「拳銃」にまつわる記事

女性店員の目の前でポロリ…いくら何でもアホすぎる強盗が現る

銃社会のアメリカでは、時として凶悪な事件が発生する。人が命を落とすほど残酷なものがあれば、銃を突きつけて脅すなど事件にもいろいろだが、かつてないほどアホすぎる強盗が現れた。

お店へ強盗に入った男性が女性店員に拳銃を向けたと思ったら、まさかのポロリ……。また1人、想像の斜め上をいく強盗が不名誉な事件簿に1ページを刻んでしまった。

続きを全部読む

これが拳銃ってマジ!? クレカサイズの「LIFECARD 22LR」が驚異の小型軽量化を実現

世界トップの「銃大国」と言われるアメリカ。週末になると、街で銃の展示即売会・ガンショーが開催され、商店街のガンショップでは日常的に銃が売られているというのは、あまりにも有名な話だ。

2017年8月、そんなアメリカで驚くべき銃『ライフカード(LIFECARD)22LR』が発売されていた。なんと、手のひらにすっぽりと収まってしまうクレジットカードサイズの折りたたみ式拳銃だという。

続きを全部読む

ガン患者が「お前の影響を受けてタバコを吸うようになった。だからガンになったのもお前のせいだ」と同僚を射殺

ときは2017年。タバコは悪であり、タバコを吸う人は悪の使い……とは言い過ぎなまでも、愛煙家にとっては厳しい時代となった。決められた場所でタバコを吸い、マナーを守り、吸い殻の掃除だって率先して行っても、他者から毛嫌いされたり、殺害されたり……って、え? 殺害?

そう、この度、ある咽喉ガン患者が「お前の影響を受けてタバコを吸うようになった。だからガンになったのもお前のせいだ」と喫煙者を殺害する事件が起きてしまったというのだ。

続きを全部読む

花嫁が新郎に拳銃をブっ放す事件が発生! ハネムーン先が刑務所になりそうな件

人生において、結婚式ほど華やかな門出はないと言えるかもしれない。特に女性は憧れのウェディングドレスに身を包み、これから始まる幸せな生活に胸を膨らませるのではないだろうか。

ところが、なかには超ヤバいトラブルを起こしてしまう花嫁がいるようだ。というのも、ある花嫁がウェディングドレス姿のまま新郎に向けて拳銃をブっ放し、ムショにブチ込まれることになりそうだというのだ!

続きを全部読む

強盗から銃を突きつけられても全然怖がらない店員がネットで大人気

日本ではまず考えられないが、もし強盗から銃を突きつけられたらあなたはどう対応するだろうか。おそらく誰もがビビって強盗の要求通り。命には代えられないため、マッハの速さでお金を差し出すことだろう。当然といえば当然だが、広い世界を見渡せば違うケースもあるらしい。

というのも、銃社会のアメリカには強盗から銃を突きつけられても全然怖がらない人がいたからだ。そう、防犯カメラがとらえた動画「Jimmy Johns Robbery」に映っている男性は冷静沈着。むしろ「めんどくせえなぁ……」的な感じさえするほど余裕タップリだったのである。

続きを全部読む

スマホにソックリな超小型拳銃が登場!『007』のガジェットにしか見えないぞ!!

アメリカでは銃による大量殺人事件が多発し、銃規制が大きな問題となっている。第45代米国大統領にドナルド・トランプ氏が当選した後、米国内でヘイト・クライムが増加したこともあり、銃の売り上げが倍増しているとも報じられている。

そんななか、スマホにソックリな超小型拳銃が開発されたのだが、誰かがその銃を持っていても、スマホを手にしているようにしか見えないレベルなのである!

続きを全部読む

【マジか】ロシアの空港「AK-47」レプリカの販売開始で物議

AK-47。日本では “エーケーよんじゅうなな” や “エーケーよんなな” などと呼ばれているこの名前を、きっと多くの人が耳にしたことがあるはずだ。旧ソ連の技師ミハイル・カラシニコフ氏が開発した自動小銃ということで、“カラシニコフ” としても知られている。

そして今、AK-47 のレプリカがモスクワの空港で販売開始されたというではないか。マジかよ、ロシア。

続きを全部読む

国別「銃による殺人事件・死亡事故が起こる確率」が発表される / 日本は1000万人に1人「落雷による死亡」と同じ確率

2016年6月12日にアメリカで起きた、オーランド銃乱射事件。49人死亡、53人負傷と多くの犠牲者を出し、今も世界各地で哀悼の意が表されている。

ヘイトクライム、すなわち社会的マイノリティーへの差別犯罪の可能性も考えられているこの事件。世界中に銃社会の恐ろしさを突きつけたが、海外メディアが発表した情報を見るとさらにゾッとしてしまう。それは、国別の「銃による殺人事件・死亡事故が起こる確率」だ。

続きを全部読む

こんなターミネーターは嫌だ! 色々な名作映画の「拳銃」を「自撮り棒」にしちゃったコラ画像集が話題!!

最初は「ダサい」と違和感を抱いていても、時間が経つにつれてその違和感が薄れていくものがある。例えば「スタバ」。筆者が「スターバックス」を省略した「スタバ」という言葉を初めて聞いたとき、ダサイ……と正直思った。けれども、あれから10年以上経った今、違和感はどこへやら。普通に「スタバに行こうかな」などと使っている。

「自撮り棒」もそうかもしれない。自撮り棒が出現した頃には、「えー」と思っていても、今では普通。むしろ便利だよね……と積極的に使っている人も多いはずだ。でも、あのターミネーターやインディアナ・ジョーンズが、「銃」のかわりに「自撮り棒」を持った場合はどうだろう? やっぱり、なんだかお間抜けになっちゃう気が……。

続きを全部読む

【動画あり】カッコよすぎる! 赤ちゃんを抱いていた女性が “拳銃を持った強盗” と戦って圧勝!!

「強盗 = 怖い」と反射的に思ってしまうが、世の中には勇敢な人がたくさん存在する。強盗を半泣きにさせたり、片手で4人の強盗を倒したりと、んん〜、もう! みんな強くて頼もしい限りだ。

今回ご紹介する女性も、とっても強かった。なんと彼女は赤ちゃんを抱きながらも、強盗に果敢に立ち向かっていったというではないか! その一部始終が収められた監視カメラ映像をとくとご覧あれ!!

続きを全部読む

【本物? 偽物?】あり得ない3つの “スゴ業” が収められた動画! たった2日間で270万回再生され人々の度肝を抜きまくる

世の中には、色々なスゴ技を持った人々が存在する。ときに “スゴい” を通り越して “神” の領域に両足を突っ込んでしまう人もいるが、スゴすぎると逆にフェイクっぽくなってくるものだ。

これからお伝えする動画にも、全く異なる3種の “スゴ業” が収められているのだが……うーん、どれもスゴすぎて胡散臭くもあるなあ……。さあ! みんなも目をかっぴらいてよ〜く見て!! これらは本当に行われているもの? それとも何らかの加工が施された偽物? 

続きを全部読む

【動画】映画かよ!「リアル強盗を一瞬で退治する男」って華麗すぎるだろ!!

身の危険を顧みず(かえりみず)悪に立ち向かう伊達男と言えば、ジェームズ・ボンドやイーサン・ハント、ジャック・バウアーやジェイソン・ボーンなどが有名だが……。

今回はそんな映画の登場人物にも負けず劣らずカッコイイ、劇中のアクションシーンさながらの動きで本物の悪党を退治してしまう男の動画をご紹介したい。

続きを全部読む

【動画】眠っていた兵士を突然起こしたらこうなった

アメリカのSEALsやイギリスのSAS、フランスのGIGN。これらは全て軍の特殊部隊の略称である。特殊部隊員には身に危険が及びやすいため、その訓練の厳しさはまるで拷問レベルとも言われ、部隊によっては80パーセントが採用前に脱落してしまうとか。

そんな過酷な訓練をクリアしてきた……かは定かではないが、一人の兵士が「睡眠中に突然起こされるとどんな反応をするのか?」を収めた動画が公開されているのでご紹介したい。

続きを全部読む

【閲覧注意動画】大丈夫か!? 自社製品の防弾チョッキの丈夫さを証明するためCEO自らが撃たれる

防弾チョッキはどれくらい銃弾に耐えることができるのだろうか。銃社会ではない日本でも、そう考えたことは一度くらいあるだろう。結局は検証することさえできない環境なのでどうにもならないが、海外ではその考えから人に向けて発砲。死亡事故に繋がってしまったケースも珍しくない。

聞いただけでゾッとする話だが、先日防弾チョッキを製造する会社のCEO(最高経営責任者)が自ら実験台となり、自社製品の上から被弾。その映像が世界に衝撃を与えているのでご報告だ。

続きを全部読む

【スローモーション推奨】拳銃で襲われたときの対処法を説明した動画がスゴい! これぞプロの技だ!!

「一寸先は闇」のこの世の中。いくら安全だと言われる社会に暮らしていても、明日、いや、次の瞬間に何が起こるかは分からない。車が突っ込んでくるかも……、ショッカーに誘拐されるかも……、拳銃で脅されるかも……。

全ての危険から身を防ぐことは不可能だが、イザという時に備えて、少しでも身を守る術を知っておきたい! ということで、今回は「拳銃で襲われたときの対処法」動画をご紹介しちゃうぞ!!

続きを全部読む

【なぜだ!?】ある男性が自分の足をピストルで2回も撃ちぬく / その理由がシンプルかつバカ? それとも深い?

銃は怖い。その殺傷力、その攻撃力……銃を持ったことがなくても、「恐ろしいものなんだろうなあ」となんとなく想像できる。

そんな銃がこの度、1人の男性の足を打ち抜いた。スワ! 事件か!? いや、どうやらこの男性、自分で自分の足を打ち抜いたというのだ。なぜ? なにか深いわけでもあったの? 映画『ソウ』みたいな恐ろしいシチュエーションだったの? 

続きを全部読む

修行中かニャ? “卵” から “拳銃” まで何だって後ろ足にのせちゃう白ニャンコが登場!!

当サイトでは、これまで何百回と「ネコってすごい!」「ネコって天才!!」と繰り返しお伝えしてきた。当然、世の中には “ネコが苦手” な読者もいることだろうが……申し訳ない。またしてもネコの話題だ。

今回お伝えするのは、足技がすごいニャンコ! なんと卵からガスボンベ、拳銃まで何だって足の上に乗せちゃうニャンコが出現したのだ!! 「え~?」と思っても、写真を見れば一目瞭然なのである。

続きを全部読む

【動画】なぜ!?「子供を殺した」などいわく付きの中古拳銃ばかり “販売” する店がオープン / その裏に隠された深い意味とは?

アメリカなど銃が簡単に入手できる社会では、銃による痛ましい事件・事故も多い。なかには大切な人を守るはずの “護身用の銃” が、逆に大切な人の命を奪うことだってあり、銃規制を求める声もよく聞かれる。

そんな中、初心者に拳銃を売る店がニューヨークにオープンした。しかもその店が取り扱っているのが、実際に被害者を出したことのある、訳ありの中古拳銃ばかりなので驚きだ。しかし、その背景には深い意味があるのだった……。

続きを全部読む

【超危険】空港の手荷物検査で没収されたモノたちが「予想をはるかに上回る危険物」だった!

空港にて、フライトに間に合うか間に合わないかのギリギリな時間、飛行機に持ち込む手荷物検査の行列にイライラしたことはないだろうか?この手荷物検査のありがたみを思いっきり実感できる画像が公開され、話題を呼んでいる。

その画像はなんとアメリカの空港の手荷物検査で、持ち込み禁止となり没収された品々。なぜ話題になっているかというと、それらが予想をはるかに上回るレベルの危険物だからだ!

続きを全部読む

提供:インペリアル・エンタープライズ株式会社

【史上初】ルパン三世×名探偵コナンが衝撃コラボ! 数量限定の超プレミアム腕時計がかっこよすぎて涙出た

昨年12月7日より、大ヒット上映中の『ルパン三世 VS 名探偵コナン THE MOVIE』。タイトルのとおり、「ルパン三世」と「名探偵コナン」という国民的2大スターがコラボしちゃったミラクルな映画だ。あの大胆不敵な大泥棒と頭脳明晰な名探偵の競演って、まじパネェ!

世界にたったひとつしかない幻の秘宝・ルビーサファイアをめぐって対決するというが、ルパンもコナンもすごすぎて、決着なんてつくのだろうか? 世紀の大勝負、勝利の女神はどちらに微笑むのかっ!? スリリングっす! 想像しただけでスリリングっす!

この映画の公開を記念して、「対決の時刻(フェイス・オフ)」という名のプレミアムな腕時計が新発売された。史上初となるルパン×コナンのコラボウォッチで、原作者であるモンキー・パンチ先生と青山剛昌先生のダブル公認。し・か・も! 数量限定だという。ただいま予約受付中とのことで、熱烈なルパン・フリークの記者(私)は、当然予約しましたとも、ええ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2