「名字」にまつわる記事

【へえぇ】『東京と大阪の名字比較ランキング』が発表される / 大阪では「鈴木」「佐藤」がTOP10入りを逃す

日本で一番多い名字といえば、ご存じ「佐藤」だ。佐藤・鈴木・高橋は名字界の三強とされ、日本全国どこででも遭遇しやすい代表的な名字である。東京においても佐藤・鈴木・高橋はTOP3となっているが、実は大阪では少々傾向が違うらしい。

2017年10月3日に名字由来netが発表した「東京と大阪の名字比較ランキング」によると、大阪では佐藤と鈴木がTOP10入りすらしていない。果たして大阪No.1名字は何なのか? 詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【10万本】品揃え日本一のハンコ屋さんに行ってみた / 福岡市「はんのひでしま」

日本は、名字の種類がもっとも多い国の1つと言われている。なので、文具店で見かけるハンコタワーに「自分の名字が無い」という人も意外と多い。かくいう筆者も「砂子間(すなこま)」の印鑑が必要になったら、面倒だが毎回ハンコ屋さんに行って作ってもらっている。珍しい名字の宿命だ。

そこで今回は、品揃え日本一のハンコ屋さんに行ってみることにした。なんでも日本の人口99%のハンコを取り揃えているらしく、その数なんと10万本以上だという……って、ウソだろ! と思っていたのだが、マジで想像以上のハンコ屋敷だった。

続きを全部読む

有名人の珍しい名字ランキングが発表される → 30位「安室」19位「剛力」2位「筒香」そして第1位は……!

世界的に見ても名字の種類がメチャメチャ多いことで知られる日本。何十年と人生を重ねた人でも「なんとお読みするんでしょう……?」と戸惑う名字も多いに違いない。ちなみについ最近、記者が遭遇した珍しい名字は「御園生(みそのう)」さんだ。

それはさておき、2017年9月26日、名字検索数No.1の「名字由来net」が『実在する珍しい芸能人・著名人の名字ランキング』を発表した。有名人の名字なので馴染みのある名字が多いが、実はかなりレアな名字が多いようだ。

続きを全部読む

『珍しい名字ランキングトップ30』発表!「御菩薩池」さんとか全然読めねェェエエエ!!

世界的に見ても、名字の種類がトップクラスに多いとされる日本。たしかに表札を見ても「読めない……」なんて名字もそこそこ多い。今回はそんな名字の中でも特にレアな『珍しい名字ランキングトップ30』をご紹介しよう。

続きを全部読む

あなたはいくつ読める?『珍しい名字ランキング』トップ30 / 第3位「猫屋敷」さん、第2位「七草」さん、そして第1位は……?

珍しい名字に生まれることは損以外の何物でもない。なぜなら、今のご時世 珍しい名字だと検索で自分の近況がバレやすく、ネット上でロクなことをしていなかった場合には、知り合いから極めて気まずいメールが来ることになるから。

……という私(和才)の個人的な意見はさておき、今回はそんな珍しい名字のランキングトップ30をご紹介したい。どれもこれもマジでレア……なのだが、あなたはいくつ読めるだろうか?

続きを全部読む

【保存版】東京さんは実在する! 都道府県名と同じ名字で「沖縄」ともう1つないのはどこでしょう?

日本には、同じ漢字でも読み方が違うものや、読み方は同じでも字体の異なるものを1種類と数えた場合、実に30万種類弱の名字があるとされている。韓国は300種類弱というから、その多様さは世界トップクラスといえるだろう。

それはさておき、かねてから名字について疑問に思っていたことを調べてみたら、驚愕の事実が発覚したのでご報告したい。それは「都道府県と同じ名字は47種類全て存在するのか?」というもの。筆者は「さすがに東京さんはいないだろー」と思っていたのだが……いた

続きを全部読む

日本での “夫婦別姓禁止” に対する海外の反応 「名字が違っても家族は団結できる」「妻の名字にしたら変な目で見る人もいた」など

2015年12月16日、日本の最高裁判所が「夫婦別姓を認めない法律は、憲法に違反していない」との判決を下した。これに対して、日本国民の間でも「夫婦同姓でないと、家族の絆が薄れる」、「時代遅れだ」など様々な意見が噴出している。

ではこの判決を、海外の人々はどう見ているのだろう? 今回、米サイト JEZEBEL に本判決に関するブログ記事が掲載されたところ、コメント欄は大にぎわい。600件以上の意見が集まっているようだ。いくつか声を聞いてみよう。

続きを全部読む

【マジかよ】ラグビー日本代表「五郎丸歩」選手の名字『五郎丸』の由来が意外すぎる件

本日2015年10月3日、ラグビー日本代表が運命のサモア戦を迎える。南アフリカ戦での劇的勝利を受け、スコットランド戦で「初めてラグビーをちゃんと見た」という人も多いに違いない。

今大会、チームをけん引しているのが、フルバックの五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)選手だ。五郎丸選手の存在を知ったとき「……芸名?」と思った人も多いハズだが、もちろんれっきとした本名である。そこで世にも珍しき『五郎丸姓』について調べてみたぞ!

続きを全部読む

【色恋相談室】26歳女性「結婚前提に付き合っている彼氏の名字がダサい」

今回のご相談は、26歳女性から寄せられた、「名字」に関するお悩みです。皆さんは、ご自身の苗字を気に入っていますか? もしくは気に入らないですか? 筆者の場合、“菊池” 姓は割と多い名字なので、気に入っているとか気に入らないなどの感覚はなく、「普通」としか答えようがないのですが、自分の名字にこだわりを持つ人も存在するようです。

続きを全部読む

【マニアックあるある】名字が「和才」の人にありがちなこと30連発

名字に関する悩みは誰にでもある。今回は、そんな名字にまつわるあるマニアックなネタを紹介しよう。題して、「名字が「和才」の人にありがちなこと30連発」だ。全読者の中で1人か2人くらいは、「あるあるー!」と首が折れるほどにうなずきまくること間違いなし!

続きを全部読む

【佐藤さん必見】3月10日「佐藤の日」記念! 佐藤さんなら絶対納得する「佐藤あるある」30連発ッ

全国の「佐藤」に告ぐ! 今日(2014年3月10日)を誇らしく思うが良い!! そう今日、3月10日はさ(3)とう(10)の日である。賢明な佐藤さんであれば、すでに気づいていたことであろう。

そこで佐藤の日を記念して、佐藤さんにありがちなこと「佐藤あるある」をお伝えしようぞ。佐藤さんなら、もれなく納得するに違いないはずだ! 全国津々浦々にまで至る佐藤さんたちよ、心して目を通すが良いッ!

続きを全部読む

【図解】名字の分布を「山脈」であらわしたらこうなった! 佐藤は全国の広範囲に生息

日本一多い名字といえば、「佐藤」である。次いで「鈴木」、「高橋」といわれているのだが、その全国分布はどのようになっているのだろうか? とあるブロガーが1960年代の書籍の情報をもとに、まとめた地図によると、佐藤という名字の人は全国的に生息しており、二位の鈴木は局地的に分布していることが判明した。

続きを全部読む

「あなたの名字の由来は?」 全国の名字95パーセント以上を網羅する由来検索が話題に

あなたは、自分の名字の由来についてご存知だろうか? なんとなくは知っていても、「正確に調べたことがない」という人も多いのではないだろうか。そんな方のために素晴らしいサイトをご紹介したい。「名字由来net」は日本一の情報量を自負するだけあって、名字の網羅率は95.87パーセント。しかも使い方とても簡単、以下の手順で自分の名字の由来を知ることができる。

続きを全部読む