「餃子の王将」にまつわる記事

【餃子の王将】にんにくゼロの『生姜餃子』は最強の新メニューかもしれない / にんにくアリの餃子と食べ比べて気づいたこと

餃子の王将が『にんにくゼロ生姜餃子』を2019年7月8日より発売開始した。以前からメニューにあった『にんにくゼロ餃子』がリニューアルされた形で、価格は西日本が税抜220円、東日本が税抜240円となる。なお、北海道をのぞく全国の店舗で順次発売とのことだ。

餃子はニンニクがあってなんぼ。特に「餃子の王将」の餃子は、ニンニクがガンガン効いてるから美味いんだ。ニンニクナシの餃子? そんなの、炭酸が抜けたビールみたいなもんじゃないのか? ──なんてことを思いながら、私は試しにオーダーしてみた。

続きを全部読む

「餃子の王将」の新業態! その名も『餃子の王将 Express』が有能すぎて吉野家が心配になった / 店舗に行ったら見慣れぬメニューだらけだったが…

ひとくち餃子(6個180円)、鶏のから揚げ(3個300円)、かき揚げ丼(680円)、中華炊き込みご飯(250円)、餃子の王将ラーメン(500円)、かき揚げラーメン(680円)、餃子ラーメン(580円)、白醤油ラーメン(640円)、中華そば(550円)にライス(大220円、中170円、小150円)……。

ざっとこんなところだろうか。「餃子の王将」の新業態店舗『餃子の王将 Express』で食べられるフードのグランドメニューは。ご覧の通り、一般的な「餃子の王将」に比べたらメニューの数は少ない。だがしかし……!

続きを全部読む

王将の『湯葉の天津飯』はガチ / 真の “極王天津飯” を「GYOZA OHSHO」で見つけた

これから紹介するメニュー『湯葉の天津飯』は、全国の「餃子の王将」で食べられるわけではない。餃子の王将のオシャレ版「GYOZA OHSHO」の限られた店舗のみで販売されている。

まぁ、店舗ごとにオリジナルメニューを展開している「餃子の王将」だけに、フツーの店舗でも取り扱っているところがあるかもだが、どちらにせよレアなメニューであることは間違いない。ただ……!

続きを全部読む

【知ってた?】大阪王将の天津飯にラー油をかけたらマジで激ウマ

「餃子の王将」と「大阪王将」。念のために言っておくと、2つは全くの別物である。“王将” が被っているので同じようなものと思っている人もいるかもしれないが、「餃子の王将」と「大阪王将」は田中マルクス闘莉王と田中邦衛くらい違う

したがって、両者の違いを上げればキリがないものの、そのうちの1つが「天津飯」だろう。具体的に説明すると……

続きを全部読む

【餃子の王将】人気のため販売期間が延長になった『五目あんかけラーメン』 はやっぱりウマかった / 1月31日まで

トロトロでアツアツのスープの上に、生姜がドン。その周りには、エビ・しいたけ・豚肉・にんじん・うずらの卵・キャベツ・たまごなどの具材が散りばめられている。麺は全く見えない──。

王将の期間限定メニュー『五目あんかけラーメン』は、その見た目からして不思議な安心感があった。食べる前から「これは間違いないヤツ」と確信してしまうというか。そして実際に食べてみると……「やっぱりな」である。裏切りは一切ない。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】『餃子の王将』の福袋がほぼ「お年玉」だった / 想定外の餃子無料券について

こんなん、ほぼお年玉やん! ──『餃子の王将』のアリオ亀有店限定福袋をゲットしたとき、私がそう思った理由は3つある。1つは、生餃子引き換えカードがお年玉レベルでお得だったから。そして2つ目の理由は……文字通り、普通のお年玉用ポチ袋に色々と入っていたからだ。

この飾り気のなさ! 私の愛する『餃子の王将』が、ここにある!!

続きを全部読む

「餃子の王将」が500円割引券を配布予定! 12月24日に店へ行ったら貰えるってよ

勝負は2018年12月24日だ。その日限定で、『税込500円割引券』が配布される。一部の店舗だけじゃないぞ。全国の餃子の王将、京都髙島屋店を除くGYOZA OHSHO全店で配られるのだ。しかも、店内での飲食でも持ち帰りでもOKだというから有り難い。

ここで「クリスマス・イブに王将って(笑)」という方がいたら、お引き取りいただきたい。ページを閉じていただいて結構だ。そんなことを言う人は何も分かっちゃいない。12月24日が、「餃子の王将」にとってどんな意味を持つのかを。

続きを全部読む

【餃子の王将】実は『五目そば』も “う” がつく食べ物だった!「土用の丑の日」のうなぎ代わりでイケるぞ!!

土用の丑の日だからといって、うなぎを食わなければいけないことはない。うなぎが絶滅危惧種だからという以前に、そもそも「土用の丑の日」は “う” のつくものなら何を食べてもいいとされているからだ。

なので、「土用の丑の日は牛(ステーキ)を食え」という記事を以前に本サイトでもお伝えしたのだが……中には「ステーキは高すぎる!」という人だっていることだろう。

そこで!

続きを全部読む

「餃子の王将」が全然中華っぽくないメニューを発売! その名も『生姜の効いた豚焼き肉』を食べに行ったら店員さんに “まさかのひと言” を言われた

言うまでもないことだが、「餃子の王将」は中華料理チェーンである。イタリアンでもフレンチでも和食でもなく、どう考えても中華だ。むしろ、日本における中華料理チェーンの代表格が「餃子の王将」と言える。

──なぜこんな当たり前のことを説明するのかというと、「餃子の王将」の一般的なイメージが変わりかねないメニューが、東日本エリア・西日本エリアで2018年5月1日から発売されたからだ。その名も『生姜の効いた豚焼き肉』! そ、それってまさか……

続きを全部読む

【餃子の王将】公式Twitter担当者の「一時期狂ったように食べていた王将メニュー」が判明 / 王将大好き人間でも知らない料理かも?

ホルモンの味噌炒め』だって! ……興奮のあまり速攻で答えを言ってしまったが、餃子の王将の公式Twitter アカウントを運営する担当者、いわゆる “中の人” は、『ホルモンの味噌炒め(税抜き500円)』を一時期狂ったように食べていたらしい。

つまり、「餃子の王将」の中の人もハマった王将メニューが判明したわけだが、そう聞いても「ホルモンの味噌炒めって何やねん! 知らんがな!」という人だっているに違いない。週7で王将に通っているマニアでも、食べたことがない人がいるハズだ。なぜなら、地域限定メニューだから……。

続きを全部読む

『餃子の王将』の女子会プランが最高すぎる! 餃子食べ放題で男性でも参加できる店あり / 王将ファンが行ったら “愛” が強すぎてヤバいことになった

「餃子の王将が好きすぎて……」 もし職務質問を受けたら、そう答えようと私は心に決めていた。鏡を見て、「その覚悟マジでいるな」と思ったのだ。だが幸いにして警察官と道ですれ違うことはなく、入店してからはただハッピーな時間が流れただけであった……。

──というわけで紹介するのは、『餃子の王将』の「女子会プラン」だ。「そんなプランあるのかよ?」と思う人もいるだろうが、ある! 全店舗ではないが、公式サイトを見ると実施してる店舗がちょいちょい、ある!!

続きを全部読む

『餃子1人前の無料券』が楽勝で手に入る! 「餃子の王将」のキャンペーンがうれしすぎる内容 / 1月20日から実施するぞ〜!!

餃子の王将に行ったら、スタンプを押してもらうがよろし。と言っても今日からじゃなくて、今週末の2018年1月20日から2018年5月31日までだから忘れないようにするがよろし。スタンプがたまったら色々もらえるので、何にするか考えとくがよろし。

──本記事でお伝えしたいことは、大体以上である。ほぼ言い切ってしまった感がある上に、私も含めて多くの餃子の王将ファンは「言われなくても王将には行くよ」という感じかと思うが、一応その詳細を以下で説明しておこう。

続きを全部読む

【2018年福袋特集】『餃子の王将』の福袋が太っ腹すぎた / 使用期限ナシの生餃子引き換え券(約3100円分)の他に色々詰まって総額2500円という奇跡

『餃子の王将』を愛する読者の皆様、今年の初王将詣(はつおうしょうもうで)はもう済ませただろうか? 店舗によっては1月3日から営業というところもあるので「まだ行けてない」という人もいるだろうが、初王将詣の際には店員さんに以下のように尋ねてみることを激しくオススメする。

この店、福袋とかやってないんですか?」と。──なぜなら、その店舗で福袋を販売していた場合、中には100パーセントお得な物が入っている可能性もあるからだ。例えば、こんな風に……

続きを全部読む

【神割引】12月24日に「餃子の王将」が500円割引券を配布! 野郎ども、クリスマス・イブは王将に集合じゃァァァアアア!!

ジングルベール♪ ジングルベール♪ 言うとる場合か! こちとらキリスト教徒でもなければ彼女もいない35歳のオッサンである。クリスマスなんか無くなってしまえ!!

そんな私(中澤)を含むクリぼっちに朗報だ。2017年12月24日に俺たちの『餃子の王将』が500円割引券を配布するぞォォォオオオ! 捨てる神あれば拾う神あり!!

続きを全部読む

餃子の「ひだ」はなぜあるの? 餃子の王将に聞いてみた!

老若男女に人気な餃子。専門店も多く、気軽に食べられる点も魅力だ。また、ビールと一緒に食べると、最高に幸せな気分になれる一品でもある。ただし、自分で作るとなると少しばかり面倒くさい。あの “ひだひだ” を作るのが面倒だ。なにあのひだ!! 必要なの? なくても良いんじゃない!? 

いやしかし、アレにこそ餃子の美味しさの秘密が詰まっているのかもしれない……。うむむ、気になるな。気になるなら調べてみようじゃないかと、『餃子の王将』をはじめとする餃子の専門店などに聞いてみた結果は以下の通りだ! 

続きを全部読む

【朗報?】「餃子の王将」がデリバリーサービスを開始! しかし料金が爆上がりしてるから注意せよ!! 餃子は100円、唐揚げは200円アップ

全国に中毒者を要する最強の中華料理チェーン「餃子の王将」。その王将が、なんとデリバリーサービスを開始したためネットで話題になっている。マジかよ……王将の餃子や炒飯や唐揚げを、自宅まで持って来てくれるっていうのかよォォォォオオオオ!

だがしかし、当然タダで運んでくれるわけではない。最低注文料金などいくつか条件があるのだが、それ以上に1品1品の料金がかなり上がっているので注意が必要だ。そのあたりを正しく理解していないと「あれ、王将ってこんな高かったっけ……?」となってしまうかもしれないぞ!

続きを全部読む

ほとんどの大阪人が『餃子の王将』と『大阪王将』を区別できる理由 / 大阪人「間違う人、おるんやー」

衝撃的なニュースが飛び込んできた。『大阪王将』のCMのクレームが『餃子の王将』に寄せられ、その結果、『餃子の王将』サイドが「全くの無関係」と文書を発表したのである。

繰り返し使われる「無関係」という文字にも衝撃を受けるが、大阪や京都出身の方はこう思ったかもしれない。「間違える人、おるんや」と。大阪出身の私もそう思った。だって違うやん? 間違える理由あらへんやん??

続きを全部読む

【知ってた?】餃子の王将の『魔法の粉(マジックパウダー)』は購入できるんだぜ! 唐揚げ20回分入って180円! いますぐ王将へGOォォォォッ!!

突然だが皆さん、『餃子の王将』で唐揚げをテイクアウトしたときにもらえる “香辛料” をご存知だろうか? 成分不明の激ウマ調味料。そのあまりの中毒性に「魔法の粉」とか「マジックパウダー」などと呼ばれている。

そのマジックパウダーを再現すべく、日本中の錬金術師たちが研究を重ねてきたが、もうその必要はないぞ! 王将が公式に販売しているのだ。素敵なビン付きタイプもあるのだ。さぁ、いますぐ、小銭握って王将へGOォォォォッ!!

続きを全部読む

【あるある】「餃子の王将」で100人前くらい餃子を食べたら気付くこと・やりがちなこと50連発

言うまでもないことだが、「GO」は「イク」という意味である。ほとんどの人は、GOと聞くとそのように解釈するだろう。もしくは、当サイトの熱心な読者であれば、GO羽鳥のことを想像する人だっているかもしれない。

しかし……だ。私は違う。「GO」というと、餃子の王将(Gyouza_no_Ohsho)がどうしても頭に浮かんでくる。そんな私のような「餃子の王将」中毒者に向けた “あるあるネタ” を今回はお届けしたい。題して、「餃子の王将で100人前くらい餃子を食べたら気付くこと・やりがちなこと50連発」だ。

続きを全部読む

1日限定20食!? 『餃子の王将』の590円サービスランチが高コスパすぎてヤヴァイ / 毛沢東も後ずさりするレベル

餃子と言えば「王将」。これは、私(中澤)のようなオッサンにとって「山」と言えば「川」レベルの合言葉である。そんな『餃子の王将』が、590円という安さで日替わりサービスランチを提供していることをご存じだろうか?

『餃子の王将』の定食は、800円くらいが相場。そこから200円以上も安くて、はたして満足できる内容なのか? というわけでさっそく注文してみたところ……え? こんなに量あんの? 軽く1000円オーバーの料理が運ばれてきたんですが……!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3