「羽生結弦」にまつわる記事

織田信成半端ないって! あいつ半端ないって!! 羽生結弦をめっちゃ褒めちぎるもん、そんなんできひんやん普通

2018 FIFAワールドカップで日本が強敵コロンビアに勝利して以降、日本中で「大迫半端ない」旋風が吹き荒れている。日本代表チームを称える言葉として使われていることはもちろん、努力と成果を重ねる人に向けての賞賛の言葉としても、この「○○半端ない」が使われている。

そんななか、涙もろいことで知られるスポーツ解説者の織田信成さんが、これに乗っかる形で羽生結弦選手のことを激賞しているのだ。

続きを全部読む

【衝撃】ヤフオクで出品中の「羽生結弦直筆サイン入りスケート靴」が1億円を突破ァァアア! 残り3日でいくらまで行くのか!?

オリンピック二連覇を達成した男子フィギュアスケート「羽生結弦」選手は、もしかしたら“リアル打ち出の小づち” なのかもしれない。というのも、以前の記事でご紹介したヤフオクで出品中の「羽生結弦直筆サイン入りスケート靴」がなんと1億円を突破したのだ。

レアなお宝とはいえ冷静に考えればただのスケートシューズにこれだけの値が付くとは、いかに羽生選手の付加価値が高いのかわかるというものだろう。まじめな話、羽生選手1人でちょっとした都市レベルの金を生み出せるハズだ。

続きを全部読む

【どこまで行くのか?】ヤフオクで「羽生結弦直筆サイン入りスケート靴」が3500万円を突破 → 違反者続出で再出品 → 秒殺で300万円を突破

オリンピック二連覇を達成し、国民栄誉賞の受賞も噂される男子フィギュアスケートの羽生結弦選手。いま日本で最も注目を集めるスポーツ選手といっても過言ではない羽生選手だが、そのスゴさを証明する事案がインターネット上で起きているのでご紹介しよう。

2018年3月5日、ヤフオクに「羽生結弦直筆サイン入りスケート靴」が出品された。落札金は全て寄付されるというこのスケートシューズについた価格は……わずか1日で3500万円! 3500円じゃない、3500 “万” 円だというから驚くしかない。

続きを全部読む

【平昌五輪】フィギュア男子・エキシビジョンの練習風景が話題! 羽生結弦の “カーリングごっこ” や宇野昌磨の “おやつタイム” にネットの声「可愛さも金メダル!」

平昌五輪・男子フィギュアスケートはアツかった。さまざまなドラマがあったが、最も印象的だったのが羽生結弦選手の復活ではないだろうか。それもオリンピック2連覇という劇的な結末で。

そして、まだ楽しみは終わらない! 2018年2月25日に上位選手らによるエキシビジョンが行われる。そのなかで羽生選手は大トリを務めると報じられており、その練習風景が公開されたのだが……えええー!? メチャクチャ可愛いと話題になっているのだ。

続きを全部読む

【粋だね】オリンピック期間中の「熊本警察の仕事が早い」と話題 / 電光掲示板「お先どうぞ ゆづる心に 金メダル」など

2018年2月22日15時現在までに、過去最高となる合計11個のメダルを獲得した冬季オリンピック日本代表団。男子フィギュアスケートや女子カーリング、そして女子パシュートなどなど、多くの人が平昌オリンピックに注目していることだろう。

そんな中、ネット上では「熊本県警察本部の仕事が早い」と話題になっている。というのも交通安全を呼びかけるための電光掲示板のコメントが、粋な “冬季オリンピック仕様” になっているためだ。

続きを全部読む

【中国】羽生結弦の演技に解説者が感動 → 思わず漢詩を詠む / 調べたら感動的に美しい意味! 他国の選手に捧げる最大級の賛辞に感動が止まらない件

フィギュア男子、オリンピック2連覇! 66年ぶりの偉業を成し遂げた羽生結弦選手。もちろん金メダルという結果も素晴らしいが、何よりその演技に魅了された人も多いだろう。

そんな羽生選手の活躍に感動したのは日本だけではない。各国から称賛の声があがっているが、中国ではこんな形で羽生選手が讃えられている。なんと実況で漢詩が詠まれたのである。

続きを全部読む

【圧巻】SP首位の羽生結弦にネット上は感動の嵐! ただし一部の男性からは嫉妬の声も

圧巻としか言いようがない演技だった。フィギュアスケート男子シングルSP(ショートプログラム)に登場した羽生結弦選手が、自己ベストに迫る111.68点を叩き出し首位に躍り出たのだ。怪我の影響が危ぶまれていただけに、日本中が大きな感動に包まれている。

続きを全部読む

羽生結弦選手の振り付けを完コピする「陸上フィギュアスケーター」が話題 / 安藤美姫さんも絶賛!

フィギュアスケートいえば、氷の上でステップ・スピン・ジャンプなどの技を組み合わせ、音楽に乗せて滑る競技だ。何を当たり前のことを……と思うかもしれないが、2016年12月15日の日本テレビ番組『スッキリ!』でそんな常識を覆すような衝撃的な映像が放送された。

なんと滑らずに演技をする「陸上フィギュアスケーター」が氷上の選手たちを完コピ! かつてない映像はネットを中心に話題となり、もはやフィギュア界に革命が起きようかとしているのだ。

続きを全部読む

羽生結弦の『PPAP』と『逃げ恥ダンス』がかわいすぎると話題 / ネットの声「過呼吸おこしそう」「世界が救われる」

2016年11月25日から27日にかけて行われたフィギュアスケートNHK杯。結果はご存知の通り、オリンピック・金メダリストの羽生結弦選手が今季世界最高の301.47点を叩き出し、2年連続3回目の優勝を飾った。

この優勝で「GPファイナル」の出場権を獲得。今から前人未到の4連覇が期待されるところだが、ネットでは試合のこと以上に「羽生結弦がかわいすぎる」と話題になっている。なぜなら、羽生選手が全世界でフィーバーを巻き起こした『PPAP』、さらには人気ドラマ『逃げ恥』の「恋ダンス」も披露していたのである!

続きを全部読む

キシリトールボトルガムに『羽生結弦モデル』全6種類が登場 → ロッテに「ぶっちゃけマダム層狙いですか?」と聞いてみた結果

世界選手権をまさかの2位で終えた、男子フィギュアスケートの羽生結弦(はにゅう ゆづる)選手。今回は優勝とはならなかったものの、世界歴代最高点を次々と更新し、男子史上初のグランプリファイナル3連覇を達成するなど、まさに「生きる伝説」ともいうべき活躍は他に類をみない。

羽生選手は多くの女性ファン、とりわけマダムファンが多いことでも知られ、「ユヅ」の愛称で親しまれているが、今回はそんなユヅファンが狂気乱舞しそうなユヅアイテムを発見したのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【パニック】石川遼くんの結婚に女性ファンが悲鳴 / ネットの声「会社休む」「まだユヅがいる」「ユヅー! ユヅー!!」

プロゴルファーの石川遼選手(24歳)が自身のホームページで結婚を発表した。お相手はかねてから交際中であった、中学時代の同級生であるという。なんともおめでたい話だが、女性人気も高い遼くんだけあって、ショックを受けている女性も多いようだ。

続きを全部読む

男性に聞いた『羽生結弦選手好き?』のアンケート結果に驚き!「2人きりになりたいほど好き」が意外に多い!!

世界的な快挙を成し遂げた男子フィギュアスケートの羽生結弦選手。端正な顔立ちで女性ファンが多く、海外の大会にまで応援に駆け付ける人も多い。女性に支持されるのも頷ける。では、男性はどう思っているのだろうか?

そこのところが気になって、Twitterでアンケートをしてみた。好きという意見に対して、より深く確かめてみたかったので、好きの度合いを計ってみたところ……かなり意外な結果に!?

続きを全部読む

【知っ得】フィギュアの羽生くんもやってる! カナル型イヤホンは「シュア掛け」で雑音とおさらばだ!!

電車の中でお気に入りの音楽を聞きたい時や、一人集中して動画を観たい時などに欠かせないのが「イヤホン」だ。皆さんはどんなタイプのイヤホンを使っているだろうか? 筆者が使用しているのは「カナル型イヤホン」で、生活の中で手放せないものになっている。だがしかし……。

カナル型イヤホンについて不満な点が1つある。それは装着時に聞こえてくる「雑音」だ。今回はあのフィギュアスケート男子金メダリスト・羽生結弦選手も実践しているという、カナル型イヤホンの画期的な装着方法『シュア掛け』をご紹介したい。

続きを全部読む

【お手軽グルメ】家のキッチンで立ったまま しゃぶしゃぶ するイキな食べ方「たちしゃぶ」がマジ最高

我慢できないほどモーレツに「しゃぶしゃぶ」が食べたくなる時がある。ここ数日の私(筆者)は、寝ても覚めても しゃぶしゃぶ のことばかり考えていた。だが、家で本格的な しゃぶしゃぶ をするには、グツグツも重要なので卓上コンロなどが必要となる。

ところが家に卓上コンロがない! もしくは、ちゃぶ台やテーブルが散らかりすぎてて卓上コンロを置く場所もない!! ……そんな人にオススメなのが、家のキッチンで立ったまま しゃぶしゃぶ を食べる、通称「たちしゃぶ」という食べ方だ。

続きを全部読む

【ソチ五輪】フィギュア羽生結弦選手が美しすぎて中国女子が大悶絶「アイヨォォー!!」「もう私の心の扉を閉じることはできないッ」

現在、ロシアで行われているソチ冬季オリンピック。日本時間2014年2月14日に行われたフィギュアスケート男子ショートプログラムで、日本の羽生結弦選手が101.45点をマーク、暫定1位となった。ショートプログラムでの100点超えは史上初のことだ。

そんな羽生選手を祝福し応援しているのは、日本だけではない。なんとお隣・中国女子も羽生選手に夢中! ネットユーザーの間で「アイヨォォー!!」「もう私の心の扉を閉じることはできないッ」などと、ちょっとした話題になっているのだ。

続きを全部読む