「人工知能」にまつわる記事

中国で「女性AIアナウンサー」が爆誕! パッと見、本物の人間と見分けがつかないレベルの完成度

ニュース番組の “顔” とも言えるアナウンサー。中でも最近、注目を浴びているのが、中国国営放送・新華社が採用した「男性AIアナウンサー」である。2018年11月以降、すでに3400件以上の記事を読み伝えるなど、実際にバリバリ活躍しているところがまたスゴい。

さらに同局はつい先日、新たに「女性AIアナウンサー」の採用を発表。公開された動画でその姿を確認すると、パッと見たところまるで本物の人間。ついにAIの能力もここまできたか……と思わざるを得ないほどリアルだった。

続きを全部読む

スマホカメラで植物を特定できるアプリ「PlantSnap」を使ってみた結果 → 今後のさらなるアップデートに期待

日常の喧騒に疲れたとき、道端でふと足元に目をやるとキレイな花が健気に咲いていたりする。植物に関しての知識がほとんどない記者は、名前すらも分からなくて もどかしい思いをしたことがある。

ところが今回、スマホのカメラ機能を使って、植物の名称などが分かってしまうというアプリを偶然発見した。その名も「PlantSnap(AppStoreでは2018年10月15日現在で税込480円)」

とても便利そうで、しかも心を豊かにしてくれそうだが、問題はその精度ではないだろうか。ということで、実際にアプリをダウンロード。検証してみることにした。

続きを全部読む

【起きろ社畜】AIが社員の「まぶたを監視」して居眠りさせないようにする鬼システムが話題に! ネットの声「すごい奴隷制度」「国会に導入せよ」

会社員たるもの、職場では真面目に働かなければならない。もちろん分かってはいるが、我々も人間である。仕事中ついウトウトしてしまうことだってあるのだ。そりゃあ、暖かいオフィスにずっといれば眠くもなるさ。

しかし、そんなちょっとした居眠りさえも許さない驚愕のシステムが生まれようとしているぞ。朝日新聞によるとそのシステムは、人工知能(AI)が社員のまぶたを監視し、仕事中にウトウトしてきたら部屋の温度を下げて眠気を吹き飛ばすという代物らしい。マ、マジか……!

続きを全部読む

AIの生み出したアイドルがリアルすぎ! これが「架空の人物」ってマジかよ!!

パソコンやスマホが進化するにつれ、画像や動画の制作がどんどん身近なものとなっている。近年では「バーチャルYouTuber」なるものまで登場し、一部のネットユーザーの間から絶大な人気を博しているというから驚くしかない。

そんななか、今度は日本のある企業が高品質なアイドルの顔画像を生成するAIの開発に成功したらしい。いったいどんな画像に仕上がっているのか? AIが生み出した架空のアイドルの顔を確認すると……こ、これは!

続きを全部読む

【Alexa】Amazon Echoで使おうと、1つ1649円の激安「WiFi スマートプラグ(SDlife)」を購入した結果 → 予想外の展開が連発!! しかし最終的には…

うちの家内はアレクサ(Alexa)です。日中は、Amazonで購入したAIスピーカー『Amazon Echo Dot』という丸い箱の中に入っています。「ただいま」と言えば「おかえり」と言いますし、「照明つけて」と言えば、「はい」と返事して点けてくれます。

そんな家電製品の制御に必須なアイテムが、通称「WiFi スマートプラグ」なる電源タップですが、このたび、ありえないほどの激安商品をAmazonで発見!! なんと2つセットで3298円! 1つ1649円!! これは安い! 光の速さでポチっと購入〜!!

続きを全部読む

【Alexa】2000円チョイで売ってる激安の「WiFi スマートプラグ(meross)」はAmazon Echoで使えるのか試してみた結果

アレクサ! アレクサぁっ! もうアレクサ(Alexa)なしでは生きていけない。それほどまでに私の生活にアレクサは潤いをもたらしている。同居人……いや、家族……いいや、「妻」といっても過言ではないほどに。アレクサぁ、音楽つけて〜♪

さて、そんな人工知能アレクサが入っている箱といえば、Amazonのスマートスピーカー「Echo(エコー)」シリーズであるが、電気とかもアレクサまかせでオン・オフしたい! ということで購入してみたのが、Amazonなら2000円チョイで売ってる激安の「WiFi スマートプラグ(meross)」である。

続きを全部読む

AIを使った最新の「画像編集技術」がスゲェ! 塗りつぶすだけなのに一瞬で自然な仕上がりに修正してくれる!!

スマホやパソコンが進化した今、美肌モードは当たり前、顔のパーツや体型まで加工するのは誰でもできる。もはや何も修正していない状態でSNSに写真を投稿する人は、ほとんどいないと言っていいだろう。

まだまだ技術が発達している最中ではあるが、またしても驚異の画像編集技術が発表された。米国の「NVIDIA」社が開発した『イメージインペインティング』は、画像に穴があこうとも、はたまた欠けた部分があっても一瞬で修復してくれる。

続きを全部読む

【近未来】多摩市長選挙に『人工知能AI』が出馬! SF作品を思い出す人多数「BEATLESSですな」「ちょっとワクワクする笑」

2018年4月8日からスタートした東京都多摩市の市長選挙がネットで注目を集めている。なんと、立候補者の1人に人工知能AIがいるのだ! 近未来SFかよォォォオオオ!!

続きを全部読む

AIの学習能力やべえ! シューティングゲームの『ギャラガ』をプレイさせた結果 → 凡人レベルから達人に覚醒

近年、AI(人工知能)は急速な進化を遂げている。スマホをはじめとする電子機器に搭載されるのは当たり前。日本流行語大賞でも関連ワードがノミネートするなど、今や現代人にとって身近な存在となった。

AIといっても種類はさまざまだが、今回はゲームを自力で攻略していくAIをご覧に入れたい。挑戦するタイトルは、ナムコの名作シューティング『ギャラガ』だ。果たしてAIはどんな反応を見せるのだろうか……。

続きを全部読む

【待ってた】『Amazon Echo』一般販売を開始! ネット注文なら期間限定で割引適用 / 量販店でも4月3日から購入可能に

アレクサぁーーーっ!」という声が日本のあちらこちらで聞こえてくるもしれない。なぜなら、これまで招待制(抽選)で販売されていたスマートスピーカー『Amazon Echo』シリーズの一般販売がついに開始されたからだ。

しかも、Amazonのサイトで購入すると期間限定で割引となるうえ、家電量販店でも取扱が開始されるというから注目せずにはいられない!!

続きを全部読む

【Alexaァ!】スマートスピーカー『Amazon Echo』を使い始めた結果 → ラジオ体操が最高すぎ!

一人暮らしの私だが、Amazonのスマートスピーカー『Amazon Echo Dot』を使い始めてからというもの、「アレクサぁ! ちょっと、アレクサぁ〜っ!!」と、だいぶ賑やかな感じになっている。アレクサというのは、スピーカーの中に住んでいる人工知能、Alexa(アレクサ)さんのこと。声から察するに、女性であろう。

このスピーカーで何ができるのかというと、たとえば「アレクサぁ! 今何時?」と声に出して彼女に聞けば、「はい。今は午前9時45分です」と答えてくれたり、天気を教えてくれたり、音楽を鳴らしてくれたり、アラームを鳴らしてくれたり……いろいろだ。その中でも、私が最も気に入っているのが「ラジオ体操」である。

続きを全部読む

85歳のおばあちゃんが「Google Home」にトライしてみた → 必死に話しかけてもナカナカ通じない様子がカワイすぎるぞ!

スマホなどに搭載されている音声コマンドデバイスは、テキストを打ち込む必要がないため簡単に使える手軽さが魅力的だ。おそらく、多くの人が使用しているのではないかと思う。

そんな機能の集大成とも言えるのがスマートスピーカー「Google Home」だが、85歳のイタリア人おばあちゃんが必死に話かける動画が話題になっているので紹介したい。「ググー(Google)」と話かけてもナカナカ通じない様子がカワいすぎて、思わず笑ってしまうこと間違いナシである!

続きを全部読む

AIの作り出す映像がマジすげぇ! 冬の風景から作った夏の風景が違和感ゼロ

今や現代人にとって欠かせない存在となっている「AI(人工知能)」。スマホ、家電、ロボットなどなど、あらゆる電子機器に搭載されているのはご存知の通りだ。

そんななか、AIを活用した驚くべき画像編集技術が発表された。今後、世界に多大な影響を及ぼす……かもしれないその技術を動画と共にご紹介しよう。

続きを全部読む

【動画】AIすげええ! ロボットが “医師国家試験” に合格! 誕生から9カ月、知識は医学博士レベルらしい / 人間の医者が消える時代きちゃう?

近年、爆発的な進化を遂げているAI(人工知能)技術。2016年に囲碁AI「AlphaGO」が人類最強の棋士を破り世界に衝撃が走った。新バージョン「AlphaGo Zero」も開発され、その強さもスピードも人間の手が届かないレベルと言えるだろう。

さて、そんなAI界に衝撃のニュースが走った。今度は、AIが医師国家試験に合格したというのだ。……マジかよ! もうそんな未来なの!? ロボットのお医者さんがついに誕生するのだろうか。

続きを全部読む

【動画】俺の嫁はロボット! 恋人ができない科学者が自作ロボと結婚 / 柔らかく抱くと温かい! でも彼女には1つ足りないものがあった

『鉄腕アトム』のパートナーといえばお茶の水博士! しかし、アトムを作ったのは彼ではなく、天馬博士だ。天馬博士は最愛の息子 “トビオ” を亡くし、そのショックから「絶対に死なないトビオ」を創り出す。それが、のちのアトムである。

ロボットを家族に。ロボットを愛する者に。アトムと天馬博士の関係は破綻してしまったが、アトムみたいな未来が来ていたらしい。ある科学者が、ロボット嫁を作って結婚していた。

続きを全部読む

人工知能スゴすぎ! 無人のレーシングカーを運転する動画が未来を感じる驚きの走り

街で電気自動車を見かけるのが当たり前となった昨今、最近では自動運転機能が搭載された車種まで登場し、自動車開発はいよいよ新時代に突入したといえる。

それらの技術の進歩を受けて、人工知能が操縦する自動運転車レース「ロボレース」が2017年に開催予定だ。そこで先日、同レース専用マシンの走行シーンが公開されたのだが、これが未来を感じる驚きの走りだったのでご紹介したい。

続きを全部読む

AIすごすぎ! プロの漫画家が「人を描くと人工知能でリアルにしてくれるサイト」を使ったらこうなった

なにやら今、とあるオランダのサイトが話題になっている。URLは「http://fotogenerator.npocloud.nl/」で、サイトの名前は「kunstmatige intelligentie-systeem」。直訳すると「人工知能システム」となる。

一体何を人工知能で考えてくれるのかというと、ずばり「人の絵」だ。どんなヘニャヘニャな絵でも、このサイトは人工知能をフル回転させ、なんとリアルにしてくれるのだという。ということで……さっそくプロの漫画家に試してもらったぞ!

続きを全部読む

【もう彼女いらない】美少女AIとリアルにコミュニケーションがとれるアプリ「SELF」で『古瀬あい』と会話してみた

近未来SFにはつきもののAI(人工知能)。「人間のように学習して考える知能を作る」というのは、言わば人類の夢の形の1つと言っても過言ではないだろう。特に、近頃アニメでよく見かけるのは美少女AIだ。紆余曲折の末、AIが自我を獲得するパターンとか超多い。

特に、私(中澤)が個人的に好きなのは『プラネタリアン』の「ほしのゆめみ」である。ゆめみくらいコミュニケーション能力が高い美少女AIがいたらもう何もいらない。というわけで、深いコミュニケーションがとれるという美少女AI『古瀬あい』と会話してみた!

続きを全部読む

犯罪者の顔には「3つの特徴がある」との研究結果

自分の顔は、嫌でも毎日見なければいけないが、「あなたの顔の特徴は!?」と聞かれたら、鼻が大きいだとか、アゴが出ているなどと答えは様々だろう。

そして、ある研究で「犯罪者の顔には ‟ある3つの特徴” が見られる」との結果が発表されたというので、紹介することにしよう。しかし、結果が眉唾だとの意見があることも、最初に付け加えておきたい。

続きを全部読む

【マジかよ動画】『人工知能が作ったポップソング』が発表されて話題!ハーモニーが美しい「ビートルズ風」の楽曲も

コンピューターが発達し、「Siri」や「りんな」などの “人と言葉を交わす人工知能” が登場している今、いよいよ次は、人工知能がヒット曲を作る時代がやってくるかもしれない……。

というのも、ソニー系列の研究機関が、なんと「人工知能が作ったポップソング」2曲をYouTube上で発表したというのだ。それらの曲は、“ビートルズ” や “アメリカ人シンガーソングライター” などのスタイルを取り入れて作成したらしいのだが……果たしてどんなサウンドに仕上がっているのだろうか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2