて来たゾォォォオオオ!!

いつの頃からか世の中には「ダサい」と「カッコいい」を掛け合わせた「ダサカッコいい」という言葉が定着した。多種多様な価値観が混在するこのご時世、何がダサくて何がカッコいいのかはあくまで個人の主観に拠る。だがしかし、あえて言おう……ダサいものはダサいと──。

そして2020年2月29日、ここ日本で開催されるのが『ダサい私服フェス2020』である。当サイトをご覧の諸君。ようやく、ようやく時代がお前らに追いついて来たゾォォォオオオ!!

続きを全部読む

【おめでとう】千葉ロッテマリーンズ、3年以内の優勝が確定しました

こんなの俺の知ってるマリーンズじゃない──。これがここ3カ月くらいの千葉ロッテマリーンズファンの正直な想いだろう。そしてロッテファン歴25年の私、P.K.サンジュンは率直にこう思っている。「ワクワクが止まらねぇぇええええ!」と──。

ズバリ予言しておくと、おそらく我が千葉ロッテマリーンズは3年以内にリーグ優勝を果たすだろう。クライマックスシリーズでの “ごっつあん優勝” ではなく、1974年以来遠ざかっている「文句なしのリーグ優勝」を、だ。それくらい今のロッテからは凄まじい気合いを感じる。

続きを全部読む

提供:RIZAP

【ダイエット元年】ライザップの「超減量ビフォーアフター」が凄まじい! マイナス85.9キロを達成した男性がこちらです

年明けはいつも憂鬱になる──。そんな人は意外と多いのではなかろうか? 正月休みが終わったからじゃない、厳しい寒さが続くからでもない。単に「正月太りしてしまったから」である。ぶっちゃけ、私、P.K.サンジュンはこの時期毎年のように超ブルー。もちろん、今もだ。

だが、私はまだイイ。なぜなら私は過去にライザップを体験し「やせる方法」及び「ダイエットの知識」を会得しているからだ。今年こそはダイエットしなきゃ……! 今回はそうお考えの諸君に、改めてライザップの凄まじさをご紹介したい。

続きを全部読む

【暴走】ディズニーマニアがキャストしか入れない「サンクスデー」に潜入した結果…

1年に1度だけ「東京ディズニーリゾート」では特別なプログラムが開催される。どれほどディズニーを愛していても、どれだけ東京ディズニーリゾートに足を運ぼうと “選ばれし者” しか入場できない特別な数時間……。それが『サンクスデー』である。

超ざっくり『サンクスデー』を説明すると、この日入場できるのは東京ディズニーリゾートで働くキャストたちだけ。社員がキャスト(準社員・アルバイト)をもてなし、日頃の感謝の気持ちを伝えるディズニー魂全開の特別プログラムである。その『サンクスデー』にディズニーマニアと潜入することになったのだが、やはり “ヤツ” の暴走は止まらなかった……。

続きを全部読む

2020年、1発目の「ポケモンGOコミュニティ・デイ」はポッチャマ! だがそれよりも気になるのは…

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もイッシュ地方の新ポケモンを捕まえているかな? この前、お兄さんが家にいたらアーケンの影が出たんだ。22時くらいだったんだけどダッシュして無事にアーケンをゲット!! でもそれ以上にアーケンを求める近所のおじさんとおばさんたちが湧いてたよね。ポケモンGO人気、本当にすごいよ!

それはさておき、2020年1月19日(日曜日)、今年1発目の「ポケモンGOコミュニティ・デイ」が開催される。大量発生するのはポッチャマ! もちろん当日は全力でポッチャマを捕まえまくるのだが、それよりも気になるのは……!!

続きを全部読む

【エクストリーム】吉野家の「ねぎだく牛丼」に “ねぎだく10倍トッピング” したらこうなった

2020年の年明け早々、吉野家が大砲をぶっ放した。そう、吉野家の第1号店「築地店」限定で提供されていた伝説のメニュー『ねぎだく牛丼』の全国販売を開始したのだ。味についてはシンプルに一言「最高」に尽きる。1度食べてしまったら、もう普通の牛丼には戻れないことだろう。

もっと玉ねぎを……! もっともっとねぎだくを……!! ギブミーオニオン……ッ!! そんな日本全国3000万人の願いを叶えるため、今回は『ねぎだく10倍トッピング』に挑戦した。夢とロマンが凝縮したエクストリームな『ねぎだく10倍牛丼』を以下でご覧あれ。

続きを全部読む

【ポケモンGO】追加されたイッシュ地方の新ポケモン一覧 / レア度ランキング、地域限定、育てたいポケモンはこちらです

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 色違いヒードランはゲットしたかな? お兄さんは初日に色違いをゲッツ! その後すぐに2匹目もゲッツ!! 色違いポケモンって求めてないと来やすいよね。ポケモンGOの神様、色違いのフカマルなんて全然欲しくないので、ぜひ僕のところに寄こしてください。ホント、全然欲しくないので。

それはさておき、今回は先日実装された「イッシュ地方の新ポケモン」についてお知らせしよう。きっとみんなもシャカリキに新ポケモンを捕まえていると思うが、ぜひこの記事を読んで「レア度」や「育てるべきポケモン」を参考にしてくれよな!

続きを全部読む

【世界初】ポケモンGO初の「eスポーツ大会」はこんな感じのイベントだった

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 新たに追加されたポケモンを捕まえているかな? みんなも経験あると思うんだけど、この時期レーダーに映るヤミカラスは本当に紛らわしいよね! 「キタッ!」って思いつつ二度見したことが1度や2度じゃないよ!!

それはさておき、その新ポケモンが追加された2020年1月11日、東京はお台場で世界初となるポケモンGOのeスポーツイベントが開催された。お兄さんたちも張り切ってイベントに参加してきたので、今回はその模様をレポートしよう。

続きを全部読む

マーベル最新作『モービウス』の予告編が解禁! ただしMCUとは無関係なもよう

2019年公開の『アベンジャーズ / エンドゲーム』で、大きな区切りを迎えたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界。今年2020年からは新フェーズに突入し、これまでと同様のペースで映画が公開される見込みだ。

その1発目は2020年5月公開の「ブラック・ウィドウ」であるが、今回ご紹介する『モービウス』はMCUに属していないマーベル映画となっている。アメコミファンでも「渋すぎる」と絶句するであろうモービウスとは一体……?

続きを全部読む

【激ネタバレ注意】2020年の「キングダム」を熱狂的ファンの記者4人が大予想! 信は一体どうなる!?

日本全国8000万人のキングダムファンに告ぐ──。この記事には盛大なネタバレが含まれているので、どうかヤングジャンプ最新号(2020年新年合併6・7号)まで読んでいない方は、今すぐこの場から立ち去っていただきたい。今すぐ、離脱、せよ。これは、大マジ、だ。

さて、2018年から1年に1度だけ公開される「今年のキングダム予想」も3回目を迎えた。長きに渡った「秦 vs 趙の戦い」も終わりが見えてきたが、果たして今年のキングダムはどうなってしまうのか? 熱狂的ファンを自負する記者4名が予想してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【傑作なんだ】CGアニメ「スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」はもっと評価されてイイ

2019年12月20日、映画「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」が公開された。周囲の人の感想やネット上の評価を見てみると「評論家はイマイチ」だが「ファンは大絶賛」といったところだろうか。私(P.K.サンジュン)は純粋におもしろかった。

さて、スター・ウォーズファンならば誰しも「お気に入りのタイトル」があることだろう。特に「帝国の逆襲」あたりは根強い人気を誇っているが、もし私がお気に入りのタイトルを問われたら、ずるいことを承知で「クローン・ウォーズ」と答える。それくらいCGアニメ「クローン・ウォーズ」と「反乱者たち」は最高傑作なのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 201