「喫煙」にまつわる記事

1日1本のタバコでも心臓疾患になる確率が倍増 / ソーシャルスモーカーはタバコの危険性を軽視しているとの調査結果

タバコはなかなかやめられないと聞くが、“1日に数本ならいいか” と思っている人も油断は禁物だ。ある調査により、「1日たった1本のタバコでも心臓疾患や肺癌(がん)になる危険性が跳ね上がる」との結果が出て、“自分は大丈夫だと思ってはいけない” との声が上がっているのである。

続きを全部読む

【喫煙者注目】「喫煙者は非喫煙者よりも怠惰であり、やる気も少ない」と証明される

2014年4月1日から消費税の増税にともない、タバコの値上がりも発表されている。「今より高くなっちゃうのは流石にしんどいなぁ……」と、これを機に禁煙を考えている人もいるだろう。なんと、そんな人を後押しするかもしれない衝撃的な発表がされた!

その内容は、なんと「喫煙者は非喫煙者よりも怠惰であり、やる気も少ない」ということ! 「喫煙者の肩身を狭くさせるための嫌煙者の陰謀だ!!」と、喫煙者なら思わず反論したくなるような内容かもしれないが、どうやらこれはちゃんと行われた実験の結果のようだ。

続きを全部読む

提供:JT

【楽しすぎ】一服しながら神経衰弱ゲームが超ハマる件 / クリックするだけなのにやめられない!

仕事の合間にプハァーっと一服、帰宅してからプハァーっと一服。タバコを吸うタイミングはさまざまだし、コーヒーを飲みながらという人もいれば、スマホをいじりながらという人もいるだろう。

今日から、あなたの「タバコを吸いながらやることリスト」に神経衰弱ゲームを加えていただきたい。JTの『ちょっと一服ひろば』内で公開されている神経衰弱ゲーム、シンプルなのに、いやシンプルだからこそめちゃめちゃハマるのである!!!

続きを全部読む

【衝撃】喫煙習慣の有無が双子の顔つきを変える! タバコの影響が一発でわかる画像

タバコは身体によくない、健康に悪影響を与える。吸う人、吸わない人に関係なく、誰もがそのことを知っている。だが、喫煙者はそのことにそれほど真剣に耳を傾けることはない。なぜなら、「言葉」ではそのことを知っていても、目に見える形でそれを感じたことがないからだ。

・「タバコは老化を早める」が一発でわかる

そんな人にこそ見ていただきたい画像がある。「タバコは老化を早める」、それが一発でわかる画像である。双子の一方が喫煙者だという一卵性双生児を撮影したものだ。二人は同じ日に生まれた同い年のはず。だが、喫煙習慣がある方が明らかに老けてみえるのである。タバコの影響が怖いくらいハッキリと顔に出ているのだ。

続きを全部読む

【動画】韓国の電車内で喫煙を注意された女性がとった行動がヒドイ! 海外ネットユーザー「年長者を敬うはずだが……」

電車は公共の場所であり、できるだけ他の乗客に迷惑のないように心がけたいものだ。たとえ国や文化が違っても、マナーは大切にしたい。だが、どこの国でもそのマナーを守れない人がいるようだ。

韓国で撮影されたとされる動画を見ると、中年の女性が電車内で喫煙・飲酒しているのである。それを注意した男性は、思わぬ仕返しを受けてしまった。はっきり言ってこれはヒドイ……。

続きを全部読む

タバコによる身体への影響が一目で分かる画像が話題 / 喫煙でハゲやすくなったりシワやタルミが増える

日本でも公共の場における禁煙スペースが増えたり、未成年者喫煙禁止法の罰金額引き上げなど、喫煙に対して様々な措置が取られている。

タバコは体に悪いと分かっていてもやめられない……という人も、見れば禁煙する意欲が湧くタバコによる身体への影響が一目で分かる画像が話題となっている。喫煙は、ハゲやすくなったり、シワやタルミが増えるなどの影響があると言われている。どれくらい影響が出るのかを、わかりやすくビジュアル化させているのだ。

続きを全部読む

禁煙に失敗し続けたあるヘビースモーカーが最終手段にでる! 自作の禁煙強制ヘルメットが究極すぎると話題

一度でも禁煙を試みて失敗したことのある喫煙者なら、タバコを断つということがどれほど大変なことかおわかりだろう。ヘビースモーカーにとっては特に難しい挑戦である。

そんななか、あるトルコ人男性が考え出した禁煙方法が、究極すぎる! と話題を呼んでいる。彼が自ら実践するその方法とは、なんと自作した鳥かごのようなヘルメットをかぶり、強制的にタバコを吸えなくするというもの。これぞ、籠の中の鳥ならぬ「籠の中の頭」なのだ。

続きを全部読む

専門家「男性には性機能障害・女性には肌トラブルを警告すると禁煙に対するモチベーションが上がる」

タバコの箱を見ると、「喫煙は肺がんの原因になります」「喫煙は脳卒中の危険性を高めます」といった注意書きが書かれている。「病気の原因になる」という内容で禁煙を促す広告やスローガンもいろいろある。だが、これらを見て禁煙に対するモチベーションが上がり、タバコをやめられた人はどれくらいいるだろうか。

・禁煙に対するモチベーションが上がる
こんな疑問について、イギリスのある研究者が興味深い調査結果を発表した。それによると、男性には性機能障害を、女性には肌トラブルを訴えたほうが禁煙に対するモチベーションが上がるというのだ。

続きを全部読む

喫煙や暴飲暴食だけじゃない! ストレスは健康的な行動をも引き起こすことが判明

ストレスを感じると、ついつい暴飲暴食や喫煙などの不健康な衝動に駆られるという方は少なくないだろう。それもこれもすべてストレスが溜まっているせいにしてきたかもしれないが、それは間違いだったようだ。

・決め手となるのは普段の生活習慣
最新の研究によると、ストレスは不健康な行動だけでなく健康的な行動をも引き起こすことがわかったという。だが、どちらを引き起こすかは人によって異なり、決め手となるのはあなたの普段の生活習慣にあるそうだ。

続きを全部読む

【これはひどい】地下鉄車内でビール女がタバコをスパスパ → 傘オジサンがツンツン注意 → 女ブチギレでビールぶっかけ → 車内大混乱!

公共の場ではマナーが肝心。特に、密閉空間である電車内では他人の迷惑にならないようにふるまいたい。まさに「家でやりましょう」であり、それが大人のマナーである。そんななか、韓国の地下鉄内で起きたトラブル動画が大きな話題になっている。

続きを全部読む

喫煙者に朗報! 44歳までに禁煙できればまったく喫煙経験のない人と同程度まで寿命を回復できることが判明

これまでずっと禁煙できず、諦めかけている方に朗報。44歳までに禁煙できれば、まったく喫煙したことがない人と比べても寿命に大差はないことが判明したそうだ。また、すでに44歳を過ぎていても、早めに禁煙することでまだまだ寿命は取り返せることがわかったという。

続きを全部読む

コーヒーは口腔がんや咽頭がんになるリスクを半減させるらしい /  しかも飲酒量や喫煙量は関係ないとの研究結果

コーヒー愛飲家にとっては嬉しい研究結果が報告された。コーヒーには、口腔がんや咽頭がんになるリスクを半減させる効果があるという。しかも、その効果はアルコールやタバコの摂取量に関わらず有効とのことで、酒好きやタバコ好きにとっても嬉しい報告である。

続きを全部読む

酒もタバコも大好きな人必見! 飲む前から喫煙量を減らしておくと二日酔い予防に効果的

飲酒しながらのタバコ。酒とタバコの両方が好きな人にとってはこの上ない至福の時である。だが、もしあなたが二日酔いに悩まされているのならば、アルコールとニコチンの同時摂取は控えたほうが良さそうだ。米ブラウン大学の研究によると、喫煙によって二日酔いになる確率が上がり、症状もより辛いものになるという。

続きを全部読む

現在投票を受け付けている、女子高生を対象としたミスコン出場者が、自身のブログに衝撃的な内容を投稿し注目を集めています。彼女(17歳)は未成年でありながら、飲酒・喫煙をほのめかす内容を投稿しています。これが事実であれば、重大な問題に発展する可能性も否定できないでしょう。

続きを全部読む

「対話のある自動販売機店」ではあまり対話がない

以前の記事で、東京・秋葉原(以下:アキバ)には、喫煙スペースが少ないことをお伝えした。駅の周辺には場所が設けられておらず、喫煙席のある飲食店に入ると人も多いはずだ。週末ともなると数少ない喫煙所には大勢の人が足を運び、肩をすり合わせるようにしてタバコを吸っているのである。

公共の灰皿であれば、気兼ねなく利用することができるのだが、タバコ屋さんが開放してくれるような場所であれば、ただで利用するのも忍びない、そう感じるのが喫煙者のマナーではないだろうか。せめてジュースの1本でも購入して、心のなかで「ありがとう」と言いたいものだ。

そんなルールを徹底して実行しているお店がある。そのお店は「対話のある自動販売機店 木倉食品」である。ここは飲み物の購入が必須の場所だ。

続きを全部読む

10代のFacebookユーザーは喫煙率が高いことが判明

アメリカの研究者が、「facebook」をはじめとするソーシャルネットワーキングサービス(以下:SNS)の「10代ユーザーの使用実態」について調査を行った。そうしたところ、驚くべき事実が明らかとなった。SNSの10代ユーザーは、利用していない10代ユーザーと比べて5倍も喫煙しているという。

続きを全部読む

チェルノブイリ原発事故や東海村臨海事故で、被ばく者の治療に当たったアメリカのロバート・ゲール医師が22日、都内で報道各社の取材に応じた。そのなかでゲール医師は、原発事故で懸念される放射性物質の影響による発がんリスクについて、「喫煙の方がはるかに(リスクが)高い」と指摘している。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4