「神奈川県」にまつわる記事

【横須賀グルメ】40年以上も愛されているカレー専門店『カリーすなっく ベンガル』に行ってみた

急な坂道駆けのぼったら今も海が見えるでしょうか、ここは横須賀。この文だけで何のことか分かった人は、おそらく昭和生まれだろう。山口百恵の『横須賀ストーリー』がリリースされたのが1976年。その5年前の1971年からカレー専門店をやっている老舗が横須賀にある。

それが京浜急行線・横須賀中央駅から徒歩2分のところにある『カリーすなっく ベンガル』。今でこそカレー専門店は多いが、当時は珍しい存在だったそうな。お店を始めてから40年以上、今も変わらず愛されている味とは一体どんなものなのだろうか。

続きを全部読む

【ポケモンGO】横須賀GO・完全攻略ガイド / 会場の特徴やレアポケモンまとめ

2018年8月29日から9月2日まで神奈川県横須賀市で「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA(横須賀GO)」が開催されている。全国各地どころか世界からもトレーナーが参加し、イベント初日は平日にもかかわらず大盛り上がりだ。

おそらく、週末にかけて大勢のポケモンGOトレーナーが横須賀に押し寄せることだろう。では横須賀GOに参加するにあたって注意点は何なのか、さらには出現するレアポケモンについてもまとめたので参加予定のトレーナーはぜひ読んでほしい。

続きを全部読む

【ポケモンGO】横須賀GO「くりはま花の国」でゲットできたレアポケモンまとめ

ポケモンボックスの中がパンパンだぜぇ……。「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA(横須賀GO)」に参加する人は、あらかじめボックスを整理しておくのが吉である。何しろレアポケモンの湧きっぷりがヤバい!

先ほど「ヴェルニー公園」「三笠公園」で出現したレアポケモンを紹介したが、続く「くりはま花の国」もハンパなかったのだ。ポケモンボックス1500じゃ足りない……!!

続きを全部読む

【ポケモンGO】ついに横須賀GOがスタート! ヴェルニー公園で湧きまくっていたレアポケモンはコレだ!!

7月末のスペシャル・ウィークエンドにセレビィのスペシャルリサーチと、2周年を迎えて勢いが止まらないポケモンGO。そして本日2018年8月29日から、ついに「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA(横須賀GO)」が始まった。

9月2日までの期間中に参加予定の人も多いだろうが、はたしてどのような世界が横須賀で待っていたのか。現地からイベントの様子を詳しくレポートしたい。

続きを全部読む

広末涼子さんが人生最高の一品に選んだ「四川風スパゲッティ」がマジで恋するウマさだった / 横浜市『リトルモウ』

神奈川県横浜市のJR東戸塚駅から車で10分ほどの場所に『リトルモウ』という名のフレンチ居酒屋がある。学生時代に近所に住んでいた筆者は、いつも何の気なしに、バスの窓から「日に焼けた赤いテント」を眺めていた……のだが! 今、鬼のように後悔している。

というのも、先日放送されたTBS系テレビ番組『人生最高レストラン』で、ゲストとして登場した女優・広末涼子さんが、同店の「四川風スパゲッティ」を人生最高の一品に選んだ……うえに “いちばん落ち着ける場所” として同店を紹介していたのだ。もう少し早く、もう少し早く知りたかったゾォォォオオオーーッ!!

続きを全部読む

【難読漢字クイズ】神奈川県の地名「寄」さて何と読むでしょう?

漢字の読み方は非常に難しい。特に人名や地名などの固有名詞は不可解なものが多く、正解を聞いても「本当に!?」と信じられないものも多く存在する。

つい先日のこと。神奈川県小田原市に用事があり車を走らせていたところ『』という地名に出くわした。「より?」「よる?」「き?」と頭の中を様々な読み方が駆け巡ったが、正解は1000年経っても正解に辿りつかない「〇〇」という読み方だったのだ。

続きを全部読む

【悲報】ポケモンGOの横須賀イベントが当選発表 → マッハで参加券が転売される

2018年8月29日から9月2日にかけて開催される「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」。アンノーンをはじめ、日本では姿を見ることができない「トロピウス」など、普段なかなか出会えない特別なポケモンたちがゲーム内に出現することもあって、事前応募が殺到した。

その結果、抽選で当選したトレーナーのみが参加できるシステムの影響で、転売の流れが止まらなくなっている。本日6日、当選メールが送信されたら、参加券はマッハの速さで転売中だ。

続きを全部読む

【戦争の予感】「東京在住者が行ったことのない関東の県ランキング」が発表される → 北関東民がブチギレそうな結果に…

日本全国47都道府県、それぞれの土地にそれぞれの良さがある。きっと1度足を運べば「ああ、また来たいな」と感じることも多いハズだが、実際問題として「行ったことが無い都道府県がある」という人は多いのではなかろうか?

もちろん、物理的に遠くて行けないことが最大の理由と推測されるが、中には「近くても行ってない県がある」という人もいるらしい。例えば今回発表された『東京在住者が行ったことのない関東の県ランキング』によれば、約20%もの人が「〇〇県」を訪れたことがないようだ。

続きを全部読む

【酒飲み天国】安ウマ飲み屋のオンパレード! 横浜の『野毛』が最高すぎた!!

いずれの街にも酒好きが集まる場所がある。東京・新宿のゴールデン街しかり、大阪における天満(てんま)しかり。安くて旨い、そんな場所を求め、きょうも呑兵衛はさまよい歩くのだ。

さて、中華街に赤レンガ倉庫といい、どことなくオシャレな街というイメージのある横浜。そんな場所でお酒を飲むとしたら、あなたはどこを選ぶだろう。横浜周辺に詳しい人なら即答レベルで答えられるだろうが、そうでないお酒好きは「野毛(のげ)」という地名を覚えておくことをオススメする。

続きを全部読む

【波紋】川崎市さん、無償&交通費も自己負担で「ボードゲーム製作者」を募集し賛否を巻き起こす

全国に20存在する政令指定都市のひとつ、神奈川県川崎市。都心へのアクセスも良く、人口は150万人を超える日本屈指の “ビッグ市” である。そんな川崎市の「まちづくり局計画部」が、ちょっとした波紋を巻き起こしている。

2017年10月3日、川崎市まちづくり局計画部が「ボードゲームを活用した景観まちづくりの取り組み」の一環として、無償 & 交通費も自己負担で検討メンバーを募集しているのだ。この件に対し、ボードゲームクリエイターたちを中心に批判的な声が相次いでいる。

続きを全部読む

【衝撃体験】1300倍の激辛カレーを食べたらこうなった / 藤沢市「シュクリア」

1300倍。言葉にするのは簡単だが、具体的に考えるとなかなかハードな数字である。60キロの男性が1300倍になると体重は78トン、170センチを1300倍すると221キロにもなるから、捉えようによって “1300倍” とは常軌を逸した数字といえるだろう。

このたび、私 P.K.サンジュンは「辛さ1300倍の激辛カレー」に挑戦してきた。辛さ……1300倍? ぶっ飛び過ぎててどれほど辛いのか想像すらできない人も多いと思うが、詳細は以下をご覧いただきたい。

続きを全部読む

提供:花王株式会社

【驚愕】三浦海岸に巨大すぎる3万2000倍の『ギガ砂場』が本日オープンッ! 思いっ切り汚れながら本気の砂遊びを楽しめるゾ!

いよいよ夏本番、うだるような暑さの日が続いているが、そんな気温に負けないほどアツいイベントが神奈川県・三浦海岸で実施中だ。なんと、巨大すぎる『ギガ砂場』なるものが出現しているのだ!

子どもだけでなく大人も砂遊びを楽しめて、砂山を使ったゲームやアクティビティにもチャレンジできるらしい。何そのワクドキする感じ……暑い、暑いって文句ばっかいってる場合じゃねえええええ!

続きを全部読む

【無敵】深夜の行列当たり前『上大岡タンタン』の「タンタンメン」がウマすぎる / 地元民が教えたくない本当の名店

「この長い長い下り坂を~♪」と、ゆずの『夏色』を駅メロディ(列車接近案内音)に採用しているのは京浜急行の上大岡駅。駅周辺はショッピングセンターや商店街などの生活施設が充実していてとても賑やか、爽やかな青春ソングがとても似合う街である。

さて、今回ご紹介するのは、賑やかな商店街を抜けた先にある一軒の中華料理屋『上大岡タンタン』だ。このエリアでは無敵の超人気店で、なかでも主役の「タンタンメン」にハマる人が続出中とのこと。さっそく、仕事帰りに行ってきたので報告したい。

続きを全部読む

【衝撃レシピ】フルグラにカレーをかけるとウマいらしいので実際に食べてみた!

「第3の朝食」としてすっかり定着した「フルグラ」ことフルーツグラノーラ。栄養価に優れている上、腹持ちがいいこと、さらには手軽に食べられることもあって人気が続いている。まさに「いいじゃんフルグラ」である。

頻繁に食べている人も多いだろうが、毎日食べ続けていると飽きない訳がないのもまた事実。それもあってか、これまでにいろんなレシピが考案されてきたのだが……なんとフルグラはカレーをかけてもウマいらしい。シリアルにカレー……あまりピンとこないものの、これは一度食べてみるしかあるまい!

続きを全部読む

【予想外】イロモノかと思ったら激ウマ!「メタル焼肉」が伊藤政則さんも高得点をつけるレベルでトロけまくり / 神奈川・生田『グルーピードールズ』

ギタリストには2種類の人間がいる。「メタルファン」と「メタル嫌い」だ。メタル嫌いは思っている。「頭が悪そう」と。だが、私(中澤)はそんなこと屁とも思っちゃいない。80年代初頭に花開いたメタル。「バンドの主役は俺!」と言わんばかりの派手でテクニカルなプレイをするギタリストが次々と現れ、一世を風靡(ふうび)した。

そんな80年代の忘れ形見のような焼肉屋を神奈川県生田に発見した。看板には「メタル焼肉」の文字が踊る。メタル焼肉ってなんじゃい!? 気になって訪れてみたら、予想外の事態が次々と発生した! この店最高だな!!

続きを全部読む

【衝撃】神奈川の「コストコ」にクマが出没! 巨大パンダを購入して帰っていく様子がかわいすぎる!!

突然だが、アメリカ発の会員制倉庫型スーパー「コストコ」を知っているだろうか? 衣類から食品まで、すべてがアメリカンサイズのこのスーパー。広大な店内に並べられた商品の数々が作る地平線は圧巻の一言だ。

──ある日のこと、ロケットニュース24のマスコットである巨大クマ・サンジェリカがポツリとつぶやいた。「コストコに行ったら友達ができるかもしれない」と。確かに、コストコのぬいぐるみコーナーには、サンジェリカに近いサイズ(2.5メートル)のクマがたくさんいる。……よし、分かった! コストコで友達を作ろうじゃないか!!

続きを全部読む

R18指定の「うどん」を食べてみた

世の中には、「18歳未満は閲覧禁止」とされるコンテンツがある。いわゆる、18禁、R18指定とか言われるヤツだ。よくあるのが映画や雑誌、書籍などだが、実はそれだけではなかったもよう。なんと、「そば&うどん」にも18禁の波が押し寄せていたのである!

何でもそうだが、“禁止” なんて言われると、余計に好奇心を掻き立てられるのが人間の性(さが)。18歳を余裕でオーバーしている私(筆者)も例外ではない。気になって仕方がなかったので、実際に「18禁うどん」を食べてみた。

続きを全部読む

【回転寿司】地元にあったら週3で通うレベル!『魚屋さんの新鮮回転寿司』がコスパ最強で文句なし!!

日本全国どこに行っても必ずある回転寿司。気軽に誰でも食べることができるため、素直においしいところがあれば、価格の分致し方ないお店もあるのは誰もが知るところだろう。回転寿司にすべてを求めるのは、なかなか難しいものがある。

だがしかし。先日、そんじょそこらのレベルではない最強回転寿司と巡り合えたのでご紹介したい。その名も「魚屋さんの新鮮回転寿司」。地元にあれば、週3で通いたくなるほどおいしいお店だ。

続きを全部読む

「うわージャンクなんだろうなー」と思って食べた『ガッツ麺DX』が想像の5倍ジャンクでウマかったでござる 神奈川・日吉「日の出らーめん」

英語でガラクタを意味するジャンク。ジャンクフードと聞くと、どうしても「栄養が偏っている」「体に悪い」などのマイナスイメージがある一方で、我々を惹きつけてやまない「魔性の魅力」があることも事実だろう。ぶっちゃけ……ジャンクフードは絶対にやめられない

そんなジャンクフードは、一目見ただけで「ジャンクだなぁ」とわかるものが多いが、今回ご紹介する『ガッツ麺DX』は、目にして1秒で間違いないと確信した。だが食べてみたところ、想像の5倍ほどJJ(ジャンクジャンク)していたのだ。

続きを全部読む

神奈川県保健福祉局が公開した「危険ドラッグ」の啓発動画がトラウマ級に怖い / わずか30秒で脳裏に焼き付く

2015年上半期、危険ドラッグによる事件や事故が相次いだ。これを受けて規制強化が進み、各県で注意を呼びかける取り組みが進んでいる。なかでも神奈川県は、非常にインパクトのある啓発動画を公開し、話題になっている。

神奈川県保健福祉局が5月に公開した動画は、危険ドラッグに潜む危険性をわかり易く伝えているのだ。一度見たら忘れることができないほど強烈なインパクトがあり、ある意味「トラウマ級」といっても過言ではないほど、衝撃的なものだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2