「佐藤」にまつわる記事

【へえぇ】『東京と大阪の名字比較ランキング』が発表される / 大阪では「鈴木」「佐藤」がTOP10入りを逃す

日本で一番多い名字といえば、ご存じ「佐藤」だ。佐藤・鈴木・高橋は名字界の三強とされ、日本全国どこででも遭遇しやすい代表的な名字である。東京においても佐藤・鈴木・高橋はTOP3となっているが、実は大阪では少々傾向が違うらしい。

2017年10月3日に名字由来netが発表した「東京と大阪の名字比較ランキング」によると、大阪では佐藤と鈴木がTOP10入りすらしていない。果たして大阪No.1名字は何なのか? 詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

本日3/10は「佐藤の日」! 身近な佐藤に『ありがとう』の気持ちを伝えよう!! プレゼントも可

皆さん、本日3月10日は何の日か知ってるかな? 「ミントの日」や「サボテンの日」などの記念日でもあるのだが、忘れてはいけない日がもうひとつある。日本人なら誰でも、「ああ~、あの日ね!」と答えられなければならない。

その日とは……。佐藤の日である! もしもあなたが佐藤ならおめでとう!! もしもあなたが佐藤でないのなら、身近な佐藤に「ありがとう」と伝えて欲しい。なぜなら……。

続きを全部読む

佐藤が「佐藤代表Tシャツ」を着て面接官全員佐藤の「佐藤採用」面接を受けてきた!

オッス! オラ佐藤!! 日本で一番多い名字の佐藤記者である。皆さんはお気づきだろうか? 名字が佐藤の人は薄々勘付いているかもしれないのだが、今年は佐藤がアツい! 佐藤イヤーの到来である。

そんななか面白法人カヤックがかなり変わった採用企画を、1週間限定で行った。その企画とは「佐藤採用」である! おお! これぞまさに私に「来い」と言わんばかりの採用企画ではないか! ということで、佐藤代表を自負する私が佐藤代表Tシャツを着て、佐藤採用に行ってきたぞ!! 当然即決で採用だろ!

続きを全部読む

【正当な主張】「佐藤記者超絶クズ伝説 / こんなクズは見たことがない」に対する反論

先日、大変驚くような内容の記事が公開された。私(佐藤)は2009年8月より、当ロケットニュース24に携わってきたわけだが、この5年半でもっとも衝撃を受けた記事といっても過言ではないだろう。それは、なかの氏の執筆した「佐藤記者超絶クズ伝説 / こんなクズは見たことがない」である。

お前そんなこと思ってたのか!? というのが正直な感想である。大変心外だ。彼は何かを誤解しているに相違ない。言い争うようなことは、私の信条ではないのだが、訂正の意味も込めて反論してみたいと思う。なかのよ、君は何か勘違いしているぞ。

続きを全部読む

【特典画像付き】今日3月10日は「佐藤の日」だ! みんなでお祝いしよう~ッ!!

お~い! 今日3月10日は何の日だい? いろいろ記念日はあるけれど、忘れちゃいけないものがある。それは3(さ)10(とう)で佐藤の日だ~! 佐藤! 佐藤!! 佐藤!!!! 去年も伝えたのだが、あれから1年経ったよ~ッ!

1年経って、また佐藤の日が来たよ~ッ! 佐藤! 佐藤!! 佐藤!!!! 皆さんも一緒にご唱和ください! エス(S)! エー(A)! ティー(T)! オー(O)! 佐藤ッ!! エス(S)! エー(A)! ティー(T)! オー(O)! 佐藤ッ!! 全国でもっとも多い名字の佐藤さんたち~ッ!! おめでとう~!!

続きを全部読む

【実録】謎の佐藤から「同窓会の件」というメールが届いた

日本で一番多い名字、それが「佐藤」である。鈴木や高橋、田中に渡辺……といった強豪をおさえ、日本一の座に君臨しているのが「佐藤」だ。伊藤、中村、小林、山本あたりが奮闘しても、佐藤の王位は揺るがない。

もしも日本全国の佐藤が一致団結したら、人口190万人クラスの「佐藤市」を形成することだって可能である。都道府県の人口ランキングでは第4〜5位となり、札幌市がライバルだ。そういえば、西暦3000年に佐藤が500万人を突破する……なんて小説も過去にあった。それはさておき、謎の佐藤から、以下のような迷惑メールが届いた。

続きを全部読む

【佐藤さん必見】3月10日「佐藤の日」記念! 佐藤さんなら絶対納得する「佐藤あるある」30連発ッ

全国の「佐藤」に告ぐ! 今日(2014年3月10日)を誇らしく思うが良い!! そう今日、3月10日はさ(3)とう(10)の日である。賢明な佐藤さんであれば、すでに気づいていたことであろう。

そこで佐藤の日を記念して、佐藤さんにありがちなこと「佐藤あるある」をお伝えしようぞ。佐藤さんなら、もれなく納得するに違いないはずだ! 全国津々浦々にまで至る佐藤さんたちよ、心して目を通すが良いッ!

続きを全部読む

【図解】名字の分布を「山脈」であらわしたらこうなった! 佐藤は全国の広範囲に生息

日本一多い名字といえば、「佐藤」である。次いで「鈴木」、「高橋」といわれているのだが、その全国分布はどのようになっているのだろうか? とあるブロガーが1960年代の書籍の情報をもとに、まとめた地図によると、佐藤という名字の人は全国的に生息しており、二位の鈴木は局地的に分布していることが判明した。

続きを全部読む

窓の外から私の様子を伺っていたノラ猫が、部屋に居座るようになるのに、そう時間はかかりませんでした。何しろ1度は部屋に飛び込んできているので、抵抗がなかったのかも知れません。

窓を開けたまま仕事に没頭していると、私の気付かないうちに1匹が上がり込んで部屋の片隅で寝ているではありませんか。私は驚いて思わず「わああ!」と声を上げたにも関わらず、猫は目を覚まさなかったのです。

続きを全部読む

近所に住むノラ猫が部屋に上がり込むようになったのは、ここ一週間のことです。次第に秋も深まり木枯らしが吹くようになって、私の心も寒々としてきた頃、彼らのうちの一匹が突然窓の外から飛び込んできたのでした。

白黒模様のその猫は、自分から入り込んできたはずなのに驚いた様子で「ここはどこ?」といった表情を浮かべ、私と目が合うと慌てて「間違った」と言わんばかりに飛び出していきました。その日から、私とノラ猫たちの交流が始まったのです。

続きを全部読む