「ワールドカップ」にまつわる記事

ついに始まった南アフリカワールドカップ2010! 6月14日には日本対カメルーン戦も控えており、これから南アフリカに向かう日本人サポーターも増えてくる頃だろう。だが、実際にどのくらいの日本人が南アフリカに旅立つのだろうか? 気になって成田空港に足を運んでみた。

到着したのは、成田空港第2ターミナルビル。土曜日だというのに、混雑もなく、レストランなども空席が目立つ(マクドナルドはやはり混雑)。

続きを全部読む

もうすぐ開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に関連して、海外のW杯出場選手やサッカー解説者らの「Twitter(ツイッター)」アカウント、関連のハッシュタグを紹介する特設コーナーが『BIGLOBEスポーツ』にオープンした。W杯をツイッターでより盛り上がりたいサッカーファンは要チェック!

このコーナーでは、2010W杯出場する海外選手をはじめ、サッカー解説者やコメンテーター、ライター、またサッカー好きのお笑い芸人らを一覧で紹介している。そして、上記で紹介したアカウントの“ツイート(つぶやき)”だけを切り取ってタイムライン表示する仕組みだ。 続きを全部読む

サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会の開幕が迫る中、強豪国の1つで“無敵艦隊”として知られるスペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が、W杯トーナメント期間中、「Twitter」「Facebook」をはじめとしたSNSを選手が使うのを禁じると、『FOXNews.com』などが伝えている。

記事によると、現ヨーロッパチャンピオンであるスペインは、FWのフェルナンド・トーレス、MFのジャビ、GKで主将のイケル・カシージャスら23人の代表選手で構成され、5月24日、マドリッド郊外のラス・ロザス・トレーニング施設で一堂に会した。そして、スペインサッカー協会の広報担当が明らかにしたのは、デル・ボスケ監督がチームのトレーニングキャンプ中および6月11日から開幕するワールドカップにおいて、それらのサイト利用を認めないと語ったことだった。 続きを全部読む

サッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の抽選会で日本はE組に入り、オランダ、デンマーク、カメルーンと同組になった。

一方、お隣韓国はB組に入り、アルゼンチン、ナイジェリア、ギリシャと同組になった。このことは韓国でも大きく報じられており、Yahoo!korea!のニュースでは「北朝鮮や日本と比較すれば韓国は天国の組に入った。16強へ力強い一歩を踏み出した。」とし「16強進出を狙う韓国サッカーに3つの希望の光も見えてきている」と報じた。一体3つの希望の光とは何なのか。 続きを全部読む

サッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の抽選会が南アフリカ、ケープタウンで行われ、日本はE組でオランダ、デンマーク、カメルーンと同組になった。

A組

1 南アフリカ
2 メキシコ
3 ウルグアイ
4 フランス

B組

1 アルゼンチン
2 韓国
3 ナイジェリア
4 ギリシャ
続きを全部読む

2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会欧州予選プレーオフ、フランス対アイルランドの試合で、左手でハンドの反則をし、決勝ゴールをアシストしてしまったフランス、アンリ選手。このアンリ選手に対するフランス国内の批判が高まっている。フランス国営放送のチャンネル2の報道により、明らかになった。 続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5