img_0457_580px

忘年会でしこたま飲み明かして年が明けたら、新年会の季節である。飲み出したら楽しくて、ついお酒が進んでしまい、翌日二日酔いに悩まされてしまった……なんている人もいるだろう。

二日酔いから復活する方法は人それぞれだと思うが、映画『007』シリーズのジェームズ・ボンド役、‟ミスター・ダンディ” ことダニエル・クレイグ様の二日酔いの治し方が、ちょっと変わっていると言うので紹介してみたいと思う。

・飲むのが大好きなダニエル

イギリス人は、お酒をよく飲みアルコールに強いと言われるが、イギリスはリバプール出身のダニエルも例外ではない。とにかく飲むのが大好きだという彼は、前ほどパブに出かけられなくなってしまったものの、折を見ては飲みに出かけ、その場に居合わせた一般人と乾杯することもあるのだとか。

そんな、売れっ子ハリウッド俳優になったダンディな彼でも、時には飲み過ぎてしまうことがあり、我々庶民と同じように二日酔いに悩まされるのである。

・ダンディ男の二日酔い解消法は乳幼児用飲料!


そして、ダニエルが二日酔いを解消する時に飲んでいるのが、「Pedialyte:ペディアライト」という乳幼児用の飲料だ。これは、子供が発熱や下痢・嘔吐の症状などで、脱水症状に陥りやすい時に飲ませる電解質補給飲料である。

アルコールを摂取しすぎると、利尿作用のせいで脱水症状を起こしやすくなり、頭痛などの二日酔いの原因となる。そこで、ダニエルは飲酒により失われた体内の水分を、電解質補給飲料により補っているという訳だ。

・ペディアライトはハリウッド俳優の間で人気!?

なんでも、映画『トランスフォーマー』シリーズで主演する俳優仲間マーク・ウォールバーグに勧められて、二日酔いの時にペディアライトを飲みだしたのだそうだ。

ペディアライトは子供が飲みやすいように、イチゴやオレンジなどの味付けがされていて色もカラフル。そんな乳幼児用飲料を、いつもスーツでビシっとキメているダニエルが、二日酔いを治すために飲んでいるなんてミスマッチ感は否めない。だが、背に腹は代えられないといったところなのかもしれない。

二日酔いを防ぐためには ‟飲みすぎないこと” が一番なのだが、それが守れないという人は水分補給をマメにして、脱水症状にならないよう気を付けて頂きたいものだ。

参照元:Facebook @PedialyteMirror(英語)
執筆:Nekolas
イラスト:稲葉翔子